FC2ブログ

トリトンのブログ【 水平線の彼方へ 2 】  

ご訪問ありがとうございます。好きなことは、将棋、写真、自然散策、音楽鑑賞、ハシバミ・アケビ・サルナシなどの天然の木の実の採集です。 

Top Page › 写真 › カワセミ 超絶ハンティングテクニック!!
2012-05-05 (Sat) 09:48

カワセミ 超絶ハンティングテクニック!!

 
 
今日は5月5日こどもの日です。
 
それなのに、朝から雨です。
 
全国各地のイベントに水を差すありがたくない天気です。
 
晴れていれば、桜の花見(葉桜)、チューリップ祭り、カタクリの撮影、ミズバショウの撮影などやりたいことがたくさんあるにの・・・。
 
残念です。天気には勝てませんね。
 
 
 
3日~5日の大雨&強風で、桜の花がほとんど散ってしまいました。
 
実はまだ花見をしていなかったんです。 
 
満開の状態だったのに、さあこれから・・・ と思っていた矢先のことでした。
 
来年まで、花見はお預けということになります。ついていません。
 
 


 
 
GW、こどもの日、いかがお過ごしですか?
 
雨の上がった地域のみなさんは、外出、行楽、休養など、いろいろな形で楽しまれておられることでしょう。
 
あるいは、帰省からの移動の最中という方もおられることでしょうね。
 
 
 
花見ができなってしまって、気分がいくぶん塞いでいます。
 
こういうときは、素敵な画像を見るに限ります。
 
 
朝6時から、NHKBSスレミアムで、『新日本風土記 仁淀川(再)』を観ました。
 
内容は以下の通り。
 
 
ガラスのように透き通った、日本一の水質を誇る清流が、高知県の中央を流れている"仁淀川"。
全長124km。西日本最高峰・石鎚の森に端を発し、小枝のような支流を悉く集め、末は黒潮の土佐湾に注ぐ。その雄大な流れは、豊かな動植物の生命を支え、独特の川文化を育み、人と川が響きあう風景を紡ぎながら流れる。
上流の川沿いにある保育園では、夏場、プールの代わりに子供達は皆、川で泳ぐ。どんな石が滑りやすいのか、どんな所の流れが強いか、子供達は身をもって学んでいく。中流に欠かせない風景といえば、沈下橋。これは、増水時、水面下に沈む事を想定した橋で、水の抵抗を軽減させるため、欄干がない。日本人が、自然にあらがうのではなく、自然のリズムの中で川と調和して生きていた時代を偲ばせる。下流では、かつて、世界で最も薄い和紙・典具帖紙で栄えた町がある。今は、祖父から技術を受けついだ、たった1人の若者が、仁淀川で生きる誇りを胸に和紙を漉き続けている。
かつては日本中どこでも見られたであろう清冽な川の流れ、そして水辺の情景。仁淀川が魅せる14篇の物語が、人と川の原風景を描き出す。

 
 
極上の映像、番組でした。本放送のときに、30分ほど観ていました。
 
「新日本風土記」は好きな番組の一つでしたが、今回のは、とりわけ極上の映像のオンパレードでしたので、最後まで一気に観てしまいました。
 
 

新日本風土記

 

番組テーマ曲 「あはがり」 は、強烈です。

一度聞いたら、忘れられない歌い方です。
 
一言で表現すれば、歌手「はじめちとせさんのおばあちゃん?」と思わせる味のある歌い方です。由紀さおりさんも真っ青な歌唱です。
 
一度聴いてみてくださいな。
 
 
 


 
 
 
さて、本題に移りましょう。
 
今日の極上写真は、カワセミです。
 
ブログの友人、神奈川県にお住まいの OSADAさん の撮影されたショットです。
 
そのまま、「鳥類図鑑」に載せてもおかしくない出来栄えです。
 
NHKさんや学研さん、平凡社さんなど、OSADAさんの写真を購入して図鑑に掲載したいと申し出ないのでしょうか?
 
私が編集担当者なら、購入したいところです。
 
 
 
また、プロ動物写真家のみなさんが、OSADAさんの写真を見たら、
 
『こやつ、何者なんだ?!』 と驚愕するのではないかと思っています。
 
 
さあ、ではさっそくご覧いただきましょう。
 
 
今日はこどもの日ですので、幼保育園、小中学生のお子さんをお持ちの方はこちらのカワセミの画像を見せてあげるのいいかもしれませんね。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 (C)カワセミ日記/OSADA
 
 
 
 
いかがでしたでしょうか?
 
いずれも水中ダイブして、小魚を捕らえて、水から飛び上がる瞬間を捉えたショットです。
 
カワセミは、どうしてこんなことができるのでしょうか?
 
正に、超絶テクニックですね。ハンティング名人のカワセミだからこそできる技です。
 
そして、この瞬間を撮られた OSADAさん のテクニックも素晴らしいの一語です。
 
OSADAさんのブログはこちらです。
 
どうぞ、訪問されて、美しいカワセミの生態をご覧くださいな。
 
OSADAさん、記事を紹介させていただきありがとうございました。 
 
関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-10

No title * by としおもち
立派です

No title * by トリトン
としおもちさん、おはようございます。

4文字のシンプルなコメントありがとうございます。

私は、いつもカワセミの撮影に失敗しています。
OSADAさんのショットには憧れてしまいます。
こんな写真を撮ってみたいものです。

望遠レンズをゲットしなければなりませんね。
でも、購入するくらいまだ腕が伴っていないんですよね~。

No title * by aki
かわせみ…見てみたいです

職場にいる鳥好きの方によると
「けっこう見られるよ♪」
ということなんですが…

しばらく前にトリトンさんのブログで
鮮やかな青を見たときから
見てみたい…と思いをつのらせています♪

No title * by トリトン
akiさん、こんばんは。
カワセミ、美しいですよ。
まるで宝石のような鳥です。

宮沢賢治の「やまなし」に出てきますよね。

職場の同僚の話のように、水のきれいな川のあるところで見られると思いますよ。

自然界の中で目にする機会に出会うまでは、図鑑のように素晴らしい
OSADAさんのブログを覗いてみてください。

カワセミの生態がだいぶ分かってくることと思います。

今日の雷雨、大丈夫でしたか?
ニュースをみて、関東地区で竜巻等大きな被害があったことを知りびっくりしています。
私の町でも、雹が降りました。
自然の猛威、ものすごいですね。

明日からの新しい週も、健康に気をつけて元気でお過ごしください。

No title * by リカ
カワセミの写真が凄いですね!
体のわりには大きな魚をくわえていますが
のどに詰まらないか心配になります。
忍耐と努力の写真にポチです (^_^)

No title * by トリトン
またまた今晩は。
ポチありがとうございます。

撮影されたOSADAさんは4時間粘って写真を撮ったそうです。
努力と忍耐が必要な動物写真撮影ですね。
頭が下がります。

私はといえば、カワセミ写真は失敗の連続です。
こんな写真が撮れるようななりたいものです。

私もカワセミの美しさに魅せられた人間の一人です。

Comment-close▲

Comment







非公開コメント

No title

立派です
2012-05-05-11:09 としおもち [ 返信 * 編集 ]

No title

としおもちさん、おはようございます。

4文字のシンプルなコメントありがとうございます。

私は、いつもカワセミの撮影に失敗しています。
OSADAさんのショットには憧れてしまいます。
こんな写真を撮ってみたいものです。

望遠レンズをゲットしなければなりませんね。
でも、購入するくらいまだ腕が伴っていないんですよね~。
2012-05-06-05:58 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

かわせみ…見てみたいです

職場にいる鳥好きの方によると
「けっこう見られるよ♪」
ということなんですが…

しばらく前にトリトンさんのブログで
鮮やかな青を見たときから
見てみたい…と思いをつのらせています♪
2012-05-06-20:51 aki [ 返信 * 編集 ]

No title

akiさん、こんばんは。
カワセミ、美しいですよ。
まるで宝石のような鳥です。

宮沢賢治の「やまなし」に出てきますよね。

職場の同僚の話のように、水のきれいな川のあるところで見られると思いますよ。

自然界の中で目にする機会に出会うまでは、図鑑のように素晴らしい
OSADAさんのブログを覗いてみてください。

カワセミの生態がだいぶ分かってくることと思います。

今日の雷雨、大丈夫でしたか?
ニュースをみて、関東地区で竜巻等大きな被害があったことを知りびっくりしています。
私の町でも、雹が降りました。
自然の猛威、ものすごいですね。

明日からの新しい週も、健康に気をつけて元気でお過ごしください。
2012-05-06-22:07 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

カワセミの写真が凄いですね!
体のわりには大きな魚をくわえていますが
のどに詰まらないか心配になります。
忍耐と努力の写真にポチです (^_^)
2012-05-07-09:41 リカ [ 返信 * 編集 ]

No title

またまた今晩は。
ポチありがとうございます。

撮影されたOSADAさんは4時間粘って写真を撮ったそうです。
努力と忍耐が必要な動物写真撮影ですね。
頭が下がります。

私はといえば、カワセミ写真は失敗の連続です。
こんな写真が撮れるようななりたいものです。

私もカワセミの美しさに魅せられた人間の一人です。
2012-05-07-22:14 トリトン [ 返信 * 編集 ]