FC2ブログ

スキージャンプ アマン選手(スイス)2冠、別次元の強さ!!


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。









アマン選手の強さが際立ったオリンピックだった。

これで、彼はジャンプのオリンピックでの金メダルは最多の4個となった。
しかも、すべてのメダルが金メダルだ。

本当に驚くべき≪ジャンプ界の魔法使い≫だ。



≪アマン選手のプロフィール≫

 シモン・アマン(Simon Ammann、1981年6月25日 - )は、スイスのスキージャンプ選手。愛称は「Simi(シミー)」。スイス東部の小村グラブスで、細々と酪農を営む父ハインリッヒ、母マルグリットの間に、5人兄弟の真ん中として生まれる。
 FISワールドカップの1997-1998シーズンにデビュー。1998年に16歳で出場した長野オリンピックは、ノーマルヒル35位、ラージヒル39位だった。
 ソルトレイクシティオリンピック直前の2002年1月11日、ドイツで行われたW杯ビリンゲン大会の公式練習中に、空中でバランスを崩して頭から地面に突っ込んで脳震盪を起こし、むちうちになって首にコルセットをつけるほどの怪我を負った。
 五輪出場が危ぶまれたが、復帰し出場。2月10日に行われたノーマルヒル決勝は、1回目98メートル、2回目98.5メートルとそろえ、優勝候補のアダム・マリシュ(ポーランド)を6点差、スベン・ハンナバルト(ドイツ)を1.5点差でかわす269.0点で、スイスにジャンプ競技初の金メダルをもたらした。2月13日に行われたラージヒル決勝でも、1回目の132.5メートルから2回目にさらに最長不倒の133メートルと伸ばし、合計281.4点で金メダルを獲得。1988年カルガリーオリンピックのマッチ・ニッカネン(フィンランド)以来史上2人目の個人2冠に輝いた。(2月18日に行われた団体では7位に終わり、ニッカネン以来の3冠はならなかった。
 アルペンスキー強国というイメージがあるスイスから突然現れたスターに、国際スキー連盟のジャンプ競技運営責任者ワルター・ホファーは、魔法使いの少年が突然その能力に目覚めるストーリーをアマンに重ね、「スキー界のハリー・ポッターだ」と叫んだ(確かに、眼鏡をかけた彼はハリーによく似ていた)。スポーツ新聞には「魔法のホウキならぬスキー板に乗った」と書かれた。
 2006年のトリノオリンピックはノーマルヒル38位、ラージヒル15位に終わった。2007年シーズンは、ワールドカップでも優勝を含め何度も表彰台に上がっている。2007年ノルディックスキー世界選手権札幌大会では2月24日に大倉山ジャンプ競技場で行われたラージヒル個人で優勝したほか、翌日同所で行われたラージヒル団体でもスイスは表彰台に上れなかったものの彼は2本とも大倉山のヒルサイズ134メートルを越える大ジャンプを披露した。3月3日に行われたノーマルヒル個人でも銀メダルを獲得した。2006年からスイス連邦工科大学チューリッヒ校に通っている。



   =====================================

   
    ≪毎日新聞の記事≫


   【 五輪ジャンプ アマンが2度目の2冠、“新鳥人”誕生 】

≫身長173センチ、体重58キロの小柄なジャンパーが、バンクーバー冬季五輪で20日(日本時間21日)行われたノルディックスキー・ジャンプ個人ラージヒル決勝で伝説の「鳥人」を超えた。1988年カルガリー五輪で個人2冠を達成し、「鳥人」の異名をとったマッチ・ニッカネン(フィンランド)を抜く個人4個目の金メダルを手にしたシモン・アマン(28)。「素晴らしい。すごくうれしい」。2度目の2冠を自ら祝福するように、両手でVサインを作り、満面の笑みで表彰台に上がった。

 他の選手とは異次元にいるとしか思えないジャンプを見せた。試技でアマンが142.5メートルもの大ジャンプを見せたことから、危険を避けるため、本番ではスタート位置が低く設定された。どの選手も助走速度が遅く、飛距離が伸び悩む中、1回目にただ一人140メートルを超える最長不倒の144メートルをマーク。2回目もトップの138メートルで圧勝した。

 20歳で臨んだ02年ソルトレークシティー五輪で、ノーマルヒルとラージヒルを制した。それまではアルペン王国といわれていたスイスから、彗星(すいせい)のように現れた若き王者は、童顔に眼鏡をかけた風ぼうから、人気映画の魔法使いの少年になぞらえてジャンプ界の「ハリー・ポッター」と呼ばれた。

 しかし、その後はスキー板の長さ規定など用具規則の変更に対応が遅れるなどして低迷し、06年トリノ五輪の個人戦ではノーマルヒル38位、ラージヒル15位と惨敗。それでも「ハードな練習が大好き」と、猛練習につぐ猛練習で、小柄な体格を補うためのパワージャンプと技術に磨きをかけ、復活した。

 この日のような条件の時ほど、鍛えてきたことが生きた。助走距離が短くとも、パワーを生かした踏み切りで飛び出し、巧みなスキー操作で素早く安定した空中姿勢に入った。助走スピードや風に頼らず、自分自身の力で大飛躍を生み出したのだ。

 前回2冠を達成したのも、同じ北米大陸での五輪。「北米には魔法がかかっているのかもしれないね。ほかの場所じゃ、僕にこれほど力はくれないよ」。28歳になった「魔法使い」は、いたずらっぽく笑った。

 
    ======================================



4枚目の写真、本当に映画のハリーポッターにそっくりなのをご覧いただけただろうか?


まだ、28歳。彼のジャンプの技術からして、4年後のオリンピックも有力な金メダル候補であることは間違いないのではなかろうか。

ジャンプの申し子、アマン選手!!

世界があなたに驚愕した。

これからも驚異的な完成された見事なジャンプを見せてほしい。



≪参考≫ NHK ミラクルボディー 第2回 ジャンプ 空飛ぶ“魔法使い”

   こちら ⇒ http://www.nhk.or.jp/special/onair/100212.html

私はこの番組を観て、人間の肉体の限界とアマン選手の驚異的なバランス感覚&飛行技術に驚愕しました。金メダルも当然と思ってしまいました。そして、アマン選手の大ファンになりました。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

NHKの番組は見逃してしまいましたが、番組案内を少しだけ見ました。
「身長172㎝の小柄ながら驚異のバランス感覚と風を味方につける飛行技を持ち合わせた選手」
スポーツでも何でもこうでなければならないといった固定観念は捨て、短所を長所に変えたり、長所をさらに延ばすことの大切さを教えてもらったような気がします。

No title

この選手の記事をNHKでみましたが、トレーニング方法が筋力や体力をつけるというよりも並行感覚を体に覚えさせることを優先していることに驚きました。

No title

シモン アマン選手の ファンに なられましたか?
TVの インタビューにも 一生懸命 フランス語で話していましたよ!
さあ これで スイスの ヒーローは テニスのロジャー フェデレー選手
と 並びましたね!って 良かったです。

No title

mayaさん、こんにちは。

レスがおそくなってしまいました。

≫スポーツでも何でもこうでなければならないといった固定観念は捨て、短所を長所に変えたり、長所をさらに延ばすことの大切さを教えてもらったような気がします。

すてきな受け止め方ですね。

いろいろと学ばせてくれる番組でした。

だから、NHKは大好きなんですよね。

学ぶことがたくさんあるんです。

未熟な私も少しずつ成長していかなくっちゃね。

いつもコメントありがとうございます。

No title

kakashi さんもご覧になりましたか?

すばらしい番組でしたよね。

アマン選手の強さの秘密が分かりました。

また、同時に、オーストリアの強さの秘密も分かり、正直かなわないなあ~、と思いました。

国を挙げて、ジャンプ選手の強化をしている国と、日本選手が対等に戦うなんて、練習環境が違いすぎます。

日本はもっと、選手を支援する体制を整えていかなければならないと思います。

葛西選手をはじめ、日本選手たち、本当のよくがんばったと思います。

No title

Atsukoさん、ご訪問&コメントありがとうございます。

実は、8年前からアマン選手には注目していたのですが、この番組を観て、いっそうその思いを強くしました。

注目すべきは、スイスの練習法ですね。

大賛辞を送ります。

スイスの国民的英雄になりましたね。

しかし、金メダルだけ4つ・・・。

すごい。 すご過ぎる。

がんばれ、アマン選手!!
非公開コメント

プロフィール

iqm90jqjpdmz

Author:iqm90jqjpdmz
将棋、自然、音楽、写真が好きです。

将棋は、羽生9段、藤井7段のファンです。

初夏にはサクランボ狩り、秋にはブドウ狩りに出かけています。

また、秋には、雑木林を散策してハシバミ、アケビ、サルナシなどの
天然の木の実を採集をしています。

音楽は、80年代の洋楽を聴くことが多いですね。
好きなアーティストは、TOTO,Journey,Foreigner,KANSAS,Eagles,
Styx,Earth,Wind&Fire,M.Jackson,Madonna,Starship,SADE,
Kool&The Gang,Lindsy Starling,Maroon5,...

邦楽では、小田和正、ドリカム、宇多田ヒカル、シングライクトーキング、
久保田利伸、Greeeen、米津玄師です。

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブロとも一覧【画像なし】

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム