FC2ブログ

美味いよ、これ!!



興味本位で、買ってみた。



食べてみた。



美味かった。



季節限定らしい。



こんなに美味しんだったら、
もっと大量に買っておけば良かったなあ~。







ぎゅっと詰まったホタテの旨みと醤油の香ばしさが口いっぱいに広がります。かっぱえびせん特有のサクサクとした食感でお楽しみください。

詳しくは、こちらをチェック。



≫さて、今回のフレーバーは「ホタテ醤油」
 ホタテはえびと同様、魚介系のフレーバーとして一定の人気がありますね。その特長は、なんといっても海鮮らしい香り深さ強い旨味にあります。
 そして、そのホタテに合わせてあるのは醤油。これまた、バターとともにホタテに合わせるのに人気の高い素材で、日本人には大人気の組み合わせ。
 今回はえび×ホタテの海鮮系の強い旨味を醤油でまとめた、まさに日本人好みのフレーバーに仕上がっていそうですね。










癖になる美味しさでした。

こんなに美味いと感じたのは久しぶりでした。

お勧めです。


【期間限定】 【地域限定】 などの商品に弱い私。

貴重な商品、珍しい商品は、やはり試してみたくなる。


みなさんも機会があれば、食してみてください。
また、すでに、食された方、感想をお寄せくださいな。



藤井5段誕生!!



2月3日は、節分。 夕飯に恵方巻をいただきました。
もちろん、豆まきもしましたよ。

朝の積雪は、12cmでした。
朝と夕方の2回雪かきをしました。時間を合計すると、
70分になります。
疲れましたね。
やはり、雪かきは重労働です。

そして、今日、2月4日は、二十四節季の「立春」です。
暦の上では、春になりました。
今朝の最低気温は、-6.5度。
-10度以下にならないだけでも、ありがたいですね。
積雪は、約5cm。雪かきに20分かかりました。

さわやかな青空が広がっています。
久々に、「写欲」を掻き立てられる青空です。
朝食後、カメラを首にぶら下げて、30分ほど撮影散歩に出かけてきました。

青空、それだけで嬉しいですね。
幸せな気分になります。
北国の厳しい寒さをちょっとだけ忘れさせれくれます。
春めいた陽光が雪を溶かしてくれます。

「太陽の光」は偉大だなあ~。



遅くなりました。

将棋の藤井4段の昇級の話題です。


【将棋 藤井聡太 五段に 中学生で初!!】

中学生の将棋棋士、藤井聡太四段が1日行われた「順位戦」の対局に勝ち、1つ上の組への昇級を決めるとともに五段に昇段しました。中学生のうちに五段になった将棋棋士は藤井さんが初めてです。


























去年、デビュー戦から29連勝して将棋の最多連勝記録を30年ぶりに更新した藤井聡太四段は、「名人」を頂点とする棋士のランクを決める「順位戦」で、現在、最も下のクラスの「C級2組」に在籍し、これまでに8勝0敗と、ただ一人全勝を維持しています。

藤井さんは1日、東京の将棋会館でその順位戦の対局に臨み、梶浦宏孝四段と戦いました。
午前10時に始まった対局は終盤に入って藤井さんが攻め込む展開となり、午後11時5分、梶浦さんが114手までで投了しました。
その結果、順位戦の成績を9戦全勝とした藤井さんは、来月行われる最終戦で敗れても「C級2組」の1位が確定し、この組を1期で通過して1つ上の「C級1組」への昇級を決めるとともに、五段に昇段しました。

将棋の棋士は四段からプロになり、藤井さんより前には、去年現役を引退した加藤一二三九段など4人が中学生でプロ入りを決めていますが、日本将棋連盟によりますと、中学生のうちに五段になったのは藤井さんが初めてです。

また15歳6か月での五段昇段は、加藤九段の15歳3か月に次ぐ年少記録だということです。

加藤一二三九段「空前絶後の大記録」

≫将棋界で最初の「中学生棋士」で、長年トップ棋士として活躍したあと去年現役を引退した加藤一二三九段は1日夜、NHKのインタビューに応じ「五段昇段をお祝いするとともに、15歳という年でおよそ60もの勝ち星を挙げていることも含めて空前絶後の大記録です」と藤井さんの活躍をたたえました。
そのうえで「藤井さんは『秀才型の天才』で、私の考察では、15歳でこれだけ将棋を研究していたのは藤井さんと羽生さんの2人くらいだと思う。そういう意味では藤井さんはすでに基礎が出来上がっているので、今後もエンジン全開で勝つための意欲を燃やして頑張ってもらいたい」と話しました。
そして4年連続で昇段を決めた自身の経験を踏まえ「私のようにノンストップで段が上がることを希望していると思いますが、順位が上がればそれだけ強敵ぞろいになりますので、今後もますますの精進を期待しています」と笑顔で語っていました。


藤井さん 4部門でトップ

≫藤井さんは1日の対局で勝ったことでデビュー後の通算成績を61勝11敗としました。
日本将棋連盟がまとめている今年度の棋士の成績ランキングによりますと、藤井さんは31日の時点で対局数は「61」、勝ち数が「50」と、それぞれ2位の「50」と「37」を大きく引き離しています。
勝率は50勝11敗で8割2分、連勝記録は「29」とそれぞれ1位となり、4つの部門でトップとなっています。

昇級・昇段の仕組みは

≫順位戦には「A級」から「C級2組」まで5つのランクがあり、プロ入りした棋士のほとんどは、まずはいちばん下のC級2組に在籍して、年に一度の昇級をかけて同じクラスの棋士と10局を戦います。

C級2組には現在50人が在籍し、通算成績が3位以内になった棋士が1つ上のC級1組に昇級できます。
藤井四段は1日、勝ったことで、C級2組の1位が決まり、この組を1期で抜けることになりました。
藤井さんは1日で順位戦の成績を9勝0敗として来月の最終戦に臨みますが、日本将棋連盟によりますと、C級2組を全勝して1期で抜けた棋士は過去に5人しかいないということで、藤井さんが10戦全勝を成し遂げるのか注目されます。

一方、棋士が段位を上げるには段ごとに条件があり、藤井さんは今回、「C級1組昇級」という条件をクリアして五段に昇段しました。
日本将棋連盟によりますと、以前は実際の昇級日と同じ4月1日に昇段することになっていましたが、11年前に規定が変わり、今では昇級を決めると同時に昇段することになります。

藤井さんは現在ベスト4に進んでいる「朝日杯将棋オープン戦」で今月17日の準決勝と決勝を勝ち抜けば、「全棋士参加の棋戦で優勝」という条件を満たして一気に六段になります。   (NHKニュースより)



いや~。 
めでたい、めでたい。

終局したのは、午後11時近くでした。
勝利を信じて、夕飯に、「恵比寿ビール」で祝杯をあげていました。

  
 
 
 おめでとう、藤井5段!! 
 
 

全国の将棋ファン&にわか藤井ファンが注目していた対局です。

次の注目局は、2月17日に行われる朝日杯の準決勝・決勝です。

相手は、羽生2冠です。

私は、羽生ファンでもあるので、どちらに応援するか悩むのですが、今回は藤井5段推しです。6段昇段がかかっていますからね。

今年も将棋界が熱いですね。

本日、NHK杯では、ベスト8の対局が始まり佳境に入ってきています。、豊島8段が三浦9段に勝ち、ベスト4に進みました。

豊島8段、強いですね~。
王将位を奪取してほしいと願っています。

素敵な日曜日をお過ごしください。

Have a nice day.


プロフィール

iqm90jqjpdmz

Author:iqm90jqjpdmz
将棋、自然、音楽、写真が好きです。

将棋は、羽生9段、藤井7段のファンです。

初夏にはサクランボ狩り、秋にはブドウ狩りに出かけています。

また、秋には、雑木林を散策してハシバミ、アケビ、サルナシなどの
天然の木の実を採集をしています。

音楽は、80年代の洋楽を聴くことが多いですね。
好きなアーティストは、TOTO,Journey,Foreigner,KANSAS,Eagles,
Styx,Earth,Wind&Fire,M.Jackson,Madonna,Starship,SADE,
Kool&The Gang,Lindsy Starling,Maroon5,...

邦楽では、小田和正、ドリカム、宇多田ヒカル、シングライクトーキング、
久保田利伸、Greeeen、米津玄師です。

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブロとも一覧【画像なし】

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム