FC2ブログ

トリトンのブログ【 水平線の彼方へ 2 】  

ご訪問ありがとうございます。好きなことは、将棋、写真、自然散策、音楽鑑賞、ハシバミ・アケビ・サルナシなどの天然の木の実の採集です。 

Top Page › さるなし › 「さるなし狩り」のご案内!!
2009-09-17 (Thu) 21:19

「さるなし狩り」のご案内!!









今晩は。
ご無沙汰しております。


さて、本日は「さるなし狩り」のご案内を申し上げます。


    ≪写真4、5≫が集合場所の「道の駅おりつめ(オドデ館)」です。


***************************************


日時:平成21年9月20日(日)道の駅折爪(オドデ館)午前10時集合

    ※ 「道の駅おりつめ」は、九戸ICを降りてすぐです。

   (予定としては、10時10分 ~ 11時30分ぐらい)

場所:K町内のさるなし畑(私の知人の農家さんです。)

参加費:無料

その他:完熟のさるなしをたくさん収穫できます。かごや「つぼけ」など入れ物を持参してください。
    ご家族での参加もOKです。
    「さるなし」を食べたことがない人、食べてみたい人、集合してください。


***************************************

 


≪おりつめ(折爪) 道の駅≫ ⇒ http://michieki.web.fc2.com/iwate/iw25.html

県道22号線沿いの九戸村にあります「道の駅 おりつめ」です。

 休憩室を備えたトイレ、産直施設「オドデ館」などで構成されています。
 屋根がかかった通路の足元は、すごくふかふかです。何で出来ているか気になりますね。

 駐車場からは、岩手県立自然公園折爪岳が見えます。景色もよく、ゆったり出来ますね。
 折爪岳の山頂へは、車で15分で行けるようです。

 九戸村の特産品は、「甘茶」です。まだ飲んだことはありません。
 また、山ぶどうジュース、そば、山菜、きのこなどがオドデ館で販売されているようです。

 産直センターは、オドデ館という名前です。
 写真が、建物の名前にもなっている「オドデ」です。上半身はフクロウ、下半身は人間のような生き物らしいですね。


≪道の駅おりつめ≫ その2
  ⇒ http://www.thr.mlit.go.jp/road/koutsu/roadstation/iwate/iw25.html

岩手県九戸村ホームページ | 観光案内



今回、「さるなし狩り」のイベント開くきっかけになったのは、しりあいの農家のYさんが今年でそのさるなし畑の樹を切ってしまうと聞いたからです。また、農家が出荷するのは、完熟前の固めの実なんです。熟した実は不要なのだそうです。

「来年、この畑止めようと思っています。好きなだけ採っていっていいよ。」と許可をいただいているのです。
私一人では、とても採りきれないし、もったいないし、せっかくのご好意です。
全国(大袈裟ですね。K町近辺ですね。)のさるなしファンの方に、おいしいさるなしを食べていただこうと思って、今回の「さるなし狩りツアー」を企画したというわけです。
他に、他意はございません。
さるなしに興味がある方、さるなしを食べてみたい方、どうぞ、集合してください。
10名、20名になっても、大丈夫です。

現在のところ、カシオペアのタンさんご夫婦と職場の同僚の家族が参加予定です。
どしどしご参加くださいな。

それでは、「道の駅おりつめ」でお待ちいたしております。
みなさんにお会いできることを楽しみにしております。
関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-10

No title * by トリトン
タンさん、ご紹介ありがとうございます。

何人集まるか楽しみですね。

それでは、20日現地でお会いいたしましょう!!

No title * by トリトン
mayaさん、今日は。

そうですか?
岩手はまだ未踏の地ですか?

それでは、ぜひいつか観光にいらしてくださいな。
見どころ満載ですよ。

集合場所の「道の駅折爪」でも、さるなしがパックで販売されているんですよ。

畑の樹が切られるのはとても惜しいことです。
だからこそ、今回の企画を計画したんです。

後日レポートいたします。

No title * by トリトン
みるくさん、今日は。

とうとう企画しちゃったんです。
「さるなし」のおいしさを一人でも多くの方に味わってもらいたいのです。

応援ありがとうございます。

後でまた、様子をお知らせいたします。

No title * by パパ
楽しそうですね♪
私も参加したいのですが、兵庫からは遠すぎます(泣)

また、ツアーの報告を楽しみにしています。

No title * by なかやマン
はじめまして。 ゴン太さんのブログからお邪魔しました。
おはようございます。

さるなしツァー良いですねぇ。近ければ行って見たいんスけど…
”さるなし”の木が欲しくてネットなんぞで探してるんですが良い出会いがありません。

No title * by トリトン
元気なパパさん、今晩は。

兵庫県内でも、サルナシは自生していると思いますよ。

試食できる機会に恵まれるといいですね。

今日、夕方畑によってみたのですが、もったいないほどまだたくさん実っていましたよ。

明後日は、大漁になりそうです。

No title * by トリトン
なかやマンさん、今晩は。

ご訪問&コメント、ありがとうございました。

こちらでは、「さるなしの樹」なら、天然物を挿し木して入手できるかもしれません。

やったことはないのですが・・・・・。

さるなし畑のサルナシの樹を1本、ドラえもんの道具で移植できれば最高なのですが・・・

庭にサルナシの樹があったら、いいですよね~。

そうそう、今日もまた新しい天然サルナシの採れる場所を発見しました。
これまでで、一番容易に収穫できる場所でした。
(なんだ、こんなところにもあったのか~)の世界でした。

さるなしハンターの血が騒ぎます。

今後ともよろしくお願いいたします。

No title * by mas**i80*1
近くだったら参加したかったなぁ・・・。
さるなし初めてでーす。
キューイの実のようで美味しそうですね。ポチ。

No title * by トリトン
まさしさん、今晩は。

そうですね、キウイと味は似ています。
あのゴールデンキウイよりも甘いと思ってください。

なにせ、さるなしを品種改良してできたのが、キウイなんですからね。
ですから、さるなしはキウイの原種ということになります。

秋の雑木林は、山の幸が豊富です。

No title * by タン
こんばんは!^^

私のほうには書き込んでくださる方はいらっしゃいませんでしたが
訪問者は148名様でした。^^
先ほど「こわけ」さんのブログにお邪魔してお誘いしましたが
いらっしゃれるかどうかは分かりません。
後一日ありますので・・・^^

No title * by トリトン
タンさん、今日は。

いろいろと骨折りをいただいてありがとうございます。
5連休で、みなさんそれぞれ予定が入っていると思います。
急なお誘いですので、都合のつく方は少ないのかと思っています。

昨日、畑の方をチェックに立ち寄ったのですが、半数以上が硬めの実でした。
ですから、硬いのは「さるなし酒」に、完熟のものは生食、ジャムとうのがよろしいかと思います。

そうそう、それから、もう一つ。
蔓についたままのさるなしも採れますので、≪剪定ばさみ≫か≪花切りばさみ≫があった方がよろしいかと思います。
私も愛用の剪定ばさみを持っていきます。

何人集まることでしょう。
それでは、明日「道の駅ありつめ」でお待ちいたしております。

No title * by としおもち
近くならぜひ参加するんでうsが、、楽しみですね

No title * by トリトン
としおもちさん、今晩は。

そうですね~。近くならぜひご一緒したかったものです。

首尾は、大漁でした~。

今夜、記事をUPしますからね。

No title * by jazz
こんばんは。
私は遠くて参加できませんので、同じ日に茨城で天然サルナシの採取に行ってきました。
結果は後ほどブログで紹介いたしますが、1.4kg採取しました(^^;)。
これで十分満足しましたので、今年はこれで終わりにします(^^)v

No title * by トリトン
jazzさん、今晩は。

奇遇ですね。岩手と茨城で共に「さるなし採り」をするなんて・・・。

天然ものを1.4kgも採るなんて、大したもんじゃないですか。

jazzさんにも、「さるなしハンター」の称号を進呈いたします。 (笑)

「美女ハンター」「夕日ハンター」に続いて、新たな称号を手に入れられましたね。 (爆)

カシオペアのお姉さんご夫婦など、お二人で10kgも収穫ですよ。
驚きでしょう!!
近い内にUPされると思いますよね。
お楽しみに!!

どこにいらしても、存在感がありますね。

茨城情報、楽しみにしています。

コメントありがとうございました。

No title * by beachmollusc
トリトンさん、

私もはじめは騙されていましたが、サルナシはキウイフルーツの原種ではありません。オニマタタビあるいはシナサルナシという中国産の種が原種です。ネット上で間違った情報が飛び交っていますね。

南紀より南にはシマサルナシとウラジロマタタビという日本古来の自生種があります。日本海では島根あたりがそれらの北限でしょう。

香川大学の片岡研究室がこれらを専門的に研究していますよ。
http://www.ag.kagawa-u.ac.jp/kataoka%20labo/ik.actinidia_outline.html

No title * by トリトン
beachmollusc さん、今晩は。
ご訪問&コメントありがとうございます。

その通りです。
キウイの原種は、「シナサルナシ」です。

ただ、一般の方に「シナサルナシ」と言ってもピンと来ないと思います。
そのことは頭に入れておいて、「中国の方のサルナシがキウイの原種なんですよ。」とか、「サルナシキウイの原種なんですよ。」とサルナシ自体を知らない方には説明しています。

ご指摘ありがとうございました。

宮崎県の「さるなしハンター」なのですね。

岩手と宮崎とかけ離れた土地に住みながら、「サルナシ」という自生の共通の果実をめぐって、ブログで交流するなんて奇遇ですね。

今後ともよろしくお願いいたします。

No title * by beachmollusc
トリトンさん、

こちらこそ、よろしく。

学問をやっている者として「物の名前」の統一性にこだわるので余計なコメントを書き、失礼しました。ただし、固有名のサルナシを一般名としてキウイに絡めると、誤解が広まってしまうでしょう。

28日から旅行中で、さきほど鳥取市に到着しました。

おととい、新潟県の十日町市にある「結いの里」のサルナシ園を訪問してきました。このサルナシ園では「サルナシの里親」オーナーシステムをやっていました。日向市に戻ってから(5日以降)自分のブログで紹介します。

No title * by トリトン
beachmolluscさん、お久しぶりです。

鳥取の前は、新潟県ですか。
全国各地を飛び回っておられますね。
ご苦労様です。

ご専門ですので、品種や名称の使い方は厳密な方がよろしいでしょうね。
使う場合には、注意が必要です。

「サルナシの里親」オーナーシステムですか?

面白そうですね。

岩手は寒いですよ~。
連日氷点下の朝です。

私の職場もインフルエンザが流行して大変です。
毎日マスク生活をしております。

時節柄ご自愛くださいね。

No title * by beachmollusc
トリトンさん、こんばんは。

鳥取から今朝出発で列車を乗り継いで先ほど日向市に戻りました。寒さに備えて厚着したため上着を脱いでも車内暖房で汗をかきました。

列車内で咳き込んでいた人がいたのがちょっと気になりました。

今度の旅行の土産話はブログで小出しにするつもりです。

Comment-close▲

Comment







非公開コメント

No title

タンさん、ご紹介ありがとうございます。

何人集まるか楽しみですね。

それでは、20日現地でお会いいたしましょう!!
2009-09-18-05:55 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

mayaさん、今日は。

そうですか?
岩手はまだ未踏の地ですか?

それでは、ぜひいつか観光にいらしてくださいな。
見どころ満載ですよ。

集合場所の「道の駅折爪」でも、さるなしがパックで販売されているんですよ。

畑の樹が切られるのはとても惜しいことです。
だからこそ、今回の企画を計画したんです。

後日レポートいたします。
2009-09-18-05:58 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

みるくさん、今日は。

とうとう企画しちゃったんです。
「さるなし」のおいしさを一人でも多くの方に味わってもらいたいのです。

応援ありがとうございます。

後でまた、様子をお知らせいたします。
2009-09-18-06:00 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

楽しそうですね♪
私も参加したいのですが、兵庫からは遠すぎます(泣)

また、ツアーの報告を楽しみにしています。
2009-09-18-06:23 パパ [ 返信 * 編集 ]

No title

はじめまして。 ゴン太さんのブログからお邪魔しました。
おはようございます。

さるなしツァー良いですねぇ。近ければ行って見たいんスけど…
”さるなし”の木が欲しくてネットなんぞで探してるんですが良い出会いがありません。
2009-09-18-09:17 なかやマン [ 返信 * 編集 ]

No title

元気なパパさん、今晩は。

兵庫県内でも、サルナシは自生していると思いますよ。

試食できる機会に恵まれるといいですね。

今日、夕方畑によってみたのですが、もったいないほどまだたくさん実っていましたよ。

明後日は、大漁になりそうです。
2009-09-18-20:29 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

なかやマンさん、今晩は。

ご訪問&コメント、ありがとうございました。

こちらでは、「さるなしの樹」なら、天然物を挿し木して入手できるかもしれません。

やったことはないのですが・・・・・。

さるなし畑のサルナシの樹を1本、ドラえもんの道具で移植できれば最高なのですが・・・

庭にサルナシの樹があったら、いいですよね~。

そうそう、今日もまた新しい天然サルナシの採れる場所を発見しました。
これまでで、一番容易に収穫できる場所でした。
(なんだ、こんなところにもあったのか~)の世界でした。

さるなしハンターの血が騒ぎます。

今後ともよろしくお願いいたします。
2009-09-18-20:33 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

近くだったら参加したかったなぁ・・・。
さるなし初めてでーす。
キューイの実のようで美味しそうですね。ポチ。
2009-09-18-22:36 mas**i80*1 [ 返信 * 編集 ]

No title

まさしさん、今晩は。

そうですね、キウイと味は似ています。
あのゴールデンキウイよりも甘いと思ってください。

なにせ、さるなしを品種改良してできたのが、キウイなんですからね。
ですから、さるなしはキウイの原種ということになります。

秋の雑木林は、山の幸が豊富です。
2009-09-18-23:23 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

こんばんは!^^

私のほうには書き込んでくださる方はいらっしゃいませんでしたが
訪問者は148名様でした。^^
先ほど「こわけ」さんのブログにお邪魔してお誘いしましたが
いらっしゃれるかどうかは分かりません。
後一日ありますので・・・^^
2009-09-19-00:27 タン [ 返信 * 編集 ]

No title

タンさん、今日は。

いろいろと骨折りをいただいてありがとうございます。
5連休で、みなさんそれぞれ予定が入っていると思います。
急なお誘いですので、都合のつく方は少ないのかと思っています。

昨日、畑の方をチェックに立ち寄ったのですが、半数以上が硬めの実でした。
ですから、硬いのは「さるなし酒」に、完熟のものは生食、ジャムとうのがよろしいかと思います。

そうそう、それから、もう一つ。
蔓についたままのさるなしも採れますので、≪剪定ばさみ≫か≪花切りばさみ≫があった方がよろしいかと思います。
私も愛用の剪定ばさみを持っていきます。

何人集まることでしょう。
それでは、明日「道の駅ありつめ」でお待ちいたしております。
2009-09-19-17:32 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

近くならぜひ参加するんでうsが、、楽しみですね
2009-09-20-09:37 としおもち [ 返信 * 編集 ]

No title

としおもちさん、今晩は。

そうですね~。近くならぜひご一緒したかったものです。

首尾は、大漁でした~。

今夜、記事をUPしますからね。
2009-09-20-19:36 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

こんばんは。
私は遠くて参加できませんので、同じ日に茨城で天然サルナシの採取に行ってきました。
結果は後ほどブログで紹介いたしますが、1.4kg採取しました(^^;)。
これで十分満足しましたので、今年はこれで終わりにします(^^)v
2009-09-20-20:34 jazz [ 返信 * 編集 ]

No title

jazzさん、今晩は。

奇遇ですね。岩手と茨城で共に「さるなし採り」をするなんて・・・。

天然ものを1.4kgも採るなんて、大したもんじゃないですか。

jazzさんにも、「さるなしハンター」の称号を進呈いたします。 (笑)

「美女ハンター」「夕日ハンター」に続いて、新たな称号を手に入れられましたね。 (爆)

カシオペアのお姉さんご夫婦など、お二人で10kgも収穫ですよ。
驚きでしょう!!
近い内にUPされると思いますよね。
お楽しみに!!

どこにいらしても、存在感がありますね。

茨城情報、楽しみにしています。

コメントありがとうございました。
2009-09-20-22:14 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

トリトンさん、

私もはじめは騙されていましたが、サルナシはキウイフルーツの原種ではありません。オニマタタビあるいはシナサルナシという中国産の種が原種です。ネット上で間違った情報が飛び交っていますね。

南紀より南にはシマサルナシとウラジロマタタビという日本古来の自生種があります。日本海では島根あたりがそれらの北限でしょう。

香川大学の片岡研究室がこれらを専門的に研究していますよ。
http://www.ag.kagawa-u.ac.jp/kataoka%20labo/ik.actinidia_outline.html
2009-10-26-21:35 beachmollusc [ 返信 * 編集 ]

No title

beachmollusc さん、今晩は。
ご訪問&コメントありがとうございます。

その通りです。
キウイの原種は、「シナサルナシ」です。

ただ、一般の方に「シナサルナシ」と言ってもピンと来ないと思います。
そのことは頭に入れておいて、「中国の方のサルナシがキウイの原種なんですよ。」とか、「サルナシキウイの原種なんですよ。」とサルナシ自体を知らない方には説明しています。

ご指摘ありがとうございました。

宮崎県の「さるなしハンター」なのですね。

岩手と宮崎とかけ離れた土地に住みながら、「サルナシ」という自生の共通の果実をめぐって、ブログで交流するなんて奇遇ですね。

今後ともよろしくお願いいたします。
2009-10-28-22:03 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

トリトンさん、

こちらこそ、よろしく。

学問をやっている者として「物の名前」の統一性にこだわるので余計なコメントを書き、失礼しました。ただし、固有名のサルナシを一般名としてキウイに絡めると、誤解が広まってしまうでしょう。

28日から旅行中で、さきほど鳥取市に到着しました。

おととい、新潟県の十日町市にある「結いの里」のサルナシ園を訪問してきました。このサルナシ園では「サルナシの里親」オーナーシステムをやっていました。日向市に戻ってから(5日以降)自分のブログで紹介します。
2009-11-03-19:36 beachmollusc [ 返信 * 編集 ]

No title

beachmolluscさん、お久しぶりです。

鳥取の前は、新潟県ですか。
全国各地を飛び回っておられますね。
ご苦労様です。

ご専門ですので、品種や名称の使い方は厳密な方がよろしいでしょうね。
使う場合には、注意が必要です。

「サルナシの里親」オーナーシステムですか?

面白そうですね。

岩手は寒いですよ~。
連日氷点下の朝です。

私の職場もインフルエンザが流行して大変です。
毎日マスク生活をしております。

時節柄ご自愛くださいね。
2009-11-04-18:26 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

トリトンさん、こんばんは。

鳥取から今朝出発で列車を乗り継いで先ほど日向市に戻りました。寒さに備えて厚着したため上着を脱いでも車内暖房で汗をかきました。

列車内で咳き込んでいた人がいたのがちょっと気になりました。

今度の旅行の土産話はブログで小出しにするつもりです。
2009-11-05-21:35 beachmollusc [ 返信 * 編集 ]