FC2ブログ

恐怖の出張ドライブ!!

 
 
1月8日~10日は、2泊3日で花巻へ出張。
 
実際は、9~10日の2日間なのだが、冬の雪道は危険ということで、8日(木)はホテルに前泊することにした。
 
実は、今年は、6日(月)も花巻出張だったため、5日、6日、8日、9日、10日と5日間も花巻に居たことになる。
 
広い岩手では、電車での移動よりも車の移動の方が多いのだ。
 
会場が駅のそばならば、迷わず新幹線で移動するのだが、そうでない場合の方がはるかに多い。
 
そういった意味では、盛岡出張はありがたい。
 
自家用車、高速バス、東北新幹線、IGR(在来線;岩手銀河鉄道)と選択肢が4つになるからだ。
 
今回の会場は、花巻駅や新花巻駅から3~4kmも離れている。
 
2日分の宿泊のたくさんの荷物を持って、バスやタクシーを利用するとなると、大変なのだ。
 
そのほかにも、持参の荷物が多く必要な出張だった。
 
もう選択肢は、自家用車しなくなってします。
 
ところが、岩手は四国4県を合わせたくらいの広さである。
 
私の居住地から出張先まで、片道140kmぐらいある。
 
往復すると、280km。ホテルへの往復も含めると300kmぐらいになる。
 
事実、この3日間の走行距離を合計したら、372kmだった。
 
今日は、1月9日(木)の夕方、私に起きた恐怖の瞬間についてレポートしてみることにする。
 
 
 
 

 (※ 写真と記事は、関係がありません。)
 
 
 
9日の出張を終え、車に付いた雪と氷を払ってから、夕食の予定の某デパートに向かった。
 
道路は凍結してツルツルのスキーとリンク状態だった。
 
そのためいつもより慎重に低速で運転していた。
 
5:25頃、花巻市の二枚橋跨線橋の最高地点付近(分度器で言えば、半円弧の一番高い部分)を通っていた。
 
すると、突然対向車の白いワンボックスカーが滑ってスピン、我々の進行方向の左側の壁に正面からほぼ直角に激突、こちら側を車線と対向車線の3分の1を真横に塞いだ。
 
突然のことで、先行する2台前の車が避けきれず、白いワンバックスカーの左側面に追突(Tの字のようになった。)
 
続いて、1台前の車も急ブレーキをかけたがこれまた追突・・・。
 
私は、ブレーキをかけ、8mぐらい手前で何とかストップ。もう少しで、4台目の事故当事者となっていた。
 
間一髪のセーフ。
 
危ない、危ない・・・。
 
白いワンボックスカーに追突した紺色の車のドライバーは女性。胸を押さえて苦しそう。その彼女の車に追突した後続の白い軽の車の運転手も女性。
 
こちらは怪我はなさそうだ。ただ、事故に巻き込まれて驚いた表情。
 
ワンボックスカーの白いワゴン車のドライバーは男性。運転席側のドアの変形し、脱出に苦労しているようだ。
 
助手席側に乗っていた女性は、急いで車をおりて、「大丈夫ですか?」と胸を押さえて苦しそうにしている女性に声をかけている。
 
女性の怪我の様子が心配だ。
 
ワンボックスカーの男性も怪我をしているらしい。
 
これは、救急車と警察を呼ばなければならない。
 
分度器で言えば、頭頂部での事故のため、ずっと車の渋滞ができてしまった。
 
私は、対向車線側の若者に協力を求め、「私は119番するから、あなたは110番通報してください。」と声をかけ、それぞれ携帯電話で通報した。
 
119番して、事故現場の位置、怪我人の有無、名前等を聞かれ、答えた。そして、消防署員から、救急車が到着するまで事故現場にいてほしい、と依頼された。
 
他のドライバーたちも様子を見に来て、何人かに通行止めになっているから、Uターンした方がよい旨を伝えてもらった。
 
どちら側の車もどんどんUターンして、車の数が少なくなってきた。
 
しかし、私は救急車が到着するまでこの場に残らなければならなかった。
 
路線バスなどは、Uターンできず、バックで引き返していった。
 
しばらくして、「ピーポピーポ」という救急車の警報音が聞こえてきた。
 
やっと、到着。「通報したものです。出張で花巻にきていました。」
 
「事故には関わりありませんね。通報ありがとうございました。お帰りいただいて結構です。」
 
と言われ、ようやく解放された。
 
寒い中(-2~3度)、車外に25分ぐらい立っていたことになる。
 
狭い跨線橋の頭頂部付近を、白いワゴン車にぶつからないように徐行してやっと通り抜けることができた。
 
 
体が冷え切ってしまった。
 
深呼吸しながら、夕食会場の某デパートに向かった。
 
その途中、事故現場に向かうパトカーとワンボックスカーの警察車両とすれ違った。
 
救急車とパトカーは到着がずいぶんちがうことがわかった。
 
本来なら、いち早く現場に到着して、車両通行止めの措置や、当事者からの聞き取り、現場検証等をしなければならないのだろう。
 
それでも、これで精一杯急いだ結果なのだと思った。
 
しかし、わざわざ140kmも離れた花巻まで出張に来て、交通事故に遭ったらたまったものではない。
 
こんなにスリルがある出張などご免だ。
 
正に、恐怖の出張ドライブとなった。
 
夕飯を済ませ、宿泊するホテルに戻ってもまだ心臓の高鳴りが続いているような気がした。
 
北国の雪道運転は、こんなにも怖いのだ。
 
無事に帰ることがまず先決なのだ。
 
岩手に住む私は、こんな生活を毎年繰り返している。
 
花巻まで、春~秋に運転するのは何事もないが、冬は本当に神経を擦り減らしてしまう。
 
事故現場に遭遇して、119番する経験も初だった。
 
1月からこんな調子である。2014年はいったいどんな年になるのだろうか?
 
波乱の幕開けとなった。
 
しかし、考えて見れば、車間距離をとっていて事故に巻き込まれなかったことが不幸中の幸いということにもなる。
 
通報して、後続車にUターンの指示をして、多少なりとも人助けができた。
 
 
 
今こうして、振り返って記事を書いていること自体ラッキーなことだと思う。
 
以上、1月9日のあわや交通事故に巻き込まれそうになった顛末をレポートした。
 
北国のみなさんは、雪道運転に十分注意してほしい。
 
そうでない地域のみなさんは、転倒防止や寒さ対策をしてこの寒さを乗り切ってほしい。
 
 
寒中お見舞い申し上げる。
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

トリトンさん こんばんわぁ

大変でしたねぇ わたしも以前 雨の中大型バイクが
目の前の道路の鉄マンホールでブレーキ スリプしゃはって
転倒 意識が無いようなので 119に連絡
しばらくするとパトカーが先に 連絡者ですか?
免許書を わたし見て連絡したんですがぁ 『とにかく免許書』
若い警察官「いやです!!」と私 押し問答・・・
近くの事故の一部始終を見ていた方が 『その人親切に付き添っていただけで、事故とは無関係でっせぇ』これで解放されると思いきやまだ 若い警察官が付きまとうしぃ そのうち年配の警察官が
若い警察官に「救急協力者に失礼なことヤメロ!!」それでも付きまと若者にウンザリ 年配の警察官がわたしに 「協力ありがとう御座いました感謝します どうぞお帰り下さい」これにて一件落着
それにしても ひどい雨でびしょびしょ

No title

先ず事故に遭われないで良かったですね。
寒い中、おつかれさまでした。
私など、雪が降るときは車の運転はした事が無いです。
思うように運転できないですものね。
怖さがあるので、決して運転は出来ないです。
でもお仕事で、車を使わなくてはならないときは
どうしようもないですね。
トリトンさまが無事でほっとしています。

No title

おはようございます。

大変でしたね。
それでも車間距離で災いから逃れることができましたよ。

No title

京都感考さん、こんにちは。

お互い忘れられない経験になりましたね。
そちらも若い警察官で、ずいぶん失礼なことがおありだったんですね。

しつこく「免許証」の提示を求められたのですね。

警察官にも、態度がでかくて、高慢な輩が結構いますからね。

そちらは、雨でびしょびしょ。
こちら、-3度の世界で25分立ちっぱなし・・・。

当事者でなく、通報者で済んで、不幸中の幸いでした。

北国の冬道ドライブは、交通事故と背中合わせでです。
いつ事故に遭遇しても不思議ではありません。

何せ路面が凍結しているんですからね。

無事に家に帰れたことが最大の喜びです。

新年早々有り難くない危険な出張でした。
岩手に住む私たちは、こんなことは日常茶飯事なのです。

当事者にならずに、一生を終えたいものだなあと思っています。

コメントありがとうございました。

No title

シルクさん、こんにちは。

お気遣いありがとうございます。
車間距離を多めにとっておいたのが幸いしました。
もう少しで事故当事者になっていました。
危ないところでした。

この冬も安全運転で乗り切りたいと思います。

No title

itiさん、こんばんは。

命拾いをしました。
あともう少しで交通事故の当事者となっていました。

車間距離を空けておくことが大切なことを身を以て体験しました。
危機一髪のドライブとなりました。

無事に帰宅できてほっとしています。
帰りの140kmも慎重に運転して帰りました。

岩手の冬の出張はありがたくないんですよ。
こんな恐怖のシーンが簡単に出没するんですからね。

絵文字で「救急車」を使ったのはこれが初めてです。

縁が無い生活を送りたいものです。

itiさんもご自愛くださいね。

No title

出張中に大変な思いをしましたね〜
車間距離を取っていたのが、何よりの回避だったと思います。
路面が凍っていたら、どんなに新しいスタットレスでも効きません
やはり車間距離と低速で走るしかないのですが
一番凍結しやすい橋の上での事故は残念です。
私も恐ろしい思いは何度もあります(~_~)

No title

トリトンさん

衝撃の花巻レポートですね。
正月早々大変な目に遭いましたね。
トリトンさんの恐怖が伝わってきました。
最後まで現場を離れず残っていたのはご立派です。
車を運転するといつ何があるかわからないですね。

私は10数年前、横浜と栃木の会社を東北道の高速で
週末往復することを続けました。
ある日、川口IC料金所の手前で渋滞し大型トラックが
急停車しました。
50、60メートル後を走っていた私も急ブレーキして
間一髪追突を免れました。
そのトラックは横向きになって3車線を塞ぎましたが、
奇跡的に追突なしでした。
あの時、車間距離をとっていたお陰で助かりました。

北国の冬の運転は雪と道路の凍結があり気が抜けないですね。
生々しい経験をレポートしていただて、
ありがとうございました。

No title

ぶな太さん、こんばんは。

本当に新年早々ひどい目に遭いました。
怖かったですね~。
危機一髪でした。
冬道の運転は怖いものです。

ぶな太さんも危ない目に遭っていたんですね。
無事で何よりでした。

≫北国の冬の運転は雪と道路の凍結があり気が抜けない

その通りです。

無事に自宅までたどり着いた時にはホッといたしました。

これからも気を引き締めてこの冬を過ごしていきたいと思います。

ところで、将棋の王将戦7番勝負が始まりましたね。
私は、4-2で羽生さんの奪取と見ています。

渡辺竜王、調子を落としていますからね。

2人の戦いを楽しみに見守りたいと思います。

一緒に羽生3冠を応援いたしましょう!

No title

リカちゃん、こんばんは。

何とか無事に帰ってきましたよ。
危ない目に遭いました。

路面凍結、冬道の運転は怖いですね。
お互い北国生活の身、慎重に運転してこの冬を乗り切りましょうね。

No title

トリトンさん,大変な出張でしたね…
心からお疲れ様でした‼

私は運転が苦手なんですが,
運転は本当に大変ですね…
昔,娘と二人でスキーに出かけ
滑ってびっくりしたことを思い出しました。


日々の通勤も70キロくらいなので
気をつけねば…

目の前で追突されて
軽自動車が半分くらいの大きさになったことも
思い出しました!

どうぞくれぐれもお気をつけて…
冬中のご無事を祈っています。

No title

akiさん、こんにちは。

恐怖のドライブでした。
しかも、出張先の夕方です。
知らない土地での運転は、神経が擦り減りますよね。
できれば、あの事故現場はもう通りたくないですね。

私もスキーに出かけて180度スピンした経験がありますよ。
雪つぼにはまってしまい、近くの家の人に助けてもらって車を
雪から出しました。
もし、氷だったら、車が凹んでいましたね。
柔らかい雪でラッキーでした。

と言っても、今でも毎年スキーに出かけていますけどね。

日々70kmの通勤となると大変ですね。
(ところで、職場の市町村はどちらですか?ゲストブックに内緒で
お知らせいただければ・・・)
私は、今は20kmぐらいです。

軽自動車が半分になったら、中の人たちはどうなったんですか?
重症ですよね。 怖い怖い!

そちらも冬道を安全に運転なさってくださいね。
お互い無事でこの冬を乗り切りましょう!

No title

雪道は恐いです。
というわけで、ここのところ私、遠乗り避けています。

出張でマイカー使用は、私が勤務していた会社では厳禁でしたよ。

No title

そうなんです。

雪道は怖いんです。

K町は、岩手県でも3,4番目に寒い土地です。
1位=藪川
2位=区界
3位=奥中山、K町、岩手松尾

こんな感じですね。

八戸市は、雪が少なくてまだいいですよ。

こっちだって、できれば雪道を出張で運転なんかしたくないのですが
止むを得ないのですよ。

アクセスが悪い場所では、どうしても車になってしまうんですよね。

ですから、慎重に運転して、事故に遭わないように必死なんです。

北国生活の宿命ですね。
非公開コメント

プロフィール

iqm90jqjpdmz

Author:iqm90jqjpdmz
将棋、自然、音楽、写真が好きです。

将棋は、羽生9段、藤井7段のファンです。

初夏にはサクランボ狩り、秋にはブドウ狩りに出かけています。

また、秋には、雑木林を散策してハシバミ、アケビ、サルナシなどの
天然の木の実を採集をしています。

音楽は、80年代の洋楽を聴くことが多いですね。
好きなアーティストは、TOTO,Journey,Foreigner,KANSAS,Eagles,
Styx,Earth,Wind&Fire,M.Jackson,Madonna,Starship,SADE,
Kool&The Gang,Lindsy Starling,Maroon5,...

邦楽では、小田和正、ドリカム、宇多田ヒカル、シングライクトーキング、
久保田利伸、Greeeen、米津玄師です。

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブロとも一覧【画像なし】

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム