FC2ブログ

【羽生・渡辺時代】 到来!!

 
 
今晩は。 
 
年度末の仕事の山で1ヶ月ぐらい死んでいました。
 
かなり、無理をしてきましたね。
 
今日やっと仕事の峠を越えました。 フ~~~~~ッ!
 
深呼吸です。
 
今日は、久慈まで出張でした。
ナビで距離を測ったら、職場から43kmの距離でした。
今日は暖かくて、私の住む岩手県北部でも18度まで気温が上昇しました。
もちろん、今年になって一番の暖かさです。
ようやく、【春到来】を感じさせる陽射しになりました。
 
こう暖かくなると、【花粉症】に注意ですね。
 
この1ヶ月、TVもDVDもブログも我慢してきました。
睡眠を削って仕事をしてきました。
土日も、祝日も、仕事をしてきました。
しなければ、終わらないんです。
(間に合わないし、時間が足りないんです。)
 
2ヶ月間走り続けて来たと言っても大袈裟ではありません。事実、そうでしたから・・・。
 
【我慢の生活】を≪2ヶ月≫続けてきたのです。
 
これで、やっと開放される~~~、という感じです。
 
週末には、自分へのご褒美として、温泉に出かけてこようと思っています。
 
ちょっと、骨休めが必要ですからね。
 
東京では、桜が散り始めているようですが、北国はまだまだこれからです。
 
これから、福寿草が咲くんですからね。
 
ようやく北国にも遅い春がやってきたようです。
 
 


 
 
さて、本題に移りましょう。
 
将棋の話題です。
 
渡辺竜王が、予想通り、3冠となりました。
 
関連記事を紹介いたしましょう。
 
 
 
≫将棋の郷田真隆棋王(42)に渡辺明王将(28)が挑戦していた第38期棋王戦(共同通信社主催)5番勝負の第4局は24日、宇都宮市の宇都宮グランドホテルで指され、157手で先手の渡辺が勝ち、対戦成績3勝1敗で棋王位を初獲得した。渡辺は将棋7大タイトルのうち王将、竜王を獲得しており、史上8人目の3冠となった。

 大一番を終えた渡辺は「今シリーズは大変な将棋が多かったが、精いっぱい指すことができた。(3冠獲得は)自分でもびっくりしている」と感慨に浸った。初防衛を逃した郷田は無冠となった。持ち時間は各4時間のうち、残りは渡辺が2分、郷田が1分。今5番勝負では第1局こそ完敗も、第2局以降は攻めだけでなく、受けの妙手も目立った。

 渡辺は2000年、15歳でプロとなり、史上4人目の中学生棋士として話題を呼んだ。圧倒的な終盤力で頭角を現し、04年にビッグタイトルの竜王を20歳の若さで獲得、昨年11月に9連覇を達成した。しかし、竜王以外のタイトルには長い間縁がなく、11年にようやく王座を奪って2冠を達成したが、昨年10月に再び1冠に沈んだ。

 ところが、今年になって一気に爆発。7日には佐藤康光王将(当時)に挑んだ王将戦を4勝1敗で勝利し、初の王将位を奪取。その勢いに乗り、3冠を達成。また朝日杯、NHK杯でもともに初優勝するなど、手がつけられない強さだ。現在、棋聖・王位・王座を保持する羽生善治3冠(42)との「羽生・渡辺時代」到来を感じさせた。
 

 
(スポニチアネックスより)
渡辺王将が棋王を初獲得 将棋で8人目の3冠
≫将棋の郷田真隆棋王(42)に渡辺明2冠(28)が挑戦していた第38期棋王戦(共同通信社主催)5番勝負の第4局は24日、宇都宮市の宇都宮グランドホテルで指され、午後7時33分、157手で先手の渡辺2冠が勝ち、対戦成績3勝1敗で棋王を初獲得。竜王、王将と合わせ史上8人目の3冠となった。

 渡辺新棋王は2000年、15歳でプロとなり、史上4人目の中学生棋士として話題を呼んだ。昨年11月に竜王戦で9連覇を達成し、7日には初の王将位を奪取して2冠となっていた。

 初防衛を逃した郷田前棋王は、無冠となった。

 持ち時間は各4時間のうち、残りは渡辺新棋王2分、郷田前棋王1分。

 ▼渡辺明新棋王の話 今シリーズは大変な将棋が多かったが、精いっぱい指すことができた。(3冠獲得は)自分でもびっくりしている。

 ◆渡辺 明(わたなべ・あきら)所司和晴七段門下。00年、プロ棋士の四段に。04年に20歳で初タイトルの竜王を獲得。08年には竜王戦5連覇で「永世竜王」の資格を得た。タイトル獲得は棋王1、竜王9、王座1、王将1の計12、ほか優勝7度。東京都出身。28歳。
 
これで、将棋の7大タイトル保持者は、羽生さんが3冠(棋聖、王位、王座)、渡辺竜王も3冠(竜王、王将、棋王)、そして、森内名人の3人。
 
羽生さんが森内名人から、次期名人位を奪取すれば、羽生4冠となり、7大タイトルを2人で独占という事態になる。
 
私はそうなる可能性が高いと見ている。
 
将棋界は、羽生・渡辺の2強時代に入ったと言えよう。
 
 

 この画像は、決勝戦の予告の画像。
将棋界を牽引する2強である。
 
 
先日のNHK杯の決勝戦では、渡辺竜王の完勝であった。いつになく、変調の羽生さんであった。素人目にも悪手と分かる手が数手あった。
 
TVを観戦しながら、私は、(どうした、羽生さん?)と心の中で叫んでいた。
 
この対局の結果、渡辺竜王は悲願のNHK杯初優勝。
NHK杯選手権者となった。
 
一方、羽生さんは5連覇はならず、NHK杯での連勝記録は24でストップした。
 
決勝戦では、負け方が一方的だった。後に尾を引くまずい負け方だった。
 
がんばれ、羽生さん。渡辺竜王に将棋の厳しさをもっと教えてやってほしい。
 
将棋界の頂点に立つには、彼はまだ修行が足らないと私は思っている。
 
「羽生・渡辺時代」から「渡辺・羽生時代」に以降するときがやってくるかもしれないが、あと10年ぐらい先の話してあってほしい。
 
当分、羽生さんには、将棋界の第一人者としてがんばってもらわなければならない。
 
最大のライバルは渡辺竜王であることは誰もが認めることではあるのだが・・・。
 
ほかに、こんな話題もあった。
 
人間側完勝の裏にあったもの――コンピューター将棋ソフト対プロ棋士「第2回電王戦」、第1局リポート(ITmedia ガジェット)26日 
 
プロ棋士が解説「第2回将棋電王戦」初戦で人間が勝てた理由(週刊SPA!)
25日 
 
初戦はプロ棋士がコンピューターに勝利(時事通信)
23日 
 
初戦はプロ棋士がコンピューターに勝利=将棋の電王戦第1局(時事通信)23日 
 
 
 
≪将棋・電王戦とは?≫
 
5人の現役プロ棋士 VS 5つの最強コンピュータ将棋ソフトが闘う、将棋棋戦です。 第22回世界コンピュータ選手権で勝利した上位5チームの将棋ソフトと、それらソフトとの勝負に名乗りを上げた5人のプロ棋士との間で団体戦が行われます。
 
 
 
 
 
名称:第2回将棋電王戦
 
5番勝負
 
第1局 3月23日(土) 阿部光瑠 四段 VS 習甦
 
第2局 3月30日(土)  佐藤慎一 四段 VS Ponanza
 
第3局 4月  6日(土)   船江恒平 五段 VS ツツカナ
 
第4局 4月13日(土)  塚田泰明 九段 VS Puella α
 
第5局 4月20日(土)  三浦弘行 八段 VS GPS将棋
 
 
電王戦の行方はどうなるだろうか?
 
私は、本当はそうなってほしくないと願っているのだが、コンピュータ側が3勝2敗で勝利するのではないかと予想している。
 
プロ棋士側が勝ったのは、阿部光瑠4段が強かったのだ。他の4人のプロ棋士がコンピュータに勝てるという保障はない。
 
大将の三浦9段だって、危ないと思っている。
 
将棋コンピュータソフト、恐るべし!!
 
あちこち、話題が飛んでしまったのだが、久々のブログの記事、しかも、将棋の話題といういうことで、興奮してしまった。
 
将棋は、楽しいなあ~。 ねぇ、ぶな太さん。
 
何だか、誰かと将棋を指したくなったなあ~。
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

お疲れ様でした♪
今夜から、ゆっくりと休んで下さい!!!

No title

時期柄とはいえお疲れ様です 温泉でゆっくり癒してくださいね♨

No title

トリトン親父さん、こんばんは。

長いトンネルでした。
ようやく、抜けましたね~~~~~。
厳しいドライブでした。
天井が崩落しないように、願っていました・・・。

お祝いに、ビールと熱燗で乾杯しまいた。
体に無理を強いてきたので、オーバーホールが必要です。
温泉にでも、浸かって来ようと思っています。

今夜は、熟睡できそうです

No title

ゆみさん、こんばんは。

昨夜は途中で眠くなって、そのまま眠ってしまいました。

50代になると、体力も落ちてきます。
体に無理がききませんね。
睡眠不足が一番堪えるかもしれません。

今日は、夕方から温泉に出かけてゆったりお湯に浸かってきました。
生き返りましたね。

明日は歯の治療のため、歯医者通いです。

24年度最後の週末ですね。

素敵な週末をお過ごしくださいな。

No title

トリトンさん

年度末はお疲れ様でした!
仕事の山を無事切り抜けてほっとされたことでしょう。

北国にも福寿草が咲きましたか。
これからが春のはじまりですね。
もう関東では桜の花が散り始めています。
今日はまた花冷えです。

将棋の話題になると、トリトンさんのペンはとまらないですね。
それだけ熱が入っているということでしょうか。
先日のNHK将棋の決勝戦は羽生3冠らしくない負け方で羽生
ファンをがっかりさせ、心配になりましたね。
でも短時間の勝負ですから、あまり気にしないでください。

若い渡辺3冠の台頭を受け入れて、あと10年(?)両雄の激突と活躍を熱く見守りたいですね。
4月から名人戦がはじまりますが、羽生3冠の名人奪取を
応援しましょう。

No title

ぶな太さん、こんばんは。

将棋の記事を書くのは楽しいですね。
思わず、筆が(いやペン、キーボードを叩く指が)冴えますね。

渡辺竜王、強いですね。
3月に2冠を獲得ですからね。

目下のところ、失冠は羽生さんに奪取された「王座」のみですからね。
他は、全部獲得しているわけですから、すごいことです。
恐るべし渡辺竜王・・・。

いずれ、羽生3冠と天下分け目の大決戦の日がやってくることでしょう。
その日を、楽しみに、少し怖れながら待ちたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

年度末の仕事はしんどかったですね。
今年は、例年にないやっかいな仕事がありましたからね。
某研究団体の事務局です。
こちらの引き継ぎ事務のため、何時間も時間を奪われました。
睡眠を削らなければ間に合わない状況でした。
28日に引継ぎが終わってホッとしています。

そして、温泉で休養したというわけです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

No title

字数オーバーでした。

福寿草は、28日には咲いていたようです。
撮影は叶いませんでした。
午前中は、まだ開いていなくて、夕方にはもう萎んでいました。
明日は雨らしいので、チャンスを逸してしまいましたね。

撮れればいいのですが・・・。

それでは、素敵な週末をお過ごしください。
非公開コメント

プロフィール

iqm90jqjpdmz

Author:iqm90jqjpdmz
将棋、自然、音楽、写真が好きです。

将棋は、羽生9段、藤井7段のファンです。

初夏にはサクランボ狩り、秋にはブドウ狩りに出かけています。

また、秋には、雑木林を散策してハシバミ、アケビ、サルナシなどの
天然の木の実を採集をしています。

音楽は、80年代の洋楽を聴くことが多いですね。
好きなアーティストは、TOTO,Journey,Foreigner,KANSAS,Eagles,
Styx,Earth,Wind&Fire,M.Jackson,Madonna,Starship,SADE,
Kool&The Gang,Lindsy Starling,Maroon5,...

邦楽では、小田和正、ドリカム、宇多田ヒカル、シングライクトーキング、
久保田利伸、Greeeen、米津玄師です。

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブロとも一覧【画像なし】

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム