FC2ブログ

トリトンのブログ【 水平線の彼方へ 2 】  

ご訪問ありがとうございます。好きなことは、将棋、写真、自然散策、音楽鑑賞、ハシバミ・アケビ・サルナシなどの天然の木の実の採集です。 

Top Page › 将棋 › 続きです!!
2011-09-15 (Thu) 23:37

続きです!!

 
気合を入れて記事を書いていたら、字数が5000字を超えて一つの記事に入りきらなくなってしまいました。
 
続きになります。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
             羽生さんの好きな駒はこの銀です。
 
 


 
 
「100期も夢ではない」羽生の強さの秘密
 
産経新聞 9月13日(火)


 
 羽生善治棋聖・王座(40)が13日の第52期王位戦で、タイトル獲得通算80期の歴代タイ記録を達成した。単独で最多だった大山康晴十五世名人(故人)が、80期を獲得したのは59歳の時。27日で41歳となる羽生三冠に、周囲からは「100期も夢ではない」と期待がかかる。(藤田昌俊)

 終局後、会見した羽生三冠はほっとした表情を浮かべ、「20代の若手が台頭し、1局勝つのが非常に大変だな、としみじみ感じます」と本音をチラリ。今後の目標を聞かれると、「棋士生活は長い。過去のことはこだわらずにやっていきたい」と気を引き締めた。

 トップ棋士の実力
http://amd.c.yimg.jp/amd/20110913-00000626-san-000-3-thumb.jpg
 
 
第7局で王位を奪取し、通算タイトル獲得数を
史上1位の記録に並ぶ80期に伸ばした羽生善治王座・棋聖
 =13日夜、神奈川県秦野市
 
 
差は紙一重とされるが、タイトル獲得通算10期以上は6人しかいない。しかも羽生三冠とほかの現役棋士とでは大差がついている。なぜ実績が突出しているのか。棋界データに詳しく“教授”の愛称で呼ばれる勝又清和六段(42)は「独特の大局観と構想力が特に優れている」と分析する。大局観とは、盤全体の駒の配置を見ながら形勢を判断すること。棋士は誰でもそうするが、羽生三冠は際立っているという。そして終盤に見られるのが“羽生マジック”と呼ばれる絶妙手(ぜつみょうしゅ)。対局相手が予想もしない手を繰り出し、何度も逆転してきた。

 もう1つ大きな要素がある。十七世名人の資格を持つ谷川浩司九段(49)は「気持ちの切り替えの早さがずぬけている」と説明する。負けた後は表情が暗くなるのが普通だが、羽生三冠は終局後の会食で、いつも談笑している。「終わったものはくよくよ考えても仕方ないから」という。次の対局に気持ちを引きずらないことが強みだ。

 今後について、谷川九段は「大山先生は40~50代がピークでした。100期の大台もある」と期待。日本将棋連盟の米長邦雄会長(68)は「40歳での到達は信じられないスピード。大山先生は59歳の時にタイトル(王将)を保持していたので、羽生王位の60歳すぎのタイトル獲得を強く期待する」という。タイトル獲得歴代3位の中原誠十六世名人(64)は「今後増えてくる若手への対応が鍵」と指摘する。その意味では、すでに始まっている渡辺明竜王(27)との王座戦が「世代交代がかかる天下分け目の決戦」(谷川九段)となる。


 
 
上の記事、さすが谷川9段ですね。的確に棋士羽生善治を評していますね。
 
「気持ちの切り替えの早さがずぬけている」
 
 
確かにその通り。名人位を失ってもすぐ切り替えて今回の結果につながっています。まさに羽生3冠ならではの離れ業。
 
 
タイトル100期達成は時間の問題だと思います。
 
デビュー以来ずっと羽生さんを応援しています。平成8年の7冠達成のときはしびれてしまいました。
 
次は、渡辺竜王の挑戦を受けている「王座戦5番勝負」で、王座を防衛し、獲得タイトル81期達成ですね。
 
 
がんばれ、羽生3冠!!
 
応援しています!!
 
 
関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-10

No title * by nina
とりとんさん!、、

素晴らしい、羽生3冠ですね!
人技体、兼ね備えた将棋道
このブログで深~く堪能させていただいています~


何だか~、
とりとん将棋ブログの応援が羽生さんを強くサポートしているように思われます

これからも、引き続き、、がんばれ、羽生3冠!!ですね、、

No title * by ぶな太
トリトンさん
このところブログは将棋にかなり気合が入ってますね。
羽生ファンなら熱くなるのは当然でしょう。

今期の王座戦では、渡辺竜王が羽生三冠の20連覇を
阻止するような予感がします。
すみません、勝手に予想して。
渡辺竜王は8年前の王座戦で「羽生を震わせた男」ですからね。

これから当分の間、羽生三冠と渡辺竜王の両雄の頂点を目指した
しのぎを削る闘いが続くでしょう。
また、羽生さんの100期達成は何年後でしょうか。
将棋ファンとして前人未踏の記録達成を楽しみにしています。

No title * by トリトン
風さん、こんばんは。
ポチありがとうございます。

将棋道を追求する棋士・羽生善治。
彼の歩みがそのまま近代将棋の歴史になっていますね。
引退してから、羽生善治を超える棋士はついに現れなかったと永く言い伝えらるでしょうね。

言われてみれば、ずっとブログで羽生さんを応援していますね。
ある意味、羽生善治応援ブログかもしれませんね。

今後とも羽生さんの応援をよろしくお願いします。

No title * by トリトン
ぶな太さん、今晩は。
コメントありがとうございます。

王位戦第7局のことを記事にしたからには、結果も記さなければ方手落ちですよね。

そんな義務感も伴って書いたらば、記念すべき獲得タイトル80期&3冠復帰となって、思わず力が入ってしまったということです。

羽生ファンですので、これくらいのことは当たり前ですけどね。

「羽生を震わせた男」ですが、ご存知通り、勝利を確信したときに、羽生さんの指先が震えてしまうのですね。

決して、渡辺5段に苦戦したからではなかったのですが、新聞はそう書きたてたほうが売り上げ部数が伸びるでしょうからね。

羽生さんと渡辺竜王と久保2冠。
(森内名人は御免なさい。小粒に感じます。)

当面、この3人を中心に将棋界が展開されていくのでしょう。

王座戦、私も嫌な予感はしています。
でも、危なかったこの王位戦でも脅威の粘りを見せて奪取しています。王座戦でも、再び(実際は何回目だろう?)してほしいと願っています。

そして、恵比寿ビールで乾杯ですよ。

No title * by トリトン
またまた、字数オーバーです。

続きとなります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今後の将棋界の進展も楽しみですね。
羽生名人VS渡辺竜王の頂上決戦をみてみたいものです。
先に、渡辺竜王が森内名人から名人位を奪取したりして・・・。
名人・竜王となったら、NO1は決定的ですよね。
私は、森内名人は次の挑戦者に敗れる予感がします。

将棋ファンとしては、楽しみに見守ることといたしましょう。

Comment-close▲

Comment







非公開コメント

No title

とりとんさん!、、

素晴らしい、羽生3冠ですね!
人技体、兼ね備えた将棋道
このブログで深~く堪能させていただいています~


何だか~、
とりとん将棋ブログの応援が羽生さんを強くサポートしているように思われます

これからも、引き続き、、がんばれ、羽生3冠!!ですね、、
2011-09-16-09:32 nina [ 返信 * 編集 ]

No title

トリトンさん
このところブログは将棋にかなり気合が入ってますね。
羽生ファンなら熱くなるのは当然でしょう。

今期の王座戦では、渡辺竜王が羽生三冠の20連覇を
阻止するような予感がします。
すみません、勝手に予想して。
渡辺竜王は8年前の王座戦で「羽生を震わせた男」ですからね。

これから当分の間、羽生三冠と渡辺竜王の両雄の頂点を目指した
しのぎを削る闘いが続くでしょう。
また、羽生さんの100期達成は何年後でしょうか。
将棋ファンとして前人未踏の記録達成を楽しみにしています。
2011-09-16-21:18 ぶな太 [ 返信 * 編集 ]

No title

風さん、こんばんは。
ポチありがとうございます。

将棋道を追求する棋士・羽生善治。
彼の歩みがそのまま近代将棋の歴史になっていますね。
引退してから、羽生善治を超える棋士はついに現れなかったと永く言い伝えらるでしょうね。

言われてみれば、ずっとブログで羽生さんを応援していますね。
ある意味、羽生善治応援ブログかもしれませんね。

今後とも羽生さんの応援をよろしくお願いします。
2011-09-16-22:33 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

ぶな太さん、今晩は。
コメントありがとうございます。

王位戦第7局のことを記事にしたからには、結果も記さなければ方手落ちですよね。

そんな義務感も伴って書いたらば、記念すべき獲得タイトル80期&3冠復帰となって、思わず力が入ってしまったということです。

羽生ファンですので、これくらいのことは当たり前ですけどね。

「羽生を震わせた男」ですが、ご存知通り、勝利を確信したときに、羽生さんの指先が震えてしまうのですね。

決して、渡辺5段に苦戦したからではなかったのですが、新聞はそう書きたてたほうが売り上げ部数が伸びるでしょうからね。

羽生さんと渡辺竜王と久保2冠。
(森内名人は御免なさい。小粒に感じます。)

当面、この3人を中心に将棋界が展開されていくのでしょう。

王座戦、私も嫌な予感はしています。
でも、危なかったこの王位戦でも脅威の粘りを見せて奪取しています。王座戦でも、再び(実際は何回目だろう?)してほしいと願っています。

そして、恵比寿ビールで乾杯ですよ。
2011-09-16-22:45 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

またまた、字数オーバーです。

続きとなります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今後の将棋界の進展も楽しみですね。
羽生名人VS渡辺竜王の頂上決戦をみてみたいものです。
先に、渡辺竜王が森内名人から名人位を奪取したりして・・・。
名人・竜王となったら、NO1は決定的ですよね。
私は、森内名人は次の挑戦者に敗れる予感がします。

将棋ファンとしては、楽しみに見守ることといたしましょう。
2011-09-16-22:45 トリトン [ 返信 * 編集 ]