FC2ブログ

花のようなアケビ

 
アケビの季節ももうお終いだなあ~、と寂しい思いを抱えながら、以前、「セクシー人参」を購入した九戸村の「道のえき折爪」内の産直、「オドデ館」に立ち寄った。
 
 
そこで、こんな美しいアケビと遭遇した。
 
 
 
 

何という均整のとれた美しい姿でしょう。
 
まるで、紫の5枚の花びらのようではありませんか?
 
アケビ採集歴45年以上の私も初めて見る形だ。
 
5個のアケビは初めてではないが、これほど美しいミツバアケビは初めてだった。
 
これは、即「買い」となった。
 
ところが、手にしてから更に驚いた。
 
5個だと思ったら、反対側にもう1個付いていて、6個だったのである。
 
 
 
 

とてもユニークな形をしている。
 
バルーンアートのようにも見える。
 
万歳している子どものようにも見える。
 
「面白野菜」の書庫(アケビは野菜ではないのだが・・・)に入れてもいいようなアケビだ。
 
これを出荷した農家の方にも感謝したい。レジの方に聞いたら、出荷したのはおばあさんらしい。
 
ありがたいことだ。
 
そして、そんな珍しいアケビが私の手に渡った偶然にも感謝したい。
 
アケビハンターの私がアケビを買うことは稀である。何せ、毎年100個以上天然アケビを収穫しているのである。
 
買う必要などないからだ。
 
ただし、今回の場合は違った。
とても珍しいアケビだったこと。
とても美しいアケビだったこと。
そして、ブロガーの私は常に記事になるものを探しているし、カメラを持ち歩いている。
 
じっくり撮影するためには、購入するしかない。
 
当初、記事のタイトルは、「アケビハンター、アケビを買う」にしようと思っていたが、形があまりに美しいので上のようなタイトルとなった。
 
換言すれば、アケビハンターの私が唸るような、美しい形のアケビだったのである。
 
4袋売っていたが、その内の1つを選んだ。
 
8個入って、たったの100円。
 
こんなに貴重なアケビを100円で手に入れてしまった。ひょっとすると、≪一期一会≫の出遭いかもしれない。
 
きっと、「アケビの神様」が日頃の私の「アケビ道」の精進を認めてくれて、このアケビに引き合わせてくれたのだと思う。
 
かくして、私の手を介して、この美しい形のアケビはみなさんの目に触れることと相成った。
 
偶然というよりも、私と出遭うことが必然だったのかもしれない。その結果、運命的な出会いを演出してくれたのだろう。
 
アケビの神様に感謝せねばなるまい。
 



 ありがとう 


 
 
 
 
 

幸せ運ぶ美しいアケビたち。
 
撮影26年9月28日(日)
 
 
 
 
なお、この美しいアケビたちは、中身の果肉は私の胃の中へ、そして、皮は我が家始まって以来の≪アケビの皮料理≫として食卓に並びました。
 
「ゴーヤーチャンプルーのゴーヤーの代わりにアケビの皮を使えるはずだ」というのが、私と女房殿の共通の認識だ。
 
山形出身の知人と、アケビ料理ができる親戚からアケビ料理をいただいたことがある。
 
 
下の記事を参照していただきたい。
ほぼ1年前の記事だ。
 
 
 
「アケビ料理」 (いただきもの)
  

 アケビ料理第1弾  その1  (肉詰め)
  
 

 アケビ料理第1弾 その2 (ポテトサラダ載せ)
  
 

 アケビ料理第2弾 (肉詰め:極上編)
大きさは、1枚目の写真の1,5倍です。
 
 
 
今回、わが家では、「千切り」にして、肉と一緒に「ナス炒め」の要領で炒めて食べました。
ゴーヤーの3倍は苦いので、砂糖やみりんも加えました。(今回画像はありません。撮影する前に食べてしまいました。)
 
アケビの皮も立派な食材となることがわかりました。
 
となると、アケビは種以外捨てるところがありません。その種も、庭や雑木林に撒き散らせば、将来アケビ林になる可能性があります。
 
なんとも嬉しい木の実ですなあ~。
 
アケビ、大好きです!!
 
最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

五葉アケビがこんな実のつき方をしています
綺麗な実のつき方にナイス

1000円位したのかと思いました、格安ですね~

No title

これはゴヨウアケビですか?

念願のアケビ、先月の穂高行の帰り、中央道の八ヶ岳SAに立ち寄ったら売店に売っていて、仲間8人で美味しく頂きました。
学生時代に食べたきりでしたから実に50年振りの味でした。

収穫期の旅はいろいろな味に出会えて楽しいです。

No title

綺麗な形のしたアケビですね
始めて見ました~珍しいもの有難うナイスです

No title

葉月さん、こんにちは。

ナイス、ありがとうございます。

このアケビは、ミツバアケビですね。
これまでも、5個や6個のアケビは採ったことがありますが、これほど美しく均整のとれたアケビは初めてです。

アケビ採りをしていて、分かるのですが、私の住んでいる岩手県北部では、ミツバアケビの方が多いように思います。

かと言って、ゴヨウアケビが無いというわけではありません。

ブロガーの私なら、たとえ≪300円≫だったとしても、撮影&記事のために、購入したと思います。

それが、たったの100円だったんですから、これはもう【神様のお導き】以外のなにものでもありません。

【アケビの神様】が私に、引き合わせてくださったのでしょう。

アケビシーズンの最終盤に素敵な出会いを演出してくれたようです。

これはご褒美ですね。 ラッキーでした。

No title

孝遊子さん、こんにちは。

ナイス、ありがとうございます。

そうでしたか? 穂高行きの帰りに【50年ぶり】のアケビを賞味することができましたか。

良かったですね~。 おめでとうございます。

「北アルプス穂高連峰登山&四国行」にコメントをさしあげていなくてすみません。

近いうちに・・・。

出張続きで、目が回っていましたので・・・。

アケビは、ゴヨウアケビではなく、ミツバアケビです。
私がいつも収穫している種類です。

もし、時間が取れたら、岩手に遊びにいらっしゃいませんか?

アケビとハシバミを採集してみませんか?

私のアケビ三昧生活の一部を味わってみてくださいな。

秋の雑木林の恵みに感謝しきりのこの頃です。

昨日(4日)は、サルナシの収穫をしてきました。

No title

友さん、こんにちは。

いつもコメント&ナイス、ありがとうございます。

珍しいアケビと出遭いましたので、興奮して記事にいたしました。

こんな美しい均整のとれたアケビとはもう二度と出遭えないかもしれません。

記録としても残しておかなければなりませんね。

【アケビとの縁】を強く感じた瞬間でしたね。

アケビの神様がいつも私を空の上から見ていてくれているのかも
しれませんね。

No title

花が咲いた様なアケビですネ!
色もきれい形もgoodです
でもアケビ料理は・・・ ゴーヤの3倍ですか(>_<)
苦いならば無理無理(^_^;)

No title

またまた、今晩は。

アケビ採集歴、45年以上の私が初めて見たアケビです。

「面白野菜」候補なのですが、アケビは【野菜】ではありません
からね。

傑作なフォルムをしていますね。 芸術的です。

多少の苦さは、覚悟です。
≪苦美味い≫というわけですよ。

ゴーヤーを食べられる人なら、アケビの皮だった食べられますよ。

現に、私は、4,5,6枚目の写真のアケビの皮料理を食べています。

美味かったですよ。

論より証拠、一度食べてみてくださいな。

アケビ料理をできる方は高山にはいませんかね~。

まずは、千切りにして、肉と一緒に炒めてみてください。

Let’s try.
非公開コメント

プロフィール

iqm90jqjpdmz

Author:iqm90jqjpdmz
将棋、自然、音楽、写真が好きです。

将棋は、羽生9段、藤井7段のファンです。

初夏にはサクランボ狩り、秋にはブドウ狩りに出かけています。

また、秋には、雑木林を散策してハシバミ、アケビ、サルナシなどの
天然の木の実を採集をしています。

音楽は、80年代の洋楽を聴くことが多いですね。
好きなアーティストは、TOTO,Journey,Foreigner,KANSAS,Eagles,
Styx,Earth,Wind&Fire,M.Jackson,Madonna,Starship,SADE,
Kool&The Gang,Lindsy Starling,Maroon5,...

邦楽では、小田和正、ドリカム、宇多田ヒカル、シングライクトーキング、
久保田利伸、Greeeen、米津玄師です。

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブロとも一覧【画像なし】

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム