FC2ブログ

フェレロ・ロシェ




またまた今日も休日出勤でした。
やってもやっても仕事が終わらないんです。

これで、17日(日)、21日(木)、23日(土)、24日(日)と続けて休日出勤しています。
労基法違反じゃないですかね~?
どう考えても働き過ぎだなあ~。
完全にブラックですね~。

体がくたくたです。
ずっと休んでいません。
体を壊したらどうしてくれるんだね。
病気になってしまいそうです。

そんな中、送別会が3つあります。
こちらは送る側です。
22日に1つ終わりました。
まだあと2つあります。

正直なところ送別会よりも休養が欲しいですなあ~。
し・ん・ど・い・・・・・。

今、春場所の放送を聴いている(ブログを書いているため)が、千秋楽で大関栃ノ心の大関陥落が決まったようだ。一方、勝った貴景勝は、大関昇格が濃厚となった
ようだ。

厳しい勝負の世界とは言え、何とも複雑な心境になる。
栃ノ心は、好きな力士の一人なので残念だ。

終わってみれば、白鵬の全勝優勝。
強い!!!!!
しかし、千秋楽結びの一番で負傷したようだ。
相撲には怪我がつきもの・・・。
白鵬は記録上は「史上最強の横綱」ということになる。
取り口では、多くの批判も受けてきたのだが・・・。
怪我が早く回復することを祈る。



さて、実はここからが本題です。

仕事の愚痴を溢した前書きの後には、ちょっと相応しくないかもしれませんが、私の大好きなチョコレート、「フェレロ・ロシェ」の特集記事です。



フェレロ ロシェ

上品なチョコレートとクラッシュヘーゼルナッツに包まれた丸いウエハースの中に、厳選されたヘーゼルナッツ1粒と、ココアヘーゼルナッツクリームが入っておいしさ四重奏。サクッした食感と香ばしい味が楽しめる、大人の甘さのチョコレート菓子です。華やかな金色の包装はギフトやパーティにぴったりの逸品です。








このようにヘーゼルナッツが
たっぷり入っています。









16個入り



30個入り

食べるのがたいへんです!!!



8個入り ハート
バレンタイン&ホワイトデーギフトに最適化も。



5個入り



3個入り



9個入り Collection



Raffaello 3個入り


いろんな種類のフェレロ・ロシェを
食べています。

今年初めて、9個入りのCollection
(上の写真参照)を買ってみました。

撮影はしましたがまだ食べていません。

まだ、飾っていますよ。(笑)

フォレロ・ロシェが好きな理由は
美味しいだけでなく
私の大好きな、そして、採集が趣味である
ヘーゼルナッツを原料に使用しているからです。

私、「ヘーゼルナッツ大好き人間」なのです。

日本に自生している種類は、
「はしばみ」
と言います。

へーゼルナッツの邦名は、
「西洋はしばみ」
です。

私の趣味は、「はしばみ採集」なのです。

はしばみの素晴らしさを知ってもらう
啓発活動もしています。

どうぞ、みなさん、

チョコレートの「フェレロ・ロシェ」
国産「はしばみ」を
よろしくお願いいたします。

※詳しくは、書庫の「はしばみ」参照




【 兄弟ブログの紹介 】
 
(10年5か月、記事数約2100のブログ。
ヤフージオログからの引っ越しブログ。
その後、随時更新しています。)
 
(26年5月3日開設の自然の恵み専用ブログ) 


スポンサーサイト



スターウォーズのチョコレート!!




今日も休日出勤。

しんどいなあ~。

ブラックだなあ~。

やれやれです・・・・。


今日は、何回も雪が降りました。

積雪3cmです。
せっかく仕舞った雪かき道具と車の除雪用のスクレイパーを倉庫から出しました。

雪がフロントグラスを覆っていては車の運転ができま
せんからね。

これで4回目の雪かき道具のカムバックです。
やれやれ・・・・・。

今夜は、フィギュアの世界選手権男子フリー。

私の予想では、

優勝・・・ネイソン・チェン(米)
2位・・・羽生結弦

です。
宇野は、5位ぐらいでしょうか?

放送時間の関係で、午後9時10分ごろには確定する
ことでしょう。

羽生選手のベストを出しても、チェン選手との差は
埋まらないでしょう。

さて、どうなることでしょう。



どうしたものか、疲れているときほど、「動物の赤ちゃん」や「花」、「美味しい物」の記事を書きたくなる。
今日もそんな夕べだ。

その前に、今日の素敵なニュースを1つ。

被災地縦断の三陸鉄道リアス線開通
沿線は祝賀ムード

≫2019年3月23日 19時44分  NHK ニュース Webより

東日本大震災の被災地、岩手県の沿岸部を縦断する新たな路線、三陸鉄道リアス線が23日、開通しました。震災から8年ぶりに鉄道が再開された宮古ー釜石間では記念列車が運行され、沿線は祝賀ムードに包まれました。

三陸鉄道リアス線は岩手県の北部と南部の2つの路線にJRから移管された路線をはさむ形でつないで沿岸部を縦断する新しい路線で、全長163キロは第三セクターの鉄道としては全国最長となります。

このうち宮古ー釜石間は、震災後、8年ぶりとなる鉄道の再開で、23日は4本の記念列車が運行され、沿線は祝賀ムードに包まれました。

記念列車に乗った釜石市の60代の女性は「車窓からの景色で少しずつ復興が進んでいると感じました。高齢化が進む中、鉄道は絶対に必要なので、たくさん利用していきたい」と話していました。

また、三陸鉄道の本社がある宮古市では記念式典が行われ、中村一郎社長が「人と人をつなぎ、地域と地域をつないで頑張りたい」と述べました。

さらにNHKの連続テレビ小説「あまちゃん」に主演した女優の、のんさんが特別ゲストとして登場し「三陸鉄道には深い思い入れがあるので、とても感動しています。これからも復興が力強く進んでほしい」とあいさつしました。

三陸鉄道リアス線は地域住民に欠かせない交通手段としてだけでなく被災地の復興の後押しになると期待されている一方、沿線自治体の人口減少などから三陸鉄道は厳しい経営が続いていて、効果的な経営戦略を打ち出せるかが大きな課題となっています。

三陸鉄道リアス線は24日の始発から通常運行が行われます。

大槌駅「ひょっこりひょうたん島」合唱で歓迎

岩手県大槌町の大槌駅では、住民たちが地元にゆかりのある人形劇、「ひょっこりひょうたん島」のテーマソングを歌って記念列車を出迎えました。

大槌町は近くの湾に「ひょっこりひょうたん島」のモデルとされる蓬莱島があり、震災の津波で全壊し再建された大槌駅の屋根も島の形がデザインされています。

23日は記念列車の到着を前に大槌駅で記念の式典が開かれ、主要キャラクターの「ドン・ガバチョ」の人形が披露されました。

そして正午すぎ、記念列車が駅に近づいてくると「ひょっこりひょうたん島」のテーマソングの演奏が始まり、集まった人全員が一緒に歌って出迎えました。

震災の津波で自宅が全壊し大槌町の災害公営住宅で暮らす77歳の女性は「歴史的な瞬間に立ち会えてよかったです。これから列車で旅行に行けるのが楽しみです」と話していました。

また、大槌町の中学1年の女子生徒は「リアス線が開通してうれしい。高校生になったときに列車で通学するのが楽しみです」と話していました。

鵜住居駅では大漁旗で出迎え

23日に開通した三陸鉄道リアス線の停車駅の1つ、岩手県釜石市の鵜住居駅では、震災で被災した旅館のおかみが大漁旗を振って記念列車を出迎えました。

釜石市にある旅館のおかみ、岩崎昭子さんは、震災の津波で旅館が被害を受け、従業員4人を失いました。

鵜住居駅も震災後に再建された駅で、記念列車が正午前に到着すると、岩崎さんは大漁旗を大きく振って出迎えていました。

岩崎さんは「リアス線に乗って復興の様子と美しい海と山の風景を楽しんでもらいたい。たくさんの人に訪れてもらえるよう、住民も取り組んでいきたい」と話していました。

沿線住民が歌でエール

岩手県宮古市で開かれたリアス線の開通を祝う記念式典では、沿線に住む人たちおよそ60人が久慈市の詩人が作詩したオリジナル曲を合唱し、エールを贈りました。

この曲は、久慈市の詩人、宇部京子さんが作詞を手がけた「走れ!三陸鉄道」です。

歌詞は「じょっぱれけっぱれくじけるな僕らの町の三陸鉄道」など、頑張れという意味の方言も交えながら、風や雪といった厳しい自然の中を走るリアス線へのエールが込められています。

作詞した宇部さんは「リアス線が開通して感激しています。これから苦しいことや難しいこともあると思うがどこまでも頑張って、希望の星であってほしい」と話していました。

災害公営住宅の住民も出迎え

岩手県山田町の陸中山田駅では、沿線の災害公営住宅で暮らす人たちが、大漁旗を飾って記念列車を出迎えました。

災害公営住宅には、およそ20枚の大漁旗が並ぶように掲げられていて、記念列車が駅に近づいてくると、住民たちが外に出て手を振るなどして出迎えました。

そして、列車がすぐそばの線路を通過すると、乗客が車内から手を振ったり、運転士が汽笛を鳴らしたりして歓迎に応えていました。

震災の津波で夫を亡くした81歳の女性は「主人と2人で乗りたかった。それでも、とてもうれしいです」と話していました。

災害公営住宅の自治会長の小成孝也さん(56)は「これから通勤で使うので楽しみです。町が復興していく様子を車窓から眺めたい」と話していました。




私も岩手県民の一人。復興応援のためにも「リアス線」を北から南まで全部乗ってみたいと思っている。

さて、本題に移るとしよう。

今日の記事は、これ。





スターウォーズのファンでもあります。

3種類集めましたよ。

一番可愛らしいのは、向かって左でしょうか?

疲れたときは、甘い物が食べたくなりますね。

今日は、スターウォーズチョコの特集でした。

Have a nice weekend . 



【 兄弟ブログの紹介 】
 
(10年5か月、記事数約2100のブログ。
ヤフージオログからの引っ越しブログ。
その後、随時更新しています。)
 
(26年5月3日開設の自然の恵み専用ブログ) 


今日の気分は、‘You Can Do Magic’



さいたまスーパーアリーナで行われているフィギュアの世界選手権をTVで観た。

昨日は女子のSP、今日は男子のSP。
(※SP=ショート・プログラム)

女房殿は【羽生結弦】選手のファン。
私は、紀平選手を応援している。

2人ともSPを失敗しているのでフリーでの逆転優勝は
難しい情勢だ。

どこまで1位に肉薄できるか注目だ。
日本勢で一番メダル圏内なのは、女子SPで2位につけるいる坂本花織選手だ。

明日は女子フリー。 明後日は男子フリーとなっている。

がんばれ、日本選手!!




さて、本題に入るとしよう。

忙しいとき、疲れているときほど、アップテンポの洋楽が聴きたくなる。

というわけで、今日の1曲はこれだ。

America - You Can Do Magic



もちろん、America - A horse with no name
America - Sister golden hair  も大好きだ。

今回は、 You Can Do Magic 1本で行こうと思う。














音楽はいつも私に潤いと元気を与えてくれる。

現在、わが町には【強風注意報】が発表されている。
不気味な唸り声のような風の音だ。
10m前後の強風が吹いているようだ。
明日も風の強い一日となりそうだ。
注意しなくては・・・。

 Good night.



第68回NHK杯TV将棋トーナメントを振り返る




今日は、第68回NHK将棋トーナメントを特集します。

題字↓

トーナメント表 ↓ 

 対局のルール
全局振り駒 持ち時間 各10分(チェスクロック使用)、切れたら一手30秒の秒読み。ほかに1分単位で任意の10分間の考慮時間あり。

 第68回出場資格
本戦シード32名
①前回ベスト4 
②タイトル保持者 
③永世称号呼称者及びB級1組以上
④最近1年間の一般棋戦優勝者
⑤出場女流棋士決定戦による勝者
⑥B級2組以下の総合成績優秀者

予選通過者18名   計50名





【3回戦以降の対戦結果】

 放映日            対局者              回戦

11月25日(日)
谷川浩司九段森内俊之九段3回戦第1局
12月2日(日)山崎隆之NHK杯丸山忠久九段3回戦第2局
12月9日(日)郷田真隆九段横山泰明六段3回戦第3局
12月16日(日)羽生善治竜王菅井竜也七段3回戦第4局
1月6日(日)三枚堂達也六段近藤誠也五段3回戦第5局
1月13日(日)久保利明王将今泉健司四段3回戦第6局
1月20日(日)豊島将之二冠行方尚史八段3回戦第7局
1月27日(日)広瀬章人竜王佐藤天彦名人3回戦第8局
2月3日(日)森内俊之九段三枚堂達也六段準々決勝第1局
2月10日(日)久保利明王将丸山忠久九段準々決勝第2局
2月17日(日)豊島将之二冠羽生善治九段準々決勝第3局
2月24日(日)広瀬章人竜王郷田真隆九段準々決勝第4局
3月3日(日)羽生善治九段丸山忠久九段準決勝第1局
3月10日(日)森内俊之九段郷田真隆九段準決勝第2局
3月17日(日)羽生善治九段郷田真隆九段決勝





羽生善治九段、いまだ健在! 48歳で棋戦優勝記録更新 若手有利の「早指し棋戦」で優勝する若々しさ

3/18(月) 11:11配信
   






 将棋の羽生善治九段(48)が3月17日に放送された第68回NHK杯テレビ将棋トーナメントで郷田真隆九段(48)を下して優勝、同棋戦11回目の優勝とともに、史上最多となる45回目の棋戦優勝を果たした。昨年12月、竜王位を失い、27年ぶりに“無冠”となったことで、衰えを口にする者が増えた中、若手有利と言われる「早指し棋戦」で優勝をしたことで、改めて羽生九段の健在ぶりが際立った。

 将棋界の公式戦は、それぞれの持ち時間が数時間のものと、数十分の「早指し」と呼ばれるものに大別される。8つあるタイトル(竜王・名人・叡王・王位・王座・棋王・王将・棋聖)は、どれもタイトルのかかる番勝負となれば、最短でも各1時間(叡王戦の一部)、最長では各9時間(名人戦)にもなる。一方、タイトル戦ではない公式戦「一般棋戦」は早指しで、最長の朝日杯将棋オープン戦でも、持ち時間は各40分。今回、羽生九段が優勝したNHK杯は、若手棋戦も含めて2番目に短い、持ち時間10分・切れたら1手30秒未満(他に各10分の考慮時間)だ。

 この早指し棋戦、将棋界の間では、瞬時の判断力に勝る若手棋士が有利である、というのが定説だ。デビュー以来、快進撃を続ける藤井聡太七段(16)が連覇したのも朝日杯。その他、デビュー間もない若手が好成績を収めることもある。竜王、名人といったタイトルホルダーが、若手に黒星を喫するという事態も珍しくない。それだけに、羽生九段のNHK杯優勝は11回目の優勝、45回目の棋戦最多優勝、というだけでなく若々しさも感じられる優勝だ。今期においては、ベスト4がすべて羽生九段と同年代の「羽生世代」で占められたということもあり、50代も近づくトップ棋士たちの実力のものすごさが、改めて感じられるところだ。
 今期の羽生九段は、世代交代の大きな流れを象徴するような20代の実力者たちを打ち倒しての優勝を飾った。3回戦では、タイトル経験がある菅井竜也七段(26)、準々決勝では豊島将之二冠(28)に勝利した。特に豊島二冠は今年度、羽生九段から悲願の初タイトルを奪取、さらに二冠にもなり、先日には名人挑戦権獲得も決めた現役最強クラスの棋士。この豊島二冠の勢いを食い止めての栄冠は、さらに優勝の意味を高めたと言ってもいい。

 数々の最多記録を樹立した羽生九段。昨年、惜しくも達成されなかったタイトル通算100期も、十分に達成できる力は持ち続けている。最年長タイトル奪取記録は、大山康晴十五世名人の持つ56歳11カ月。挑戦ならば66歳11カ月。偉大なる先輩の年長記録も、この若々しさを保ち続ければ更新が期待できる。



いかがでしたか?

羽生さんの獲得タイトル100期は
そう遠くないぞ!!

がんばれ、羽生9段!!



おめでとう、羽生9段 & 今日の3枚



昨日3月17日(日)放送の
NHK杯将棋トーナメントで羽生9段が
11回目の優勝!!

めでたいなあ~!!


おめでとう、羽生9段!!



これで平成30年度も棋戦で優勝することができました。

竜王位失冠⇒「無冠に転落」という憂き目をみた彼にとって明るい材料です。

将棋界に衝撃をあたえた出来事でした。

今回のNHK杯優勝は復活の狼煙に
過ぎません。

この調子で、100期目のタイトルを
獲得しちゃいましょう!!

がんばれ、羽生9段!!

応援しています!!!!!



羽生善治九段、いまだ健在! 48歳で棋戦優勝記録更新 若手有利の「早指し棋戦」で優勝する若々しさ

3/18(月) 11:11配信
   


 将棋の羽生善治九段(48)が3月17日に放送された第68回NHK杯テレビ将棋トーナメントで郷田真隆九段(48)を下して優勝、同棋戦11回目の優勝とともに、史上最多となる45回目の棋戦優勝を果たした。昨年12月、竜王位を失い、27年ぶりに“無冠”となったことで、衰えを口にする者が増えた中、若手有利と言われる「早指し棋戦」で優勝をしたことで、改めて羽生九段の健在ぶりが際立った。

 将棋界の公式戦は、それぞれの持ち時間が数時間のものと、数十分の「早指し」と呼ばれるものに大別される。8つあるタイトル(竜王・名人・叡王・王位・王座・棋王・王将・棋聖)は、どれもタイトルのかかる番勝負となれば、最短でも各1時間(叡王戦の一部)、最長では各9時間(名人戦)にもなる。一方、タイトル戦ではない公式戦「一般棋戦」は早指しで、最長の朝日杯将棋オープン戦でも、持ち時間は各40分。今回、羽生九段が優勝したNHK杯は、若手棋戦も含めて2番目に短い、持ち時間10分・切れたら1手30秒未満(他に各10分の考慮時間)だ。

 この早指し棋戦、将棋界の間では、瞬時の判断力に勝る若手棋士が有利である、というのが定説だ。デビュー以来、快進撃を続ける藤井聡太七段(16)が連覇したのも朝日杯。その他、デビュー間もない若手が好成績を収めることもある。竜王、名人といったタイトルホルダーが、若手に黒星を喫するという事態も珍しくない。それだけに、羽生九段のNHK杯優勝は11回目の優勝、45回目の棋戦最多優勝、というだけでなく若々しさも感じられる優勝だ。今期においては、ベスト4がすべて羽生九段と同年代の「羽生世代」で占められたということもあり、50代も近づくトップ棋士たちの実力のものすごさが、改めて感じられるところだ。
 今期の羽生九段は、世代交代の大きな流れを象徴するような20代の実力者たちを打ち倒しての優勝を飾った。3回戦では、タイトル経験がある菅井竜也七段(26)、準々決勝では豊島将之二冠(28)に勝利した。特に豊島二冠は今年度、羽生九段から悲願の初タイトルを奪取、さらに二冠にもなり、先日には名人挑戦権獲得も決めた現役最強クラスの棋士。この豊島二冠の勢いを食い止めての栄冠は、さらに優勝の意味を高めたと言ってもいい。

 数々の最多記録を樹立した羽生九段。昨年、惜しくも達成されなかったタイトル通算100期も、十分に達成できる力は持ち続けている。最年長タイトル奪取記録は、大山康晴十五世名人の持つ56歳11カ月。挑戦ならば66歳11カ月。偉大なる先輩の年長記録も、この若々しさを保ち続ければ更新が期待できる。



もう1本。

羽生九段、平成最後のNHK杯で圧巻のV11!一般棋戦優勝で大山十五世名人抜き単独最多に

3/17(日) 11:38配信


 将棋の羽生善治九段(48)が17日にNHK Eテレで放送された「第68回NHK杯テレビ将棋トーナメント」決勝で郷田真隆九段(48)を破り、7年ぶり11回目の優勝を飾った。

【写真】「指し初め式」で笑顔を見せる羽生善治九段

 平成元年のNHK杯で初優勝したレジェンドが平成最後のNHK杯も制した。自らの持つ最多優勝記録を11回に更新し、一般棋戦の通算優勝回数を45回とし、並んでいた故・大山康晴十五世名人を抜いて歴代単独最多に。無冠転落も味わった18年度の最後に頂点を極め、健在を示した。

 同学年で奨励会入会同期、平成の時代を通じて数々の名勝負を繰り広げてきた盟友・郷田九段との対局前、羽生九段は「せっかくの大舞台なので、張り切って自分らしい将棋を指せるように全力を尽くしたいと思います」と抱負を述べた。振り駒で先手番を握ると、角換わり腰掛け銀の最新流行型の戦いに。▲4三歩の新構想から主導権を握り、勝ち切った。

 羽生は新四段時代の1986年度にNHK杯初登場。18歳当時の88年度には大山康晴、加藤一二三、谷川浩司、中原誠という名人経験者4人を破って初優勝し、棋界に衝撃を与えた。同年度の決勝は平成元年2月だったため、平成最初と平成最後のNHK杯で頂点に立ったことになる。

 羽生九段は通算10回の優勝者に贈られる永世称号「名誉NHK杯選手権者」の唯一の保持者。11回目のNHK杯制覇は、過去に刻んだ栄光の中でも特に難易度の高い記録と言っていい。前年優勝者でも、タイトル戦のように決勝を「防衛戦」として戦えるわけではなく、トーナメント初戦から無敗で勝ち上がっていかなくてはならない。今大会は高野智史四段(25)、菅井竜也七段(26)、豊島将之2冠(28)、丸山忠久九段(48)、郷田九段という各世代の強豪5人を連破した。

 NHK杯は持ち時間各10分と10回の考慮時間各1分で行われる早指し棋戦。「早指しは若手有利」が定説だったが、今大会のベスト4は羽生九段、郷田九段、丸山九段、森内俊之九段(48)。平成を彩ってきた同学年の棋士ばかりで、最強世代の貫禄を示した。

 2018年度は棋聖、竜王を失冠。27年ぶりの無冠に転落した年になったが、年度の最後を優勝で終えた意味は大きく、19年度に再びタイトル通算100期の偉業に臨む上でも大きなステップとなりそうだ。



さて、本題です。

今日は、3月の忙しさから逃げ出したい
と願う 【気分転換】 の記事です。

植物のショットを3枚用意しました。



オドリコソウ
(甘い花蜜が堪りません!)



ウバユリの実
(生け花の花材にもなります)



ハタザオキキョウ
(我が家の庭にあります)



3月17日、庭でオオイヌノフグリを
2輪確認しました。

春が近づいてきましたね~。

福寿草もオオイヌノフグリも
春を感じさせる花です。



【 兄弟ブログの紹介 】
 
(10年5か月、記事数約2100のブログ。
ヤフージオログからの引っ越しブログ。
その後、随時更新しています。)
 
(26年5月3日開設の自然の恵み専用ブログ) 



【将棋】 久保9段、意地を見せる!!




将棋は面白いね~。

私も「将棋指し」だが世の中には強い人が巨万と居る。
実は、小学生に将棋を教えている。

個人的には、アマ3段に勝ったことは数回あるのだが、
4段以上の方には一度も勝ったことがない。

以前、5段の指導棋士の方と指したことがあるが、
もの凄く強くて全く勝てる気がしなかった。

だから、大阪にお住いのブロ友の【銀桂さん】と5局指したら、私が勝てるのは1,2局だけだろう。

いつかA級棋士の方と2枚落ちで指してみたいものだ。
勝てそうな気もするし、歯が立たないのかも知れない。
勝てるんじゃないかなあ~、と思っている。

先日、「将棋フォーカス」で、伊藤かりんが森内9段と2枚落ちで対戦して惜敗した。伊藤かりんは初段の免状を持っている。

自分では、伊藤かりんよりは強いと思っている。
しかし、森内9段や羽生9段、渡辺2冠と2枚落ちで
指したらどうなるのだろうか? と思ってしまうのだ。

幸い、【八戸将棋まつり】(毎年6月の父の日に開催)に深浦9段が毎年参加されておられるらしいので、機会があったら1局ご指南いただきたいものだ。

前回、「八戸将棋まつり」に参加したとき、知人のアマ2段の方が深浦9段と2枚落ちで指して勝利し、深浦9段のサイン入りの扇子をいただいた。
(いいなあ~。私もほしいなあ~。)と思った。

深浦9段に2枚落ちで勝てるだろうか?


実のところ、藤井7段 VS 久保9段 の対戦は、藤井9段の勝利を確信していた。

何せ、「朝日杯2連覇」、そして、対A級棋士との対戦成績7勝3敗の藤井7段が王将位を0-4で渡辺棋王に奪われた久保9段に敗れるとは思っていなかった。
(久保9段ファンの方申し訳ありません。)

かく言う私は、大の羽生9段&藤井7段ファンである。
デビュー当時から、ずっ~と羽生ファンなのだ。

8割以上の将棋ファンが藤井7段の勝利を応援していたと思う。(9割以上かも知れない。)

ところが、現実は違った。

以下に、マイナビニュースの記事を紹介する。

棋界ナンバー1の振り飛車使い久保九段 藤井七段止める ~第90期ヒューリック杯棋聖戦二次予選~

3/13(水) 12:10配信


藤井七段本戦目前の敗戦 & 年度最高勝率に赤信号

第90期ヒューリック杯棋聖戦二次予選決勝の久保利明九段―藤井聡太七段戦が3月11日、関西将棋会館で行われ、久保九段が勝って本戦進出を決めました。本戦はシード棋士8人と二次予選勝ち抜き者8人の16人によるトーナメントで、優勝者が豊島将之棋聖への挑戦権を獲得します。

久保九段はタイトル戦登場14回、棋王3期、王将4期(合計7期)獲得の実績を持ち、竜王戦ランキング戦、順位戦ともに最高クラスの1組、A級に所属する関西の強豪棋士。飛車を元の位置、あるいはその付近で使う「居飛車」が多いプロ棋界の中で、序盤に飛車を左方面へ動かし、飛車のいた方面に玉の城を築く「振り飛車」使いの第一人者で、その華麗な駒使いから「さばきのアーティスト」、また形勢が悪くなっても容易に倒れない強靭な受けからは「粘りのアーティスト」と、相反する2つの異名を持ちます。今期は1月から2月に掛けて行われた第68期王将戦七番勝負で渡辺明棋王(※現在は二冠)に敗れタイトルを明け渡してしまいましたが、この棋聖戦で挑戦権獲得とタイトル復位を狙います。

敗れた藤井七段には本戦入り、最年少タイトル獲得の期待とともに、中原誠十六世名人が持つ年度最高勝率、47勝8敗[0.8545]更新の期待が懸かっていましたが、この敗戦により42勝8敗[0.840]、1位タイまで5戦全勝、単独1位まで6戦全勝が必要な状況となり、今期が終了する3月末まであと半月しかないことを考えるとほぼ不可能となりました。

それでも今期これまでの勝率[0.840]は、年度記録4部門(勝率、勝数、対局数、連勝)を独占した昨年度に挙げた61勝12敗[0.8356]を上回るもので、2年連続の全棋士中1位をほぼ確定的なものとしています。例年、7割台後半から8割ちょうどあたりで決まることが多く、1位が7割を切った例もある年度勝率部門で、2年連続8割を大きく超える数字を残すとは驚きのひと言。やはり「規格外」であることの証明と言えましょう。今回は関西の先輩に貫禄を示された形となりましたが、久保九段の本戦での戦いぶりとともに、敗れた藤井七段の今後の活躍からも目が離せません。


































3五金打ち、で藤井七段の投了となった。
同玉以下は、簡単な三手詰めである。

藤井七段、残念でした。

来期は、B2昇格&初タイトル奪取と行きましょう!!

がんばれ、藤井七段!!





また、別の記事も紹介します。

藤井聡太七段 敗れる 年間最高勝率の記録更新は
絶望的に!!


≫ 3/11(月) 18:06配信 (デイリースポーツ)

  
藤井聡太七段 敗れる 年間最高勝率の記録更新は絶望的に


 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)が11日、大阪市の関西将棋会館で行われた棋聖戦二次予選で、決勝トーナメント進出をかけて久保利明九段(43)と公式戦初対決。タイトル通算7期、順位戦A級に所属する実力者に127手で敗れた。

 藤井七段の今年度の成績は42勝8敗(未放映のテレビ対局を除く)となり、勝率は・840。残りの対局は少ないとみられ、中原誠十六世名人(71)が1967年度に記録した過去最高の8割5分4厘5毛(47勝8敗)を上回ることは絶望的になった。

 対局後、藤井七段は、勝率記録の更新が難しくなった敗戦について「そのことについては自分では意識していないので。それは(これまでと)変わらない。1局、1局、(目の)前の対局に全力を尽くしていければなと思います」とコメント。久保九段は、藤井七段について「非公式戦では(17年12月に)1局、負けてる。トップ棋士と思って準備している」と、強豪であるとの認識を明かした。
 



【 兄弟ブログの紹介 】
 
(10年5か月、記事数約2100のブログ。
ヤフージオログからの引っ越しブログ。
その後、随時更新しています。)
 
(26年5月3日開設の自然の恵み専用ブログ) 


福寿草咲く!! 




9日も10日もいい天気でした。
9日の最高気温は、11.7度。
今日10日の予想最高気温は、13度です。

残っていた雪がどんどん溶けて、地面のほとんどが
顔を出しています。残雪は日陰のごく一部となりました。

春の陽気に誘われて、我が家の福寿草が咲きました。

春と言えば、この頃毎日小田原に住む姉から送られてきた「菜の花」を食べています。酢味噌和えにしたり、
和風ドレッシングをかけたり、バターで炒めたり・・・。

あの苦みが春の味覚ですね~。

苦みと言えば、敷地内の「ふきのとう」を5個収穫しました。夕飯のおかずになりそうです。

女房殿は、「酢味噌和えにしましょうかね~。」と言っていました。

さて、私は、これから休日出勤します。
仕事がなかなか終わらないのです。
この記事を投稿後、職場に向かいます。
日曜日ぐらいゆっくり休みたいのですが、そうもいきま
せん。

暖かい陽射しを浴びて、我が家のふきのとうが綺麗に
咲いていましたので撮影しました。




ハチも花粉を集めに来ていました。
(右側の福寿草の上部付近です。分かりますか?)








撮影 3月10日午後0時40分


福寿草、なかなか賢いです。
紫陽花の茎の下の、雪が早く溶ける場所を確保して
仲間を増やしているようです。

実家からもらってきて移植した3株が、今は40株ほどに増えています。私が生きている間に、どれだけ増えるのか楽しみです。
200株ぐらいに増えてほしいなあ~と思います。

太陽の陽射しを浴びて、福寿草たち嬉しそうでした。

いかがでしたか?

今回は、我が家の庭の福寿草の記事でした。

これから天気は下り坂。
低気圧の襲来で大荒れとなるようです。
明日の岩手県北部の天気は雪となっています。
降水量が30mmぐらいになりそうなので私の予想では20cm以上の大雪になりそうです。

せっかく昨日【雪かき用具】をしまったというのに・・・。
また、雪かき用具を出さなければなりません。

ちょうど、冬と春の鬩ぎ合いですね。

これもまた北国の宿命です。

それでは、これから休日出勤します。

それでは、みなさん。 御機嫌よう。
(美輪明宏風に)



考え直して!ブログ初!拡散希望~~!

おい!
ヤフーさんよ~!何を言うとんねん!
終了させて頂きますやと?
勝手な事を言うな!

こちとら、
あんたんとこで深い絆が出来たりして、
友達がおらんかったり、悩みを吐き出したり、
マジで有難い場所と言うか、絆が出来た場所やねん。

それをやな~、
勝手に終了やと?

あんたら企業?はええわい!
10年・5年・3年。
今年から始めた人もおんねん!
長い短い関係ないねん。
これからよろしくね!言うた、その、たった今始まった関係性はどないしてくれんねん!

他にもブログはあるけど、
正直、ヤフーブログが1番やりやすいねん。

とにかく、
色んな絆が出来たのに、突然の終了はどうなん?

ヤフーブログさんよ~!
もうチョイ考えようや!

うちが言うてる事、間違うてるかな~?




転載元: 明石家おろし

ブラトリトン① 八戸市小中野公民館



インターネットに接続してみたら、2019年12月15日をもって、ヤフーブログのサービス終了のお知らせが載っていた。

「えぇえ~~~~~~~~っ!!!!!!!!!」

何ということだ。先日19万アクセスを通過したのだが、
20万に届くかどうか分からない。

悩むのは以下の点だ。

①ヤフーブログを継続するか、止めるか?
 ⇒もうしばらくは、様子を見ながら続けてみたい。

②「ブログ」を続ける場合、どこのブログに移行するか?
 ⇒リサーチしてから決定したい。当然ながら時期の
 問題が絡んでくる。3月末、6月末、8月末、10月末、
 12月15日、または20万アクセス達成後・・・。
 これからあれこれ悩んでみよう。

 やれやれだが、決定事項なので仕方ないか~。



ブログサービス終了が決定したというのに、新シリーズを開始することにした。実は、ずっと温めてきた企画だ。

「ブラトリトン」シリーズである。

記念すべき第1回は、「八戸市小中野公民館」である。
この公民館の壁画がユニークなのだ。














実は、知人S氏が「左比代(さびしろ)虎舞」の指導者&責任者を務めている。

そのS氏は、八戸市ポータルニュージアム「はっち」で毎年開催されている「はっち市」の実行委員長も務めておられる。

八戸ポータルミュージアム はっち

 公式サイトはこちら ⇒  http://hacchi.jp/

地域の伝承芸能を前面に出している。
この公民館は全出2団体の活動拠点でもあるのだ。

いつか、活動している様子を見学&取材させてもらおうと考えている。

新シリーズ【ブラトリトン】第1回は、八戸市小中野公民館でした。

御機嫌よう!


プロフィール

iqm90jqjpdmz

Author:iqm90jqjpdmz
将棋、自然、音楽、写真が好きです。

将棋は、羽生9段、藤井7段のファンです。

初夏にはサクランボ狩り、秋にはブドウ狩りに出かけています。

また、秋には、雑木林を散策してハシバミ、アケビ、サルナシなどの
天然の木の実を採集をしています。

音楽は、80年代の洋楽を聴くことが多いですね。
好きなアーティストは、TOTO,Journey,Foreigner,KANSAS,Eagles,
Styx,Earth,Wind&Fire,M.Jackson,Madonna,Starship,SADE,
Kool&The Gang,Lindsy Starling,Maroon5,...

邦楽では、小田和正、ドリカム、宇多田ヒカル、シングライクトーキング、
久保田利伸、Greeeen、米津玄師です。

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブロとも一覧【画像なし】

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム