FC2ブログ

トリトンのブログ【 水平線の彼方へ 2 】  

ご訪問ありがとうございます。好きなことは、将棋、写真、自然散策、音楽鑑賞、ハシバミ・アケビ・サルナシなどの天然の木の実の採集です。 

Top Page › 日本の四季と伝統行事 › 春色点描 ⑥ ~スプリングエフェメラルな花たち 中編~
2011-04-30 (Sat) 08:28

春色点描 ⑥ ~スプリングエフェメラルな花たち 中編~

 
春色点描 ⑥ ~スプリングエフェメラルな花たち 中編~




スプリングエフェメラルな花たち中編は、エゾエンゴサク、カタクリ、キバナノアマナ、フクジュソウです。


エゾエンゴサク









カタクリ




 まだ蕾で、開いているものはありませんでした。



キバナノアマナ







 葉1枚、花茎1個(花 数個~十数個)、托葉2枚と言うキバナノアマナの典型的な様子をしています。



フクジュソウ




 凹面鏡のように開いた花は、太陽光を集め、自分自身を暖める効果がある由。そのためか、小昆虫が集っていることがよくあります。
[撮影:北海道岩内町 2011.4.14]

 


転載元: 「野草閑話」~孝遊子

関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-10

No title * by トリトン
エゾエンゴサク、カタクリ、キバナノアマナ、フクジュソウの登場です。

エゾエンゴサクの青、きれいですね~。

これまた、孝遊子さんの記事の転載です。

孝遊子さん、ありがとうございました。

Comment-close▲

Comment







非公開コメント

No title

エゾエンゴサク、カタクリ、キバナノアマナ、フクジュソウの登場です。

エゾエンゴサクの青、きれいですね~。

これまた、孝遊子さんの記事の転載です。

孝遊子さん、ありがとうございました。
2011-04-30-08:42 トリトン [ 返信 * 編集 ]