FC2ブログ

トリトンのブログ【 水平線の彼方へ 2 】  

ご訪問ありがとうございます。好きなことは、将棋、写真、自然散策、音楽鑑賞、ハシバミ・アケビ・サルナシなどの天然の木の実の採集です。 

Top Page › 将棋 › 羽生竜王、防衛ならず!!
2018-12-23 (Sun) 19:26

羽生竜王、防衛ならず!!



12月22日(金)忘年会の会場でそれを知りました。


広瀬章人八段が羽生善治竜王に勝ち、
4勝3敗で初の竜王獲得 第31期竜王戦
七番勝負第7局

羽生善治竜王に広瀬章人八段が挑戦する第31期竜王戦七番勝負の第7局が、12月20・21日(木・金)に山口県下関市「春帆楼」で行われ、広瀬八段が羽生竜王を167手で破り、4勝3敗でタイトル奪取を決めました。広瀬八段にとって、8年ぶりのタイトル獲得です。
広瀬八段の竜王戦通算成績は49勝24敗(0.671)、1組在籍1期目で優勝を果たし決勝トーナメント初出場、初の竜王獲得となりました。
(日本将棋連盟HPより)




竜王戦 羽生竜王が敗れる 平成3年以来の無冠に

≫将棋の羽生善治竜王が、八大タイトルの1つ、竜王戦で敗れてただ1つ保持していた「竜王」のタイトルを失いました。羽生さんは平成3年から27年間続けてきたタイトル保持者の地位を失って、無冠となりました。
続きを読む
第31期竜王戦の七番勝負は、タイトルを持つ羽生善治竜王(48)と挑戦者の広瀬章人八段(31)が、3勝3敗の五分のまま最終局を迎えました。

最終局は山口県下関市で20日から行われ、互角の形勢が続きましたが、21日夕方以降、広瀬八段が攻め続ける展開となり、午後6時50分ごろ、167手までで羽生竜王が投了しました。

敗れた羽生さんはただ1つ持っていた「竜王」のタイトルを奪われ、平成3年から27年間続けてきたタイトル保持者の地位を平成最後の竜王戦で失って、無冠となりました。

また、前人未到のタイトル通算100期の達成は持ち越しとなりました。対局のあと羽生さんは、「結果が出せなかったのは、自分自身の実力が足りなかったからだと思います。また力をつけて、次のチャンスをつかめたらと思います」と話しました。

一方、勝った広瀬八段は初めて竜王を獲得し、平成23年に「王位」を失って以来7年ぶりにタイトル保持者となりました。

広瀬さんは「これほど注目される舞台は棋士人生ではないかもしれないので、とにかく悔いが残らないようにと思っていました。久々のタイトルなので、その名に恥じないようにしたいと思います」と話していました。

羽生竜王の足跡

≫羽生善治竜王は昭和45年に埼玉県に生まれ、小学6年生のときには全国の小学生が競う将棋大会で優勝して「小学生名人」になりました。

昭和60年、中学3年生で、加藤一二三さん、谷川浩司さんに次ぐ史上3人目の中学生棋士として15歳2か月でプロ入りを果たしました。

それから、わずか4年後の平成元年には、初めて挑んだタイトル戦の竜王戦を制して、当時の最年少記録となる19歳2か月で自身初のタイトルを獲得し、早くもトップ棋士の仲間入りを果たします。

その後も徐々にタイトルの数を増やし、平成8年、25歳の時に、当時の七大タイトルすべてを独占する史上初の「七冠」を成し遂げました。

若手棋士が台頭する中でも常にタイトルを保持し続け、去年12月には、現在7つある将棋の永世称号の資格をすべて獲得して、前人未到の「永世七冠」達成を果たしました。ことし2月には、将棋界で初めて国民栄誉賞を受賞しています。

一方で、最近は若手棋士の台頭を受けて、この3年間で「名人」「王位」「王座」「棋聖」のタイトルを奪われ「竜王」のみの一冠に後退していました。
(NHK News Webより)


















ショックでした。

デビュー以来ずっと羽生ファンで、羽生さんを応援して
いました。

今回も何とか切り抜けて防衛してくれるものと信じていました。

勝負の世界は残酷ですね。

これで、タイトル獲得100期はお預けになり、無冠になってしまいました。

名人、王座、棋聖に続いて、竜王・・・。

4タイトル連続の失冠となってしまいました。

若手の急成長にタイトル戦の番勝負では敵わなくなってきているのでしょうか?

寂しいですね~。

でも、我らの羽生さんです。
これまで将棋界を牽引してきた第一人者です。

いずれ、通算獲得100期を達成してくれるでしょう。

がんばれ、羽生さん!!

応援しています!!



次は、勝手な予想なのですが、広瀬新竜王は、棋王戦の挑戦者になりましたので、渡辺棋王からタイトルを奪取し、2冠になると思います。

また、久保王将は、来期のタイトル防衛が難しいのではないかと思います。その結果、8大タイトルホルダーから、40代が消えるのではないかと予想します。

みなさんは、どう思いますか?

希望的観測では、藤井7段にタイトルを獲ってもらいたいですね~。

がんばれ、藤井7段!!

関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-10

Comment







非公開コメント