FC2ブログ

奇跡の雲 モーニング・グローリー!!


「モーニング・グローリー」をご存知だろうか?

最近のTV番組の視聴から、知った方も少なくないのではないだろうか?

それもそのはず。先週の土曜日11月28日、NHKとTBSの2つの放送局で同じ題材を取り上げたのだから・・・。

 
① NHK 「WONDER X WONDER」 巨大回転雲 天空のサーフィン
 
  総合テレビ 2009年11月28日 土曜日 午後8時~8時44分


② TBS 「世界ふしぎ発見」

  第1124回 雲に乗りたい! 地球の奇跡 モーニング・グローリー 2009/11/28(土)21:00~


午後8時台の放送と午後9時台の放送、しかも、同じネタ!

どちらも視聴したのだが、なんと取材した店のオーナーやモーニング・グローリーの雲の上をグライダーでサーフィンすること十数年というベテランパイロットの登場が全く同じだった。

こんなのあり? と思った。

番組内容は興味深く、好奇心を刺激してくれるものだったが、乱暴に言えば、「パクリ」と思われても仕方がないものだった。映像や科学的分析なら資金力に勝るNHKの方が優れている。(私は大のNHKファンでもある)しかし、同じような番組の放送をを同じ日の1時間違いでぶつける必要はないだろう!?と思った。

私のように両方をはしごして視られた方は少ないと思うが、登場人物があまりにも似通っていて興ざめの部分が正直あった。一方が一方を訴えたりしないのだろうか? 放送の遅れをとった方が視聴率が下がるのは必然だが、何も同じ日にぶつけなくたって・・・。

疑問はさておき、内容自体はどちらも興味深いものであった。
以下に、簡単に紹介してみよう。

  ≪NHK 「WONDER X WONDER」 巨大回転雲 天空のサーフィン≫

   ⇒ http://www.nhk.or.jp/wonder/program/22/index.html

   YouTube動画(お薦め)  ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=f_5oiEIbfe0

WONDER1 ≪雨を呼ぶ神秘の雲≫
オーストラリア北部。地平線のかなたから夜明けとともに迫り来る巨大な雲、その名は「モーニング・グローリー」。長さ1000キロ、東京から福岡の距離に匹敵する筋状の雲が、転がるように回転しながら、時速60kmもの速さで荒野を突き進んでいきます。毎年9月~10月、突如現れるこの雲は、先住民アボリジニの間で「雨を呼ぶ雲」とあがめられてきました。季節の変わり目の一大イベント。町の人々と固唾を飲んで、モーニング・グローリーが現れるのを待ちます。
WONDER2 ≪誕生の秘密≫
モーニング・グローリー誕生の秘密を解き明かそうとしている気象学者がいます。その名は、ヨルグ・ハッカー博士。彼はその発生地点と思われるヨーク岬半島で、様々な観測や先住民への聞き取りを元に調査を続けています。そして、モーニング・グローリー誕生の謎を解き明かす、特別な条件を見つけ出しました。その条件とは? また、この巨大な雲は移動を続けた後、最終的にどうなるのでしょうか? カメラは決定的瞬間をとらえました!
WONDER3 ≪天空のサーフィンに挑む≫
近年、この雲を求めて世界中からグライダー乗りたちが集まってくるようになりました。この雲が作り出す特殊な上昇気流に乗ると、まるでビッグウェーブに乗るサーフィンのような、特別な体験が味わえるからです。毎朝夜明け前から飛行場で待ち、モーニング・グローリーが現れると一斉に飛び立っていきます。グライダーからとらえた神々しいほど壮大で美しい雲の姿をとくとご堪能ください。

※ 「WONDER X WONDER」は個人的には大好きな番組だ。これまで何度も「こんな光景観たことない!」という映像を提供してくれた。新しい発見というか、未知の世界へ誘ってくれる魅力溢れる番組だ。


  ≪TBS 「世界ふしぎ発見」 雲に乗りたい! 地球の奇跡 モーニング・グローリー≫

  ⇒ http://www.tbs.co.jp/f-hakken/mystery1124_2.html

オーストラリア北部の大都市ケアンズから、道なき道を西へ1000km!今回のミステリーハンター・宮地眞理子さんが目指したのは、ラストフロンティアと呼ばれる荒野の町バークタウンです。その目的はなんと雲に乗ること!?凄まじい風を起こしながら、まるで台風の様にやってくるという雲、モーニング・グローリーをレポートします!
一直線に伸びたパイプ状の雲が、長さ1000km、時速60kmで迫ってくるというモーニング・グローリー。宮地さんは、この雲に乗ろうとバークタウンに集まってくるグライダー乗りと合流。究極の雲乗り体験&レポートに挑戦します!一体どんな取材になったのか、早速お話を聞いてみましょう。(中略)

そしてついにモーニング・グローリーが?

グライダーからその光景を見たらもう感動で、胸が詰まってしまって…。朝日がわーっと広がる中に、真っ白でモクモクした巨大な雲があるんです!その美しさと大きさに感動しながら、圧倒されてました。後から自分の乗ったグライダーの映像を見ると、巨大な雲に乗るグライダーがまるで蚊の様に小さくて、またあらためてビックリでした!

― グライダーで雲に乗った感想は? ―

飛行機に乗っていて、下に雲の広がる様子が見えることってありますよね。その時は自分が目的地へ進んでいる感覚があると思うんです。でも今回、グライダーに乗って体験したモーニング・グローリーの感覚は、やっぱり特別でした。磁石のN極とN極というか…、一定の距離を保ちながらフワーン、フワーンと反発し合っている感じ。本当に不思議な感覚なんです。また雲の質感も初めて目にするもので、生クリームの様にホワン!としながら、すごく密に詰まっている感じ。ポンっと下りたらそのまま雲に乗れそうでした!


     *     *     *     *     *


番組視聴して、モーニング・グローリーは「奇跡の雲」であることが分かった。

時には、1000kmにも渡ってつながっていることもあるそうだ。どちらも番組も、同じ日の撮影だったのか、これまた「奇跡の7列同時発生モーニング・グローリー」であった。


TBSの番組のミステリーハンターが感激のあまり涙したシーンが印象的だった。グライダーでモーニング・グローリーの雲の上を滑空したら、人生観が変わってしまうほどの感動&衝撃なのだと思う。

できることなら、放送の感覚を1月以上空けて、さらに、取材のポイントを変えて、放送してほしかったと思う。

NHKの方は、≪総合テレビ 2009年12月10日 木曜日 午前1時10分~1時54分(水曜日深夜)≫で再放送があるので、見逃した方は録画して、視聴してみてほしい。

   ≪必見の極上映像が視られます!!≫

興味ある方は、私にだまされたと思って、視聴してみてほしい。

そして、感想を寄せていただければ大変ありがたい。





≪参考≫ モーニング・グローリー (気象現象) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)より

モーニング・グローリー(Morning Glory Cloud)とは朝方を中心に現れる、巨大なロール状の雲の帯のことである。

オーストラリア北部のカーペンタリア湾付近で最もよく観測され、他にはアメリカ中部、イギリス海峡、ドイツのベルリン周辺、ロシア東部、オーストラリアの海岸部などで観測される。またメキシコのコルテス海、大西洋のセーブル島、キンバリー地方(西オーストラリア州の北東内陸部)、アラビア海などでも類似の現象が稀に観測される。

最もよく観測される場所はクイーンズランド州のバークタウン(Burketown)とされる。この雲を発生させる気流に乗ることができるため、グライダー乗りにとっては人気スポットとなっている。

このあたりのモーニング・グローリーの雲は高度1~2kmにでき長さは最大1,000kmに達し、最大で60km/hに達する速いスピードで移動する。スコールと呼ばれる強い風が吹き低い高度に激しいウインドシアができるため、この雲の通過時には地上でも短時間で大きく気圧が変動する。雲の帯の進行方向前面では強い上昇気流、後面では下降気流があって鉛直方向に激しく回転している。この気流を波と考えると、山が1つしかない孤立波と言える。


  





  

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

始めまして。僕も観ました。8時と9時でしたか。7時と8時と思い込んでいたものですから、ブログでウソ書いてしまった(恥ずかしい)。

詳しい記述に感嘆しました。再放送情報、ありがとうございました。

No title

面白そうですね☆

再放送を録画予約しておきます!

情報提供ありがとうございます。

No title

写真を見て、一瞬「なんだ!?」って思いましたよ。
自然の作りだすものってすごいですね。(^_^;)

No title

ご連絡をありがとうございました。きれいな写真ですね。

No title

沖之大夫さん、コメントありがとうございます。

お互い「モーニング・グローリー」の記事を書いた仲間同士ですね。

同日の放送にはびっくりしましたが、興味ある内容であることには変わりありません。

再放送を録画されるとよろしいかと思いますよ。

今後ともよろしくお願いいたします。

No title

akiさん、今晩は。

素敵な映像ですよ。

再放送をぜひご覧になってください。

* * * *

私は、12月4日の出勤途上で、軽自動車のスリップ事故現場を通り、救助の手伝いをしました。

女性ドライバーでしたが、怪我はなく、無事でした。車の方は傷つきました。

そんな通勤路を通るこれからの日々が憂鬱になります。

No title

touiann さん、コメントありがとうございます。

お互いに同じ記事を書いていましたね。

「記事仲間」とでも申しましょうか、奇遇でしたね。

NHKとTBSが競って、番組を放映したのが、奇異に思われました。

これも何かのご縁ですね。

今後ともよろしくお願いいたします。

No title

元気なパパさん、お久しぶりです。

興味深い映像ですよ。

再放送をぜひご覧くださいな。

お子様にも見せてあげてほしいと思います。
自然現象への興味が深まると思います。

No title

こんにちは、おじゃまします。
イヤー感動しました。何度も何度も見ています。
あれから何度も何度もいろいろ調べています。
オーストラリアの気象協会のホームページなども読みふけりました。
しかし実際のモーニンググローリーに逢うには、会社辞めて来年行くしかないかもしれません。
ウルルを最初に見たときも涙が出そうでしたが、番組のレポーターの女性が「涙」を流して感動していた様は本当に印象的でした。
詳しい案内ありがとうございました。

No title

華華パパさん、今晩は。

コメントありがとうございます。

≫イヤー感動しました。何度も何度も見ています。
あれから何度も何度もいろいろ調べています。
オーストラリアの気象協会のホームページなども読みふけりました。

恐縮です。

何度も観てくださるなんてありがたいです。

地球上には、こんな神秘の現象を起こしてくれる場所がまだまだあるんですね。

毎年オーストラリアに行かれておられるなんてすごいですね。

私などまだ一度もオーストラリアに行ったことがありません。
ウルルも訪れたい場所ですね。

涙を流すほどの感動・・・・・・
一生の間に何度経験できるでしょうか?

そんな感動を味わうためなら、多少の無理もできるでしょうか?

また次の感動との出会いが楽しみですね。

No title

凄い雲ですね(゚O゚)! 雲には興味あります~
NHKの予告でやっていたと思いますが
見ることできませんでしたポチ!

No title

今晩は。

上のyouTube動画で見られますので、ご覧になってくださいまし。
感動しちゃいますよ。

No title

はじめまして♪
夕べ、空から見る絶景だかなんだかをやっていて?、このモーニング・グローリーも紹介されていました。で、ゴチョゴチョと検索してこちらにたどり着きましたw。
ちなみに、紹介されているYouTube動画は非公開になっていました。残念! また色々さがしてみます。

No title

渓流さん、初めまして。
ようこそ、当ブログへ。

昨夜のテレビ朝日の番組、私も観ましたよ。
何だか、モーニンググローリーも3回目となると食傷気味になります。

NHK ~ TBS ~ TV朝日 ですからね。

そして、昨日の番組は、NHKで以前放送した内容とほかの部分でも似通っていました。

セノーテや鏡の湖など、NHKでずっと前に取り上げていましたから新鮮味がありませんでしたね。

さて、YouTube動画は時間が経過や著作権の関係で消去されることがあります。

上の記事に載せてあるNHKの [WONDER X WONDER]のHPで、放送の概要と予告動画が3分ほど見らますのでチェックしてみてくださいな。

今回のご訪問も何かのご縁です。

渓流さんはどちらにお住まいですか?

また遊びにいらしてくださいな。

お待ちいたしております。

No title

丁寧なコメ返しありがとうございます。
私ははじめ夕べ知ったのですが、自然科学がお好きな方にはさほどレアな事ではなかったのですね。

ちなみに住まいはさいたま市です。今後とも宜しく。
非公開コメント

プロフィール

iqm90jqjpdmz

Author:iqm90jqjpdmz
将棋、自然、音楽、写真が好きです。

将棋は、羽生9段、藤井7段のファンです。

初夏にはサクランボ狩り、秋にはブドウ狩りに出かけています。

また、秋には、雑木林を散策してハシバミ、アケビ、サルナシなどの
天然の木の実を採集をしています。

音楽は、80年代の洋楽を聴くことが多いですね。
好きなアーティストは、TOTO,Journey,Foreigner,KANSAS,Eagles,
Styx,Earth,Wind&Fire,M.Jackson,Madonna,Starship,SADE,
Kool&The Gang,Lindsy Starling,Maroon5,...

邦楽では、小田和正、ドリカム、宇多田ヒカル、シングライクトーキング、
久保田利伸、Greeeen、米津玄師です。

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブロとも一覧【画像なし】

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム