FC2ブログ

トリトンのブログ【 水平線の彼方へ 2 】  

ご訪問ありがとうございます。好きなことは、将棋、写真、自然散策、音楽鑑賞、ハシバミ・アケビ・サルナシなどの天然の木の実の採集です。 

Top Page › グルメ › 宝石の輝き、サクランボ!!
2010-07-02 (Fri) 00:23

宝石の輝き、サクランボ!!

まずは、この宝石のようなサクランボをご覧いただきましょう!!
 
 

 
           撮影 JAZZさん 留長果樹園(青森県南部町)
 
 
 
 

                   同 上
 
 
 

 
 
 
 

 
          (REEVさん、ある方より借用)
 
 
 

           
             ≪留長果樹園の見事なギフトセット≫
 
 
 
      さあ、おいしいサクランボを食べて7月を元気に過ごししましょう。
 
       なんですって。値段が高くって食べられないないって。 
       そこのところは家族や財布と相談お上でね。
 
       とにかく、東北地方ではサクランボを食べないと
       7月が始まらないのでした。
     関東の方やサクランボが手に入らない方ごめんなさいね。
 
  こんなおいしいサクランボを食べられる日本人は幸せだと思いますす。
 
 


 
 
そこで、ちょっと今回は「サクランボのブログの記事」を集めてみました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
園地巡回 | やすみっこ  (留長果樹園のSACCOさんの記事です)
 
 
      (不肖私めの以前の記事です)
 
 
    ≫  この時期わくわくするんです。
 
     そうです。サクランボの季節なんです。
 
     サクランボ、大好きなんです。
 
     甘くておいしいですよね。 

 
今日は、青森の知人、≪留長果樹園≫の留目 秀樹 さん・佐智子 さん(南部町) の果樹園のサクランボを紹介いたしましょう。平成19年2月、第8回全国果樹技術経営コンク-ルで「農林水産省生産局長賞」を受賞したすごい果樹園なんですよ。

 

 
≫留目さんは、昭和60年、東京農業大学を卒業後、当時、りんご農家だった実家を、平成元年、りんご園の一部をサクランボに切り替え、りんごとサクランボの複合経営へと転換を図りました。

 
平成7年、冬場の労働力の有効活用と所得の向上を目指し、サクランボの加温栽培を始めました。青森県内初ということもあり、山形県の篤農家(とくのうか:熱心で研究心に富んだ農業家のこと)の指導を受けながら、試行錯誤の日々…。難しい温度管理に2年を費やし、ようやく青森の気候にあった栽培技術を確立して、高品質のサクランボの生産に漕ぎつけました。

 
ブログ仲間のみなさんの話ですと、超美味しい、極上のサクランボなのだそうです。もはや、伝説の味なのかもしれませんね。今も収穫で大忙しの毎日なそうです。

 
いつもおいしい果物の生産、ありがとうございます。

 
がんばれ、留長果樹園のみなさん!!  応援していますよ。

 
   やすみっこ | 果樹園 (奥様、saccoさんのブログです)

 
   RAB青森放送 活彩あおもり   (TVにも放映されています)
 
 

 
 
最後は、青森にこの人ありと知られた有名ブロガー、REEVさん登場です。

 
 
 
今日もおいしい青森のグルメを探索して、記事を書かれておられることでしょう。 
 
関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-10

No title * by としおもち
亡き息子が大好きで絶対お弁当に入れとけ!といつも叫んでいたのを覚えております

No title * by aki*1*5_105
色鮮やかで、つやがあってとてもおいしそうです(^_^)
僕の実家にも昔サクランボの木が1本あって、毎年実がなるのが楽しみでした。
箱詰めされてるのを見ると、なお一層おいしそうに見えますね。ぽち!

No title * by トリトン
そうですか?

息子さんがサクランボが大好きだったんですね。

そうすると、サクランボには特別な思い入れがおありでしょうね。

私の場合、ただただサクランボが大好きというだけです。

サクランボ狩りにでも出かけて存分に味わいたいものです。

No title * by トリトン
akiさん、本当に宝石のようにきれいですよね。

そして、美味しいんです。

今年は天候不順で不作らしいでした。

ビニルハウスの中のものが大丈夫だったようですが、路地ものはきびしかったようです。

土日の産直で手に入ればいいのですが・・・。

サクランボの木に登って食べたことがありますか。

私は何度もあります。

これが最高なんですよね。

今年も食べるぞ、サクランボ!!

No title * by maya
本物のさくらんぼは子供の頃からごく最近まで
片手で数えられるくらいしか食べたことがありませんでしたが、
ここ数年ふるさと小包のさくらんぼにハマってしまい、
7月を楽しみに待っています。
ちなみに「本物の」というのは缶詰ではないさくらんぼのことです。

No title * by タン
こんばんは!^^

今年もサクランボの季節ですね。
不作とのことらしいですけど確認はしていませんけど。
アマリ高いようでしたら考え物です。^^;

4日はニンニクを買いに田子まで行く予定です。
サクランボはその後になりそうですけど
この日に足をのばしてチェックできると良いのですが。

No title * by タン
おはようございます!

さっこさんのブログにコメント大丈夫でしたよ!
今、おいて戻ったところです。

No title * by クスクス
素晴らしい赤ですね。
宝石以上。
食べるのがもったいないくらいですネ。

No title * by Mai
麻衣さくらんぼ大好き^^ぽち

No title * by トリトン
mayaさん、今晩は。

サクランボを食べた回数が少ないんですね。

こちらは北国ですので、その気になればたっぷり食べられます。

もっとも一番いいのは、贈答品になって、庶民の口にはもっとグレードの低いものになります。

この辺のところは、北国のみなさんも共通しているかもしれません。

ぜひ、「留長果樹園」の賞をいただいた極上の一品を食べてみたいものです。

タンさん、JAZZさん、REEVさん、青森太郎さんあたりはご試食なさっていると思います。

私もそのうちに仲間入りを・・・と思っています。

写真ですみませんが、おいしそうな気分を味わってください。

そうそう、「小包のサクランボ」本場の「留長果樹園さん」のをご注文されてはいかがですか?

その際、「トリトンからの推薦です。」と一筆付け加えて・・・。

決して、山形産にひけをとりませんからね。
それ以上かもしれません。

参考までにどうぞ・・・。

No title * by トリトン
タンさん、今晩は。

コメントのアドバイスありがとうございました。

やっとこさ、コメントできました。

今日八戸でサクランボを買ったのですが、佐藤錦はありませんでした。

ジャンボ錦とサミットに2種類だけでした。
それだけ、佐藤錦は品薄ということです。

SACCOさんのところみたいに、ビニルハウスで温熱栽培しているところでないと厳しいのかもしれません。

花の時期に降雪、寒さでしたものね。
露地栽培の樹では厳しいでしょう。

小鳥谷の「夏恋」はいかがですか?

情報が入りましたら教えてくださいね。

佐藤錦が手に入らず、「ジャンボ錦」1kgパックにしました。
味もう~ん、でしたね。

もうひとつ、真っ赤な「サミット」も出ていました。
こちらは、1kgで2500円でした。

「佐藤錦なら、4500円、5000円ではないかあ~。」と露天のおばさん(いさばのかっちゃ風のおばちゃん)が言っていました。

とにかく、「佐藤錦が市場で手に入らない。」と嘆いていました。

こうなると、直接サクランボ農家にサクランボ狩りに出かけたほうがい

No title * by トリトン
次数オーバーでした。

南部町まで足を伸ばす余裕がないし・・・・・。

さてさて、今年のサクランボ事情なかなか厳しいようです。

美味しい佐藤錦に当たった人はラッキーだと思いますよ。

もう少し、もがいてみてみたいと思います。

No title * by トリトン
akiさん、今晩は。

サクランボ、宝石のようでしょう!

大好きなんです。

北海道ではどれだけ取れるんですか?

私の家にも子供のころはサクランボの樹が6本あって、樹にあがって採って食べたものでした。

懐かしいなあ~。

今は1本も残っていません。

ですから、かって食べるしかないんです。

友人の写真なのですが、よだれが出てきそうな写真です。

近いうちにGETして食べようっと。

でも、スーパーでみた、山形県産の佐藤錦、色も悪いし、大きさも小さいし、この写真とは比べ物にならなくて、買う気になりませんでした。

サクランボ農家直接ねらいの「サクランボ狩り」がいいのかもしれません。

No title * by トリトン
クスクスさん、こんばんは。

お騒がせいたしました。

ブログの方は何とか続いています。

やはり、「相撲の○○○」が原因だったようです。

記事を削除したら、また正常に戻りました。

=====================

サクランボの写真、おほめいただいてありがとうございます。

サクランボ大好きなんです。

食べるのがもったいないですけど、拝みながら感謝していただきます。

No title * by トリトン
MAIさん、お久しぶりです。

私もサクランボ大好きです。

特に、サクランボ狩りに出かけて、直接樹からもいで食べるのが最高ですね。

サクランボ狩りの経験がおありですか?

今年は佐藤錦が品薄なそうです。

どうなりますことやら・・・・・。

誰がなんと言おうと私はサクランボが大好きだ~!!

No title * by 与太爺
早速伺いました!!
いやぁ...見事なサクランボですね。
こんなのうちの方では見たことないです。

No title * by トリトン
こんばんは。
ようこそ!

コメントありがとうございました。

山形や青森はさくらんぼ生産が盛んですからね。
もちろん日本一なのは山形なのですが、青森は2位の生産量です。

東北に生まれてうれしいことは、サクランボやりんごをたくさん食べられることも上位にランクしますね。

Comment-close▲

Comment







非公開コメント

No title

亡き息子が大好きで絶対お弁当に入れとけ!といつも叫んでいたのを覚えております
2010-07-02-08:41 としおもち [ 返信 * 編集 ]

No title

色鮮やかで、つやがあってとてもおいしそうです(^_^)
僕の実家にも昔サクランボの木が1本あって、毎年実がなるのが楽しみでした。
箱詰めされてるのを見ると、なお一層おいしそうに見えますね。ぽち!
2010-07-02-11:30 aki*1*5_105 [ 返信 * 編集 ]

No title

そうですか?

息子さんがサクランボが大好きだったんですね。

そうすると、サクランボには特別な思い入れがおありでしょうね。

私の場合、ただただサクランボが大好きというだけです。

サクランボ狩りにでも出かけて存分に味わいたいものです。
2010-07-02-19:31 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

akiさん、本当に宝石のようにきれいですよね。

そして、美味しいんです。

今年は天候不順で不作らしいでした。

ビニルハウスの中のものが大丈夫だったようですが、路地ものはきびしかったようです。

土日の産直で手に入ればいいのですが・・・。

サクランボの木に登って食べたことがありますか。

私は何度もあります。

これが最高なんですよね。

今年も食べるぞ、サクランボ!!
2010-07-02-19:34 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

本物のさくらんぼは子供の頃からごく最近まで
片手で数えられるくらいしか食べたことがありませんでしたが、
ここ数年ふるさと小包のさくらんぼにハマってしまい、
7月を楽しみに待っています。
ちなみに「本物の」というのは缶詰ではないさくらんぼのことです。
2010-07-02-21:32 maya [ 返信 * 編集 ]

No title

こんばんは!^^

今年もサクランボの季節ですね。
不作とのことらしいですけど確認はしていませんけど。
アマリ高いようでしたら考え物です。^^;

4日はニンニクを買いに田子まで行く予定です。
サクランボはその後になりそうですけど
この日に足をのばしてチェックできると良いのですが。
2010-07-02-23:23 タン [ 返信 * 編集 ]

No title

おはようございます!

さっこさんのブログにコメント大丈夫でしたよ!
今、おいて戻ったところです。
2010-07-03-07:40 タン [ 返信 * 編集 ]

No title

素晴らしい赤ですね。
宝石以上。
食べるのがもったいないくらいですネ。
2010-07-03-10:02 クスクス [ 返信 * 編集 ]

No title

麻衣さくらんぼ大好き^^ぽち
2010-07-03-10:53 Mai [ 返信 * 編集 ]

No title

mayaさん、今晩は。

サクランボを食べた回数が少ないんですね。

こちらは北国ですので、その気になればたっぷり食べられます。

もっとも一番いいのは、贈答品になって、庶民の口にはもっとグレードの低いものになります。

この辺のところは、北国のみなさんも共通しているかもしれません。

ぜひ、「留長果樹園」の賞をいただいた極上の一品を食べてみたいものです。

タンさん、JAZZさん、REEVさん、青森太郎さんあたりはご試食なさっていると思います。

私もそのうちに仲間入りを・・・と思っています。

写真ですみませんが、おいしそうな気分を味わってください。

そうそう、「小包のサクランボ」本場の「留長果樹園さん」のをご注文されてはいかがですか?

その際、「トリトンからの推薦です。」と一筆付け加えて・・・。

決して、山形産にひけをとりませんからね。
それ以上かもしれません。

参考までにどうぞ・・・。
2010-07-03-23:55 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

タンさん、今晩は。

コメントのアドバイスありがとうございました。

やっとこさ、コメントできました。

今日八戸でサクランボを買ったのですが、佐藤錦はありませんでした。

ジャンボ錦とサミットに2種類だけでした。
それだけ、佐藤錦は品薄ということです。

SACCOさんのところみたいに、ビニルハウスで温熱栽培しているところでないと厳しいのかもしれません。

花の時期に降雪、寒さでしたものね。
露地栽培の樹では厳しいでしょう。

小鳥谷の「夏恋」はいかがですか?

情報が入りましたら教えてくださいね。

佐藤錦が手に入らず、「ジャンボ錦」1kgパックにしました。
味もう~ん、でしたね。

もうひとつ、真っ赤な「サミット」も出ていました。
こちらは、1kgで2500円でした。

「佐藤錦なら、4500円、5000円ではないかあ~。」と露天のおばさん(いさばのかっちゃ風のおばちゃん)が言っていました。

とにかく、「佐藤錦が市場で手に入らない。」と嘆いていました。

こうなると、直接サクランボ農家にサクランボ狩りに出かけたほうがい
2010-07-04-00:13 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

次数オーバーでした。

南部町まで足を伸ばす余裕がないし・・・・・。

さてさて、今年のサクランボ事情なかなか厳しいようです。

美味しい佐藤錦に当たった人はラッキーだと思いますよ。

もう少し、もがいてみてみたいと思います。
2010-07-04-00:15 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

akiさん、今晩は。

サクランボ、宝石のようでしょう!

大好きなんです。

北海道ではどれだけ取れるんですか?

私の家にも子供のころはサクランボの樹が6本あって、樹にあがって採って食べたものでした。

懐かしいなあ~。

今は1本も残っていません。

ですから、かって食べるしかないんです。

友人の写真なのですが、よだれが出てきそうな写真です。

近いうちにGETして食べようっと。

でも、スーパーでみた、山形県産の佐藤錦、色も悪いし、大きさも小さいし、この写真とは比べ物にならなくて、買う気になりませんでした。

サクランボ農家直接ねらいの「サクランボ狩り」がいいのかもしれません。
2010-07-04-00:20 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

クスクスさん、こんばんは。

お騒がせいたしました。

ブログの方は何とか続いています。

やはり、「相撲の○○○」が原因だったようです。

記事を削除したら、また正常に戻りました。

=====================

サクランボの写真、おほめいただいてありがとうございます。

サクランボ大好きなんです。

食べるのがもったいないですけど、拝みながら感謝していただきます。
2010-07-04-00:23 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

MAIさん、お久しぶりです。

私もサクランボ大好きです。

特に、サクランボ狩りに出かけて、直接樹からもいで食べるのが最高ですね。

サクランボ狩りの経験がおありですか?

今年は佐藤錦が品薄なそうです。

どうなりますことやら・・・・・。

誰がなんと言おうと私はサクランボが大好きだ~!!
2010-07-04-00:26 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

早速伺いました!!
いやぁ...見事なサクランボですね。
こんなのうちの方では見たことないです。
2010-07-13-07:16 与太爺 [ 返信 * 編集 ]

No title

こんばんは。
ようこそ!

コメントありがとうございました。

山形や青森はさくらんぼ生産が盛んですからね。
もちろん日本一なのは山形なのですが、青森は2位の生産量です。

東北に生まれてうれしいことは、サクランボやりんごをたくさん食べられることも上位にランクしますね。
2010-07-13-23:13 トリトン [ 返信 * 編集 ]