FC2ブログ

トリトンのブログ【 水平線の彼方へ 2 】  

ご訪問ありがとうございます。好きなことは、将棋、写真、自然散策、音楽鑑賞、ハシバミ・アケビ・サルナシなどの天然の木の実の採集です。 

Top Page › はしばみ › ハシバミ講座 ①ハシバミの樹の見分け方
2014-04-20 (Sun) 01:39

ハシバミ講座 ①ハシバミの樹の見分け方

 
 
「ハシバミの樹が分からない」という方がほとんどだろう。
 
本物の樹を見たことがないので、分からないのは当然だ。
 
ところが、この春先はハシバミの樹をわりと簡単に識別できるのである。
 
まず、ハシバミについての説明を辞書やWikipediaで見てみよう。
 
 


 
はしばみ 【×榛】
 
カバノキ科の
落葉低木。日当たりのよい地に生え、高さ約5メートルに達する。葉は円形で先がとがり、縁に不規則なぎざぎざがある。3月ごろ葉より先に、黄褐色の尾状の雄花穂紅色雌花とがつく。実はどんぐり状で、葉状の総苞(そうほう)に包まれ、食用。《 実=秋 花=春》
 


 
ハシバミ【Japanese hazel】  (世界大百科事典 第2版の解説より)

陽地に生えるカバノキ科の
落葉灌木で,果実は食用となる(イラスト)。中国名は榛で,日本でもこの字をあてる。若枝や葉柄には軟毛と腺毛がある。葉は互生し,広倒卵形先端はやや切形で急にとがり,縁には荒い不規則鋸歯がある。雌雄同株。3月ごろ,新芽の開出に先立って開花する。雄花序は長い尾状花序となり,垂れ下がる。雄花は花被がなく,苞と小苞に包まれて,4~8本のおしべがある。おしべは花糸が深く2裂しており,一見したところ2本のおしべに見える。
 


 
 
ハシバミ属(ハシバミぞく、榛属、学名Corylus英語: Hazel)は、ブナ目カバノキ科に分類される被子植物の1。ただし、分類体系によっては独立したハシバミ科とされる場合もある。世界では北半球温帯域に自生する落葉樹低木から10~20からなるである。日本にはハシバミツノハシバミの2種が自生している。
 
 


 

種について

下記に主な種を記載する。

 
 
 

3つ目のWikipediaの説明が一番分かりやすい。
 
 
 
さて、本題に戻ろう。
 
結論から言うと、この時期ハシバミの樹を見つけるには、ハシバミの雄花【尾状花序】(※註1)を見つければいいのである。
 
なぜなら、新緑の季節の前、葉っぱが出る前ならハシバミの雄花を見つけるのは容易いからである。
 
 
(※註1) びじょうかじょ【尾状花序】とは・・・
 
穂状(すいじよう)花序の一型。細長い主軸に多数の単性花が密について,あたかも動物の尾のように下垂するもの。ヤナギ・クルミ・クリ・ハンノキ類に見られる。 → 花序
 
 
そこで、4月13日に撮影してきた雄花のショットを何枚か紹介してみよう。
 
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
枝先ばかりのショットであるが、樹形は「株立ち状」である。つまり、根元から細い幹が密集して生えている。
 
13日のリサーチでは、根元の幹が30本以上も密集している樹があった。樹齢は30年を超えているだろう。それとももっとだろうか?
 
いかがだったろうか?
 
こんな雄花を野山や雑木林で見たことがないだろうか?
 
ひょっとしたら、あなたも何度も見ているかも知れない。
 
最後に、樹の達人の書かれた記事を紹介して≪はしばみ講座①≫を閉じることにしよう。
 
 
ハシバミの仲間たち ⇒ かなり詳しく載っています。
                お奨めの記事です。
 
春先に、ハシバミの樹のある場所をマークしておけば、秋には収穫の愉しみが待っている。
 
身近な場所に自生しているハシバミの樹を発見して、この秋に≪ハシバミ収穫デビュー≫してみてはいかがだろうか?
 

 
もし、ハシバミの樹を発見できた方はご一報ください。
お祝いのコメントを差し上げます。
 
一人でも多くの方に、ハシバミのこと、ハシバミの魅力を知っていただきたいと思っております。
 
 
関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-10

No title * by hisa
こんにちは!ハシバミに関心があって調べていたら、こちらにたどり着きました。現在、自宅(青森市)でセイヨウハシバミ7種類をポット栽培しています。日本に自生するハシバミ属にも関心があり、ハシバミとツノハシバミも栽培してみたいと思っていました!

No title * by トリトン
> hisaさん,こんばんは。

【ハシバミに関心があって】 なんて、素敵な文言でしょう?

私、ハシバミの採集が専門です!!

出会うべくして、出会ったようですね、私達。

今年採集したハシバミ2種類(ツノハシバミ&ハシバミ)の堅果を
お送りいたしましょう!

ゲストブックの内緒の□にチェックを入れて、送り先をお知らせ
くださいな。

青森であれば、岩手県北部のわが町まで、新幹線でお出でいただけますね。

ご希望でしたら、日本のハシバミ採集を体験させてあげることができますよ、来年の秋に・・・。

ハシバミについては国内屈指の詳しいブログだと自負しております。

そちらの西洋ハシバミ7種類の品種を伺いたいものです。

今後ともハシバミ談義をいたしましょう。

一度、お会いしたいものですね。

アケビハンター&ハシバミハンターの私ですので、雑木林での
採集探検をお勧めいたしますね。

ご訪問&コメント、ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

No title * by hisa
お返事ありがとうございます。
また、ハシバミ2種をご提供くださるとのお申し出、誠にありがとうございます。
ただ、恥ずかしながら、ゲストブックのないしょの口というのがよく分からず、住所はお知らせできていません。
セイヨウハシバミでは実生苗の作成にも取り組んでいますので、是非ともハシバミ2種でも試して見たいと思いながら拝読しておりました。
栽培に取り組んでいるセイヨウハシバミは、Kentish Cob, Hallesche Riesennuss, Webb's Prize Cob, Fertile de Nottingham, Filbert, Red Filbert, Common Hazelになります。セイヨウハシバミは数え切れないほどの品種があるのできりがないので、今はこの辺まででとどめています。2年前に苗を購入してポットで根域制限をかけながら栽培し、今秋、早くも初収穫となりました。今は、収穫した堅果を発芽させて苗を作成しています。将来的に、青森県南の実家周辺で、ハシバミ畑を作りたいと目論んでいます。

No title * by トリトン
> hisaさん、こんばんは。

「ゲストブック」というのは、ブログの左側の欄にある「最近の記事一覧」
の上にある部分です。
そこをクリックすると、「ゲストブック」のコメント欄が表示されあす。

そのコメント欄に文章を書き込んだ後、右側にある【□内緒】の□に
チェックを入れて、投稿をクリックしてください。

内緒にチェックを入れると、書き込んだ方とブログの所有者しか読むことができないシステムになっています。

ですから、住所や氏名、電話番号などの個人情報を書き込んでも、第3者に知られることがないという便利な機能なのです。

ハシバミをお送りするには、住所、氏名、電話番号の3つは最低限必要ですね。

これまでも、全国各地5名の方にハシバミをお送りしています。
北は北海道、南は福岡県のブロ友に送っています。

hisaさんが6番目になるかもしれませんね。

そうそう、西洋ハシバミの品種名を教えていただきありがとうございました。

ハシバミは、全世界にいろいろな種類がありますからね。

No title * by トリトン
> hisaさん、字数オーバーでした。
続きです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まあ、私は国産のハシバミとツノハシバミの2種類で十分です。

セイヨウハシバミを利用している外国の食品では、イタリアの高級チョコレート「フェレロ・ロシェ」が有名なところでしょう。

青森県南部というと、南部町、三戸町あたりでしょうか?
そうだとすると、わが町と非常に近いので、車で往来できますね。
来年の秋の合同ハシバミ採集が現実味を帯びてきましたね~。
私がツノハシバミとハシバミの採集体験を実現させたあげますよ。

ハシバミ畑ができたあかつきには、私を招待してくださいね。

さっそく、ゲストブックの内緒コメントに挑戦してみてくださいね。

ご連絡をお待ちしています。

No title * by トリトン
> hisaさん、またまた字数オーバーでした。
第3部となります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そうそう、ゲストブックを開けると、
南こうせつの「夢一夜」のBGMが流れますが、気にしないでください。

ブロ友のNAOさんが、BGM付きのコメントを投稿されたのです。

ブログはいろいろなことができますよ。

この機会に、ブログを開設してみるのも面白いと思いますよ。
ご心配でしたら、私が指南してさしあげても結構ですよ。


長くなってしまいました。

それでは、今日はこの辺で・・・。

No title * by hisa
こんにちは。
ゲストブック内の投稿欄を確認してみましたが、やはり私の環境では、右側にある【□内緒】というのが表示されていません。そもそもチェック欄がない感じです。
環境によるのかどうかは不明ですが、他の端末から見るなど試してみたいと思います。

No title * by トリトン
> hisaさん、こんばんは。

そうでしたか?
となると、ゲストブックの右側に【□内緒】と表示されるのは、
ブログを開設している方だけなのかもしれません。

これまで、ハシバミを送った方は、全員ブロガーでした。

ですから、ブログを所有していないhisaさんには、表示されない
のかもしれません。

そうなると、電話でやり年した方がいいですね。

こうしてみては、いかがでしょうか?

明日の午前10時に、10分間だけ、私の電話番号をこのコメント欄に表示します。

10:10になったら消去します。

その後、、私の家の電話番号に電話をかけていただくというのは
いかがでしょうか?

そうすれば、そちらの個人情報は守られることになりますね。

10時が都合悪い場合は、都合がいい時刻を教えてください。

返信をお待ちしております。

No title * by トリトン
> hisaさん、こんにちは。

今日23日に、ブログを見ることができますか?

連絡先を10分間表示する時刻を決定したいと思います。

ご返信をお待ちしております。

No title * by トリトン
> hisaさん、了解です。

メルアドをメモしましたので、こちらの方で削除させていただきます。

メールという手がありましたね。

うっかりしておりました。

これで連絡は随時とれることになりましたね。

ありがとうございました。

No title * by トリトン
hisaさん、メールを送信いたしましたよ~。

ご覧くださいな。

Comment-close▲

Comment







非公開コメント

No title

こんにちは!ハシバミに関心があって調べていたら、こちらにたどり着きました。現在、自宅(青森市)でセイヨウハシバミ7種類をポット栽培しています。日本に自生するハシバミ属にも関心があり、ハシバミとツノハシバミも栽培してみたいと思っていました!
2016-12-20-09:39 hisa [ 返信 * 編集 ]

No title

> hisaさん,こんばんは。

【ハシバミに関心があって】 なんて、素敵な文言でしょう?

私、ハシバミの採集が専門です!!

出会うべくして、出会ったようですね、私達。

今年採集したハシバミ2種類(ツノハシバミ&ハシバミ)の堅果を
お送りいたしましょう!

ゲストブックの内緒の□にチェックを入れて、送り先をお知らせ
くださいな。

青森であれば、岩手県北部のわが町まで、新幹線でお出でいただけますね。

ご希望でしたら、日本のハシバミ採集を体験させてあげることができますよ、来年の秋に・・・。

ハシバミについては国内屈指の詳しいブログだと自負しております。

そちらの西洋ハシバミ7種類の品種を伺いたいものです。

今後ともハシバミ談義をいたしましょう。

一度、お会いしたいものですね。

アケビハンター&ハシバミハンターの私ですので、雑木林での
採集探検をお勧めいたしますね。

ご訪問&コメント、ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。
2016-12-20-19:23 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

お返事ありがとうございます。
また、ハシバミ2種をご提供くださるとのお申し出、誠にありがとうございます。
ただ、恥ずかしながら、ゲストブックのないしょの口というのがよく分からず、住所はお知らせできていません。
セイヨウハシバミでは実生苗の作成にも取り組んでいますので、是非ともハシバミ2種でも試して見たいと思いながら拝読しておりました。
栽培に取り組んでいるセイヨウハシバミは、Kentish Cob, Hallesche Riesennuss, Webb's Prize Cob, Fertile de Nottingham, Filbert, Red Filbert, Common Hazelになります。セイヨウハシバミは数え切れないほどの品種があるのできりがないので、今はこの辺まででとどめています。2年前に苗を購入してポットで根域制限をかけながら栽培し、今秋、早くも初収穫となりました。今は、収穫した堅果を発芽させて苗を作成しています。将来的に、青森県南の実家周辺で、ハシバミ畑を作りたいと目論んでいます。
2016-12-21-15:41 hisa [ 返信 * 編集 ]

No title

> hisaさん、こんばんは。

「ゲストブック」というのは、ブログの左側の欄にある「最近の記事一覧」
の上にある部分です。
そこをクリックすると、「ゲストブック」のコメント欄が表示されあす。

そのコメント欄に文章を書き込んだ後、右側にある【□内緒】の□に
チェックを入れて、投稿をクリックしてください。

内緒にチェックを入れると、書き込んだ方とブログの所有者しか読むことができないシステムになっています。

ですから、住所や氏名、電話番号などの個人情報を書き込んでも、第3者に知られることがないという便利な機能なのです。

ハシバミをお送りするには、住所、氏名、電話番号の3つは最低限必要ですね。

これまでも、全国各地5名の方にハシバミをお送りしています。
北は北海道、南は福岡県のブロ友に送っています。

hisaさんが6番目になるかもしれませんね。

そうそう、西洋ハシバミの品種名を教えていただきありがとうございました。

ハシバミは、全世界にいろいろな種類がありますからね。
2016-12-21-21:31 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

> hisaさん、字数オーバーでした。
続きです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まあ、私は国産のハシバミとツノハシバミの2種類で十分です。

セイヨウハシバミを利用している外国の食品では、イタリアの高級チョコレート「フェレロ・ロシェ」が有名なところでしょう。

青森県南部というと、南部町、三戸町あたりでしょうか?
そうだとすると、わが町と非常に近いので、車で往来できますね。
来年の秋の合同ハシバミ採集が現実味を帯びてきましたね~。
私がツノハシバミとハシバミの採集体験を実現させたあげますよ。

ハシバミ畑ができたあかつきには、私を招待してくださいね。

さっそく、ゲストブックの内緒コメントに挑戦してみてくださいね。

ご連絡をお待ちしています。
2016-12-21-21:32 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

> hisaさん、またまた字数オーバーでした。
第3部となります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そうそう、ゲストブックを開けると、
南こうせつの「夢一夜」のBGMが流れますが、気にしないでください。

ブロ友のNAOさんが、BGM付きのコメントを投稿されたのです。

ブログはいろいろなことができますよ。

この機会に、ブログを開設してみるのも面白いと思いますよ。
ご心配でしたら、私が指南してさしあげても結構ですよ。


長くなってしまいました。

それでは、今日はこの辺で・・・。
2016-12-21-21:34 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

こんにちは。
ゲストブック内の投稿欄を確認してみましたが、やはり私の環境では、右側にある【□内緒】というのが表示されていません。そもそもチェック欄がない感じです。
環境によるのかどうかは不明ですが、他の端末から見るなど試してみたいと思います。
2016-12-22-11:55 hisa [ 返信 * 編集 ]

No title

> hisaさん、こんばんは。

そうでしたか?
となると、ゲストブックの右側に【□内緒】と表示されるのは、
ブログを開設している方だけなのかもしれません。

これまで、ハシバミを送った方は、全員ブロガーでした。

ですから、ブログを所有していないhisaさんには、表示されない
のかもしれません。

そうなると、電話でやり年した方がいいですね。

こうしてみては、いかがでしょうか?

明日の午前10時に、10分間だけ、私の電話番号をこのコメント欄に表示します。

10:10になったら消去します。

その後、、私の家の電話番号に電話をかけていただくというのは
いかがでしょうか?

そうすれば、そちらの個人情報は守られることになりますね。

10時が都合悪い場合は、都合がいい時刻を教えてください。

返信をお待ちしております。
2016-12-22-19:17 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

> hisaさん、こんにちは。

今日23日に、ブログを見ることができますか?

連絡先を10分間表示する時刻を決定したいと思います。

ご返信をお待ちしております。
2016-12-23-10:22 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

> hisaさん、了解です。

メルアドをメモしましたので、こちらの方で削除させていただきます。

メールという手がありましたね。

うっかりしておりました。

これで連絡は随時とれることになりましたね。

ありがとうございました。
2016-12-23-14:59 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

hisaさん、メールを送信いたしましたよ~。

ご覧くださいな。
2016-12-23-15:35 トリトン [ 返信 * 編集 ]