FC2ブログ

トリトンのブログ【 水平線の彼方へ 2 】  

ご訪問ありがとうございます。好きなことは、将棋、写真、自然散策、音楽鑑賞、ハシバミ・アケビ・サルナシなどの天然の木の実の採集です。 

Top Page › 写真 › おめでとう、羽生9段 & 今日の3枚
2019-03-18 (Mon) 20:37

おめでとう、羽生9段 & 今日の3枚



昨日3月17日(日)放送の
NHK杯将棋トーナメントで羽生9段が
11回目の優勝!!

めでたいなあ~!!


おめでとう、羽生9段!!



これで平成30年度も棋戦で優勝することができました。

竜王位失冠⇒「無冠に転落」という憂き目をみた彼にとって明るい材料です。

将棋界に衝撃をあたえた出来事でした。

今回のNHK杯優勝は復活の狼煙に
過ぎません。

この調子で、100期目のタイトルを
獲得しちゃいましょう!!

がんばれ、羽生9段!!

応援しています!!!!!



羽生善治九段、いまだ健在! 48歳で棋戦優勝記録更新 若手有利の「早指し棋戦」で優勝する若々しさ

3/18(月) 11:11配信
   


 将棋の羽生善治九段(48)が3月17日に放送された第68回NHK杯テレビ将棋トーナメントで郷田真隆九段(48)を下して優勝、同棋戦11回目の優勝とともに、史上最多となる45回目の棋戦優勝を果たした。昨年12月、竜王位を失い、27年ぶりに“無冠”となったことで、衰えを口にする者が増えた中、若手有利と言われる「早指し棋戦」で優勝をしたことで、改めて羽生九段の健在ぶりが際立った。

 将棋界の公式戦は、それぞれの持ち時間が数時間のものと、数十分の「早指し」と呼ばれるものに大別される。8つあるタイトル(竜王・名人・叡王・王位・王座・棋王・王将・棋聖)は、どれもタイトルのかかる番勝負となれば、最短でも各1時間(叡王戦の一部)、最長では各9時間(名人戦)にもなる。一方、タイトル戦ではない公式戦「一般棋戦」は早指しで、最長の朝日杯将棋オープン戦でも、持ち時間は各40分。今回、羽生九段が優勝したNHK杯は、若手棋戦も含めて2番目に短い、持ち時間10分・切れたら1手30秒未満(他に各10分の考慮時間)だ。

 この早指し棋戦、将棋界の間では、瞬時の判断力に勝る若手棋士が有利である、というのが定説だ。デビュー以来、快進撃を続ける藤井聡太七段(16)が連覇したのも朝日杯。その他、デビュー間もない若手が好成績を収めることもある。竜王、名人といったタイトルホルダーが、若手に黒星を喫するという事態も珍しくない。それだけに、羽生九段のNHK杯優勝は11回目の優勝、45回目の棋戦最多優勝、というだけでなく若々しさも感じられる優勝だ。今期においては、ベスト4がすべて羽生九段と同年代の「羽生世代」で占められたということもあり、50代も近づくトップ棋士たちの実力のものすごさが、改めて感じられるところだ。
 今期の羽生九段は、世代交代の大きな流れを象徴するような20代の実力者たちを打ち倒しての優勝を飾った。3回戦では、タイトル経験がある菅井竜也七段(26)、準々決勝では豊島将之二冠(28)に勝利した。特に豊島二冠は今年度、羽生九段から悲願の初タイトルを奪取、さらに二冠にもなり、先日には名人挑戦権獲得も決めた現役最強クラスの棋士。この豊島二冠の勢いを食い止めての栄冠は、さらに優勝の意味を高めたと言ってもいい。

 数々の最多記録を樹立した羽生九段。昨年、惜しくも達成されなかったタイトル通算100期も、十分に達成できる力は持ち続けている。最年長タイトル奪取記録は、大山康晴十五世名人の持つ56歳11カ月。挑戦ならば66歳11カ月。偉大なる先輩の年長記録も、この若々しさを保ち続ければ更新が期待できる。



もう1本。

羽生九段、平成最後のNHK杯で圧巻のV11!一般棋戦優勝で大山十五世名人抜き単独最多に

3/17(日) 11:38配信


 将棋の羽生善治九段(48)が17日にNHK Eテレで放送された「第68回NHK杯テレビ将棋トーナメント」決勝で郷田真隆九段(48)を破り、7年ぶり11回目の優勝を飾った。

【写真】「指し初め式」で笑顔を見せる羽生善治九段

 平成元年のNHK杯で初優勝したレジェンドが平成最後のNHK杯も制した。自らの持つ最多優勝記録を11回に更新し、一般棋戦の通算優勝回数を45回とし、並んでいた故・大山康晴十五世名人を抜いて歴代単独最多に。無冠転落も味わった18年度の最後に頂点を極め、健在を示した。

 同学年で奨励会入会同期、平成の時代を通じて数々の名勝負を繰り広げてきた盟友・郷田九段との対局前、羽生九段は「せっかくの大舞台なので、張り切って自分らしい将棋を指せるように全力を尽くしたいと思います」と抱負を述べた。振り駒で先手番を握ると、角換わり腰掛け銀の最新流行型の戦いに。▲4三歩の新構想から主導権を握り、勝ち切った。

 羽生は新四段時代の1986年度にNHK杯初登場。18歳当時の88年度には大山康晴、加藤一二三、谷川浩司、中原誠という名人経験者4人を破って初優勝し、棋界に衝撃を与えた。同年度の決勝は平成元年2月だったため、平成最初と平成最後のNHK杯で頂点に立ったことになる。

 羽生九段は通算10回の優勝者に贈られる永世称号「名誉NHK杯選手権者」の唯一の保持者。11回目のNHK杯制覇は、過去に刻んだ栄光の中でも特に難易度の高い記録と言っていい。前年優勝者でも、タイトル戦のように決勝を「防衛戦」として戦えるわけではなく、トーナメント初戦から無敗で勝ち上がっていかなくてはならない。今大会は高野智史四段(25)、菅井竜也七段(26)、豊島将之2冠(28)、丸山忠久九段(48)、郷田九段という各世代の強豪5人を連破した。

 NHK杯は持ち時間各10分と10回の考慮時間各1分で行われる早指し棋戦。「早指しは若手有利」が定説だったが、今大会のベスト4は羽生九段、郷田九段、丸山九段、森内俊之九段(48)。平成を彩ってきた同学年の棋士ばかりで、最強世代の貫禄を示した。

 2018年度は棋聖、竜王を失冠。27年ぶりの無冠に転落した年になったが、年度の最後を優勝で終えた意味は大きく、19年度に再びタイトル通算100期の偉業に臨む上でも大きなステップとなりそうだ。



さて、本題です。

今日は、3月の忙しさから逃げ出したい
と願う 【気分転換】 の記事です。

植物のショットを3枚用意しました。



オドリコソウ
(甘い花蜜が堪りません!)



ウバユリの実
(生け花の花材にもなります)



ハタザオキキョウ
(我が家の庭にあります)



3月17日、庭でオオイヌノフグリを
2輪確認しました。

春が近づいてきましたね~。

福寿草もオオイヌノフグリも
春を感じさせる花です。



【 兄弟ブログの紹介 】
 
(10年5か月、記事数約2100のブログ。
ヤフージオログからの引っ越しブログ。
その後、随時更新しています。)
 
(26年5月3日開設の自然の恵み専用ブログ) 



関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-10

No title * by ふゆか
羽生九段のNHK杯優勝は嬉しかったです。
早い決着でしたね。
将棋フォーカス陣の卒業、自分も観る将4年目か~。

囲碁の方もダイアナ、長島梢恵ニ段卒業なんですって。

No title * by トリトン
> ふゆかさん、お久しぶりです。

羽生9段のNHK杯優勝、嬉しいかったですね~。

羽生世代の方が羽生さんにとって指しやすい相手ですからね。
ベスト4に残った誰が相手でも羽生さんの勝ちです。

羽生さんが苦手にしているのは、AI相手に研究している
これまでの定石よりも、AIの指し手を参考にする急成長の
若手棋士です。

古い付き合いの羽生世代相手じゃ、圧倒的に羽生さんの方が分が
いいですからね。

今、絶好調なのは、渡辺2冠です。
その渡辺2冠を倒して優勝した藤井7段は、もの凄く強いことに
なります。
来期の藤井7段の活躍も楽しみですね。

私は、囲碁も打ちます。
ダイアナが囲碁ファーカスのMCをやっていてビックリしました。
日本のアニメとカラオケが好きな日本びいきの外国人だとばかり
思っていました。
囲碁を打つなんてね~。
囲碁は、強いときは1級ぐらいでした。
今は、5球もないでしょう。

観る将のふゆかさんも、羽生さんと藤井君の応援よろしくね!!

Comment-close▲

Comment







非公開コメント

No title

羽生九段のNHK杯優勝は嬉しかったです。
早い決着でしたね。
将棋フォーカス陣の卒業、自分も観る将4年目か~。

囲碁の方もダイアナ、長島梢恵ニ段卒業なんですって。
2019-03-18-20:57 ふゆか [ 返信 * 編集 ]

No title

> ふゆかさん、お久しぶりです。

羽生9段のNHK杯優勝、嬉しいかったですね~。

羽生世代の方が羽生さんにとって指しやすい相手ですからね。
ベスト4に残った誰が相手でも羽生さんの勝ちです。

羽生さんが苦手にしているのは、AI相手に研究している
これまでの定石よりも、AIの指し手を参考にする急成長の
若手棋士です。

古い付き合いの羽生世代相手じゃ、圧倒的に羽生さんの方が分が
いいですからね。

今、絶好調なのは、渡辺2冠です。
その渡辺2冠を倒して優勝した藤井7段は、もの凄く強いことに
なります。
来期の藤井7段の活躍も楽しみですね。

私は、囲碁も打ちます。
ダイアナが囲碁ファーカスのMCをやっていてビックリしました。
日本のアニメとカラオケが好きな日本びいきの外国人だとばかり
思っていました。
囲碁を打つなんてね~。
囲碁は、強いときは1級ぐらいでした。
今は、5球もないでしょう。

観る将のふゆかさんも、羽生さんと藤井君の応援よろしくね!!
2019-03-18-21:49 トリトン [ 返信 * 編集 ]