FC2ブログ

9月1日、防災の日!!




9月1日は ≪防災の日≫ です。


9月1日 防災の日


 1923(大正12)年のこの日、関東大震災が起こりました。
 その大惨事を忘れないため、また台風の被害の多い時期であることから、1960(昭和35)年に国土庁(国土交通省)が制定しました。
 関東大震災の惨事を教訓として防災意識を高めることを目的に、毎年各地で防災訓練などが実施されてます。


【関東大震災(かんとうだいしんさい)】
1923年(大正12)9月1日午前11時58分、関東地方南部を襲った大震災。

≫ 1. 被害状況
震源地は相模湾北部(東経139.3度、北緯35.2度)の地点で、地震の強さは最大震度7、規模はM7.9であった。ちょうど昼食時であったため、地震による家屋の倒壊によって134か所から出火し、9月3日午後2時に鎮火した。その間、大火災のために気温が上昇、東京では1日夜半には46℃に達し、初震以来5日午前6時までに人体に感じた余震は936回を数え、各地に津波が襲来した。そのため日本の心臓部である京浜地帯は壊滅的な打撃を受け、被害は東京府を中心に神奈川、千葉、埼玉、茨城、静岡、山梨の1府6県に及んだ。東京市役所編『東京震災録 前輯(ぜんしゅう)』(1926)によれば、被災者は約340万人(1府6県の人口の29%、うち横浜市は人口の93%、東京市は人口の75%)、死者9万1344人、行方不明1万3275人、重傷1万6514人、軽傷3万5560人、全焼38万1090世帯、全壊8万3819世帯、半壊9万1232世帯、損害額は推定約55億円余にも及んだ。1922年度の一般会計予算が約14億7000万円であるのと比較すれば、その損害額がいかに莫大(ばくだい)であったかがわかるであろう。



【関東大震災 - Wikipedia】

関東大震災(かんとうだいしんさい)は、1923年(大正12年)9月1日午前11時58分32秒(以下日本時間)、神奈川県相模湾北西沖80km(北緯35.1度、東経139.5度)を震源として発生したマグニチュード7.9、海溝型の大地震(関東地震)による災害。千葉県から静岡県東部までの広い範囲に甚大な被害をもたらし、日本災害史上最大の被害を与えた。

≪被害の状況≫
死者・行方不明者 : 14万2800人
負傷者 : 10万3733人
避難人数 : 190万人以上
住家全壊 : 12万8266戸
住家半壊 : 12万6233戸
住家焼失 : 44万7128戸(全半壊後の焼失を含む)
その他 : 868戸
上記の従来の数字に対して、近年の学界では、実際の死者・行方不明者はより少なく10万5000人余だったという説が定着している。[1]

関東大震災により大破した凌雲閣地震の発生時刻が昼食の時間帯と重なったことから、136件の火災が発生した。加えて能登半島付近に位置していた台風により、関東地方全域で風が吹いていたことが当時の天気図で確認できる。火災は地震発生時の強風に煽られ、「陸軍本所被服廠跡地惨事」で知られる火災旋風を引き起こしながら広まり、鎮火したのは2日後の9月3日午前10時頃とされている。

東京市内の建造物の被害としては、凌雲閣(浅草十二階)が大破し、建設中だった丸の内の内外ビルディングが損壊。また、大蔵省、文部省、内務省、外務省、警視庁など官公庁の建物や、帝国劇場、三越日本橋本店など、文化・商業施設の多くが焼失した。神田神保町や東京帝国大学図書館、松廼舎文庫も類焼し、多くの貴重な書籍群が失われた。

震源に近かった横浜市では官公庁やグランドホテル・オリエンタルホテルなどが石造・煉瓦作りの洋館であった事から一瞬にして倒壊し、内部にいたものは逃げる間もなく圧死した。更に火災によって外国領事館の全てが焼失,工場・会社事務所も90%近くが焼失した。千葉県房総地域の被害も激しく、特に北条町では古川銀行・房州銀行が辛うじて残った以外は郡役所・停車場等を含む全ての建物が全壊。測候所と旅館が亀裂の中に陥没するなど壊滅的被害を出した。

なお、地震以後も気象観測を続けた東京の中央気象台では、1日21時頃から異常な高温となり、翌2日未明には最高気温46.4度を観測している[2]。 この頃、気象台には大規模な火災が次第に迫り、ついに気象台の本館にも引火して焼失していた。気象記録としては無効とされ抹消されているものの、火災の激しさを示すエピソードである。

190万人が被災、14万人余が死亡あるいは行方不明になったとされる(上述のとおり、近年の学界の定説では、死者・行方不明者は10万5000人余と見積もられるようになった)。建物被害においては全壊が10万9千余棟、全焼が21万2千余棟である。地震の揺れによる建物倒壊などの圧死があるものの、強風を伴なった火災による死傷者が多くを占めた。津波の発生による被害は太平洋沿岸の相模湾沿岸部と房総半島沿岸部で発生し、高さ10m以上の津波が記録された。山崩れや崖崩れ、それに伴なう土石流による家屋の流失・埋没の被害は神奈川県の山間部から西部下流域にかけて発生した。特に神奈川県根府川村(現、小田原市の一部)の根府川駅ではその時ちょうど通りかかっていた列車が駅舎・ホームもろとも土石流により海中に転落し、100人以上の死者を出したといわれ、更に村も山崩れにより壊滅したという。

文化人で被害に遭ったのは英文学者・評論家の厨川白村で、鎌倉で津浪に襲われて死亡した。また、避暑に郊外へ来ていた皇族からも3名の死者が出ており、小田原では閑院宮御別邸が倒壊し寛子女王(17歳)が下敷きとなって死去、また藤沢で東久邇宮家の師正王(6歳)が避暑先の別荘の倒壊で死去、鎌倉では山階宮武彦王妃の佐紀子女王(20歳)が別邸の倒壊により死去した。


     ※     ※     ※     ※     ※     ※

≪NHKニュースより≫

【首都直下地震 食料確保に課題】

9月1日 22時23分
首都直下地震に備える国の計画で、救援物資の食料を送ることになっている一部の県が食料の備蓄をやめたり減らしたりしているために、食料が計画どおりに確保できない可能性があることがわかりました。

首都直下地震が起きた場合、多くの人が避難所で生活すると予想されるため、国は、地震発生から3日間で4200万食が必要になり、このうち2000万食が不足すると想定しています。このため国は、去年12月にまとめた首都直下地震の活動計画で、まず全国の24の府と県からあわせて168万6000食の備蓄の食料を送ってもらい、その後、不足分の大半を民間から調達することにしています。NHKが24の府と県に取材したところ、5つの県では歳出の削減などを理由に食料の備蓄をやめたり減らしたりしていたことがわかりました。このうち奈良県は、地元での災害時には食料は調達できるとして備蓄を取りやめることを決めました。このため、乾パンなどの備蓄は国が計画に盛り込んだ量の20%以下の2700食に減り、賞味期限が切れる来年2月までにすべてなくなるということです。国の計画では、府や県からの食料はどの地域に配分するかがあらかじめ決められていて、被災地では食料が計画どおりに確保できない可能性があります。これについて、内閣府防災担当の駒田義誌参事官補佐は「備蓄が減っている量は全体から見れば少なく、地震が起きたあとでも、ほかの自治体や民間から補えると考えており、今のところ計画を見直す考えはない」と話しています。


何というとてつもない被害の出た災害なのだろう。
死者行方不明者が14万人とは・・・
写真も見たのだが、積み上げられた死体の山は直視に耐えない。

あの規模の巨大地震が今また関東地方を襲ったら・・・・・

いつ起きても不思議でない ≪南海東海地震≫・・・

防災の日を契機に、家族で防災について、避難場所、緊急時の連絡方法の確認、3日分の水と食料の備蓄などできることから実施してみてはいかがだろうか?

未曾有の災害がすぐそこに迫っているかもしれないのだから・・・。


     ※     ※     ※     ※     ※     ※

外では、久々に澄みわたった空に、≪美しい月≫ が出ている。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

日々の備えが大事っす

No title

日本列島の生い立ちからも解りますが地震はこの国に住んでいるかぎりついてまわるものです。特に東京は三つのプレートの境界の上にいるわけで、地震が無いなんて思うことがおかしいですよね。
備えも大切ですが、助けあえる心も大事ですね。民主党に変わってやはり災害対策も考えて欲しいですね。

No title

はじめまして。
関東大震災の記事、みじかに被災したものがいるものですから、よませていただきました。
姑が被災し親,兄弟を亡くして一人ぼっちになり、親戚の者に育てられています。東京から九州に嫁ぎ3年前に92歳で亡くなりましたが、なにかにつけて痛ましく悲しい話をしていました。

No title

としおもちさん、今晩は。
レスが遅れてすみません。

その通りですね。
日々の備えが大切ですね。

私も緊急避難袋に避難用品を入れておいています。
それと、いざというときのために、水2リットルのボトルを6本、常時ストックしていますよ。

懐中電灯やスリッパもベッドのそばにおいています。

No title

なおさん、今晩は。

地震国ニッポンですからね。
地震はいつ起きても不思議じゃありません。

次に、関東大震災規模の地震がおきたら、試算の死者1万6千人程度じゃ済みませんよ。10万人は行くんじゃないですか?

それと、ものすごく危険なのが ≪静岡の浜岡原子力発電所≫ です。
なんと、活断層の上に建物が建っているんです。
巨大地震で発電所の施設がやられたら、チェルノブイリ以上の惨事になってしまいます。
そうなると、偏西風の影響もあって、関東地方に人が住めなくなるという試算データもあるんです。
関東のみなさんには大変申し訳のないデータです。
ですから、「浜岡原子力発電所は運転を中止すべきだ!」という意見の専門家もいます。

そもそも、地震国日本に原子力発電所はそぐわないとおもうのですが・・・。

もっとヨーロッパのように、国が中心になって、風力、太陽光、潮力、などのクリーンエネルギーの活用を推進すべきだと私は思います。

No title

hakeikoyurayura さん、今晩は。

訪問&コメント、ありがとうございました。

身内に被災された方がおられたのですか。
特別な思い入れがありますね。

死者行方不明者が14万人超とはものすごい数字ですね。
都会の超高速ビルは地震の揺れに耐えれるのでしょうか?
いくら免震構造だといっても、震度6を超えて、地上50m以上だとものすごい揺れの振幅となります。2つにボキリッと折れても不思議じゃありませんよね。
私など田舎者には高い建物は苦手です。
せいぜい、3階くらいまでで十分です。

※ ※ ※

地震の記憶忘れまじ… と思い、記事にしました。

いつかはやってくる巨大地震。
日ごろから、備えておかなければなりませんね。

エレベーターの中に閉じ込められたり、交通機関がマヒして帰宅不能になる場合もあります。いざというときの家族との連絡方法は?

など、心がけておくべきことがあります。

備えておきたいところですね。
非公開コメント

プロフィール

iqm90jqjpdmz

Author:iqm90jqjpdmz
将棋、自然、音楽、写真が好きです。

将棋は、羽生9段、藤井7段のファンです。

初夏にはサクランボ狩り、秋にはブドウ狩りに出かけています。

また、秋には、雑木林を散策してハシバミ、アケビ、サルナシなどの
天然の木の実を採集をしています。

音楽は、80年代の洋楽を聴くことが多いですね。
好きなアーティストは、TOTO,Journey,Foreigner,KANSAS,Eagles,
Styx,Earth,Wind&Fire,M.Jackson,Madonna,Starship,SADE,
Kool&The Gang,Lindsy Starling,Maroon5,...

邦楽では、小田和正、ドリカム、宇多田ヒカル、シングライクトーキング、
久保田利伸、Greeeen、米津玄師です。

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブロとも一覧【画像なし】

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム