FC2ブログ

がんばれ、真央ちゃん!!






真央ちゃんが、SPで70点台の高得点をマークし、金メダル獲得に向けて好発進。

見事な演技でした。 良かったね~、真央ちゃん。

一方、ライバルのキム・ヨナ選手も世界最高記録を更新するなど、絶好調。

明後日の対決が全世界が注目の的となっている。

がんばれ、真央ちゃん。 がんばれ、日本!!





   【五輪フィギュア 真央「滑る前に集中」…ヨナと金争いへ】 (毎日新聞)

バンクーバー冬季五輪フィギュアスケート女子のショートプログラム(SP)が23日、当地のパシフィックコロシアムで行われ、浅田真央選手(19)=中京大=が73.78点で2位、韓国の金妍児(キム・ヨナ)選手(19)が78.50点の歴代女子世界最高得点を出して首位に立った。ジュニア時代から競い合ってきたライバル同士が、前評判通り五輪の金メダルを争うことになった。

 22番滑走の浅田選手が「仮面舞踏会」の曲に乗ってトリプルアクセル(3回転半)を決め、ノーミスで演技を終え、続けて登場したのが金選手だった。「マオのスコアを見たし、観客の反応も聞いて、いい滑りをしたんだと思った。でも、自分はたくさんの経験があるので、マオの演技が私の演技に影響するとは思わなかった」。言葉通り、映画「007」シリーズの音楽に乗り、こちらもミスのない滑りで昨季世界女王の貫禄を示した。

 ともに4年前のトリノ五輪は年齢制限のため出場資格がなかった。初の五輪に浅田選手は「緊張したけど、アップの時からだんだん落ち着いてきて、滑る前は集中できた。滑っている最後の方に、自分が五輪で滑っているという喜びがわいてきた」と、胸の高ぶりを隠さない。一方、金選手は「昨年(の4大陸選手権)もここに来たし、あまり五輪と考えなくて、いつも出る大会のような感覚で滑れた」と平常心を強調した。

 25日のフリーは金選手が21番滑走、浅田選手が22番滑走で、SPとは逆の順番で続けて滑る。2人の差は4.72点で、SP3位のジョアニー・ロシェット(24)=カナダ=も首位と7.14点差で追う。優勝争いはほぼこの3人に絞られた。小差とは言えないものの、十分逆転可能な位置につけた浅田選手は「やっと金妍児選手にSPで近づけた気がします。いつも10点(くらい)離されるので、それに比べればうれしい」。金選手は「半分終わった。いい演技を後半(フリーで)もできたらいいと思う」と淡々と語った。




   
  【見せつけた女王の自信=金妍児、SP世界最高を更新〔五輪・フィギュア〕】(時事通信) 2/24

 ジェームズ・ボンドの映画「007」はもう金妍児の音楽といっていい。腕を頭上で組み、体をくねらせるポーズを解いて滑り出すと、それまでの硬かった表情が別人のようになった。ジャンプはスピードがあり高い。自身のSP世界歴代最高点を2点以上更新する78.50点を出した。
 昨季世界選手権を世界歴代最高点で制し、今季も滑り出しは順調だった。初戦のフランス杯を圧勝。スケートアメリカではSPで自己記録を塗りかえたが、フリーで入れた3回転フリップで転倒した。GPファイナルのSPでもフリップが抜けて1回転に。少し雲行きが怪しくなっていた。
 SP当日の早朝練習でも激しく転び、不安はあった。技術面より重圧なのか。それでも、オーサー・コーチは「五輪は地球上のどんな大会とも違う。それに向けて準備してきた」と心配していなかった。
 目の前でライバルの浅田がトリプルアクセルを着氷して高得点を出したのに、まったく動じなかった。世界女王はわたし−。確固たる自信を、見せつけた。(バンクーバー時事)

 金妍児(キム・ヨナ)


   【フィギュア・談話〔五輪・フィギュア〕】(時事通信) 2/24

◇落ち着いてできた
 浅田真央 良かったと思う。とりあえずほっとした。練習してきたので、あとは自分を信じてやるだけと思っていた。しっかり落ち着いてできたと思う。(フリーでやるべきことは)しっかり落ち着いてやることだと思う。

◇練習したこと出せた
 金妍児(韓国) 練習でやってきたことを五輪でしっかり出せた。幸せ。五輪に向けて最高の演技ができると思っていた。

◇まずまずだと思う
 鈴木明子 (冒頭の)ジャンプのミスは仕方ないと思って、何とかリカバリーしようと思った。今季ベストの得点が出たので、まずまずだったと思う。(後半の)ステップの時には、ここで滑っている幸せを感じた。全部ミスなくできたときと情熱の差は出てしまうけど、自分の出せるものは出せたと思う。

◇回転不足で残念
 安藤美姫 ジャンプが回転不足だったのがすごく残念。(連続3回転は)こっちに入ってからやるつもりでいた。自分らしく練習してきたことを発揮することを考えた。今季1回も入っていないのでとにかくやりたかった。結構リラックスして滑れた。プログラム自体は良かったと思う。(フリーは)自分のできるかぎりのパフォーマンスをしたい。



     【 浅田真央 】さんのプロフィール

本名  浅田 真央(あさだ・まお)

生年月日   1990(平成2)年9月25日

出身地   愛知県 名古屋市

現職   フィギュアスケート選手

所属   中京大学スケート部フィギュアスケート部門

 愛知中京大中京高から2009年4月に中京大に進学。5歳でフィギュアスケートを始め、伊藤みどりを育てた山田満知子コーチの指導を受ける。ジュニアデビューした2004〜2005年シーズンには、世界ジュニアで大会史上初のトリプルアクセルを決めて優勝した。

 2005〜2006年シーズンに、15歳で出場したグランプリファイナルで初出場初優勝。国際的にも注目を集める中、2006年トリノ五輪は、2005年7月1日の前日までに15歳になっていなかったため、年齢制限による出場資格規定により不出場。2006年12月のNHK杯で世界最高得点199.52点をマークした。08年世界選手権で初優勝した。

 2008年12月のグランプリファイナルの自由演技で、国際大会初となる2度のトリプルアクセル(3回転半)ジャンプを成功させているなど、その高い技術力で世界をリードする。2010年バンクーバー冬季五輪の金メダル有力候補。姉の舞も同じフィギュアスケート選手。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

真央ちゃんよく頑張りましたね!(^^)!
しかし、キムヨナ選手の貫録にはかなわなかったようです。

明日がますます楽しみになってきましたね。

No title

mayaさん、コメントいつもありがとうございます。

真央ちゃん、がんばりましたね。

キム・ヨナさん、強すぎです。

曲選びや、スタッフの差もあるように思います。

========================

もし、よろしければ、「あでやか」の記事もご覧くださいね。

北国の私には、うれしい春の花です。
非公開コメント

プロフィール

iqm90jqjpdmz

Author:iqm90jqjpdmz
将棋、自然、音楽、写真が好きです。

将棋は、羽生9段、藤井7段のファンです。

初夏にはサクランボ狩り、秋にはブドウ狩りに出かけています。

また、秋には、雑木林を散策してハシバミ、アケビ、サルナシなどの
天然の木の実を採集をしています。

音楽は、80年代の洋楽を聴くことが多いですね。
好きなアーティストは、TOTO,Journey,Foreigner,KANSAS,Eagles,
Styx,Earth,Wind&Fire,M.Jackson,Madonna,Starship,SADE,
Kool&The Gang,Lindsy Starling,Maroon5,...

邦楽では、小田和正、ドリカム、宇多田ヒカル、シングライクトーキング、
久保田利伸、Greeeen、米津玄師です。

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブロとも一覧【画像なし】

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム