FC2ブログ

トリトンのブログ【 水平線の彼方へ 2 】  

ご訪問ありがとうございます。好きなことは、将棋、写真、自然散策、音楽鑑賞、ハシバミ・アケビ・サルナシなどの天然の木の実の採集です。 

Top Page › 日記 › これがスコップ?
2014-03-02 (Sun) 21:52

これがスコップ?

 
今日が3月2日。
明日は、3月3日桃の節句です。
 
 
ウクライナ情勢が緊迫しています。
もうすぐ、ソチパラリンピックが始まるというのに
予断を許さない状況です。
 
武力衝突に発展する可能性が高まっています。
プーチンの大国ロシアの大統領としてのプライドが
衝突回避の動きを阻害しています。
 
オバマ大統領の電話も、EU諸国の懸念も、プーチンには伝わらないかもしれません。
 
このままじゃ、非常にまずいことになりかねません。
 
ロシア軍がクリミア半島から即時撤退することが一番いいのですが、プーチンのプライドがそれを許すでしょうか?
 
国連安全保障理事会も、5大常任理事国の拒否権が非常にネックになっている。
 
事実、シリア紛争も、ロシアの反対で死者の増加を止められないでいる。
 
いっそ、常任理事国の≪拒否権≫など失くしてしまえばいいのだ。
 
戦争を止められない安全保障理事会なんて、意味がない!!
 
プーチン&ロシアは、猛省し、即時撤退すべきだ!!
 
ウクライナ情勢が泥沼の紛争に発展しないことを切に願う!!
 


 
 
2月16日の大雪から2週間。
 
1m超あった雪も、3分の2に減った。
道路の雪が融け、アスファルトが露出しているのは嬉しい。通勤が楽になるからだ。
 
2週間前の雪かき三昧がまるで嘘のよう・・・。
 
 
 
ところが、あの大雪のニュースで、解せないリポートがあった。
 
某民間のニュース番組で、レポーターが次の写真の道具を「スコップ」と呼んでいたのだ。
 
 
 
 

 
 
 
 
これがスコップ?
 
ちょっとおかしいんじゃないの!?
 
スコップは、主に土を掘るときに使うもの。
鉄製で、丸スコップと角スコップがある。
中には、雪かき用の軽量のアルミスコップもある。
(当然、わが家にもアルミスコップがあります)
 
 
ふつうは、「スノープッシャー」あるいは「スノーラッセル」と呼ぶのではないか。
 
スコップでは、ないでしょう?
 
あのレポーターは、雪かき経験がなく、上の道具の名称を知らなかったのだろうか?
 
どうも、そのときのレポート以来、「?」が頭から離れなくて、もやもやしている。
 
それだけ、レポーターですら、積雪に慣れていないということなのか?
 
それとも、写真の雪かきの用具を「スコップ」と呼ぶ地域があるのだろうか?
 
どうか、ご意見をお寄せいただきたい。
 
 
 
さあ、年度末3月に突入しました。
 
別れ&旅立ちの季節ですね。
 
健康に気をつけてお過ごしくださいませ。
 
 
関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-10

No title * by noppo
こちらでも売られていますが、さすがにスノーダンプはありません。

No title * by リカ
ようやく桃の節句ですね(~_~)。
この道具はスコップではありませんね!
スノープッシャーが解りやすいと思いますが!
知らなければ「ブルトーザーの様な道具で雪またじをしています」
と言ってほしい気がします。
この道具は我が家にもありますが重宝しています(~_~)

No title * by トリトン
のっぽさん、こんばんは。

そちらでも売られていますか。
でも、スコップとはいいませんよね。

スノーダンプは、たとえ置いても売れないから置かないのでしょうね。

大学を出ていて、スコップとスノープッシャーの違いが分からないのでは悲しいですよね。

30年に一番の異常気象なのだそうですからね。

では、また。

No title * by トリトン
リカちゃん、こんばんは。

やはり、「スノープッシャー」でしょうかね。
≪スコップ≫はないでしょう!!

ニュースレポーターがこの程度じゃ困りますよね。
がっかりしました。

桃の節句を過ぎましたが、連日ー10度以下の最低紺を記録しています。

どうなっているのでしょう?

今日は、一日に2回も≪ヒヤリハット≫があって散々でした。

よくもまあ、交通事故にならなかったものだと感心しています。
どちらも事故になっていてもおかしくなかった・・・。

「ケース1」雪道の直線道路を60代の男性が急に横切った。
前の車が急ブレーキ。 続いて私も急ブレーキ。
車は、アイススケート状態・・・。
何とか追突は避けられたが、あと1,2秒ブレーキを踏むのが遅かったらぶつかっていた。

「ケース2」見通しの悪いカーブのT字路で、安全確認を十分せずに
発信しようとする50代の男性運転の軽トラ。これまたクラクションを鳴らして急ブレーキ。

どうなってるの? 厄日な一日でした。

こんなに簡単に「ヒヤリハット」に遭遇するなんて、堪らない!!

しんどい

Comment-close▲

Comment







非公開コメント

No title

こちらでも売られていますが、さすがにスノーダンプはありません。
2014-03-03-06:34 noppo [ 返信 * 編集 ]

No title

ようやく桃の節句ですね(~_~)。
この道具はスコップではありませんね!
スノープッシャーが解りやすいと思いますが!
知らなければ「ブルトーザーの様な道具で雪またじをしています」
と言ってほしい気がします。
この道具は我が家にもありますが重宝しています(~_~)
2014-03-03-23:20 リカ [ 返信 * 編集 ]

No title

のっぽさん、こんばんは。

そちらでも売られていますか。
でも、スコップとはいいませんよね。

スノーダンプは、たとえ置いても売れないから置かないのでしょうね。

大学を出ていて、スコップとスノープッシャーの違いが分からないのでは悲しいですよね。

30年に一番の異常気象なのだそうですからね。

では、また。
2014-03-04-23:41 トリトン [ 返信 * 編集 ]

No title

リカちゃん、こんばんは。

やはり、「スノープッシャー」でしょうかね。
≪スコップ≫はないでしょう!!

ニュースレポーターがこの程度じゃ困りますよね。
がっかりしました。

桃の節句を過ぎましたが、連日ー10度以下の最低紺を記録しています。

どうなっているのでしょう?

今日は、一日に2回も≪ヒヤリハット≫があって散々でした。

よくもまあ、交通事故にならなかったものだと感心しています。
どちらも事故になっていてもおかしくなかった・・・。

「ケース1」雪道の直線道路を60代の男性が急に横切った。
前の車が急ブレーキ。 続いて私も急ブレーキ。
車は、アイススケート状態・・・。
何とか追突は避けられたが、あと1,2秒ブレーキを踏むのが遅かったらぶつかっていた。

「ケース2」見通しの悪いカーブのT字路で、安全確認を十分せずに
発信しようとする50代の男性運転の軽トラ。これまたクラクションを鳴らして急ブレーキ。

どうなってるの? 厄日な一日でした。

こんなに簡単に「ヒヤリハット」に遭遇するなんて、堪らない!!

しんどい
2014-03-04-23:50 トリトン [ 返信 * 編集 ]