FC2ブログ

トリトンのブログ【 水平線の彼方へ 2 】  

ご訪問ありがとうございます。好きなことは、将棋、写真、自然散策、音楽鑑賞、ハシバミ・アケビ・サルナシなどの天然の木の実の採集です。 

Top Page › スポーツ › 天晴れ!! 卓球男女とも銀メダル!!
2016-03-12 (Sat) 19:38

天晴れ!! 卓球男女とも銀メダル!!



少し前のニュースです。


男女ともに銀メダル 卓球日本代表が帰国
3月7日 19時48分

http://www3r.nhk.or.jp/news/r/html/20160307/K10010434651_1603071954_1603072000_01_03.jpg

 団体戦で争われた卓球の世界選手権で男女ともに銀メダルを獲得した日本代表の選手が、マレーシアから帰国しました。
半年を切ったリオデジャネイロオリンピックの前哨戦と位置づけられた今回の世界選手権で、日本は、男女とも決勝で中国の厚い壁に跳ね返されたものの、女子が2大会連続の銀メダル、男子は39年ぶりの銀メダルに輝き、大舞台で実力を発揮しました。
 選手は7日午後、大会の行われていたマレーシアから帰国し、代表の選手10人と監督が記者会見を行いました。
この中で、女子の最年長でキャプテンを務めた福原愛選手は「初めてキャプテンを務めて、みんなに支えられました。個人的には、試合の中で何球かいいボールがあったので、それを磨いて積み重ねることができれば、いいプレーができると思う」と話し、出場を確実にしているリオデジャネイロオリンピックに向けて手応えをつかんだ様子でした。
 石川佳純選手は「今回は予選リーグから厳しい組み合わせで、毎試合厳しい試合が続いたが、みんなで力を合わせて銀メダルを取れてうれしい。決勝では中国に負けたが、今回は自分のいいプレーも出て通用する部分もあったので、いいところを伸ばしてここ一番で勝ちきる強さを身につけたい」と話し、また半年を切ったオリンピックに向けては「リオデジャネイロオリンピックでは金メダルを持って帰れるように頑張りたい」と笑顔で話していました。
 15歳の伊藤美誠選手は、初出場となった団体戦の世界選手権を振り返って、「うれしかったり苦しかったりたくさんのことを経験でき、次につながる大会だった。大会を終えて精神面で本当に強くなったと自分でも思う。自分の中ではいい課題を持って帰ってきたので練習してオリンピックに向けて克服したい」と話していました。
また、男子の水谷隼選手は「これまで4大会連続の銅メダルで今回は銀メダルが取れた。日本のレベルが上がっていると思うのでうれしい。リオデジャネイロオリンピックでは金メダルを取れるように頑張りたい。もっともっとチームを引っ張っていけるエースになりたい」と話していました。



私は、中学校、高校と卓球をやっていました。ですから、卓球の試合がTV放送されるときは、できるだけ観るようにしています。

野球賭博に揺れているプロ野球は、益々関心が薄れています。

巨人が大嫌いです。
原監督も嫌いでした。

強いて応援するとすれば、東北楽天イーグルスですかね。安楽投手やオコエ選手の活躍が楽しみですね。

個人的には、岩手出身の日本ハム大谷選手、西武菊池投手の活躍に注目しています。

これで、ますます我が家ではプロ野球中継を観なくなることでしょう。

話を卓球の話題に移します。




 



≫【クアラルンプール=山口大介】卓球の世界選手権団体戦最終日は6日、女子決勝を行い、前回銀メダルの日本は中国に0―3で敗れ、1971年名古屋大会以来の世界一はならなかった。中国は3連覇を果たした。
 日本は第1試合で福原愛(ANA)が世界ランク1位の劉詩●(あめかんむりに文)に0―3で完敗。続く石川佳純(全農)はロンドン五輪シングルス覇者の李暁霞に健闘したが、2―3で逆転負けした。3人目の伊藤美誠(スターツ)も昨年世界選手権シングルス優勝の丁寧に1―3で敗れた。



特に男子は39年ぶりの銀メダル獲得だ。

天晴れ~!!

 男子決勝は水谷隼(ビーコン・ラボ)、吉村真晴(愛知工大)、大島祐哉(早大)で臨んだ日本(世界ランク3位)が中国(同1位)に0―3で敗れたが、日本は1977年バーミンガム大会以来、39年ぶりの銀メダルを手にした。









男子のエース、水谷隼選手

オリンピックイヤーの今年、
いい結果を残して本番に臨めそうです。

がんばれ、卓球日本!!

関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-10

Comment







非公開コメント