FC2ブログ

初ハシバミ!!

 
錦織圭選手、残念でしたね。
 
しかし、価値ある準優勝です。
 
今回の経験をまた次の機会に生かしてほしいですね。
 
日本中が、≪錦織フィーバー≫に湧き返りましたね。
 
今朝は、どの放送局も試合経過を速報で流していました。
 
出勤前に、2セット連取されて、(これは厳しいなあ~)と思いながら、ハンドルを握りましたが、やはり0-3のストレートで敗れてしまいました。
 
これまでの対戦成績が5勝2敗、今年2回勝っている相手。初のグランドスラム制覇へのプレッシャーと対戦成績の優位から来る油断があったかもしれません。
 
過ぎたことをあれこれ言っても始まりません。前を見つめて、進んでいくべきでしょう。
 
準優勝でも、日本テニス界にとっても、本人にとってもも快挙です。
 
近いうちに、グランドスラム制覇の報を聞くことになるでしょう。
 
スポーツニュースで、久々に興奮しましたね。
 
大フィーバーになったため、NHK「どうして決勝戦を放送しないのだ~!!」と抗議も殺到したそうです。
 
そのため、NHKは急遽、WOWOWから番組を買って決勝戦を≪ON AIR≫したそうですよ。
 
視聴者の圧力も相当なものですね。
 
とにかく、お疲れ様でした。
 
錦織選手の活躍に手放しの拍手を送ります。
 
今後の活躍が楽しみですね。
 


 
本題に移りましょう。
 
9月7日(日)、今年初めて、≪ハシバミ≫の収穫をしました。
 
 
その前に、ちょっと「ハシバミ講座」です。
 
 
 
ハシバミ属(ハシバミぞく、榛属、学名Corylus英語: Hazel)は、ブナ目カバノキ科に分類される被子植物の1。ただし、分類体系によっては独立したハシバミ科とされる場合もある。世界では北半球温帯域に自生する落葉樹低木から10~20からなるである。日本にはハシバミツノハシバミの2種が自生している。
 
 ハシバミの仲間たち ⇒ かなり詳しく載っています。  お奨めの記事です。
  
 

天然ナッツの「ハシバミ」 
 
 
 
 
 

こちらは、ツノハシバミ
 
総苞にガラス繊維状の細かい棘
(写真の白い粉のように見える部分)
がありますので取り扱い注意です。
 
総苞を剥いて、球果を取り出すには
厚手のゴム手袋が必要です。
(※軍手では、棘が刺さります)
 

 
 

ハシバミです。ドングリと似ていますね。
こちらは、熟してこぼれ落ちたものもありました。緑っぽいのは、総苞を剥いて球果を取り出したものです。
 
 

総苞に包まれたハシバミの球果。
総苞は緑色をしています。
球果の色は白です。
 
 

午前と午後2回出かけて採ってきました。
午前は、九戸村。午後は、わがK町。
四角い容器の右上隅にあるのは、
ツノハシバミです。
 
 

サイズは、これくらいです。
1円玉の直径は2cm、重さは1gです。
上のハシバミはかなり大粒の上物と
言えます。
 
ハシバミは、1本の枝に1個しか生っていないというケースもたくさんあります。
 
1円玉と一緒の7粒を収穫するにも結構大変でした。ツノハシバミに比べて、ハシバミは生っている実の数が少ないため収穫の効率が悪いのです。
 
この日の収穫は、約300gでした。
 
今年は、1kg以上の収穫を目指します。
 
実は、昨年秋に、当ブログを発見した軽井沢にお住いの方から、「ハシバミの実を大量にほしい。」とのオファーが舞い込んできたのです。
 
≪「軽井沢の森作りプロジェクト」の一環として、ハシバミの実を植えたい。≫というものでした。
 
ひと肌脱ぐことにしました。
 
ですから、今年は収穫した実の8割程度をそちらに送ることになりそうです。
 
ハシバミの食感を例えて言えば、ピスタチオのような、柔らくて上品なピーナツのような感じですね。
 
とても美味しいです。
 
人間が食べても美味しいんですから、リスや野鳥なら尚更のことです。
 
ニホンザルも食べているかも・・・。
 
今回は、今年1回目のハシバミの収穫についてでした。 (続く・・・。)
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

おはようございます。
ハシバミ博士が大活躍の秋が始まりましたね~。
一本の木にたくさんなっているのかと思っていましたが、
思いのほか大変なんですね。

No title

ハシバミのかたい実は、
リスやサルならば難なくかじって食べるでしょうね
自然開拓のために大量収穫をお祈りいたします(~_~)

No title

うちの山の神が画像を見て懐かしがってました!
ちょっち酸味があるみたいっすね!

No title

喜楽創さん、こんばんは。

そうなんです。
いよいよハシバミの季節です。
今年は大量オファーも届いていますので、気合を入れて
収穫しようと思っています。

ハシバミも、ツノハシバミのように密集して実を付けてくれれば
いいのですが、ポツ、ポツと離れて結実していますので、収穫効率
がとても悪いんですよね。

おまけに、熟すと落ちてしまいます。
棘がない分、収穫期間が短いのが難点です。

ハシバミの場合、50個集めるのもかなり大変です。
地道に山歩きをしたいと思っています。

No title

リカちゃん、こんばんは。

ナイス、ありがとうございます。

リスは、ハシバミの実が好物なそうです。
胡桃に比べて、割りやすいですし、中身も柔らかいですからね。
人間が食べても美味しいんですからね。

大量収穫目指して頑張ります。

応援よろしくお願いいたします。

No title

親父さん、こんばんは。

そうですか?
山の神さんもご覧になったのですか?

子どもの頃、食べたことがあるんでしょうね。
そういう親父さんは食べたことがないんじゃないでしょうか。

「ちょっと酸味がある」というのは、おそらく、上の写真で言えば
緑の総苞に包まれたのだと思うんですよね。

乾燥させると、酸味は無くなると思います。

生食するか、少し乾燥させてから食べる科の違いかと思います。

私は、ハンターですので、八木山の雑木林や東北大学の植物園、大崎八幡宮の周りの雑木林でも、ハシバミを見つけられると思います。

仙台市内でも、ちょっと山に入れば自生していると思います。

ただ、≪ハシバミの樹≫を知らないと採れないでしょうね。

なんだったら、試食用にお送りいたしますよ。

ゲストブックの□にチェックを入れて、送り先をご連絡くださいな。

山の神さんと一緒に試食してみてくださいな。
非公開コメント

プロフィール

iqm90jqjpdmz

Author:iqm90jqjpdmz
将棋、自然、音楽、写真が好きです。

将棋は、羽生9段、藤井7段のファンです。

初夏にはサクランボ狩り、秋にはブドウ狩りに出かけています。

また、秋には、雑木林を散策してハシバミ、アケビ、サルナシなどの
天然の木の実を採集をしています。

音楽は、80年代の洋楽を聴くことが多いですね。
好きなアーティストは、TOTO,Journey,Foreigner,KANSAS,Eagles,
Styx,Earth,Wind&Fire,M.Jackson,Madonna,Starship,SADE,
Kool&The Gang,Lindsy Starling,Maroon5,...

邦楽では、小田和正、ドリカム、宇多田ヒカル、シングライクトーキング、
久保田利伸、Greeeen、米津玄師です。

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブロとも一覧【画像なし】

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム