FC2ブログ

【将棋】 藤井7段誕生!!



ちょっと、古いニュースになってしまいました。

なかなか記事を更新する時間が取れなかったんです。


それでは、将棋の記事を2本。

① <名人戦>佐藤名人が2勝目 再びタイに

≫19日から福岡市のアゴーラ福岡山の上ホテル&スパで指されていた第76期名人戦七番勝負第4局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、九州電力、QTnet協力)は20日、佐藤天彦名人(30)が挑戦者の羽生善治竜王(47)を破り、2勝2敗と再びタイに戻した。第5局は29~30日、名古屋市の万松寺で指される。 (毎日新聞)

【棋譜・動画】名人戦第4局 横歩取りの激戦に


がんばれ、羽生竜王!!

名人位に復位して、タイトル獲得100期達成を!!




≫愛知県の大村知事は21日、定例の記者会見で先週金曜日に史上最年少で七段昇段を決めた愛知県瀬戸市の将棋の藤井聡太さんに触れ、「驚異的な進化だ」と活躍をたたえました。
この春、高校生棋士となった将棋の藤井聡太さんは、18日、大阪で行われた対局に勝って昇段の条件を満たし、15歳9か月の史上最年少で「七段」となり、最年少記録を61年ぶりに更新しました。
これについて、愛知県の大村知事は21日の定例の記者会見で「ことし2月に五段、六段と昇段し、今月に七段ということで驚異的な進化だ。さらに精進を重ねて前人未踏の棋士になっていただきたい」と述べ、活躍をたたえました。
その上で、棋士の公式戦の多くが行われる将棋会館が東京と大阪にあることに触れ、「藤井さんの大活躍を見れば名古屋に将棋会館があってもいいのではないか。名古屋には分厚い将棋人口や歴史や伝統もあり、ぜひ応援しようという民間企業の後押しも受けながら、どのような手法があるか腰を入れて取り組みたい」と述べました。






②の2 (5月18日 21時 NHK)

将棋の藤井聡太さん 15歳で七段に 最年少記録を61年ぶり更新 | NHK ...

≫この春、高校生棋士となった将棋の藤井聡太六段が18日の対局に勝って昇段の条件を満たし、15歳9か月の史上最年少で「七段」となりました。七段昇段の最年少記録の更新は61年ぶりです。
続きを読む
藤井聡太六段(15)は18日、大阪の関西将棋会館で「竜王ランキング戦」5組の準決勝に臨み、船江恒平六段(31)と対局しました。

午前10時に始まった対局は、中盤に入って互いに駒を打ち合うなかで藤井さんが次第に優勢となり、午後9時前、72手までで船江さんが投了しました。












これによって藤井さんは5組の中で2位以内となって竜王ランキング戦の2期連続の昇級が決まり、昇段の条件を満たして「七段」となりました。

おととし史上最年少で四段になって、プロ入りした藤井さんは、ことし2月に五段、六段と昇段を重ね、この4か月の間に3度の昇段を果たしたことになります。

日本将棋連盟によりますと、七段昇段のこれまでの最年少記録は、昭和32年に加藤一二三さんが達成した17歳3か月です。

現在15歳9か月の藤井さんは、加藤さんよりも1年6か月早く七段になり、最年少記録を61年ぶりに更新しました。

藤井さん「目の前の一局一局に打ち込んできた」

七段に昇段した藤井聡太さんは「ここまで速いペースで昇段できると思っていませんでしたが、目の前の一局一局に打ち込んできたことが、こういう形になって現れ、うれしく思います」と話していました。

驚異的な速さで昇段

日本将棋連盟によりますと、七段への昇段を果たした年齢は、戦後の記録では、去年現役を引退した加藤一二三さんが17歳3か月で、これまで最年少記録を保持してきました。

次いで、谷川浩司九段が18歳11か月、羽生善治二冠が20歳0か月、渡辺明棋王が21歳5か月となっています。

4人は、いずれも中学生のときにプロ入りを決め、その後トップ棋士に上り詰めていますが、藤井さんはこの4人と比べても驚異的な速さで昇段を重ねていることになります。

加藤一二三さん「見事の一字に尽きる」

これまで七段昇段の最年少記録を保持していた加藤一二三さんは「快進撃の末の史上最年少、史上最速での七段昇段、心よりお祝い申し上げます。15歳にして早くも高段者の域に達したことは見事の一字に尽きます。これからも、そのたぐいまれなる才能と豊かな探究心、絶えざる情熱をもって、いまだ誰もみたことのない景色をわれわれにみせてくれることを楽しみにしております」というコメントを出しました。

師匠 杉本昌隆七段は

師匠の杉本昌隆七段は、「ことしに入って3回目の昇段には感服します。結果を出し続ける強い棋士に対して敬意を表します。弟子に自分と同じ段位に追いつかれることは、師匠として大きな喜び。複雑な気持ちなど微塵もありません」と喜びを表しています。

勝因については「気持ちが前向きで終始攻めの姿勢を崩さなかったことです。一方、相手に角を打たせるなど攻め合いに持ち込む場面もありました。自陣近くに相手の駒を打たせるのは怖いので、選ばない棋士もいますが、彼は正面からいけると判断したのでしょう。緩急自在な指し回しでした」と分析しました。

そのうえで今後の指導について、「技術的にはトップクラスの棋士なので私が教えることはありませんが、まだ高校生なので将棋を第一に集中できる環境作りをしてあげたいと思います。これまで以上にほかの棋士にマークされていくことになりますが、期待に応えてほしいです」とエールを送っていました。

将棋界からの祝福コメント

藤井聡太さんが史上最年少で七段に昇段したことを受けて、祝福のコメントが寄せられています。

日本将棋連盟の佐藤康光会長は「年の初めは四段だったことを考えますと、過去に例を見ないスピードで、ただ驚くばかりです。内容も申し分なく見事のひと言に尽きます。さらなる飛躍を祈念いたします」とたたえています。

羽生善治二冠は「2月の六段昇段から3か月余りで七段昇段を達成されてそのスピードに驚がくさせられています。将棋の内容も積極的な動きが特徴で磨きがかかっていると思います。今後の更なる活躍を期待します」とコメントしています。

地元の愛知 瀬戸 歓声が沸き上がる

地元の愛知県瀬戸市では喜びの声が聞かれました。

「せと銀座通り商店街」では、これまでも藤井さんの対局ごとにシャッターに駒を貼り付けて大盤解説を行う企画を行っていて、18日も地元の人たちが集まって対局の行方を見守りました。午後9時前に藤井さんの勝利が決まると、歓声が沸き上がりました。

続いて、事前に準備していた「祝藤井聡太君七段昇段おめでとうごいます」と書かれた幕がアーケードの天井から吊されました。

シャッターの大盤解説を企画した商店街の飯島加奈さんは「途中、混戦になって対局の行方に注目していました。七段昇段なんて本当にすごいことだと思います。これからも応援していきます」とうれしそうに話していました。

また、日本将棋連盟の指導員で大盤解説を行った菅原秀雄さんは「七段はすごいことだし、さらに上を目指してほしい」とエールを送っていました。

藤井聡太さんの地元、愛知県瀬戸市の伊藤保徳市長は「心からお喜び申し上げます。瀬戸市における将棋文化の普及や藤井七段の応援に今後も取り組んでいきたいと思います。地元に明るい話題を提供してくれる藤井七段に敬意を表し感謝したいと思います」というコメントを出しました。




いや~、めでたい、めでたい!!

1年前は4段だったのに、もう7段になっちゃった。

羽生竜王や森内9段、佐藤9段(会長)、深浦9段、屋敷9段、久保9段にも勝つんだから、申し訳ないけど舩江6段なんて目じゃないですよ。

今のところ、高校生になってから無敗です。
気が付けば、いつの間にかまた【連勝街道】なのだ。

なかなか負けない棋士、藤井聡太。
勝った棋士が名を上げる棋士、藤井聡太。

昨年、連勝記録を更新!!(29連勝)
2017年度、記録4冠独占!!(記録4部門=対局数、勝数、勝率、連勝)


本当に凄い棋士だ。

進化が止まらない!!

次に、藤井7段を破る(倒す)棋士は誰になるのだろう?

本当に、ワクワクするね。

応援しています。

私も小学生に将棋を教えているので、藤井7段の話題を避けて通れない。いや、語らずにはいられない。ぜひ、語りたい!!

これからも、ワクワクしながら、応援&注視しています。

がんばれ、藤井7段!!



おまけです。

<今後の対局予定>

6月19日(火):森下 卓九段 第77期順位戦 C級1組1回戦
7月3日(火):豊川孝弘七段 第77期順位戦 C級1組2回戦
7月31日(火):西尾 明六段 第77期順位戦 C級1組3回戦
8月28日(火):青野照市九段 第77期順位戦 C級1組4回戦
10月23日(火):千葉幸生七段 第77期順位戦 C級1組6回戦
11月20日(火):増田康宏五段 第77期順位戦 C級1組7回戦
12月18日(火):門倉啓太五段 第77期順位戦 C級1組8回戦
未定:富岡英作八段 第77期順位戦 C級1組9回戦
未定:近藤誠也五段 第77期順位戦 C級1組10回戦
未定:都成竜馬五段 第77期順位戦 C級1組11回戦

未定:石田直裕五段 第31期竜王戦 ランキング戦5組決勝
未定:第66期王座戦 挑戦者決定トーナメント2回戦
未定:今泉健司四段 第68回NHK杯将棋トーナメント 1回戦
未定:八代弥六段 第30期新人王戦 3回戦




【 兄弟ブログの紹介 】
 
(10年5か月、記事数約2100のブログ。
ヤフージオログからの引っ越しブログ。
その後、随時更新しています。)
 
(26年5月3日開設の自然の恵み専用ブログ)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

羽生竜王、100期はぜひ名人で!
藤井聡太七段、まっすーも六段に上がりましたぞ。
まっすーなんか一般棋戦優勝しようよ~。

藤井聡太七段はこれで今回でている新人王戦がこれで最後の参加になってしまいましたね。
10代で参加資格を失う・・・まったくすごい。

No title

> ふゆかさん、こんばんは。

そうですよね~。
ぜひ、羽生竜王に勝ってもらって、名人復位&タイトル獲得100期
達成を成し遂げてほしいですね。

増田6段も健闘してほしいですね。

藤井7段の強さは別格ですね。
もう、A級&タイトルホルダークラスの実力ですね。
今、藤井7段に勝てる棋士がどれくらいいるのでしょう。
5番、7番での番勝負で彼に勝てる棋士が果して何人いるのでしょう?
真っ先に浮かぶのが、菅井王位と豊島8段です。
彼らは、藤井君に完勝していますからね。

とにかく、異次元の活躍で、将棋ファンを楽しませてくれる藤井7段の
存在に感謝ですね。

活躍を応援いたしましょう!!
非公開コメント

プロフィール

iqm90jqjpdmz

Author:iqm90jqjpdmz
将棋、自然、音楽、写真が好きです。

将棋は、羽生9段、藤井7段のファンです。

初夏にはサクランボ狩り、秋にはブドウ狩りに出かけています。

また、秋には、雑木林を散策してハシバミ、アケビ、サルナシなどの
天然の木の実を採集をしています。

音楽は、80年代の洋楽を聴くことが多いですね。
好きなアーティストは、TOTO,Journey,Foreigner,KANSAS,Eagles,
Styx,Earth,Wind&Fire,M.Jackson,Madonna,Starship,SADE,
Kool&The Gang,Lindsy Starling,Maroon5,...

邦楽では、小田和正、ドリカム、宇多田ヒカル、シングライクトーキング、
久保田利伸、Greeeen、米津玄師です。

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブロとも一覧【画像なし】

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム