FC2ブログ

トリトンのブログ【 水平線の彼方へ 2 】  

ご訪問ありがとうございます。好きなことは、将棋、写真、自然散策、音楽鑑賞、ハシバミ・アケビ・サルナシなどの天然の木の実の採集です。 

2017-03-26 (Sun) 17:17

酸ヶ湯温泉



先日、酸ヶ湯温泉に行って来た。

実に、30年ぶりだった。
違うのは、前回は八甲田山スキー場での春スキーの
帰りに寄ったもの。

今回は、家族でのドライブ。



温泉の裏手がそのままスキー場に繋がっている。



スキー客は、麓に着くと、スキー(スノボ、スノーシュー)を外して・・・。



そのまま、酸ヶ湯温泉に直行できるだ。



観光バスでやってくるお客さんもたくさんいました。
これなら危険な雪道運転をしなくてすみます。
宿泊するのも結構でしょう。




衝撃の1枚。

いや、微笑ましい1枚。

酸ヶ湯温泉には、全国でも有名な混浴の千人風呂がある。よく見ると、写真には外国人も交じっている。

もっとも、この写真が撮られたのは、10~15年以上も前だろう。(あくまでも推測なのだが・・・。)

こんな大らかな混浴文化が
日本にはまだあるんだね~。

混浴のマナー(作法)というものもあるらしい。



酸ヶ湯温泉、独自の「混浴マナー」というものもあったが
撮影はしてこなかった。


ご利用時間

ご利用料金

  • 600円/人
    ヒバ千人風呂か玉の湯のどちらか1ヶ所のみのご利用ができます。
  • 1,000円/人
    どちらに何度でも入浴でき、貸しタオルがつきます。
    また休憩所のご利用もできます。
    (休憩所のご利用時間は午前9時~午後3時となります)
( 参 考 )




酸ヶ湯温泉の場合、混浴のヒバ千人風呂は、脱衣所は別で、中に入ると一緒になっている。
女湯側の湯船には、一部に塀があるので、塀の奥で
湯船に浸かる方法もあるようだ。

今では、女性用の混浴用湯浴着を着用する方も増えているそうです。



ある説によると、1年に100軒の混浴温泉が
なくなっているそうだ。

今、日本国内に何軒残っているのだろうね。
ご存知の方は、お知らせくださいな。



ヒバ千人風呂の入り口。
左側男性、右側女性。


両方に入って来ました。


車の運転を考えれば、雪のないシーズンの方がいいでしょうね。
雪道運転に慣れていないと、途中で事故に遭う可能性もありますから・・・。

車のナンバープレートを見ると、大阪、静岡、東京、埼玉、長野・・・。 

遠くから来ている方もかなりいて、驚きましたね。

温泉は好きです。
今年も何カ所か回るつもりでいます。

ありがとうございました。

続く・・・。









関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-10

No title * by たけちよクラブ
20数年前の秋、八甲田からの下山で酸ヶ湯温泉に立寄りました。
その時も混浴だったと思いましたが、余り記憶がありません。
宿泊しませんでしたが、次回はゆっくり泊まってみたいですね。

No title * by トリトン
> たけちよクラブさん、こんばんは。

私の春スキーのときと似たパターンですね。
スキーの後の温泉は最高ですね。

これからは、春スキーのシーズンですね。

こちらは、もうすぐ新年度の仕事モードとなります。

No title * by 朝市珈琲
山やスキーの帰りによく立ち寄りました。
今では無理でしょうが・・・空いているときは、浴槽のヘリに湯桶を枕に眠り込んだりしたことも、温泉ガスのためかチョット頭がイタクなったり。温泉は治療でもあるので、やはり決められた入り方がいいようですね。

No title * by トリトン
> 朝市珈琲さん、お久しぶりです。

写真展「えんぶり人」以来ですね。

そうですよね。
八戸市在住の朝市さんなのですから、酸ヶ湯温泉、蔦温泉は、
庭のようなものですよね。

八甲田山、十和田湖、奥入瀬渓流もそうでしょう。
羨ましいです。

今度行くときは、もっと雪のない時期に行こうと思いました。
運転がしんどいですね。

「混浴温泉」に入った機会が少ないので、戸惑いますね。
今では、女性用湯あみ着を着て入っていいようですよ。
女性客にも朗報でしょうね。

私は、首や腰の治療に2週間ぐらい湯治してみたいと思いました。

「混浴」じゃない方が落ち着きますね。

じっくり湯船に浸かって体を休めたいですからね。

Comment-close▲

Comment







非公開コメント

No title

20数年前の秋、八甲田からの下山で酸ヶ湯温泉に立寄りました。
その時も混浴だったと思いましたが、余り記憶がありません。
宿泊しませんでしたが、次回はゆっくり泊まってみたいですね。
2017-03-26-17:52 たけちよクラブ [ 返信 * 編集 ]

No title

> たけちよクラブさん、こんばんは。

私の春スキーのときと似たパターンですね。
スキーの後の温泉は最高ですね。

これからは、春スキーのシーズンですね。

こちらは、もうすぐ新年度の仕事モードとなります。
2017-03-27-00:29 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

山やスキーの帰りによく立ち寄りました。
今では無理でしょうが・・・空いているときは、浴槽のヘリに湯桶を枕に眠り込んだりしたことも、温泉ガスのためかチョット頭がイタクなったり。温泉は治療でもあるので、やはり決められた入り方がいいようですね。
2017-03-28-06:33 朝市珈琲 [ 返信 * 編集 ]

No title

> 朝市珈琲さん、お久しぶりです。

写真展「えんぶり人」以来ですね。

そうですよね。
八戸市在住の朝市さんなのですから、酸ヶ湯温泉、蔦温泉は、
庭のようなものですよね。

八甲田山、十和田湖、奥入瀬渓流もそうでしょう。
羨ましいです。

今度行くときは、もっと雪のない時期に行こうと思いました。
運転がしんどいですね。

「混浴温泉」に入った機会が少ないので、戸惑いますね。
今では、女性用湯あみ着を着て入っていいようですよ。
女性客にも朗報でしょうね。

私は、首や腰の治療に2週間ぐらい湯治してみたいと思いました。

「混浴」じゃない方が落ち着きますね。

じっくり湯船に浸かって体を休めたいですからね。
2017-03-28-08:27 トリトン [ 返信 * 編集 ]