FC2ブログ

トリトンのブログ【 水平線の彼方へ 2 】  

ご訪問ありがとうございます。好きなことは、将棋、写真、自然散策、音楽鑑賞、ハシバミ・アケビ・サルナシなどの天然の木の実の採集です。 

Top Page › 将棋 › 【将棋】 羽生3冠、名人復位&4冠復冠!!
2014-05-22 (Thu) 00:30

【将棋】 羽生3冠、名人復位&4冠復冠!!

この記事を書く日を待ちわびていました。
 
もうご存知の方も多いと思いますが、改めて記事にして紹介したいと思います。
 
毎日新聞の記事を2本。
 
 
 
 

名人戦:羽生4連勝で4冠に 新たな「平成伝説」誕生

毎日新聞 2014年05月21日 20時58分
 
http://img.mainichi.jp/mainichi.jp/feature/images/20140522k0000m040075000p_size5.jpg
感想戦で対局を振り返る羽生善治新名人(右)と森内俊之前名人=千葉県成田市の成田山新勝寺「奥殿」で2014年5月21日午後8時38分、武市公孝撮影
 
 
 
 
 
 
 新たな「平成伝説」の誕生−−。千葉県成田市の成田
 
 
≫山新勝寺「奥殿」で20、21日に行われた第72期名人戦七番勝負第4局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、同市後援、成田山新勝寺、ANAクラウンプラザホテル成田協力)。「昭和」を代表する大山康晴十五世名人対升田幸三実力制第四代名人と並ぶ史上最多の9回目の顔合わせは、挑戦者の羽生善治王位(43)が森内俊之名人(43)を4連勝で降し、4期ぶり通算8期目の返り咲きを果たした。
 羽生と森内の名人戦は、幾多の死闘を繰り広げてきた。森内は十八世名人、羽生は十九世名人の資格を獲得。本局で両者の対戦は127局(羽生の70勝57敗)となる。
 第69期に森内が羽生から4勝3敗で奪取して以来、羽生がA級順位戦で好成績を上げても、森内にはね返される年が続き、両者の対決に一区切りついた印象もあった。
 ところが、今期の羽生はA級順位戦を8勝1敗で勝ち抜き、3期連続の挑戦権を獲得。4期連続となった対決は定評のある森内の受けを、羽生の強烈な攻めが打ち破ったシリーズといえる。
 第4局も羽生の攻めが、森内の受けを上回った。当初、羽生の攻めは焦らされた観があり、森内は的確な受けから反撃に転じ、控室も「森内有利」との見方が大勢を占めた。しかし羽生が巧みな攻めを続けて、森内のミスを誘って勝ち切った。
 森内は前期七番勝負から約1年間好調を維持して迎えただけに、わずかな誤算が生じて敗戦するパターンが続いた。
 1月から3月の王将戦七番勝負で渡辺明王将(30)に敗れた羽生だが、充実の指し回しで名人位に復活。羽生が名人を含む4冠を獲得したのは、2010年3月に王将を失うまで、名人・王座・棋聖と共に保持して以来だ。6月から棋聖戦五番勝負が幕開けし、羽生に森内が挑むことが決まっている。幼年時代から対決してきた両者が、さらなる「平成」の伝説を刻み続けるのは間違いない。
 
 

名人戦:羽生、4戦全勝で奪取 史上初3回目返り咲き

名人戦:羽生、4戦全勝で奪取 史上初3回目返り咲き
(終局後両対局者のインタビュー動画付〈10分間〉)
 
毎日新聞 2014年05月21日 20時19分
http://img.mainichi.jp/mainichi.jp/feature/images/20140522k0000m040071000p_size5.jpg
4連勝で4期ぶり通算8期目の名人返り咲きを果たし、感想戦で対局を振り返る羽生善治新名人=千葉県成田市の成田山新勝寺「奥殿」で2014年5月21日午後8時50分、武市公孝撮影
≫千葉県成田市の成田山新勝寺「奥殿」で繰り広げられた第72期名人戦七番勝負第4局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、千葉県成田市後援、成田山新勝寺、ANAクラウンプラザホテル成田協力)は21日午後8時18分、111手で挑戦者の羽生善治王位(43)が森内俊之名人(43)を破り、4戦全勝で名人位を奪取した。残り時間は羽生48分、森内1分。
 羽生の名人位獲得は4期ぶり通算8期目で、大山康晴十五世名人の18期、中原誠十六世名人の15期に次ぐもので、木村義雄十四世名人、森内と並ぶ歴代3位タイ。3回目の名人返り咲きは史上初。自身の持つタイトル通算獲得最多記録を87に伸ばした。他のタイトル(王位、王座、棋聖)を含めて4冠となる。
 森内は竜王の1冠になった。
 羽生新名人の略歴 1994年、米長邦雄名人(当時)に4勝2敗で勝って初めて名人を獲得。3連覇のあと失冠。2003年に返り咲くも翌年失冠。08年から3連覇。十九世名人の有資格者。【山村英樹】
 羽生新名人の話 難しい将棋も多かったが、こういう形(4連勝)で勝てたのは幸運でした。自分なりに今までと違う感じの将棋を指せたらと思ったら、こういう結果になった。積極的に動ける時に動きました。(返り咲きについては)まだ実感がわきません。
 森内前名人の話 七番勝負に入っても今まで通りに指していたつもりでしたが……。流れで力将棋になったことが多かったが、チャンスらしいチャンスがなく、内容的に押されていました。
 
 


 
 
 

 
あの絶対的な強さを誇った渡辺竜王を圧倒して竜王位を奪取した好調森内名人・竜王相手に4-0のストレートでのタイトル奪取はお見事の一語。
 
正に、神がかり的な強さである。
 
 
続けて、王位戦7番勝負で両雄がまたまた対峙する。
 
今度は、羽生さんが王位保持者、森内竜王が挑戦者として・・・。
 
森内名人の挑戦を退けて、4冠保持してほしいと願っている。
 
羽生ファンにとっては、最高の一日となった。
 
そうでしょう? 
銀桂さん、たもさん、ぶな太さん。
 
上に挙げた3名は、私同様大の羽生ファンなのである。
 
嬉しいなあ~!!
 
それでは、恒例のクラッカーでの祝砲といきたいと思います。
 
 
 
 
 
 
  
 名人復位&4冠復冠!!  
 
 
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-10

No title * by ぶな太
トリトンさん
羽生さん、ついにやりましたね!
4-0で4期ぶりに名人に復位して、4冠に復帰とは
おめでとうございます。
お忙しい中、即日ブログ更新されたとは、大の羽生ファンの
トリトンさんの嬉しさが伝わってきました。

続いて羽生、森内の棋聖戦がありますが、将棋ファンと
しては両雄の対局を歓迎しています。
羽生さんにはまた頑張ってもらい4冠を保持してほしいです。

来期は羽生名人に渡辺九段の挑戦を期待したいですね。

No title * by トリトン
ぶな太さん、こんばんは。

羽生さんの勝利で、お出でいただけると確信しておりました。

やりましたね~。
我等羽生ファンには、最高の日でした。
名人復位、久々の4冠王です。

終局後の森内名人へのインタビューが気の毒でしたね。
結果は、4-0でしたが、難解な将棋が多かったですからね。
森内名人も、どうして負けたかはっきりしないのではないでしょうか。
羽生3冠が森内名人の得意な展開にならないように封じ込めた感がありますね。

新聞にも書いてありましたが、新たなる≪平成の伝説≫誕生ですね。
羽生さんの存在そのものが≪レジェンド(伝説)≫ですよ。

ただ、今回の名人戦に賭ける羽生3冠の執念を感じる7番勝負でしたね。

王位戦でも、防衛濃厚と見ていますね。

来期の名人戦は、挑戦者が渡辺2冠でしょうか、それとも、森内竜王のリターンマッチでしょうか?

楽しみですね。

No title * by 銀桂一行
お二方!

来年の名人戦の挑戦者は、皆、九段です。

なぜなら、羽生さんが七冠全部持っているからです。

なんてね。

No title * by トリトン
銀桂さん、7冠再びというのは、羽生ファンには期待してしまう夢ですよね。

でも、広瀬8段が挑戦者になれば8段もあり得ますね。

今期の名人戦リーグにも注目いたしましょう!

Comment-close▲

Comment







非公開コメント

No title

トリトンさん
羽生さん、ついにやりましたね!
4-0で4期ぶりに名人に復位して、4冠に復帰とは
おめでとうございます。
お忙しい中、即日ブログ更新されたとは、大の羽生ファンの
トリトンさんの嬉しさが伝わってきました。

続いて羽生、森内の棋聖戦がありますが、将棋ファンと
しては両雄の対局を歓迎しています。
羽生さんにはまた頑張ってもらい4冠を保持してほしいです。

来期は羽生名人に渡辺九段の挑戦を期待したいですね。
2014-05-22-06:56 ぶな太 [ 返信 * 編集 ]

No title

ぶな太さん、こんばんは。

羽生さんの勝利で、お出でいただけると確信しておりました。

やりましたね~。
我等羽生ファンには、最高の日でした。
名人復位、久々の4冠王です。

終局後の森内名人へのインタビューが気の毒でしたね。
結果は、4-0でしたが、難解な将棋が多かったですからね。
森内名人も、どうして負けたかはっきりしないのではないでしょうか。
羽生3冠が森内名人の得意な展開にならないように封じ込めた感がありますね。

新聞にも書いてありましたが、新たなる≪平成の伝説≫誕生ですね。
羽生さんの存在そのものが≪レジェンド(伝説)≫ですよ。

ただ、今回の名人戦に賭ける羽生3冠の執念を感じる7番勝負でしたね。

王位戦でも、防衛濃厚と見ていますね。

来期の名人戦は、挑戦者が渡辺2冠でしょうか、それとも、森内竜王のリターンマッチでしょうか?

楽しみですね。
2014-05-22-23:10 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

お二方!

来年の名人戦の挑戦者は、皆、九段です。

なぜなら、羽生さんが七冠全部持っているからです。

なんてね。
2014-05-27-00:20 銀桂一行 [ 返信 * 編集 ]

No title

銀桂さん、7冠再びというのは、羽生ファンには期待してしまう夢ですよね。

でも、広瀬8段が挑戦者になれば8段もあり得ますね。

今期の名人戦リーグにも注目いたしましょう!
2014-05-28-01:00 トリトン [ 返信 * 編集 ]