FC2ブログ

こういうの好き!!



帰宅したとき、何だか靴下がねばねばした。

もしや・・・。

やはり、予想通りだった。

靴下の穴が開いていた。

職場では違和感が無かったので、帰宅途中で、銀行のATMと本屋に立ち寄って歩いたときに空いたのかもしれない。

寿命だったのだろう。

「今まで、ありがとう。 さようなら~。」

こうして、帰宅後、靴下とさよならをした。

そして、夕食を食べながら。プレバトの「俳句コーナー」を観た。俳人・夏井いつき氏のコメントが小気味いい。



今晩、将棋のA級順位戦で、10人のTOP棋士が熾烈な戦いを展開している。

【羽生九段、広瀬竜王、豊島二冠、名人挑戦権争い
が佳境に 第77期A級順位戦 8回戦 一斉対局】


≫対戦組み合わせ、対局場は以下の通り。

【東京・将棋会館】

稲葉陽八段 VS 阿久津主税八段
広瀬章人竜王 VS 深浦康市九段
佐藤康光九段 VS 糸谷哲郎八段

【関西将棋会館】

羽生善治九段 VS 豊島将之二冠
久保利明王将 VS 三浦弘行九段

注目は、羽生善治九段 VS 豊島将之二冠。

6勝1敗で、挑戦者争いの先頭を走っている両雄だからだ。しかも、棋聖戦を戦った2人なのだ。


AbemaTVで、視聴可能だ。

どうなるか、注目だ!!

がんばれ、羽生9段!!



さて、本題です。

今回は、居酒屋「いち葉」の店内の装飾の一部です。






















料理が美味しくて、お酒もいろんな種類があって、
こんな客への気配りもある。

いいじゃないか。

ますます好きになってしまう。

二度目のランチもそう遠くなさそうだ。

夜も、お邪魔したいお店である。



【 兄弟ブログの紹介 】
 
(2006年1月10日ハユージオログで開設。
2014年、ヤフージオログからの引っ越し。
記事数約2100のブログ。
その後、随時更新しています。)

 
(2014年5月3日開設の自然の恵み専用ブログ)

スポンサーサイト



【八戸】 居酒屋 「いち葉」のランチ



1月27日(日)の最低気温は、 -12.4度。

この冬一番の寒さ。

堪らないね、この寒さ。



日曜日で助かった~。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

TVは、昨日の大阪なおみ選手の全豪OP初優勝のニュースをこぞって取り上げている。

ニュースの話題独占の勢い。

それだけの大きなニュース、快挙だ!!

彼女は米国と日本の二重国籍。米国テニス協会は、米国籍で出場してもらいたいと思っている。しかし、大阪選手は日本国籍で出場してくれている。

日本人&日本のファンにとっては、とても嬉しいことだ。

【大阪時代】の幕開けだ。 セリーナのように世界ランク1位を長く保ってほしいものだ。

がんばれ、大阪選手!!



大相撲初場所は、関脇玉鷲の初優勝で幕を閉じた。
玉鷲おめでとう!! 努力の人だからね。
15年1日も休まずに、1151回連続出場している。

大天晴れ!! である。

おめでとう、玉鷲関!!




ここからが本題です。

八戸で、美味い店を見つけました。

新湊の 「いち葉」 です。(「いちば」と読みます)
夜は、居酒屋「いち葉」です。
昼は、お得で美味しいランチをやっています。












豚バラ肉豆腐650円 をチョイス



夜はこんな感じなそうです。



夜は居酒屋で、いろいろな種類のお酒をいただけます。











入ったのはランチでしたが、夜にも入りたいお店です。



TVもちょくちょく取材に訪れている人気店なようです。

チャレンジできる大盛りの料理もあるようです。

今回は、八戸市新湊の酒房「いち葉」の紹介でした。
いかがでしたでしょうか?

ご感想をお寄せくださ~い。

八戸市近郊の方で、入店されたことがある方は
情報をお寄せくださいな。

朝市珈琲さん、この記事をご覧いただけましたら、
ご感想をお願いいたしますね。


八戸 蕪島神社へ




大阪なおみ選手、全豪オープン初優勝&
世界ランキング1位確定おめでとう!!

【速報】大坂なおみ 全豪OP初優勝。GS連続制覇で日本人初の世界ランク1位も確定[全豪オープン]

≫「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月14~26日/ハードコート)の大会13日目、女子シングルス決勝で第4シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が第8シードのペトラ・クビトバ(チェコ)と対戦。大坂が7-6(2)、5-7、6-4で勝利し、「全豪オープン」初優勝を飾った。また1月28日付けの世界ランキングで、日本人で初めてシングルス1位に輝くことも決まった。優勝賞金は410万豪ドル(約3億2,000万円)。


全豪オープンは、いいね。

TV視聴に無理がありません。
早朝や夜中じゃないから、助かります。

しかし、大阪選手、すごいですね。
全米に続いて、全豪も制覇です。

もう世界一位になってしまいました。
強くなりましたね~。
安心して観ていられました。




獲得賞金は、3億2000万円ぐらいなそうです。
4大タイトルの優勝賞金はすごいですね。

おめでとう!! 大阪選手!!




さて、本題です。

今朝の最低気温は、-10.5度でした。
一部の気象情報での予想最低気温がー14度でしたので、そこまで冷えなくて良かったです。

夕方、5時台に震度3のやや強い地震があり、ドキリッとしました。震度4か、5に感じました。東日本大震災のときの揺れを思い出しました。津波の心配がないということでホッとしました。

熊本でも、震度5弱の地震がありました。
熊本での地震が震度5超の地震が多いですね。
お見舞い申し上げます。

本日の積雪は、8cm。
午後に雪かきを1回しました。
8cmぐらいじゃ、北国では大したことがありません。
しかし、雪道の運転は要注意です。

今年は例年に比べて雪が少なめです。2月にドバっと降ることにならなければいいなあと思っています。



先日八戸市の蕪島神社までドライブに行って来ました。
目的は、高校入試を控えた姪っ子の御守を購入するためです。

蕪島神社がある「蕪島」は、国の天然記念物に指定されています。


蕪島は、青森県八戸市鮫町にある島である。ウミネコ
繁殖地として、国の天然記念物に指定されている。
また、2013年5月に「三陸復興国立公園」に指定されている。






蕪島神社は、現在、新社殿再建中です。 
現在ここまで進んでいます。

蕪島神社の社殿は、火事で消失してしまったんです。

【ニュース記事より】

2015年11月5日午前4時20分ごろ、青森県八戸市鮫町の蕪島神社で火災があり、木造平屋建ての社殿など約280平方メートルを全焼しました。
 
火はおよそ5時間後に消し止められましたが、拝殿と本殿、それに社務所が入った木造平屋建ての社、合わせて280平方メートルが全焼しました。この火事による怪我人はいませんでした。
 
神社のある蕪島は、ウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定され、太平洋に面した観光地で知られています。けが人はいない。
 
八戸広域消防本部などによると、感知器が作動したと神社の警備会社から通報があった。約5時間後の午前9時15分ごろに鎮火しました。

 
























肝心の御守は、翌日義弟に渡して、撮影し忘れました。

私も女房殿もそれぞれ御守を買って帰りました。

神仏に家内安全、ご利益を祈るは普通のことだと思います。

運に恵まれますように・・・。

神様のご加護がありますように・・・。

もちろん、努力も、精進もいたしますけどね。


爆弾おにぎり



岩手県出身の力士「錦木」が元気です。
5日目に白鵬に敗れましたが、前頭2枚目の地位で、
序盤を4勝1敗です。びっくりな活躍です。
稀勢の里との1番は、引退のため実現せず、「不戦勝」となりました。

「錦木」の活躍を岩手県民が応援しています。

がんばれ、「錦木」!!




テニスの大阪なおみ選手、強いですね。
堂々とした試合運びです。
さすが、全米OPENの覇者です。
風格がありますね。
このまま優勝してほしいですね。

一方の男子の錦織選手は、格下相手にギリギリの勝利です。初戦で負けたかと思いました。男子には、ビッグサーバーが多いので、ランキングが下位でも侮れないといういことでしょうね。かろうじて、勝っている印象です。
直前の大会の優勝がプラスに働いているかどうか・・・。

がんばれ、大阪選手&錦織選手!!



世界が混迷している。
イギリス、どうなっちゃうんでしょう?
「同意なき離脱」となるのでしょうか?

トランプ大統領は、「NATOからも脱退すると述べている。」 いったい彼は何をしたいのか?

私見だが、3年前世界は2つの大きな過ちを犯した。

一つは、イギリスのEU離脱の国民投票の可決。
もう一つは、米大統領選のトランプ氏の勝利。

彼は、世界に分断と破壊と混乱をもたらしている。
短気で感情的で、まるで小学生みたいだ。
(事実、暴露本では「小学生並みの知識しかない」とも述べられているようだ。)
そんな人間が世界最強国のアメリカの大統領職に就いているなんて、信じられない。まるで、冗談の世界だ。

アメリカを筆頭に、世界各地で自国中心主義が台頭し、民族や国民の分断、経済の不安要素の拡大が進み、米中の世界の経済覇権を争う経済戦争が続き、世界は一層、不寛容、分断、混迷の様相を呈してきている。

一番の不安定要素は、「トランプ大統領」だ。

何とかならないだろうか。トランプ大統領の施策に起因する世界同時不況=世界恐慌が起こるのではないかと心配している。

私は経済学者ではないけど、世界の状況がどんどん悪化していることは、ニュースや新聞を観ているだけでも分かる。

正に、【危機的な状況】にあるのだが、うまい打開策が見当たらない。どうなるのか不安が大きい。

平成最後の年=新元号スタートの年は、国際情勢が大荒れになりそうである。



9日は、盛岡出張であった。
出張の際に心がけていることが、「非日常を楽しむ」ことである。仕事ではあるけれど、「いつもと違うことができる。」と考えた方が楽しい。

そこで、仕事が終了してから、フェザンに飛んで行って、いつもは手に入らないものを買って帰った。

それは、 田清魚店名物の 「爆弾おにぎり」 である。

岩手県民には、「田清魚店」よりも「清次郎」の方が聞き慣れているかもしれないね。


筋子・鮭・たらこ・おかか・昆布の5種類の具が入っていて、1個280円(税別)。

女性だったら、1個食べたらお腹いっぱいになることだろう。

他にも、寿司弁当を3人前買いましたけどね。

この日、わが家の夕飯は「清次郎の寿司弁当」でした。





















中身は、こんな感じ。

5種類全部が見えるような切り方はできませんでした。

ときどきたべたくなるんだよね~、「爆弾おにぎり」。

結局、女房殿と半分にして、いただきました。

盛岡駅にお出での際は、田清魚店の「爆弾おにぎり」をぜひ1回試してみてください。

田清魚店の「爆弾おにぎり」について、ご意見・ご感想をお寄せくださいな。



【 兄弟ブログの紹介 】
 
(10年5か月、記事数約2100のブログ。
ヤフージオログからの引っ越しブログ。
その後、随時更新しています。)
 
(26年5月3日開設の自然の恵み専用ブログ) 

バトンタッチ



稀勢の里がついに引退した。

止むを得ないでしょうね。

日本人横綱が居なくなってしまうのは寂しいですね。

大変お疲れ様でした。今後は後進の指導でこれまでの経験を活かして、相撲界の発展に寄与してください。



今回の記事は、日常の些細な出来事の1ページです。




何のことはありません。 
「餅焼き器具の新旧交代」です。
右側が「新」です。
左側のものには、「今までありがとう!」と言って
お別れしました。

右手の円形のもの、餅が付きにくい上に、前のものの
2倍近く餅をレンジでチンできます。おまけに持ちやすいですね。

正月には、大活躍しました。
「餅をチンするのは私の担当」です。

お雑煮に、昼食に、何回も使用しました。
使い勝手がいいですね。

みなさんのお宅では、餅を食べる際に、どうやって温めますか?
情報をお寄せくださいな。



お節



正月プレイバックシリーズ第2弾。

今年のお節料理です。

女房殿と娘の努力の結晶です。










ホテルお節とは違って、豪華ではありませんが、
「祝い肴」「口取り」「焼き物」「酢の物」「煮物」が入って
います。量も丁度いいです。

メンバーは、家族4人に義母を入れて5人です。


正月太りを避けるために、あまり食べ過ぎないように
しています。ほどほどがいいですよね。


シンプルな我が家のお節でした。

2019年正月 プレイバック編





≫「全国高校サッカー選手権・決勝、青森山田3-1流通経大柏」
  (14日、埼玉スタジアム)

 青森山田が逆転で2大会ぶり2度目の優勝を決めた。


青森山田、優勝おめでとう!!






今日は、「成人の日」。 3連休の最終日。
あまり大きな騒ぎにならずに、平穏に終わってほしいものである。
全国の新成人のみなさん、おめでとうございます。
大人の仲間入りです。社会人の方と学生の方と両方の立場での成人式だと思います。

より、「成人としての自覚」をもって、仕事 or 学業に邁進してほしいと思います。



1月6日が「小寒」で、「寒の入り」です。
時候のあいさつは、「寒中見舞い」となります。

その寒中の今朝の最低気温は、-9.6度でした。
かなり冷えましたね。 寒い朝でした。

今日は、天気が良かったので二戸市までドライブをしました。実は、二戸市に用事があったのです。

それは、【車検代の支払い】です。

愛車プリウスの車検に、17万3千円かかりました。
かなりの額です。もっと安くならないものでしょうか?

後輪のブレーキディスクの交換が想定外でしたね。
そのため15000円程度多くかかったようです。

通勤や仕事で自家用車を使用しなければなりませんので、車は必需品です。車検は不可避です。

2年に一度の必要経費です。
次回に向けて、積立が必要ですね。

今年の冬も無事故で切り抜けたいと思います。
みなさんも冬道の運転、気をつけてくださいね。



さて、本題です。

10日以上前(もうすぐ2週間)のことになりますが、今回から少しずつ今年の正月をプレイバックしたいと思います。

今回は、玄関の正月飾りです。















雅峰作 十二支の置物














玄関外の締め飾りは撮影するのを忘れました。

これらは、今年の年末の「どんと焼き」まで
  取って置きます。

やはり、

「家内安全」

を願いますね。


また、「笑顔」で過ごしたいですね。

「笑いの効果」(もあるようですので、
たくさん笑いたいですね。





成人の日、そんなことを思いながら今年3本目の記事を
書いています。

明日の朝も寒いようです。
気持ちを引き締めて、出勤します。

みなさんもご自愛くださいな。



末恐ろしい天才囲碁少女!!




みなさんも驚きだったことと思います。


史上最年少の囲碁プロ棋士誕生へ
小学4年生 仲邑さん
2019年1月5日 19時15分 (NHK News Web)







≫大阪市に住む小学4年生の仲邑菫(すみれ)さんが、ことし4月に史上最年少の10歳で囲碁のプロ棋士になることが決まりました。

日本棋院によりますと、大阪市に住む小学4年生の仲邑菫さん(9)は、5日に東京で開かれた理事会で「英才特別採用推薦棋士」に選ばれ、ことし4月1日からプロ棋士になることが正式に決まりました。

英才特別採用推薦棋士は、強豪国の中国や韓国勢に対抗できるトップ棋士を育成するため、日本棋院が新たに設けたもので、原則、小学生が対象で、選ばれるとプロ棋士になることができます。

仲邑さんは、これまでのアマチュア大会の成績などから推薦を受け、先月、井山裕太五冠や張栩名人ら6人のプロ棋士の審査を受けました。その結果、全員の賛成を得て、初の推薦棋士に選ばれました。

仲邑さんは、4月のプロ入りの時点では10歳0か月で、藤沢里菜女流三冠の11歳6か月を9年ぶりに更新し、史上最年少の囲碁のプロ棋士となります。

仲邑さんは3歳で囲碁を始め、7歳からは強豪国の韓国にもたびたび訪れ、囲碁を学んできました。

仲邑さんは「プロ棋士になれてうれしいです。世界で活躍できるようなプロになりたいです」と話しています。


父もプロ棋士の仲邑さん

仲邑菫さんは、大阪市に住む小学4年生です。仲邑さんは、父親がプロ棋士の仲邑信也九段で、3歳から囲碁を始め、アマチュアの大会で優勝するなど実績を積み重ねてきました。

さらに、7歳からは、強豪国の韓国にもたびたび訪れ、去年は韓国のプロ棋士からも指導を受けました。

仲邑さんが選ばれた「英才特別採用推薦棋士」は、強豪国の中国勢や韓国勢と対抗できるトップ棋士を育成するため、日本棋院が新たに設けたもので、原則として小学生を対象にしています。

仲邑さんは6日、東大阪市で井山裕太五冠と対局する予定です。



“最年少囲碁プロ棋士” 小4仲邑さん
井山五冠と対局
2019年1月6日 18時15分 (NHK News Web)













≫囲碁のプロ棋士に史上最年少の10歳でなることが決まった大阪市の小学4年生、仲邑菫さんと、去年、国民栄誉賞を受賞した井山裕太五冠の公開対局が6日に行われ、井山五冠は「自分の同じころとは比べ物にならないくらい強いと思います」と仲邑さんの実力を高く評価しました。
続きを読む
大阪市の小学4年生、仲邑菫さん(9)は5日、日本棋院が開いた理事会で、トップ棋士を育成するために新たに設けられた「英才特別採用推薦棋士」に選ばれ、ことし4月1日に史上最年少の10歳0か月で囲碁のプロ棋士になることが決まりました。

6日、仲邑さんは大阪・東大阪市で開かれた囲碁の大会に参加し、去年の小学生の部の優勝者として、地元出身で去年、国民栄誉賞を受賞した井山裕太五冠と公開対局しました。

対局は、井山五冠が目標だという仲邑さんが序盤から積極的な攻め手を見せ、途中までは互角の展開となりましたが、170手まで打ったところで大会の終了時間になり、勝負は引き分けとなりました。

仲邑さんは「井山さんと対局できてうれしかったです」と話していました。

井山五冠は「終盤は優勢になったが、途中までは明らかに押されていて、非常に苦しい対局でした。9歳でこれだけ実力があるのはすごいことで、自分の同じころとは比べ物にならないくらい強いと思います。今後が楽しみです」と話していました。




凄い少女が現れたものだ。

仲邑菫(すみれ)さん、9歳。

こんな可愛らしいあどけない少女が出現するなんて・・・。

井山5冠が語るように、将棋の里見さんが目指したように、「女流棋士」ではなく、男性の棋士と同じ土俵で争う棋士になれるかもしれない・・・。

4月以降の活躍に注目しよう。

小学校の勉強との両立は大変だと思いますが、応援せずにはいられません。

がんばれ、仲邑菫さん!!


佐藤康光将棋連盟会長、羽生さんを語る!!



新年早々将棋の話題です。


























【佐藤康光会長が選ぶ将棋界10大ニュース】

1 羽生善治竜王に将棋界初の国民栄誉賞、紫綬褒章
2 藤井聡太5段が朝日杯で全棋士参加棋戦で優勝
3 8大タイトルが8人に分割 31年ぶりの分有割拠
  時代に
4 棋聖、王座、王位、竜王、マイナビ、女流王位を
  挑戦者が奪取
5 羽生善治竜王の27年ぶり無冠
6 新タイトル戦として、叡王戦、清麗戦が誕生
7 3年連続の将棋映画「泣き虫しょこたんの奇跡」公開
8 子供大会の参加者増と女性ファン層の拡大
9 AI研究のさらなる本格化と対局への影響増加
10 A級順位戦で史上初の6人プレーオフ実施


≫激動の2018年よ、さらば―。藤井フィーバーが列島を駆け抜けた昨年に続き、今年の将棋界もビッグニュースの尽きない空前の一年になった。日本将棋連盟会長の佐藤康光九段(49)に「将棋界10大ニュース」を選んでもらいつつ、常に話題の中心にいた盟友・羽生善治九段(48)について聞いた。無冠転落後の肩書のことを相談した際の羽生の様子を、佐藤会長は「迷いなく『九段』を選んでいらっしゃいました」と明かした。
 「2018年の将棋界を漢字一文字で表すと」との質問に、佐藤会長は考え込んだ。「激動でしたし、動きが多かった意味では『動』ですけど、ありきたりですよね…。う~ん、あ、そうだ。『活』にしましょう。こんなに活気に満ちた年というのは過去に経験がありませんでしたから」。「1秒間に1億と3手を読む男」と称される男が思わず長考に沈んでしまうほど、ニュースにあふれた特別な年だった。
 会長の選ぶ10大ニュースで最も注目すべきは5位のトピック。今月21日、第31期竜王戦7番勝負最終局で竜王防衛を目指した羽生善治は広瀬章人現竜王(31)に敗れ、27年ぶりの無冠に転落した。新しい肩書には段位の「九段」を選択した。
 会長は山口県下関市の対局場を訪れており、失冠直後の羽生に肩書についての意向を尋ねている。どのような様子だったのだろう。
 「感想戦が終わった後に『ちょっとお話があります』と声を掛けて別室に行きました。『前竜王、あるいは特別な称号を名乗るか、いくつかの選択肢があるんですけど…』とお伝えしましたが、すぐに本人の意向を汲(く)んで『九段』に決まりました。羽生さんは迷いなく選んでいらっしゃいましたね。私としては、今後もずっと第一線で戦い続けるための選択と捉えましたし、同じ棋士の立場としては、段位を選ぶことは自然なことだと思います」
 選んだ肩書に驚きはなかった。むしろ衝撃を受けたのは、竜王戦の盤上に現れた羽生の戦い方、選び取る一手だった。
 「1局目と7局目は現地で検討しましたけど、正直カルチャーショックを受けました。コンピューターは推奨しているけれども、人間はこんな手を指さないだろう、切り捨ててしまうだろう、という手を羽生さんは指していた。コンピューターを使ったハードなトレーニングを日頃から重ねているんだな、という印象を強く受けました。今までなら、たとえ浮かんだとしても指せないような一手で、トレーニングを積んで評価していないと指せない手なんです。決して依存するわけではなく、新しい感覚や良いものは取り入れていこう、と変化を続けているんだな、ということを感じました」
 会長にとって羽生は奨励会同期。島朗九段が主宰する伝説の研究会「島研」で10代の頃からともに研鑽(けんさん)を積んできた。タイトル戦の大舞台では、21度にわたって雌雄を決したライバルでもある。
 「無冠になるということには同世代として驚きはありますけど、羽生さんは大山先生(大山康晴十五世名人、タイトル通算80期)、中原先生(中原誠十六世名人、同64期)と比較しても別格といえるくらいの存在。お二人のように実績を積み上げた先生でも無冠になる時代はあるので、羽生さんが2019年からどのように立て直し、再び100期を目指していくかということは、ファンの皆さんも関心があるところだと思いますし、個人的にも非常に注目しています」
 将棋界を束ねる連盟会長としての視点もあるが、もちろん棋士として、プレーヤーの立場として盟友を見つめている。羽生が無冠に後退する4日前、今月17日に行われた順位戦A級の羽生―佐藤戦は、終局時間が深夜1時を越える激闘になり(結果は羽生の勝利)、真夜中にファンを熱狂させた。
 「私にとっても、一番対局してきた(通算161局で羽生107勝、佐藤54勝)のは羽生さんです。羽生さんと指すことで自分は成長してきました。戦うことで成長できる存在であることは年齢を重ねても決して変わることはありません。これからも対局する時間を多く作っていきたいと思います」
(報知新聞 12月31日)


 ◆佐藤 康光(さとう・やすみつ)1969年10月1日、京都府八幡市生まれ。49歳。田中魁秀九段門下。82年、奨励会入会。87年、四段昇段。93年、羽生善治から竜王を奪取して初タイトルを獲得。タイトル獲得は竜王1、名人2、棋王2、王将2、棋聖6の通算13期(歴代7位)。永世棋聖資格保持者。現在も竜王戦1組、順位戦A級に在籍するトップ棋士。17年2月、日本将棋連盟会長に就任。同7月に史上9人目の通算1000勝を達成した。




2018年1月5日 鳩森八幡神社の将棋堂祈願祭にて




これからは、羽生9段と呼ぶことになるんですね。

羽生ファンとしては、とても寂しいです。

1日も早く 「羽生9段」という肩書を返上したいものです。

がんばれ、我らが 羽生さん!!

プロフィール

iqm90jqjpdmz

Author:iqm90jqjpdmz
将棋、自然、音楽、写真が好きです。

将棋は、羽生9段、藤井7段のファンです。

初夏にはサクランボ狩り、秋にはブドウ狩りに出かけています。

また、秋には、雑木林を散策してハシバミ、アケビ、サルナシなどの
天然の木の実を採集をしています。

音楽は、80年代の洋楽を聴くことが多いですね。
好きなアーティストは、TOTO,Journey,Foreigner,KANSAS,Eagles,
Styx,Earth,Wind&Fire,M.Jackson,Madonna,Starship,SADE,
Kool&The Gang,Lindsy Starling,Maroon5,...

邦楽では、小田和正、ドリカム、宇多田ヒカル、シングライクトーキング、
久保田利伸、Greeeen、米津玄師です。

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブロとも一覧【画像なし】

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム