FC2ブログ

トリトンのブログ【 水平線の彼方へ 2 】  

ご訪問ありがとうございます。好きなことは、将棋、写真、自然散策、音楽鑑賞、ハシバミ・アケビ・サルナシなどの天然の木の実の採集です。 

Top Page › ニュース › 土橋さんと中川君!!
2010-08-29 (Sun) 13:20

土橋さんと中川君!!

 
 
土橋智花さん(見前中3年)と中川慧梧君(岩手高校3年)の活躍を27日に記事にしました。
 
その続編となります。中高生なので、写真は掲載いたしません。でも、写真入の新聞記事は紹介したいと思います。
 
お二人の今後の活躍へもエールを送ります。
 
 
1 土橋智花さんの記事
 
 
 
 
≫中学新で優勝 仲間と笑顔
 
全国中学校体育大会陸上女子200メートル・土橋さん
 
全国中学校体育大会の陸上女子200メートルで、盛岡市立見前中3年の土橋智花さん(15)が日本中学新記録で優勝した。25日には同校の全校集会で、快挙が阿部道子校長から報告され、土橋さんは「優勝できたのは、良い仲間と3年間部活を続けられ、先生や家族に支えられたから」と感謝の言葉を述べた。
 全校集会で快挙報告
 土橋さんが新記録での優勝を飾ったのは22日。24秒12の中学新記録は、今年のインターハイ優勝記録(24秒48)を大きく上回っており、陸上関係者を驚かせた。
 土橋さんは、昨年の大会で7位にとどまり、持久力が足りなかった悔しさをバネに練習に励み、100メートルダッシュや腹筋、背筋のトレーニングを強化した。
 25日の全校集会で、土橋さんは、級友ら約500人の生徒の前ではにかみながら決勝戦の模様を報告し、「スタートで名前が呼ばれた時、手が震えるほど緊張した」と振り返り、「将来はオリンピックに出られるぐらいの選手になりたい」と夢を語った。
     ◇
 今月、中国地方で開かれた全国中学校体育大会では、県内選手の活躍が目立った。紫波町立紫波一中3年の陣ケ岡胤(つづき)君(14)は、競泳男子200メートル背泳ぎで優勝、100メートル背泳ぎでも3位に入った。盛岡市立上田中3年の坂本景君(15)も陸上男子110メートルハードルで3位に入った。ホッケー決勝では県勢同士の対戦となり、岩手町立一方井中が優勝を飾り、同町立川口中が準優勝となった。
 来年には、活躍選手の多くが高校生になる。来年7~8月、北東北3県を中心に開かれるインターハイを前に、早くもスポーツ関係者から期待の声が上がっている。
 岩手陸上競技協会の似内利正常務理事は「土橋さんのような選手がいるので来年は大きな期待が持てる」と話す。
 県スポーツ健康課の平藤淳・総括課長も「今年は、例年以上に上位入賞者が多い。県全体のレベルの底上げが図られている」と評価した。
 
2010年8月26日  読売新聞)
 

 
 
≫全国中学校体育大会は22日、鳥取市のコカ・コーラウエストスポーツパーク陸上競技場で陸上女子200メートル決勝を行い、本県の土橋(つちはし)智花(ともか)(見前3年)が24秒12の日本中学校新記録を打ち立て全国制覇を果たした。広島市で行われた競泳男子200メートル背泳ぎは陣ケ岡胤(つづき)(紫波一3年)が自身の持つ県記録を更新する2分5秒38で優勝。競泳競技で岩手初の栄冠をつかんだ。陸上男子の石川周平(石鳥谷3年)は走り高跳びで3位入賞。県勢の表彰台ラッシュとなった。
 陸上女子200メートル決勝は9人で争われ、土橋は第5レーンに登場した。力強くコーナーで加速した土橋は、直線に入った残り50メートル付近から抜群の伸びで一気にトップに立ち、2位に0秒30差をつけてフィニッシュした。
 
 
 
すごいね、土橋さん。
 
秋の国体、高校でも活躍して、めざせ、オリンピック選手!!
 
応援していますよ。
 
 


 
 
2 中川慧梧君の記事
 
 
 
≫第23回全国高校将棋竜王戦(日本将棋連盟など主催)最終日は25日、福岡市で行われ、本県代表の中川慧梧(けいご)君(岩手高3年)が県勢初の2連覇を果たした。同大会2連覇は史上2人目。
 各都道府県の代表ら52人が参加。中川君は予選リーグを突破し、決勝トーナメントも順調に勝ち上がった。決勝は長野県代表の太田啓介君(さくら国際高1年)を破った。
 中川君は、高校将棋日本一を決める竜王戦で、高校全4冠(全国高総文祭個人、同団体、高校竜王、全国高校新人大会)として実力をいかんなく発揮した。
 中川君は「普段の力を出し切れば優勝できると思っていた。うれしいというよりは、仕事を果たしたという気持ちだ。9月初旬のアマ名人戦にこの勢いを持ち込んで上位を狙いたい」と次の戦いを見据えていた。
 
 
     岩手中学校・岩手高校囲碁将棋  (アップで写真が載っています)
 
 
週間将棋8月18日号にも、記事が載っています。
 
     週刊将棋 ONLINE 
 
 
 
 
 
過去の活躍の記事です。
 
 
 
 
 
 
  
 
 
高校生ながら、アマ将棋界で屈指の実力者、中川6段。
 
9月のアマ名人戦での活躍が期待されます。
 
大学将棋界でも、大暴れしてくれることでしょう。プロ棋士をも破る力を持っている中川君。
 
今後の活躍が大いに楽しみです。
 
 
 
          がんばれ、中川6段!!
 
 


 
 
土橋さん、中川君、今後とも活躍を応援していますよ!
 
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-10

Comment







非公開コメント