FC2ブログ

トリトンのブログ【 水平線の彼方へ 2 】  

ご訪問ありがとうございます。好きなことは、将棋、写真、自然散策、音楽鑑賞、ハシバミ・アケビ・サルナシなどの天然の木の実の採集です。 

Top Page › 野イチゴ › モミジイチゴの宝庫
2020-06-19 (Fri) 06:17

モミジイチゴの宝庫

 
野イチゴには2種類あると思っている。
キイチゴとクサイチゴだ。
ところが、厄介なことに「クサイチゴ」という品種の野イチゴもあるらしい。

しかし、私は「キイチゴ」(木イチゴ)に対して「クサイチゴ」(草イチゴ)と呼んでいる。「クサイチゴ」なる野イチゴが日本全国各地にあるわけではないからだ。専門家からは「誤用してはいけないよ。」とお叱りを受けるかもしれない。


まあ、木に生るから「キイチゴ」、草に生るから「クサイチゴ」でいいではないか。

今日は、今年そんな「キイチゴ」の代表格でである「モミジイチゴ」の大群生地を発見したので、その興奮と「イチゴ摘み」の様子をレポートしてみたい。


IMG_0188 (2)


極上のモミジイチゴはこんなにも美しい!


IMG_0331.jpg

こんなにたわわに実っています。


IMG_0356.jpg

たくさん生っています。


IMG_0335.jpg


それがテニスコートぐらいの広さがある一大群生地なのだ。
発見したときは興奮しました。
おそらく、この場所で「モミジイチゴ摘み」をするのは私ぐらいのものだろう。
極論すれば、『トリトン専用モミジイチゴ摘み畑』である。
とてもワクワクする。

自宅から車で15分の距離にある。もう私にとって最高の楽園である。

ただ、難儀なのは、キイチゴには棘のあるものがほとんである。
「美しい薔薇には棘がある」というが、「美味しいキイチゴには棘がある」である。

首尾は以下の通り。

IMG_0360.jpg

先日、「軽く1kgは採れるだろう。」と豪語したが、面目ない。
棘のある枝を払ってキイチゴを摘むのは予想以上に難儀な作業だった。

もっと時間をかければ1kg採ることは不可能ではなかったが、棘のある枝と格闘するのは疲れた。擦り傷、引っ搔き傷なんてもんじゃない。棘が刺さりにくい化学繊維の合羽を着こみ、棘の刺さりにくい園芸用ゴム手袋。完全武装していたが、それでも棘は刺さる。採集するのは生身の人間である。労働対価が支払われるならば、モミジイチゴの商品価格はかなり高くてもいいと思っている。汗をかきかき、1時間余りの格闘。

未熟なものや形の悪いものもあった。1枚目の写真のような上質な個体ばかりが採れるというわけではない。玉石混交状態で採れるのだ。

それでも、量ってはいないが、400g以上は採れたのはないかと思っている。
(量るとモミジイチゴが痛むと思って止めたのであった)

実際は、500gはゆうに超えていたと思う。
なぜなら、帰宅する前に、知人のTさんのお宅に立ち寄って、

「採れたてのモミジイチゴいかがですか?」
「まあ、珍しい。いいんですか? すみません。それじゃ、いただきます。」

という流れになって、全体の4分の1ぐらい差し上げた後だったのだ。


帰宅後、女房殿が、「退職したんだし、イチゴジャム作りに挑戦してみたら…」とそそのかされ挑戦してみることにした。

女房殿曰く、
「まるでウニみたいだわ。」


IMG_0361.jpg


ヘタを取り除いて、水洗いをした。
さらに、小さいもの、未熟なもの、色の悪いものを取り除いた。


IMG_0362.jpg


初めてのイチゴジャム作りに挑戦。


さっそく、昨日から生まれて初めて作った「モミジイチゴのイチゴジャム」が我が家の食卓にのぼっている。私は、パンに載せて食べている。いける!!


食べてみて、あるブロガーが書いていたことばを思い出した。

『生食が一番』を肯定する結果だった。

モミジイチゴはジャムにもできるが「生食」がいい!!

しかし、運命的に、テニスコード大の一大群生地を発見したのである。
私一人で食べきれるはずがない。

いっそんこと『モミジイチゴ狩り観光ツアー』でも開催してみようかなあ
~。
な~んてね。

    
やっこちゃん、募集したら来てくれるかなあ~?



そんなこんなで、今年の「モミジイチゴ摘み」のレポートは以上である。

後、2,3回生食のためにドライブに出かけたいと思っている。

全国のみなさん、「モミジイチゴ狩り体験ツアー」を体験してみたい方は
あとでこっそりトリトンまでご連絡を。

完!!





関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2020-06-19

管理人のみ閲覧できます * by -

Re: 野いちご * by トリトン  
ビジターさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

子供のころ野イチゴを食べたことがあるんですね。
とてもいい経験だと思いますよ。

おそらくビジターさんが食べたのは、ナワシロイチゴではないかと思います。
ポピュラーな野イチゴだからです。

モミジイチゴは橙色なので、分かりやすいと思います。
ヘビイチゴは食べられるそうですが、あまりおいしくないそうです。
私は食べたことがありません。食べない方がいいと思います。
ヘビイチゴについては、近日中に、庭のヘビイチゴ畑をUPしますのでそのときお確かめください。

農園は所有していません。
コンテナ家庭菜園で、ミニトマト、ツルムラサキ、モロヘイヤの3つを栽培しています。
成長したら記事にしますのでお楽しみに!

野イチゴ摘み、楽しいですよ。
ナワシロイチゴも近日中にUPします。
画像と特徴をお確かめくださいな

コメント第1号ありがとうございました。

美味しそう!! * by 銀桂一行
これは、ウニみたいですねえ。

美味しそうですねえ。

ところで、聡太君の対局日程が調整された様です。

7月8日 B級2組順位戦 一斉対局日だったのですが、聡太vs橋本戦は、7月6日に調整されたようです。

そりゃそうですよね。

翌日の9日が、棋聖戦第3局なんですから。

中2日空けられました。

よかった!よかった!


Re: 銀桂一行 様へ * by トリトン  
銀桂さん、こんばんは。

藤井4段情報ありがとうございました。
知りませんでした。
中2日空いて良かったです。
まあ、橋本8段ごときは藤井君の敵ではありませんからね。
因みに、v-315 7月8日は私の誕生日です。 v-315

棋聖戦は、3連勝で奪取でしょうね。
「なべなんかに藤井7段が負けるもんですか!」
(未だに、AI問題でなべを許せない私です。)
頑張れ、藤井7段!! v-19v-19v-19v-19v-19
v-91v-91v-91v-91v-91

やはり、モミジイチゴがウニに見えましたか?
内の女房殿と同じですね。
私は、キイチゴに通じていますので、種類ごとに別々に見えます。

私のキイチゴ採集史上最多の収穫量でした。
退職の効果は大きいですね。

ところで、abemaTVの将棋の30分ダイジェストやアベマ将棋トーナメントの控室の会話など、楽しいコンテンツがたくさんありますね。

嬉しいです。
特に「30分ダイジェスト」がとても助かりますね。
藤井7段が広瀬さんに連敗したのは意外でした。

今、名人戦第2局2日目の対局をLIVEで観戦しています。プロ野球の開幕には大して関心がありません。
巨人や原監督は嫌いです。
強いて言えば、12球団の中で応援している球団は「仙台楽天イーグルズ」です。
今年は、ロッテの佐々木朗希投手の活躍に期待です。

長くなってしまいました。
藤井7段を応援いたしましょう!

ではまた。

美味しそう、 * by umi925
はじめまして、 トリトンさん こんばんは、
うすらうめと言う言葉は初めてです、
葉を見ると桜の一種の様にも思えますが枝に直にです、
裏庭には 種々の木々 今年は梅が裏年 梅だけでなく 檸檬を除いて 殆どの実のなる木は不作です、ユスラウメ 初めて耳にのネーミングです、
モミジイチゴ 棘との格闘もなんのその 魅力たっぷり 収穫を夢見ます、群生地の近くに温泉でも有ったら最高ですね、自炊でもできたら思う存分 モミジイチゴ狩りを愉しめるでしょう、 終わりの前に コメントでの教えて下さって 有り難うございました、モミジイチゴの群生地を夢みます。

Re: umi925 様へ * by トリトン  
umiさん、こんにちは。
ご訪問&コメントありがとうございます。

「ユスラウメ」という名前を確認できてよかったですね。

こちらの方では、庭木に植えているお家もあります。
毎年目にする植物ですので、お伝えしただけのことです。

実は、女房殿の姉(義姉)の嫁ぎ先の庭にもこの樹が植えてあります。昨年、義姉が「ユスラウメジャム」を差し入れてくれました。

今年は、自分たちでジャムづくりをすることになるかもしれません。
甘酸っぱくて美味しいですよ。
パンに付けたり、ヨーグルトに混ぜたりしていただいていいます。

過去に4回記事にしています。
よろしければ、チェックしてみてくださいな。

2014/07/22:ユスラウメ その4
2014/07/06:ユスラウメ三昧!!
2014/07/05:収穫しました!!
2014/06/30:グミとユスラウメ

そちらのブログは、拍手の数がとんでもなく多いですね。
驚愕です。
まるで、藤井7段の快進撃のように驚いてしまいます。
人気ブログなんですね~。

今年は、「クワイチゴジャム作り」に挑戦してみようと思っています。

でも、サクランボ狩りにも出かけなければならないし、この時期は野イチゴ摘み&サクランボ狩りで忙しいです。
イチゴも熟していますしね。
嬉しい悲鳴です。

このように自然の恵みが大好きなんです。
6月は、「野イチゴ摘み三昧」e-243 &
「サクランボ狩り」e-241 でとても嬉しいです。

これからも「自然の恵み」情報を発信していきます。

よろしければまた遊びにいらしてくださいな。

ではまた。

Comment-close▲

Comment







非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2020-06-19-09:04  [ 返信 * 編集 ]

トリトン   Re: 野いちご

ビジターさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

子供のころ野イチゴを食べたことがあるんですね。
とてもいい経験だと思いますよ。

おそらくビジターさんが食べたのは、ナワシロイチゴではないかと思います。
ポピュラーな野イチゴだからです。

モミジイチゴは橙色なので、分かりやすいと思います。
ヘビイチゴは食べられるそうですが、あまりおいしくないそうです。
私は食べたことがありません。食べない方がいいと思います。
ヘビイチゴについては、近日中に、庭のヘビイチゴ畑をUPしますのでそのときお確かめください。

農園は所有していません。
コンテナ家庭菜園で、ミニトマト、ツルムラサキ、モロヘイヤの3つを栽培しています。
成長したら記事にしますのでお楽しみに!

野イチゴ摘み、楽しいですよ。
ナワシロイチゴも近日中にUPします。
画像と特徴をお確かめくださいな

コメント第1号ありがとうございました。
2020-06-19-15:21 トリトン   [ 返信 * 編集 ]

美味しそう!!

これは、ウニみたいですねえ。

美味しそうですねえ。

ところで、聡太君の対局日程が調整された様です。

7月8日 B級2組順位戦 一斉対局日だったのですが、聡太vs橋本戦は、7月6日に調整されたようです。

そりゃそうですよね。

翌日の9日が、棋聖戦第3局なんですから。

中2日空けられました。

よかった!よかった!

2020-06-19-16:00 銀桂一行 [ 返信 * 編集 ]

トリトン   Re: 銀桂一行 様へ

銀桂さん、こんばんは。

藤井4段情報ありがとうございました。
知りませんでした。
中2日空いて良かったです。
まあ、橋本8段ごときは藤井君の敵ではありませんからね。
因みに、v-315 7月8日は私の誕生日です。 v-315

棋聖戦は、3連勝で奪取でしょうね。
「なべなんかに藤井7段が負けるもんですか!」
(未だに、AI問題でなべを許せない私です。)
頑張れ、藤井7段!! v-19v-19v-19v-19v-19
v-91v-91v-91v-91v-91

やはり、モミジイチゴがウニに見えましたか?
内の女房殿と同じですね。
私は、キイチゴに通じていますので、種類ごとに別々に見えます。

私のキイチゴ採集史上最多の収穫量でした。
退職の効果は大きいですね。

ところで、abemaTVの将棋の30分ダイジェストやアベマ将棋トーナメントの控室の会話など、楽しいコンテンツがたくさんありますね。

嬉しいです。
特に「30分ダイジェスト」がとても助かりますね。
藤井7段が広瀬さんに連敗したのは意外でした。

今、名人戦第2局2日目の対局をLIVEで観戦しています。プロ野球の開幕には大して関心がありません。
巨人や原監督は嫌いです。
強いて言えば、12球団の中で応援している球団は「仙台楽天イーグルズ」です。
今年は、ロッテの佐々木朗希投手の活躍に期待です。

長くなってしまいました。
藤井7段を応援いたしましょう!

ではまた。
2020-06-19-19:32トリトン   [ 返信 * 編集 ]

美味しそう、

はじめまして、 トリトンさん こんばんは、
うすらうめと言う言葉は初めてです、
葉を見ると桜の一種の様にも思えますが枝に直にです、
裏庭には 種々の木々 今年は梅が裏年 梅だけでなく 檸檬を除いて 殆どの実のなる木は不作です、ユスラウメ 初めて耳にのネーミングです、
モミジイチゴ 棘との格闘もなんのその 魅力たっぷり 収穫を夢見ます、群生地の近くに温泉でも有ったら最高ですね、自炊でもできたら思う存分 モミジイチゴ狩りを愉しめるでしょう、 終わりの前に コメントでの教えて下さって 有り難うございました、モミジイチゴの群生地を夢みます。
2020-06-23-19:51umi925 [ 返信 * 編集 ]

トリトン   Re: umi925 様へ

umiさん、こんにちは。
ご訪問&コメントありがとうございます。

「ユスラウメ」という名前を確認できてよかったですね。

こちらの方では、庭木に植えているお家もあります。
毎年目にする植物ですので、お伝えしただけのことです。

実は、女房殿の姉(義姉)の嫁ぎ先の庭にもこの樹が植えてあります。昨年、義姉が「ユスラウメジャム」を差し入れてくれました。

今年は、自分たちでジャムづくりをすることになるかもしれません。
甘酸っぱくて美味しいですよ。
パンに付けたり、ヨーグルトに混ぜたりしていただいていいます。

過去に4回記事にしています。
よろしければ、チェックしてみてくださいな。

2014/07/22:ユスラウメ その4
2014/07/06:ユスラウメ三昧!!
2014/07/05:収穫しました!!
2014/06/30:グミとユスラウメ

そちらのブログは、拍手の数がとんでもなく多いですね。
驚愕です。
まるで、藤井7段の快進撃のように驚いてしまいます。
人気ブログなんですね~。

今年は、「クワイチゴジャム作り」に挑戦してみようと思っています。

でも、サクランボ狩りにも出かけなければならないし、この時期は野イチゴ摘み&サクランボ狩りで忙しいです。
イチゴも熟していますしね。
嬉しい悲鳴です。

このように自然の恵みが大好きなんです。
6月は、「野イチゴ摘み三昧」e-243 &
「サクランボ狩り」e-241 でとても嬉しいです。

これからも「自然の恵み」情報を発信していきます。

よろしければまた遊びにいらしてくださいな。

ではまた。
2020-06-24-15:08トリトン   [ 返信 * 編集 ]