FC2ブログ

トリトンのブログ【 水平線の彼方へ 2 】  

ご訪問ありがとうございます。好きなことは、将棋、写真、自然散策、音楽鑑賞、ハシバミ・アケビ・サルナシなどの天然の木の実の採集です。 

Top Page › 旅行&外出&イベント&ドライブ › キュリオス仙台公演!!
2019-04-29 (Mon) 23:43

キュリオス仙台公演!!




藤のカーテン

時事通信 4/29(月) 16:17配信
見頃を迎えた樹齢約150年の2本の大藤。約2000平方メートルの藤棚から16万本の紫色の房がカーテンのように咲き誇る。見頃は大型連休明けまでという=29日、栃木県足利市の「あしかがフラワーパーク」


見頃を迎えた樹齢約150年の2本の大藤。-



ああ~。
「足利フラワーパーク」の大藤を観てみたいなあ~。



【トップ棋士8人が平成振り返る】

首都圏 NEWS WEB
04月29日 18時40分

≫将棋の羽生善治九段や藤井聡太七段など、8人のトップ棋士が平成の将棋界の歩みを振り返る催しが、東京都内で開かれました。

「棋才平成の歩」と名付けられたこの催しは、元号が変わるのを前に平成の30年を振り返ろうと、日本将棋連盟が東京都内で開きました。
平成8年に当時の七大タイトルすべてを独占した羽生善治九段や、おととし最多連勝記録を30年ぶりに更新した藤井聡太七段など、女流棋士を含む8人のトップ棋士が一堂に会し、まず、このうちの6人がトークショーに臨みました。
この中で羽生九段は、平成の将棋界について「アナログの時代からデジタルの時代に移り変わっていった時代で、今振り返ってみると、それを全部経験できたのは得がたいことだと感じる」と話しました。
後半のトークショーに加わった藤井七段は、次の時代に将棋界をどのようにしていきたいか司会者から問われると「自分にはまだまだ荷が重すぎる感じがしますが、これから強くなって皆様に楽しんでもらえるような将棋を指していきたい」と、はにかみながら答えていました。
このほか、2つのチームに分かれて交代しながら指し合うリレー将棋も行われ、集まったおよそ800人の将棋ファンは、棋士たちの白熱した対局に拍手をして盛り上がっていました。
20代の男性は「豪華な棋士たちの対局を見ることができて、とてもうれしいです。新たな令和の時代には、藤井七段にぜひタイトルを獲得してもらいたい」と話していました。





ついこの間まで、8つのタイトルを8人で持ち合う群雄割拠の状況だったのに、現在は2冠が2人。
ひょっとすると今年は3冠が2人になるかもしれない。
豊島2冠は3冠が濃厚と見ている。

将棋ファンとすれば、復冠した(or戴冠した)羽生9段と
藤井7段のタイトル戦を観てみたいものだ。

いかがだろうか?
全国の将棋ファンのみなさん!!



さて、本題はここからです。

4月27日(土)、シルク・ド・ソレイユ CURIOS 仙台公演
を観て来ました。

とっても良かったですよ~。

感動しましたね~。

Youtube に仙台公演の動画(1:08)がUPされている
ようです。

チェックしてみてください。







































「キュリオス」とは?

「キュリオス」は、「好奇心」「骨董品」という意味を持つ言葉。
舞台は19世紀の産業革命の時代を彷彿させながら、近未来を感じる雰囲気。
目に見えない世界が存在すると信じているシーカー(主人公)が、あちこちから集めた骨董品などのコレクションの中から間に合わせのアイテムで作った機械の世界に足を踏み入れるところからストーリーが始まる。
風変りなキャラクターたちが主人公の想像力を刺激しようと、詩やユーモアで世界をひっくり返そうとした時、骨董品たちが目の前で命を宿していく。想像力を信じて自分の心を解き放つ時、私たちは不思議の世界へと通じる扉を開けることができるかもしれない。



キュリオスには、リピーターも多くいるという。

できるなら、もう一度別の席で観てみたいものだ。

特に印象に残ったのは、ボーカルの女性の声の美しさ、
ローラ・ボーラ、アクロネット、バンキンだった。
(下から2枚目の写真をご覧いただきたい。)

ミニ・リリー役の女性は、身長が80cmぐらいだった。

もう一つ、嬉しいことがありました。

4月27日は息子の誕生日でしたので、仙台市内のレストランでお祝いをしました。家族4人が仙台に会しての
キュリオス仙台公演&誕生会でした。

有意義な時間を共有することができました。

素敵なGWをお過ごしください。



【 兄弟ブログの紹介 】
 
(2006年1月10日ハユージオログで開設。
2014年、ヤフージオログからの引っ越し。
記事数約2100のブログ。
その後、随時更新しています。)

 
(2014年5月3日開設の自然の恵み専用ブログ)



関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-10

No title * by ふゆか
私としてはナベ対藤井聡太ではなく、羽生さん対藤井聡太がみたいですね~。やっぱり。
あと豊島八段、名人取ってほしいです。
(天彦名人は師匠のコーヤンくらいの等身と痩身なら、あのアンなんとかっていう、貴族風の服が行かされるのに・・・)

No title * by トリトン
> ふゆかさん,、こんばんは。

同感です。

私も羽生さんと藤井7段のタイトル戦を観てみたいです。
渡辺さん VS 藤井7段ならタイトル奪取じゃないですか?

朝日杯の決勝の再現になるのではないでしょうか?

豊島名人誕生は、あと2,3局後に実現しそうですね。
豊島2冠強い!!

佐藤名人は、髪の毛が目にかかることがあるので、ヘアースタイル
も何とかしてほしいと個人的には思っています。

叡王戦は、永瀬7段が奪取しそうですね。

棋聖戦は、豊島棋聖に渡辺2冠が挑戦します。
どうなるか楽しみですね。

GW楽しんでください!!

Comment-close▲

Comment







非公開コメント

No title

私としてはナベ対藤井聡太ではなく、羽生さん対藤井聡太がみたいですね~。やっぱり。
あと豊島八段、名人取ってほしいです。
(天彦名人は師匠のコーヤンくらいの等身と痩身なら、あのアンなんとかっていう、貴族風の服が行かされるのに・・・)
2019-04-30-16:34 ふゆか [ 返信 * 編集 ]

No title

> ふゆかさん,、こんばんは。

同感です。

私も羽生さんと藤井7段のタイトル戦を観てみたいです。
渡辺さん VS 藤井7段ならタイトル奪取じゃないですか?

朝日杯の決勝の再現になるのではないでしょうか?

豊島名人誕生は、あと2,3局後に実現しそうですね。
豊島2冠強い!!

佐藤名人は、髪の毛が目にかかることがあるので、ヘアースタイル
も何とかしてほしいと個人的には思っています。

叡王戦は、永瀬7段が奪取しそうですね。

棋聖戦は、豊島棋聖に渡辺2冠が挑戦します。
どうなるか楽しみですね。

GW楽しんでください!!
2019-05-02-16:11 トリトン [ 返信 * 編集 ]