FC2ブログ

片岡鶴太郎 「還暦紅」

 
 
日本列島が低気圧の影響でとんでもないことになっている。
 
 

<天気>風吹き荒れる列島 名古屋で9年ぶり23センチ大雪

 発達した低気圧の影響で強い冬型の気圧配置は18日午前も続き、全国的に風が吹き荒れた。北海道や東北、北陸では大雪となり、交通機関にも乱れが出ている。気象庁は、こうした状態が同日夜まで続くとして警戒を呼びかけている。(毎日新聞)
 
 
 

<暴風雪>5人死亡 新潟で一時、積雪200センチ

 発達した低気圧の影響で18日も全国的に風が強く、北海道や東北、北陸の山沿いを中心に引き続き大雪となった。気象庁によると、上空に流れ込んでいた強い寒気は同日夜に東へ抜け、荒天のピークは過ぎたとみられるが、日本海側を中心に19日明け方まで大雪と高波に警戒が必要という。(毎日新聞)
 
 


 

あす明け方にかけさらに積雪 凍結など注意 12月18日 18時11分

 
低気圧と寒気の影響で18日も広い範囲で雪が降り、日本海側や山沿いを中心に大雪となりました。
山沿いでは19日明け方にかけて積雪がさらに増える見込みで、各地で厳しい寒さも続くことから、気象庁は、路面の凍結や雪崩、屋根からの落雪などに十分注意するよう呼びかけています。
気象庁によりますと、発達した低気圧と上空の強い寒気の影響で、18日も太平洋側を含む広い範囲で雪が降り、日本海側や山沿いでは大雪となりました。
午後6時の積雪は、新潟県津南町で2メートル4センチ、長野県野沢温泉村で1メートル80センチ、福井県の大野市九頭竜で1メートル58センチなどと、各地で平年を大きく上回る大雪となっています。
積雪が一時、23センチに達した名古屋市でも雪が残り、午後6時の積雪は9センチとなっています。
また、北海道東部やオホーツク海沿岸では低気圧の影響で、18日も潮位が高くなり、各地で高潮による浸水の被害が出ました。
これから19日にかけて、上空の強い寒気は次第に東へ抜けると予想されていますが、北日本や北陸の山沿いを中心に、19日明け方にかけて断続的に雪が降り、積雪がさらに増える見込みです。
19日夕方まで降る雪の量は、いずれも山沿いの多いところで、東北の日本海側と新潟県で40センチ、群馬県と長野県で30センチなどと予想されています。
19日にかけて引き続き波が高く、北日本から近畿にかけての日本海沿岸は大しけが続く見込みです。
厳しい寒さも続き、19日朝の最低気温は、北海道旭川市で氷点下11度、長野市で氷点下5度、名古屋市で氷点下3度、山形市と広島市、高知市で氷点下2度、仙台市と東京の都心、大阪市で0度などと予想され、平年を下回るところが多い見込みです。
気象庁は、雪や路面の凍結による交通への影響、雪崩、屋根からの落雪除雪作業中の事故などに十分注意するよう呼びかけています。

潮位の変化は

17日から18日にかけて高潮による浸水の被害が相次いだ北海道東部やオホーツク海側の沿岸では、低気圧の影響で潮位が通常より1メートル前後も上昇しました。
気象庁はさらに高波も重なって浸水の被害につながったとみています。
気象庁の観測によりますと、北海道のオホーツク海沿岸では19日、潮位が通常より80センチから1メートル余り高くなりました。
このうち、北部の枝幸町では午前1時43分ごろに潮位が通常より1メートル7センチ高い1メートル13センチに達したほか、紋別港では午前9時25分ごろに98センチ、網走港では午前11時34分ごろに86センチとなりました。
一方、北海道東部の根室港では17日午前8時49分ごろに潮位が通常より1メートル69センチ高い2メートル3センチに達しましたが、18日は機器の障害のため潮位が確認できなくなっています。
気象庁は「発達した低気圧が近づき、気圧の低下や風の影響で潮位が高くなったところに、満潮の時間帯や高波が重なり、浸水の被害につながったのではないか」と話しています。
 
 


 
 
50mの風なんて、反則です。
 
なんで、いきなりそんな暴風が吹き荒れるのか・・・。
 
海水温と寒気団の気温の差が40度以上もあって、低気圧が急成長するのがそのメカニズムらしい。
 
 
18日18時のNHKのニュースでは、次のように報じられている。
 
「午後6時の積雪は、新潟県津南町で2メートル4センチ、長野県野沢温泉村で1メートル80センチ、福井県の大野市九頭竜で1メートル58センチなどと、各地で平年を大きく上回る大雪となっています。
名古屋でも積雪が一時23cmに達した。」
 
 
早く収まってほしい冬の嵐だ。
 
みなさん、ご用心してくださいな。
 
 


 
 
さて、前置きが長くなってしまいました。
 
本題に移るとしましょう。
 
 
 
 
 
11月2日(土)に、青森県のイオン下田で開催されていた、片岡鶴太郎さんの画業20周年記念イベント「還暦紅」を観に出かけた。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
行って良かった。
 
私は、彼を誤解していた。
 
こんなに素晴らしい作品を20年も描き続けていることを知らなかった。
 
少しは、絵を描いているということは知っていたのだが、作品を観るのは初めてだった。
 
 
今回の「金魚の絵」であるが、一匹の金魚を書くのに1時間かかるそうだ。
 
そんな金魚が200匹泳いでいる。
 
気が遠くなるような時間をかけている。
 
さらに、今では、毎朝4時に起きてヨガを実践されているそうだ。
 
NHKの『軍師官兵衛』で、小物の殿様・小寺氏を演じていたが、その一方で絵もかいていたということを知った。
 
ずいぶん頬がこけたなあ~、と思っていたら、ヨガをやっていることを知って、なるほどと思った。
 
作品展に寄せられた知人の色紙も展示されたいたが、小林幸子さん、美川憲一さんが達筆なことを初めて知った。
 
一番達筆なのは、≪小林幸子さん≫の色紙だと思った。
 
歌がうまいだけでなく、彼女は書もこんなに堪能だったのである。
 
新たな発見であった。
 
そんな多くの発見をした、「還暦紅展」に感謝せねばなるまい。
 
作品を撮影するのは、当然禁止なので、今回は、案内画像を撮影するという禁じ手を使って、氏の作品の一部を紹介してみた。
 
観て良かった~。観る価値十分の作品展だった。
 
ブロ友の≪ハム太さん≫も行かれて記事にしておられるようだ。
 
改めて、「片岡鶴太郎」という俳優&芸術家を見直した。
 
 
次回は、お土産編を予定している。
 
乞うご期待!!
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

おはようございます!
イオン下田の、あのスペースの中に見応えのある作品がびっしりでしたね!!
どれもいい作品ばかりでしたね~。
NHKドラマで石川五右衛門役をやった最後の日に、
化粧を落とす前に鏡を見て描いた絵が面白いと思いました。

芸能人・有名人たちの色紙も個性があって面白かったですね~。

No title

ハム太さん、こんばんは。

見応えのある作品揃いでしたよね。

2カ所にあった制作のDVDも立ってしっかり観ましたよ。
それぞれ15分ぐらいはあったのないでしょうか。

和服のデザインもされていて、黒柳徹子さんが着ていた写真もありましたよね。

最近は、指で油絵を描くことが多いということでしたよね。

私は、入り口付近に展示されていた処女作の「アフリカ原住民の家族」の絵に衝撃を受けましたね。

そして、椿と金魚が氏の作品の中ではテーマになっていることも知りました。

俳優をしながら、一方であのような創作活動を20年も続けておられるという凄さに、驚かされました。

発見がたくさんある作品展でしたね。

師走です。お忙しいと思います。

ご自愛くださいね。

No title

片岡鶴太郎展は沢山の作品が展示してあったのでしょうか
味のある描写はテレビで少し見た事があります。
こちらで開催される事は無いですね(^_^;)

No title

リカちゃん、こんばんは。

たくさん展示されていましたよ。

国内数カ所でした、開催されませんでしたので、展示会を観ることができた人は
限られていると思います。
その都度、記念の本も出版されているようですよ。

片岡鶴太郎さんのHPをチェックすると、分かりますよ。
芸術家としてもすごい方でした。

雪地獄から早く解放されるといいですね。

雪かき三昧は、体に毒です。
でも、雪国の宿命ですね。
非公開コメント

プロフィール

iqm90jqjpdmz

Author:iqm90jqjpdmz
将棋、自然、音楽、写真が好きです。

将棋は、羽生9段、藤井7段のファンです。

初夏にはサクランボ狩り、秋にはブドウ狩りに出かけています。

また、秋には、雑木林を散策してハシバミ、アケビ、サルナシなどの
天然の木の実を採集をしています。

音楽は、80年代の洋楽を聴くことが多いですね。
好きなアーティストは、TOTO,Journey,Foreigner,KANSAS,Eagles,
Styx,Earth,Wind&Fire,M.Jackson,Madonna,Starship,SADE,
Kool&The Gang,Lindsy Starling,Maroon5,...

邦楽では、小田和正、ドリカム、宇多田ヒカル、シングライクトーキング、
久保田利伸、Greeeen、米津玄師です。

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブロとも一覧【画像なし】

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム