FC2ブログ

トリトンのブログ【 水平線の彼方へ 2 】  

ご訪問ありがとうございます。好きなことは、将棋、写真、自然散策、音楽鑑賞、ハシバミ・アケビ・サルナシなどの天然の木の実の採集です。 

Top Page › 将棋 › 将棋界の一番長い ~ A級リーグ終了 羽生2冠が全勝!!
2012-03-03 (Sat) 18:37

将棋界の一番長い ~ A級リーグ終了 羽生2冠が全勝!!

 
 
肩透かしだった。
 
とても楽しみにしていたのに・・・。
眠い目をこすりながら、12時まで待っていたのに・・・。
 
BSプレミアムで「タイタニック」を観て、再びTVを点けたときには、全5局中4局がすでに終了していて、進行中だったのは 久保2冠-丸山9段 戦の1局のみだった。
 
残念・・・・・。
 
 
そして、われらが羽生2冠が9戦全勝でA級リーグを終え、森内名人と名人戦7番勝負を戦うことになった。
 
 
 


 
 
まずは、NHKニュースから・・・。
 
 
 
“一番長い日”羽生二冠が全勝
 
 
 

 
 
≫「将棋界の一番長い日」と言われる、プロ棋士たちのA級順位戦の最終戦は、3日未明まで15時間以上にわたって対局が行われ、羽生善治二冠が史上3人目の全勝をおさめて、来月から始まる名人戦に挑むことになりました。
A級順位戦は、毎年、トップクラスの10人のプロ棋士が、名人への挑戦権を懸けて戦うもので、最終戦の5つの対局が、2日午前10時から、東京・渋谷区の将棋会館で始まりました。
この日で順位やB級への降格が決定する最終戦は、ファンの間で「将棋界の一番長い日」と言われており、対局は、休憩を挟んで、およそ15時間後の3日午前1時すぎに、すべて終わりました。
その結果、現在、「王位」と「棋聖」のタイトルを持つ羽生善治二冠が、郷田真隆九段に勝って、史上3人目の9戦全勝をおさめ、来月から始まる名人戦で、森内俊之名人に挑戦することになりました。
羽生さんは去年の名人戦で森内名人にタイトルを奪われており、今回は返り咲きを狙うほか、タイトル獲得数の史上最多記録を懸けて、名人戦に臨みます。
ことしは、江戸時代に初めて将棋の「名人」が生まれてから、ちょうど400年の節目ということもあって、これまで以上に注目の対局となりそうです。
名人戦七番勝負は、来月10日の東京での対局から始まります。
対局を終えた羽生さんは、「A級順位戦の全勝は、かなり難しいことだと思っているので、できてよかった」と述べ、「ことしは名人400年の節目の年なので、コンディションを整えて、大舞台にふさわしい将棋を指したい」と抱負を話していました。
 
このニュースは、NHKの朝7時のニュースで放送を観た。
おめでとう羽生2冠!!
 

 
あああ 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-10

Comment







非公開コメント