FC2ブログ

トリトンのブログ【 水平線の彼方へ 2 】  

ご訪問ありがとうございます。好きなことは、将棋、写真、自然散策、音楽鑑賞、ハシバミ・アケビ・サルナシなどの天然の木の実の採集です。 

Top Page › ツタのある風景 › ツタのある風景 in 八戸
2014-11-15 (Sat) 23:39

ツタのある風景 in 八戸

 
モミジの紅葉も綺麗だが、ツタの紅葉も悪くない。
 
 
今回は、ツタ特集でいってみましょう。
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

この紫がかった色がなかなかいい。
ちょっと珍しいような気がするが
実際のところどうなのだろうか?
 
 
 
 

倉庫の窓がすっかり
ツタで覆われている。
 
まるで、『ツタ屋敷』の感がある。
 
 
 
 
ツタを住宅の壁に這わせると
壁が劣化しないのだろうか?
 
逆に、ゴーヤや朝顔などの
緑のカーテンのように
夏の陽射しを和らげる
効果があるのだろうか?
 
 
始めたきっかけや何年ぐらいになるのか
所有者に聞いてみたいものだ。
 
 
『ツタ屋敷』には、何故か
心惹かれてしまうのである。
 
 
関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-10

No title * by 朝市珈琲
中学校時代、図書館の建物は蔦の絡まるレンガ壁でした。
いまはもうない・・・

蔦の絡まる建物は良い感じですね。
でも我が家のような中途半端なモルタル壁では根がクラックに入り込み幅を広げてやがては崩落の憂き目になるでしょう!
やはりレンガや石づくりの建築でなければ危ないでしょう? 冬の間があまり綺麗な感じがしないのですが^^

No title * by リカ
すごいツタですね
触ってカブレる事はないと思いますが
あまり触りたくない気分ですね
でも春の緑と秋の紅葉は、とてもすばらしいと思います(~_~)

No title * by -
これは凄いっすね!

No title * by 銀桂一行
こんばんは、トリトンさん

なんとも言えない色合いですねえ。

思い返せば、トリトンさんと親しくなったのは、昨年の今頃でしょうか。

私は、夫婦で関ヶ原へ紅葉を観に行きました。

早いものですねえ。

羽生さんは、去年と違って名人を加えて四冠。

嬉しいなあ。

出来れば、正月は竜王を加えて五冠だったら、もっと嬉しかったんですが・・・

それは、まあ、来年の楽しみにしておきましょう。

トリトンさん、雪の季節になりました。

くれぐれも雪道の運転にはお気をつけ下さい。

No title * by 銀桂一行
追伸

私は、ヤフオクで親しくなった北海道の方がいます。

僅か一度の取引で、意気投合してしまった。

その方は、会いたいと熱望して下さいました。

しかし、怖いですよね。

なんとなく。

会う前に、期待が大きいと。

こっちをキムタク、いや、・・・

加藤剛だとか、竹脇無我みたいに想像されちゃあいないかと思うと腰が引けます。

たった一局のweb対局で意気投合した人もいます。

二言三言コメントしただけなのに、お互い旧知のライバルかのような信頼感が生れました。

それが一手一手から、ひしひしと伝って来ました。

きっと会っても怖くないような気がしました。

幼馴染に何十年振りかに会うのは、全く怖くありません。

それに近いような。

私のようなアマが、直接対峙していなくても、指し手から感じ取れるのですから、プロ同士なら、相当な会話を交しているようなものでしょうね。

内藤九段の名言に『棋は対話なり』がありますが、まさにその通りですよね。

No title * by 銀桂一行
とりとめもない話で、失礼いたしました。

おやすみなさい。

No title * by トリトン
朝市さん、こんばんは。

取材に、ラジオでのPRご苦労様です。

さすが、実行委員長ですね。
ご多忙のことでしょう。

体を大切になさって本番をお迎えくださいな。

「はっち」に隣接した駐車場に面している某歯科医院のツタも見事ですよね。

毎年撮影している被写体です。

その内、ツタの絡まる建物特集の記事でも書いてみたいですね。

No title * by トリトン
リカちゃん、こんばんは。

ここまでになるには、何年かかるんでしょうね。

いい味を出しています。

ツタの「付着根」にとても興味があって、特集記事を書きたいと
思っています。

研究レポートみたいになるかもしれません。

生物(植物)の不思議ですね。

このツタの葉の模様や色は他のツタの葉とは少し違うように思います。

歯の縁に輪郭があるのも珍しいような気がして撮影しました。

実際のところはどうなのでしょうかね。

どなたか詳しい方にご教示願いたいものです。

No title * by トリトン
親父さん、こんばんは。

この葉の色、珍しいと思いませんか?

縁取りしているのも希少かと・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そうそう、仙台出身のスケーターがロシア大会で優勝しましたね。

そして、巨人と阪神のOB戦があったようですね。
仙台は、たくさんイベントがあっていいですね。

雑誌「りらく」の10月号は、仙台の紅葉特集でした。
機会があれば、チェックしてみてください。

No title * by トリトン
銀桂さん、こんばんは。

コメント3連発、ありがとうございます。

今日も日曜ブログの記事を書けたようですね。

ここのツタの葉の色具合がなかなか気に入ったので記事にしてみました。

紫がかった色合いと葉の輪郭に沿って縁取りしてあるのは、ちょっと
珍しいのではないでしょうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブログを通して、お知り合いになったのは、去年の今頃でしたか?
もう、2,3年もお付き合いしているような気分でした。
まだ、1年だったのですね。
同じ羽生ファンということで、意気投合してしまいましたよね。
羽生さんのタイトル奪取を日本酒で祝ったりもしましたね。
羽生ファンと語り合えて楽しいです。
これからもよろしくお願いいたします。

ネット将棋は、一度も指したことがありません。
食わず嫌いと時間不足を理由に手を付けていません。

最近は、買った週刊将棋もろくに読めないでいましたからね。

次は、JT杯の優勝の朗報が楽しみですね。

岩手にご旅行の際には、お会いいたしましょうね。

Comment-close▲

Comment







非公開コメント

No title

中学校時代、図書館の建物は蔦の絡まるレンガ壁でした。
いまはもうない・・・

蔦の絡まる建物は良い感じですね。
でも我が家のような中途半端なモルタル壁では根がクラックに入り込み幅を広げてやがては崩落の憂き目になるでしょう!
やはりレンガや石づくりの建築でなければ危ないでしょう? 冬の間があまり綺麗な感じがしないのですが^^
2014-11-16-17:30 朝市珈琲 [ 返信 * 編集 ]

No title

すごいツタですね
触ってカブレる事はないと思いますが
あまり触りたくない気分ですね
でも春の緑と秋の紅葉は、とてもすばらしいと思います(~_~)
2014-11-16-20:10 リカ [ 返信 * 編集 ]

No title

これは凄いっすね!
2014-11-16-21:13 - [ 返信 * 編集 ]

No title

こんばんは、トリトンさん

なんとも言えない色合いですねえ。

思い返せば、トリトンさんと親しくなったのは、昨年の今頃でしょうか。

私は、夫婦で関ヶ原へ紅葉を観に行きました。

早いものですねえ。

羽生さんは、去年と違って名人を加えて四冠。

嬉しいなあ。

出来れば、正月は竜王を加えて五冠だったら、もっと嬉しかったんですが・・・

それは、まあ、来年の楽しみにしておきましょう。

トリトンさん、雪の季節になりました。

くれぐれも雪道の運転にはお気をつけ下さい。
2014-11-16-22:00 銀桂一行 [ 返信 * 編集 ]

No title

追伸

私は、ヤフオクで親しくなった北海道の方がいます。

僅か一度の取引で、意気投合してしまった。

その方は、会いたいと熱望して下さいました。

しかし、怖いですよね。

なんとなく。

会う前に、期待が大きいと。

こっちをキムタク、いや、・・・

加藤剛だとか、竹脇無我みたいに想像されちゃあいないかと思うと腰が引けます。

たった一局のweb対局で意気投合した人もいます。

二言三言コメントしただけなのに、お互い旧知のライバルかのような信頼感が生れました。

それが一手一手から、ひしひしと伝って来ました。

きっと会っても怖くないような気がしました。

幼馴染に何十年振りかに会うのは、全く怖くありません。

それに近いような。

私のようなアマが、直接対峙していなくても、指し手から感じ取れるのですから、プロ同士なら、相当な会話を交しているようなものでしょうね。

内藤九段の名言に『棋は対話なり』がありますが、まさにその通りですよね。
2014-11-16-22:21 銀桂一行 [ 返信 * 編集 ]

No title

とりとめもない話で、失礼いたしました。

おやすみなさい。
2014-11-16-22:22 銀桂一行 [ 返信 * 編集 ]

No title

朝市さん、こんばんは。

取材に、ラジオでのPRご苦労様です。

さすが、実行委員長ですね。
ご多忙のことでしょう。

体を大切になさって本番をお迎えくださいな。

「はっち」に隣接した駐車場に面している某歯科医院のツタも見事ですよね。

毎年撮影している被写体です。

その内、ツタの絡まる建物特集の記事でも書いてみたいですね。
2014-11-16-22:57 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

リカちゃん、こんばんは。

ここまでになるには、何年かかるんでしょうね。

いい味を出しています。

ツタの「付着根」にとても興味があって、特集記事を書きたいと
思っています。

研究レポートみたいになるかもしれません。

生物(植物)の不思議ですね。

このツタの葉の模様や色は他のツタの葉とは少し違うように思います。

歯の縁に輪郭があるのも珍しいような気がして撮影しました。

実際のところはどうなのでしょうかね。

どなたか詳しい方にご教示願いたいものです。
2014-11-16-23:01 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

親父さん、こんばんは。

この葉の色、珍しいと思いませんか?

縁取りしているのも希少かと・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そうそう、仙台出身のスケーターがロシア大会で優勝しましたね。

そして、巨人と阪神のOB戦があったようですね。
仙台は、たくさんイベントがあっていいですね。

雑誌「りらく」の10月号は、仙台の紅葉特集でした。
機会があれば、チェックしてみてください。
2014-11-16-23:06 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

銀桂さん、こんばんは。

コメント3連発、ありがとうございます。

今日も日曜ブログの記事を書けたようですね。

ここのツタの葉の色具合がなかなか気に入ったので記事にしてみました。

紫がかった色合いと葉の輪郭に沿って縁取りしてあるのは、ちょっと
珍しいのではないでしょうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブログを通して、お知り合いになったのは、去年の今頃でしたか?
もう、2,3年もお付き合いしているような気分でした。
まだ、1年だったのですね。
同じ羽生ファンということで、意気投合してしまいましたよね。
羽生さんのタイトル奪取を日本酒で祝ったりもしましたね。
羽生ファンと語り合えて楽しいです。
これからもよろしくお願いいたします。

ネット将棋は、一度も指したことがありません。
食わず嫌いと時間不足を理由に手を付けていません。

最近は、買った週刊将棋もろくに読めないでいましたからね。

次は、JT杯の優勝の朗報が楽しみですね。

岩手にご旅行の際には、お会いいたしましょうね。
2014-11-16-23:13 トリトン [ 返信 * 編集 ]