FC2ブログ

トリトンのブログ【 水平線の彼方へ 2 】  

ご訪問ありがとうございます。好きなことは、将棋、写真、自然散策、音楽鑑賞、ハシバミ・アケビ・サルナシなどの天然の木の実の採集です。 

Top Page › スポーツ › スポーツTV観戦サンデー!!
2010-11-30 (Tue) 02:05

スポーツTV観戦サンデー!!


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 
 
28日日曜日は、スポーツ盛りだくさんでしたね。
 
広州アジア大会閉会式、相撲九州場所の千秋楽、男子ゴルフのカシオオープン最終日・・・。
 
今日は、相撲と男子ゴルフの2つにふれたいと思います。
 
 
1 相撲の千秋楽   【お見事白鵬、天晴れ豊ノ島!!】
 
(28日、九州場所千秋楽優勝決定戦 ○白鵬 おくりなげ 豊ノ島●)
 
 
 
 
 

 
 
支持率は圧倒的だった。鉄パイプで組み上がった無機質な升席から、血潮の通った「豊ノ島」コールが鳴り響く。29場所ぶりの日本人力士の優勝を――。そんな館内の願いを、白鵬はいとも簡単に打ち砕いた。
 
「コール逆に気を引き締められました」。横綱のセリフがまた心憎い。
 本割をともに制して迎えた優勝決定戦。突いたり、いなしたりと両腕をしならせて、うるさい小兵が懐に潜り込んでくることを防いだ。そして、左腕をグーンと伸ばして、後ろまわしを取ると、得意の投げで背中を奪った。
 「責任は果たした。それだけ」。野球賭博などの不祥事で揺れた中、自身初の5連覇に、2年連続での年間最多記録となる86勝。これほどの偉業にも、心は満たされない。
 要因はただ一つ。双葉山の持つ連勝記録「69」に届かなかったことだ。2日目に不覚を取り、連勝は「63」で止まった。「帰ってきても、ずっとボーッとしていました。ショックで横になっても寝付けなかった」と妻の紗代子さん。一人横綱となり、真摯(しんし)に向き合ってきた朝げいこにもぱったり顔を出さなくなり、横綱相撲も乱れた。終盤には立て直したが、「心と体が一つになるのに何日間かかかりました」と苦心を明かした。
 「本人もこれからは(目標が)69連勝と分かっている」と名付け親の熊ケ谷親方(元幕内竹葉山)。白鵬は「翔の名前の通り、来年は羽ばたいていければいいね」。来年は26歳。敬服する双葉山が偉業を成し遂げた年齢である。 (以上朝日新聞より)
 


 
今年大いにぐらいついた大相撲の屋台骨をこのモンゴル出身の若い横綱が支えた。辛く険しい道だった。全勝優勝にも関わらず、賭博問題の不祥事で天皇賜杯が見送られた場所もあった。にも関わらず、年間最多勝タイ(自身の記録)の86勝をあげ、今年の場所を締めくくった。
 
見事である。大横綱の風格が漂っている。日本語もどんどん上達している。我々が同じような立場だったら、英語で白鵬のようにすらすらとインタビューに答えることができるだろうか? 
 
また、豊ノ島の健闘も光る。5年ぶりとなる日本人の優勝の可能性の夢を見せてくれた。169cmという幕内最小の身長でこの大活躍は、今年亡くなった大沢親分ではないが「天晴れ!!」である。日本人力士の意地を見せてくれた。賞賛に値する。
 
 
   

 
 
 
相撲が終わるとTVのスポーツコーナーがちと寂しいと思うのは私だけだろうか?
 
 


 
2 男子ゴルフ  ~ 賞金王は誰の手に? ~
 
男子ゴルフは、賞金王争いが熾烈になってきた。残るは最終戦を残すのみとなった。
 
 

優勝の松村選手
 
 
 
【賞金王、最終戦勝負へ 追う石川ら 優勝が絶対条件】
 
(28日、男子ゴルフ・カシオワールドオープン)
 
 賞金王を争う3人の競技終了後の表情は、三者三様だった。スコアを伸ばし誇らしげな石川とは対照的に、優勝を逃した池田はぐったり。2人に追われる金はスコアを三つ崩し、淡々と言葉をつむいだ。
 圧巻のゴルフを見せたのは、がけっぷちに立たされていた石川だった。「思い描くプレーができた」。上位にいる池田、金を見据えてのラウンドで、5バーディー。好調なショットがピンに絡み、復調気味のパットとしっかりかみあった。「勇気を持って、自分が打とうとしているラインに自信を持って打とうと。気持ちよくストロークできた」。得意のコースで金を順位で上回り、賞金額の差は約320万円、縮まった。
 一方、今季最終日最終組で4戦4勝と、得意の逃げ切りで5勝目を手にしたかった首位スタートの池田は5位。序盤の連続バーディーで抜け出したかに見えたが、以降はパットが入らず、リズムを崩した。
 最終戦。追う立場の2人が賞金王となるためには優勝が絶対条件となる。池田は「勝てばいいんだから、ものすごく単純」と言い、石川は「来週につながる明るい材料はたくさんある」と自信をのぞかせた。
 圧倒的なリードを守り、金が韓国人初の頂点に立つのか。それとも、奇跡の逆転優勝で日本勢が意地を見せるのか。勝負は残り72ホール。
  (朝日新聞) 
 


  
個人的には、日本人選手に賞金王を獲ってもらいたいものだ。
 
男女とも韓国勢が賞金王だと寂しいからね。
 
決着は、12月5日(日)の最終ラウンドで。 
 
因みに、私はTV観戦はしますがゴルフはやりません。 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-10

No title * by としおもち
賞金王を熾烈な争いですな

No title * by トリトン
賞金王、どうなるでしょうね。

今日から最終戦がスタートですね。

決着は5日日曜日です。

楽しみですね!

Comment-close▲

Comment







非公開コメント

No title

賞金王を熾烈な争いですな
2010-12-01-22:07 としおもち [ 返信 * 編集 ]

No title

賞金王、どうなるでしょうね。

今日から最終戦がスタートですね。

決着は5日日曜日です。

楽しみですね!
2010-12-02-18:23 トリトン [ 返信 * 編集 ]