FC2ブログ

トリトンのブログ【 水平線の彼方へ 2 】  

ご訪問ありがとうございます。好きなことは、将棋、写真、自然散策、音楽鑑賞、ハシバミ・アケビ・サルナシなどの天然の木の実の採集です。 

Top Page › 野イチゴ › モミジイチゴ
2018-07-14 (Sat) 07:03

モミジイチゴ




サクランボの時期に旬を迎える野イチゴはクワイチゴ
だけではない。

モミジイチゴもその代表的なものだろう。




≫モミジの葉に似るので、モミジイチゴの名がある。
実が黄色いため、キイチゴとも呼ばれている。

果実は5月頃に、黄色に熟す。
★食★食べると美味しい。
キイチゴの仲間では、もっとも味がよい。
果実酒、ジャムなどにする。
初夏の山での、身近なデザートである。

四季の山野草(モミジイチゴ

食べ応えがあるんですよね、このイチゴ。


今年はまだ食していない。

今日、野山を散策して、見つけたら食してみたい。
時期がもう終了していなければいいのだが・・・。
なかなか時間が取れませんでしたので・・・。













野山の恵み、モミジイチゴ。

出遭えたら、すごく嬉しいね。

今日は、サクランボの入手(サクランボ狩り or 産直)とモミジイチゴのチェックをしてみたいと思っています。

久々に、朝から太陽の光を拝んでいます。

東北地方はまだ梅雨明けしていませんからね。

本日、折爪岳の「ヒメボタル観賞会」があります。
参加したい気持ちはあったのですが、体が疲弊していので、今年はパスしました。


⇒正しくは、「観賞会」。
折爪岳のヒメボタルは、以前NHKの日曜朝7:45~の
「さわやか自然百景」で放送されたことがあります。


2009年8月9日放送

≫岩手県の北の端にある折爪岳(おりつめだけ)は標高852m、北上山地の中でも低くなだらかな山です。豊富な湧き水によって育まれ、ブナやミズナラ、コナラの森が広がっています。山頂付近の森は東北地方最大のヒメボタルの群生地でもあり、夏になると始まるホタルたちの乱舞で、山頂が金色の光に包まれます。緑あふれる森とオカトラノオなどの夏の花が見せる、さわやかな昼の風景。 そして、ヒメボタルが生み出す夜の幻想的な光景。二つの違った表情を持つ、夏の折爪岳を紹介します。


今日は、岩手県北部も暑くなりそうです。

みなさん、熱中症にご用心くださいな。

Have a nice weekend.

関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-10

Comment







非公開コメント