FC2ブログ

トリトンのブログ【 水平線の彼方へ 2 】  

ご訪問ありがとうございます。好きなことは、将棋、写真、自然散策、音楽鑑賞、ハシバミ・アケビ・サルナシなどの天然の木の実の採集です。 

Top Page › 将棋 › 羽生 VS 森内
2012-04-06 (Fri) 23:06

羽生 VS 森内

 
4月10日から、第70期名人戦7番勝負が始まる。
 
将棋界の最高峰。将棋界で一番伝統と権威あるタイトル戦だ。
 
羽生2冠(棋聖・王位) VS 森内名人。 将棋界屈指の名カードだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
森内名人
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                                    羽生2冠
 
今から将棋ファンがワクワクしている。
 
 
今回は、毎日新聞の記事からその名人戦を特集してみるとしよう。
 
 


 

特集:将棋・第70期名人戦 節目の年、重厚な対戦 森内俊之名人、羽生善治王位の話

毎日新聞 2012年04月05日 東京朝刊

 ◇森内俊之名人

 羽生さんの充実ぶりが目を引いたA級順位戦でした。トップの棋士がそろう中で、いかに調子が良くても全勝は大変ですが、内容的にも危なげなく素晴らしかったと感じました。
 公式対局から離れているので自分の調子はよくわかりませんが、連敗はほとんど昨年のことですし、ずっと負け続けるわけではないと思います。ただ、今までと同じではダメと、前進を心がけたいと思います。
 羽生さんは以前は余裕を感じさせましたが、今は全力投球で結果を出す姿勢のようです。長い間2人で戦ってきましたが、私もその姿勢を見て、しっかりした将棋を指していきたいと思います。

 ◇羽生善治王位

 今期のA級順位戦は一局一局が接戦で、結果を出すことができてうれしく思います。全勝はかなり難しいと思っていたので、あまり実感がわきません。
 17年間の短い期間で7回も、森内さんと棋士としての晴れ舞台の名人戦七番勝負を戦えるのは、ありがたいことだと思います。互いに40代になって、今まで積んできた経験を実戦の場でどう生かすかが問われています。
 森内さんが不調という説もありますが、正月のイベントで対戦したときは安定感のある将棋で負かされました。名人戦は持ち時間9時間の長い将棋なので、集中力を持続するのが大事だと思っています。
 
 


 
 

特集:将棋・第70期名人戦 節目の年、重厚な対戦 10日から東京・椿山荘で

毎日新聞 2012年04月05日 東京朝刊
 森内俊之名人(41)に羽生善治王位(41)が挑戦する第70期名人戦七番勝負(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛)は10日、東京都文京区の椿山荘で開幕する。前期は4連覇を目指す羽生に挑戦した森内が、3連勝3連敗後の1勝という劇的な展開で、4期ぶり通算6期目の獲得を果たした。今期は羽生がA級順位戦を9戦全勝で駆け抜け、リターンマッチを挑む。前期に続く永世名人資格者同士の対戦。2人の名人戦七番勝負での対戦はこれが7回目で、大山康晴十五世名人対升田幸三実力制第四代名人の9回に次ぎ、中原誠十六世名人対米長邦雄永世棋聖の6回を抜いて単独2位になった。将棋名人誕生400年の年に最高の顔合わせが実現した。
 前期に続いて永世名人資格者同士の重厚な対決が実現した。
 
立場を替えての再戦になる。前期七番勝負を振り返ると、第3局まで挑戦者の森内が3連勝し、名人復帰へあと1勝としたが、第4局以降を名人位を死守したい羽生が3連勝。勝負は最終第7局へ持ち込まれた。
 名人戦史上、3連勝3連敗のあと1勝も、3連勝4連敗も例がなく、まさに大一番となったが、森内が接戦を制して4期ぶりの返り咲きを果たした。
 前期七番勝負を振り返って、森内は「自分でもどうして勝てたのか不思議です。最終局はどちらが勝ってもおかしくない接戦でしたが、結果的には幸いしました。先行できたのが大きく、3連敗しても貯金が大きかった感じです。自分の持っているものが出せた七番勝負でした」と語る。
 また、羽生は「第2局が早い終局で、一方的に負けた内容でした。ああいう将棋を指してはいけません。結果は同じ負けとしても、中身が重要でした」と、敗戦の内容に不満が残ったという。
 
1996年の七番勝負初対戦以来、7回目の名人戦になる。中原−米長戦を抜いて単独2位になった。ここ10年では半数以上の6回がこのカードになる。これまでは3勝3敗と、互角の戦いを繰り広げてきた。他棋戦を含めた対戦は110局あり、羽生の62勝48敗。同一対戦カードでは第8位の多さだ。羽生は谷川浩司九段と161局、佐藤康光王将と145局対戦しているが、対森内戦も次第に回数を重ねている。
 森内は昨年の名人獲得以来、目立った活躍がなく、不振が続いている。一昨年の9連敗を上回る連敗が続いているが、持ち時間が9時間と長い名人戦は「ペース配分など考えずに、瞬間瞬間で全力を尽くすことができる」と相性のいい棋戦で、開幕までコンディションを整えてくるだろう。
 
羽生は昨年、名人を失った後、棋聖を防衛(対深浦康市九段)、王位を獲得(対広瀬章人七段)したが渡辺明竜王に王座を奪われ、20連覇はならなかった。通算獲得タイトルは80に達し、大山と並んで史上最多になった。今期の名人戦には単独首位へ抜け出せるかどうかがかかる。
 昨年4月からの1年間では、対局数63局は全棋士中1位。勝率も7割近くあり、好調が続いている。
 
今年は将棋名人が誕生してから400年になる。印象深い出来事を聞くと、森内は「関根金次郎十三世名人が決断して、1935年から実力制の名人戦へ踏み出したのが大きな出来事だったと思います。心中葛藤はあったと思いますが、今の制度が世の中に合っていると感じます」。羽生は「初代大橋宗桂と本因坊算砂の棋譜が残っていることに、将棋の歴史の重みを感じます。江戸時代の将棋は読みの深さがあり、また終局の仕方を重んじていることが心に残ります」と語った。節目の年の大一番、どんな展開になるだろうか。
==============

 ◇毎日jpで速報

 インターネットによる実況中継は「名人戦棋譜速報」(http://www.meijinsen.jp/=有料)で。無料の速報は「毎日jp」でご覧になれます。
==============
 
将棋ファンの一人として、ワクワクしながら名人戦400年、第70期の両雄の対決を見守ることにしよう。
 
 
関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-10

No title * by nina
トリトンさん、待望の4月10日ですね!、、

今日の正午の全国ニュースでも、「近年稀に見る注目の名人戦」と伝えていましたね~

東京での第一局!、、我らの羽生さんの健闘や如何に~
ワクワク、ドキドキの時間ですね!

No title * by トリトン
そうなんです。

いよいよ始まります。
楽しみですね~。

大胆な予測では、4-2で羽生2冠のタイトル奪取と見ますね。

がんばれ、羽生さん!!

No title * by トリトン
おはようございます。

名人戦7番勝負第1局は、森内名人が先勝!

毎日新聞では次のように、報道している。

≫東京都文京区の椿山荘で行われた、第70期名人戦七番勝負第1局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、藤田観光協力)は、2日目の11日午後9時26分、139手で森内俊之名人(41)が挑戦者の羽生善治王位(41)に勝ち、通算7期目の防衛へ向け好スタートを切った。残り時間は森内3分、羽生1分。第2局は24、25日、新潟県長岡市の長岡グランドホテルで行われる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なんの、なんの。勝負はこれからです。

われらが羽生2冠、ここから挽回して名人位奪取です!!
羽生2冠、応援していますよ。

No title * by nina
ええぇ!?、、・・そうなんですね、、

でも、世紀の名人戦は始まったばかりですよね
われらが羽生2冠、ここから真価を発揮ですね!!

第2局、、舞台は椿山荘から長岡へー、、
、、なんだか維新の歴史の移動のよう~羽生さん頑張れ!!、、

Comment-close▲

Comment







非公開コメント

No title

トリトンさん、待望の4月10日ですね!、、

今日の正午の全国ニュースでも、「近年稀に見る注目の名人戦」と伝えていましたね~

東京での第一局!、、我らの羽生さんの健闘や如何に~
ワクワク、ドキドキの時間ですね!
2012-04-10-17:28 nina [ 返信 * 編集 ]

No title

そうなんです。

いよいよ始まります。
楽しみですね~。

大胆な予測では、4-2で羽生2冠のタイトル奪取と見ますね。

がんばれ、羽生さん!!
2012-04-11-00:22 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

おはようございます。

名人戦7番勝負第1局は、森内名人が先勝!

毎日新聞では次のように、報道している。

≫東京都文京区の椿山荘で行われた、第70期名人戦七番勝負第1局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、藤田観光協力)は、2日目の11日午後9時26分、139手で森内俊之名人(41)が挑戦者の羽生善治王位(41)に勝ち、通算7期目の防衛へ向け好スタートを切った。残り時間は森内3分、羽生1分。第2局は24、25日、新潟県長岡市の長岡グランドホテルで行われる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なんの、なんの。勝負はこれからです。

われらが羽生2冠、ここから挽回して名人位奪取です!!
羽生2冠、応援していますよ。
2012-04-12-07:03 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

ええぇ!?、、・・そうなんですね、、

でも、世紀の名人戦は始まったばかりですよね
われらが羽生2冠、ここから真価を発揮ですね!!

第2局、、舞台は椿山荘から長岡へー、、
、、なんだか維新の歴史の移動のよう~羽生さん頑張れ!!、、
2012-04-12-10:22 nina [ 返信 * 編集 ]