FC2ブログ

トリトンのブログ【 水平線の彼方へ 2 】  

ご訪問ありがとうございます。好きなことは、将棋、写真、自然散策、音楽鑑賞、ハシバミ・アケビ・サルナシなどの天然の木の実の採集です。 

Top Page › 稲作・ほにお・はさがけ › オーナー稲刈り体験
2010-09-23 (Thu) 07:59

オーナー稲刈り体験


 
 
 
残暑厳しい折、オーナーさんの稲刈り体験が始まります。
 
1ヶ月前まで合鴨たちが頑張って育ててくれた合鴨水田。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
見事たわわに首を垂れ実った稲穂です。
 
今年は収量が多いいかも?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
まず、稲木を立てる場所の確保するため、機械〔バインダー30年物)「むずかしい~どこにいくんやー」 「肩こるなー」「わしも貸してーなー」などワイワイガヤガヤの作業。
 
楽しそうでした
 
 
 
 
 

 
次に稲木の組立作業。
3本足4段の稲木を1間おきにたて、それに竹を載せ、組み立てていきます。
 
「ちがうちがうこうちゃうん」
「ひろすぎるでー」「はよ、むすべやー」などなど豊岡弁大放出。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
何とかかんとか稲木ができ、
刈り取った稲をかける作業。
 
この猛暑の中の、稲刈り体験
大人は、10分作業、30分休憩。
でも子供は、楽しそうに一生懸命に稲を掛けをしているのを見て・・・・・
 
 

 
大人も休んでばかりいては子供に申し訳ない・・・・・負けてしまう・・・・・
 
力を振り絞って稲を集め、稲掛けをはじめました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
やっと見事に稲木干し完成。
晴天が続くと10日ぐらいで脱穀。
 
35℃以上猛暑の中の稲刈り体験、誰も脱落者もなく、オーナーの皆様ご苦労様でした。
 
一味違う美味しい合鴨米〔コシヒカリ)が出来るのを楽しみにしていてください。
次回は収穫祭です。
稲木のお米を楽しみにしていてください。
 


転載元: 池さんの合鴨日誌

関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-10

No title * by トリトン
兵庫県豊岡にお住まいの「池さん」の記事を転載させていただきました。

池さんは、「合鴨農法」を実践されておられる農家方です。

今年もおいしいお米ができたそうですよ。

豊岡と言えば、あのトキの飼育、自然放鳥で有名なところです。

どうぞみなさん、池さんの記事をじっくりご覧くださいな。

池さん、転載させていただきありがとうございました。

No title * by リカ
稲刈りの様子がよくわかる記事ですね
こちらでも稲刈りが進んでます ポチ

No title * by ike3aigamo
こんばんは。
記事の転載ありがとうございました。

豊岡に「トキ」はいません。
いるのは「コウノトリ」といいます。

でしゃばって申し訳ありません。

No title * by としおもち
お米楽しみですね!うちも実家のお米を食べてます

No title * by トリトン
兵庫県豊岡にお住まいの「池さん」の記事を転載させていただきました。

池さんは、「合鴨農法」を実践されておられる農家の方です。

今年もおいしいお米ができたそうですよ。

豊岡と言えば、あのコウノトリの自然放鳥で有名なところです。

どうぞみなさん、池さんの記事をじっくりご覧くださいな。

池さん、転載させていただきありがとうございました。


======================

池さん、失礼いたしました。

トキをコウノトリに訂正させていただきます。

No title * by トリトン
リカちゃん、こんばんは。

ポチありがとうございます。

お米大好きです。

その大切なお米を作っていらっしゃる農家のみなさんを応援したいですよね。

=======================

今日はとても寒かったです。

最高気温が13.5度でした。

寒くて、朝からストーブをつけました。

ニュースで、「10月下旬から11月上旬の気温」と言っていました。

一気に10度前後気温が下がったのですから、堪りませんね。

高山も気温が低かったことでしょう。

猛暑の日々が懐かしいですね。

こんなときは焼きたての鮎の塩焼きでしょうか。

No title * by トリトン
池さん、こんばんは。

みなさん、興味深くこちらの記事を読んでくださっているようですよ。

今日秋分の日はとても寒かったです。

朝からストーブをつけました。

そちらでは、「稲木」と呼ぶんですよね。

こちらは「はせがけ」と呼んでいます。

今年もあのドーム上の「ほにお」の撮影に行ってきたいと思っています。

No title * by トリトン
としおもちさん、こんばんは。

新米楽しみですよね。

柔道をがんばっている子ども達もモリモリおいしいご飯を食べているのでしょうね。

お米は日本人の主食です。

大切されるべき価値ある作物です。

食料を生産してくださっている農家のみなさんに感謝です。

No title * by ike3aigamo
トリトンさんこんばんは。
オーナーの皆さんが、「ほにょ」とはなんぞい。との質問があり、「ほにょ」の写真を見せると、「稲木」もいいが、ほにょを来年作って見ようや」ということになりました。
ご無理のお願いですが、「ほにょ」の写真とその作り方も撮って来ていただき、伝授をお願いしたいです。

No title * by トリトン
池さん、おはようございます。

「ほにお」を作ってみたい、ですか?
ずいぶん関心が高いオーナーさんたちですね。

ところで、チャレンジしてみたい「ほにお」はどのタイプですか?

ドーム状のものですか? それとも、杭状のものですか?

ドーム状のものだとすると、難しいと思いますよ。

理由は、ドーム状のほにおを作れる農家の方が激減していることです。
八戸市で一昨年撮影した田んぼが、稲作を止めていました。ショック!!

あの座敷童子で有名だった(火事で消失しました)二戸市金田一温泉・緑風荘のあった二戸市金田一に今年も撮影に行きますが、農家の方と面識がありません。撮影は土日です。明日、行ってみますが、すでに「ほにお」ができていれば、作業途中の写真は撮れません。

チャレンジしてはみますが、行って見なければ分からないのでご期待に沿えるかどうかは分かりません。

ということで、ダメな場合もあることをご承知くださいね。

まずは、明日の取材次第でしょうね。

No title * by maya
見事にたわわに実っていますね(~_~)
我が家は9月上旬に稲刈りを終えましたが、
まだ新米を食べていません(~_~;)
収穫祭が楽しみですね♪

Comment-close▲

Comment







非公開コメント

No title

兵庫県豊岡にお住まいの「池さん」の記事を転載させていただきました。

池さんは、「合鴨農法」を実践されておられる農家方です。

今年もおいしいお米ができたそうですよ。

豊岡と言えば、あのトキの飼育、自然放鳥で有名なところです。

どうぞみなさん、池さんの記事をじっくりご覧くださいな。

池さん、転載させていただきありがとうございました。
2010-09-23-08:02 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

稲刈りの様子がよくわかる記事ですね
こちらでも稲刈りが進んでます ポチ
2010-09-23-19:28 リカ [ 返信 * 編集 ]

No title

こんばんは。
記事の転載ありがとうございました。

豊岡に「トキ」はいません。
いるのは「コウノトリ」といいます。

でしゃばって申し訳ありません。
2010-09-23-19:34 ike3aigamo [ 返信 * 編集 ]

No title

お米楽しみですね!うちも実家のお米を食べてます
2010-09-23-20:05 としおもち [ 返信 * 編集 ]

No title

兵庫県豊岡にお住まいの「池さん」の記事を転載させていただきました。

池さんは、「合鴨農法」を実践されておられる農家の方です。

今年もおいしいお米ができたそうですよ。

豊岡と言えば、あのコウノトリの自然放鳥で有名なところです。

どうぞみなさん、池さんの記事をじっくりご覧くださいな。

池さん、転載させていただきありがとうございました。


======================

池さん、失礼いたしました。

トキをコウノトリに訂正させていただきます。
2010-09-23-21:04 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

リカちゃん、こんばんは。

ポチありがとうございます。

お米大好きです。

その大切なお米を作っていらっしゃる農家のみなさんを応援したいですよね。

=======================

今日はとても寒かったです。

最高気温が13.5度でした。

寒くて、朝からストーブをつけました。

ニュースで、「10月下旬から11月上旬の気温」と言っていました。

一気に10度前後気温が下がったのですから、堪りませんね。

高山も気温が低かったことでしょう。

猛暑の日々が懐かしいですね。

こんなときは焼きたての鮎の塩焼きでしょうか。
2010-09-23-22:41 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

池さん、こんばんは。

みなさん、興味深くこちらの記事を読んでくださっているようですよ。

今日秋分の日はとても寒かったです。

朝からストーブをつけました。

そちらでは、「稲木」と呼ぶんですよね。

こちらは「はせがけ」と呼んでいます。

今年もあのドーム上の「ほにお」の撮影に行ってきたいと思っています。
2010-09-23-22:45 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

としおもちさん、こんばんは。

新米楽しみですよね。

柔道をがんばっている子ども達もモリモリおいしいご飯を食べているのでしょうね。

お米は日本人の主食です。

大切されるべき価値ある作物です。

食料を生産してくださっている農家のみなさんに感謝です。
2010-09-23-22:48 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

トリトンさんこんばんは。
オーナーの皆さんが、「ほにょ」とはなんぞい。との質問があり、「ほにょ」の写真を見せると、「稲木」もいいが、ほにょを来年作って見ようや」ということになりました。
ご無理のお願いですが、「ほにょ」の写真とその作り方も撮って来ていただき、伝授をお願いしたいです。
2010-09-24-18:11 ike3aigamo [ 返信 * 編集 ]

No title

池さん、おはようございます。

「ほにお」を作ってみたい、ですか?
ずいぶん関心が高いオーナーさんたちですね。

ところで、チャレンジしてみたい「ほにお」はどのタイプですか?

ドーム状のものですか? それとも、杭状のものですか?

ドーム状のものだとすると、難しいと思いますよ。

理由は、ドーム状のほにおを作れる農家の方が激減していることです。
八戸市で一昨年撮影した田んぼが、稲作を止めていました。ショック!!

あの座敷童子で有名だった(火事で消失しました)二戸市金田一温泉・緑風荘のあった二戸市金田一に今年も撮影に行きますが、農家の方と面識がありません。撮影は土日です。明日、行ってみますが、すでに「ほにお」ができていれば、作業途中の写真は撮れません。

チャレンジしてはみますが、行って見なければ分からないのでご期待に沿えるかどうかは分かりません。

ということで、ダメな場合もあることをご承知くださいね。

まずは、明日の取材次第でしょうね。
2010-09-25-09:57 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

見事にたわわに実っていますね(~_~)
我が家は9月上旬に稲刈りを終えましたが、
まだ新米を食べていません(~_~;)
収穫祭が楽しみですね♪
2010-09-25-21:45 maya [ 返信 * 編集 ]