FC2ブログ

日曜日の朝は、「さわやか自然百景」



日曜日の朝、楽しみな番組がある。

それは、 「さわやか自然百景」 だ。
(NHK総合 毎週日曜 午前7時45分 放送)


今日は、 「埼玉 名栗渓谷」 だった。



東京都心から50キロほど、市街地のすぐ近くに自然豊かな渓谷がある。埼玉県飯能市の名栗渓谷である。秩父山地を源とする入間川の流れが作り出した渓谷で、清らかな流れと周囲に広がる森ではたくさんの生き物の姿が見られる。川岸から魚を狙うカワセミ、小さな滝つぼを泳ぐヤマメ、川沿いの森で木の実を集めるニホンリス、夜の森を活発に動き回るタヌキ…。人々の暮らしからほど近い渓谷で、秋から冬、命の営みを見つめる。

【語り】近江友里恵



今日の放送で、嬉しいことが3つあった。

① 大好きなカワセミが登場した。
② 毎年収穫しているアケビをタヌキが食べるシーンが放送された。
③ ナレーション(近江さん)を声を聴いただけで、当てることができた。

再放送は、以下の通り。

23日(土曜日) 
午前8時15分~午前8時30分

興味のある方は、ご覧ください。 お勧めです☆


なお、「さわやか自然百景」では、私の地元の 「折爪岳」も放送されたことがあるのです。





http://www.nhk.or.jp/sawayaka/contents/program/2009/photos/2009_0809_photo00.jpg

岩手県の北の端にある折爪岳(おりつめだけ)は標高852m、北上山地の中でも低くなだらかな山です。豊富な湧き水によって育まれ、ブナやミズナラ、コナラの森が広がっています。山頂付近の森は東北地方最大のヒメボタルの群生地でもあり、夏になると始まるホタルたちの乱舞で、山頂が金色の光に包まれます。緑あふれる森とオカトラノオなどの夏の花が見せる、さわやかな昼の風景。 そして、ヒメボタルが生み出す夜の幻想的な光景。二つの違った表情を持つ、夏の折爪岳を紹介します。

ヒメボタル
北海道をのぞく日本全域に生息する、体長6~9㎜ほどの小型のホタル。分布の北限は青森県であるが、群生地としては折爪岳が北東北では最大級である。
http://www.nhk.or.jp/sawayaka/contents/program/2009/photos/2009_0809_photo06.jpg

ヒメボタルの群生地

きれいな水、湿度が保たれた森、そして幼虫の食べ物である貝類がいることで、折爪岳はヒメボタルの一大群生地となっています
ツムガタキセルモドキ
キセルガイ科の陸生巻き貝。折爪岳全域の林床の腐葉土層や倒木、雨の日は樹木の表面などに多数生息している。

モミジイチゴ
高さ2mほどの落葉低木。山野でごく普通に見られ、別名の「キイチゴ」で呼ばれることが多い。
  モミジイチゴ ↓http://www.nhk.or.jp/sawayaka/contents/program/2009/photos/2009_0809_photo04.jpg

沢ぞいを彩る植物

森が開けて日当たりのよい沢ぞいでは、色とりどりの草花が咲き、ヤマグワ、モミジイチゴなどの低木が鮮やかな実をつけています。


ヤマボウシ
山野の落葉小高木。6~7月頃つける白い花びらのようなものは、葉の変形したものである。

取材時期取材地交通手段
2009年7月中旬
折爪岳山中の自然林、沢、滝(二戸(にのへ)市、九(く)戸(のへ) 村、軽米(かるまい)町)※動植物の具体的な取材場所は、保護のためお伝えできません。撮影で訪れた展望台:山頂展望台(折爪岳)馬仙峡展望台(二戸市)

折爪岳には登山道の他に車道も通っているため、徒歩・車ともに山頂まで移動可能。車の場合、JR二戸駅からレンタカーが便利。普段は山への公共交通機関は無いが、ヒメボタルの時期には鑑賞会用の無料シャトルバスがJR二戸駅より発着している。



本当に、「さわやかな番組」である。

私は、日曜日の朝の清涼剤だと思っている。



これが、モミジイチゴです。

みなさんもご覧になってみてくださいな。



スポンサーサイト



真冬日1週間!!




とにかく寒い!!


堪らなく寒い!!


嫌になるくらい寒い!!


ロシアの-65度とは比較にならないが、
真冬日が1週間も続くのである。



まるで、≪冷蔵庫生活≫である。








最高気温が、-6度ですよ。

凍えてしまいます。

今シーズン、一番寒かったのが、-11.8度です。
北海道のー20度、-30度には及ばないが、-10度が
こんなに簡単に観測されるのは、ありがたくない。

東京で、-4度になり、水道の凍結やら生活に大きな
影響が生じた。

一刻も早く、この猛烈寒波が去ってほしいものだ。

みなさんのお住いの地域では、寒さ、雪の記録は
いかがですか?

情報をお寄せくださいな。



昨日、今日のスポーツニュースから・・・。

フィギュアスケート:四大陸選手権・女子FS
【坂本が初優勝 三原が2位、宮原は3位 日本勢が
表彰台独占】

順位 選手名 国名 得点
1位
坂本花織

日本
214.21
(※PB)
2位
三原舞依

日本
210.57
3位
宮原知子

日本
207.02



【栃ノ心、涙の初優勝「親方にありがたい気持ち」平幕では6年ぶり】

≫「大相撲初場所・14日目」(27日、両国国技館)
 前頭三枚目の栃ノ心(春日野)は同9枚目の松鳳山(二所ノ関)を下し、初優勝を飾った。
 平幕優勝は12年夏場所の旭天鵬以来6年ぶりで、14日目の平幕優勝は01年秋場所の琴光喜以来17年ぶり。
 また栃ノ心はジョージア出身。欧州出身力士の優勝は琴欧洲(ブルガリア)、把瑠都(エストニア)以来6年ぶり3人目となった。



※キーマンとなっていますが、優勝者です!!

歯科医師免許は意外ですね~。

おめでとう、栃ノ心関!!




【広瀬八段勝利、4強出そろう 第11回朝日杯将棋オープン戦】




準決勝は、久保王将 VS 広瀬8段、 藤井4段 VS 羽生竜王である。

2月17日(土)が今から楽しみである。

がんばれ、藤井4段!!


確認しました!!



今日、確認できた。

藤井4段が昇級&5段に王手をかけた件だ。









なんと、C級2組の上位3名が順位45位以下だった。

順位    氏名      勝敗

45藤井聡太四段  8勝0敗
 
47今泉健司四段  7勝1敗

48佐々木大地四段 7勝1敗

(↑参照 「順位戦C級2組星取表」 ▽成績順に並び替え をクリックしてください。)

9戦目の相手は、梶浦宏孝四段。

最終戦の相手は、三枚堂達也六段。

9戦目の梶浦4段勝てば、仮に最終局の三枚堂6段に
敗れたとしても、9勝1敗でも1位通過となるのだ。

したがって、「あと1勝すれば、昇級間違いなし」となる。

藤井4段にあと1勝挙げてもらって、祝杯をあげたい
ものだ。

がんばれ、藤井4段!!



8

【将棋】 藤井4段、順位戦8連勝で単独トップ!!



今日は、スポーツサンデーです。

〇卓球全日本選手権
〇都道府県対抗男子駅伝
〇大相撲夏場所中日

私の一番の関心事は、「全日本卓球」。

女子の優勝は誰か? 男子の優勝は誰か?

注目は、女子の伊藤選手&平野選手の高校生対決。
石川香純選手は、伊藤選手に敗れてしまった。
男子は、水谷選手&張本選手。
(おそらくこの2人が決勝で対戦するでしょう。)
水谷選手が10回目のタイトルを手にするのか、張本選手が史上最年少優勝を果たすのか、興味は尽きない。

午前中は、大変でした。
Eテレ「NHK将棋トーナメント(佐藤9段VS斉藤7段)」と
卓球の女子準決勝2試合を交互に観て忙しかった。

現在、水谷選手が3セットを連取して、ストレートで決勝進出しそうな勢い。この記事を投稿する前に、4-0で勝利するかもしれない。

ETVでは、午後3時から女子&男子の決勝の模様が放送される。毎年楽しみにしている。

可能な方は、ライブで決勝戦の模様を観戦してみてほしい。



さて、本題です。

将棋の藤井4段が順位戦第8局に勝利し8連勝、C級2組で単独トップとなった。

【強運も味方、「藤井五段」へあと1勝!!】

≫将棋の中学生棋士、藤井聡太(そうた)四段(15)が「名人位」を目指すうえで、欠かせないのは「順位戦」での昇級だ。19日にあった第76期将棋名人戦・C級2組順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の8回戦で、ここまで7連勝の藤井四段は矢倉規広(のりひろ)七段(43)を77手で破って全勝を守った。その後、昇級を争うライバルが負け、唯一の無敗となった。2月1日の9回戦で勝てば昇級が決まり、五段に昇段する。


(アサヒコムより)

詳しい分析は、ブロ友の「銀桂一行さん」のブログ「将棋の茶店「芹沢鴨?」 」の記事 第76期 順位戦 C級2組 8回戦、聡太君、単独首位8戦全勝!

に書いてあるので、ご一読願いたい。

あと1勝すれば、昇格が濃厚となる。

がんばれ、藤井4段!!












≪追記≫

やはり、準決勝第1試合では、水谷選手が勝ち、決勝
進出を決めた。

決勝へは、おそらく、14歳中学生の張本選手が駒を進めることだろう。
(おや? 「駒を進める」という表現は、将棋用語ではないか。嬉しいね~。)

現在、将棋95%、駅伝5%の割合で、視聴している。

卓球面白いなあ~。


猛烈寒波襲来!!



寒中お見舞い申し上げます


1月20日は、「大寒」でした。
1年で最も寒い時期です。
しかし、最強寒波と南岸低気圧がやってきます。

ロシアのヤクーツクでは、-62度を記録したそうだ。
驚くべき寒さですね。

【ロシアのヤクーツクで最低気温が「氷点下 62℃」にまで下がるという寒波を記録 】

≫ロシアのヤクーツク地方を中心にも1月14日、強烈な寒波に見舞われ、中でもオイミャコンという場所では、氷点下 62℃まで気温が下がり、記録的な寒さとなりました。











氷河期状態 : ヨーロッパのほぼ全域に「北極からの寒気」が直撃し、異常な寒波が各地に到来。少なくとも60人以上が寒さで死亡  (1月9日)

今、岩手県北部でも雪が降り始めています。
これから、雪&寒さとの闘いです。

週間天気予報では、-12度も予想されています。
この1週間の寒さを乗り切らなければなりません。

みなさんのお住いの地域ではいかがですか?

十分寒さ対策をなさって、ご自愛ください。



☆年賀はがき、当たりました!!



お年玉付き年賀はがき、チェックしてみましたか?

今日は、当選番号の発表日でしたね。

去年は、4枚切手シートが当たりました。

今年は、私が2枚、女房殿が2枚、計4枚当たりました。

ラッキー!!

一昨年は、100枚も届いたのに、1枚も当たりませんでした。そんな年もあります。





■当せん番号および賞品

 【1等(100万本に1本)】
下6ケタ (各組共通) 784640
賞品:リンベルスマートギフト(12万円相当/1万点以上の商品・旅行等
から選択)または現金10万円

【2等(1万本に1本)】下4ケタ (各組共通) 3260
賞品:ふるさと小包など

【3等(100本に2本)】下2ケタ (各組共通)27、86
賞品:お年玉切手シート


切手シートでも、当たると嬉しいですね。

みなさんはどうでしたか?



今日は、他に「都道府県対抗女子駅伝」を観た。

おめでとう、兵庫県!!


【将棋】 勝率編 藤井4段 堂々のトップ!!




寒中お見舞い申し上げます

寒い日が続きます。 どうぞご自愛ください。


大雪のため、大学入試センター試験への影響のニュースが報道された。

受験生にとっては、大変な災難である。
毎年のようにこの時期には大雪が降っている。
時期を変更しては・・・、とも思うのだが、変えても大雪にならないという保証はない。

大雪にならないように、祈りつつ、最善の対処をするしかないのかも・・・。

中には、こんな心温まるニュースも・・・。

北海道白老町の踏切で特急と乗用車が接触してダイヤに乱れが出て、この列車や後続の列車に乗っていた大学入試センター試験の受験生、合わせて4人を警察がパトカーで試験会場まで送る対応を取りました

パトカーは赤色灯はつけず、通常の走行で試験開始前に到着し、このうち3人は別室で説明を受けたため4分遅れで受験したということです。

3人を送った苫小牧警察署は「受験生の安全や将来を考え、緊急に対応した」とコメントしています。




新年を迎え、新番組が始まったり、特別番組なるものがあった。
全部を観ることはできないが、面白いと思ったものもいくつがあった。

1月12日(金)フジテレビ
金曜プレミアム・TEPPEN 第16弾


①けん玉対決
②ピアノ頂上決戦
③〈9マス将棋〉

けん玉では、演歌歌手・三山博の巧さに改めて驚愕。

ピアノでは、石綿日向子さんが一番上手だと思った。
メロンちゃんが優勝? どうして!?

どれも楽しかったが、自分としては、「9マス将棋」。
ザブングル加藤さんの優勝は当然。圧倒的に強い。
紅ちゃんの解説には、もうひと工夫が必要。
(動ける場所をもう少し限定してほしい。)

「9マス将棋」を手に入れようと思う。
1800円ぐらいなそうだ。
ちょっと高いね。

しかし、「動物将棋」というものもあるから、両者はライバルとなるね。(「動物将棋」は保有しているがまだ封を切っていない。)
今後、フジテレビがTEPPENで「9マス将棋」を続けるだろうから、「9マス将棋」の方が優勢になるかもしれない。



さて、本題です。

将棋の藤井4段の話題です。

永瀬7段が今日14日、羽生竜王に敗れたため、勝率で再逆転して、藤井4段がまた勝率1位となった。

【勝率ランキング】(※7割以上) 
 「日本将棋連盟HPより」

位 棋士名        率
1
藤井聡太
0.807(46勝-11敗)
2
永瀬拓矢
0.805(33勝-8敗)
3
大橋貴洸
0.778(35勝-10敗)
4
豊島将之
0.762(32勝-10敗)
5
高見泰地
0.744(29勝-10敗)
6
近藤誠也
0.737(28勝-10敗)
7
都成竜馬
0.733(22勝-8敗)
8
千田翔太
0.719(23勝-9敗)
9
三枚堂達也
0.717(33勝-13敗)

※名前をクリックすると、その棋士のデータベースに
飛びます。








↑ 持っています。











ご存知の方も多いと思うが、現在藤井4段は、勝率のみならず、【対局数】(57)、【勝数】(46)、【連勝】(29)の全4部門でTOPを走っている。

勝率以外は、確定しているようなもの。

勝率は、永瀬7段と熾烈な争いとなりそうだ。

がんばれ、藤井4段!!







本年もよろしくお願いいたします。






今年も将棋界の動向や自然の恵みについて、時間の取れるときに更新していきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

羽生さんの永世7冠達成本当におめでとうございます。

棋王戦は、新棋王誕生の予感がします。

【藤井フィーバー】だった2017年、2018年も続いて
結構です。全勝で昇級してほしいですね。
藤井4段も応援しています。


プロフィール

iqm90jqjpdmz

Author:iqm90jqjpdmz
将棋、自然、音楽、写真が好きです。

将棋は、羽生9段、藤井7段のファンです。

初夏にはサクランボ狩り、秋にはブドウ狩りに出かけています。

また、秋には、雑木林を散策してハシバミ、アケビ、サルナシなどの
天然の木の実を採集をしています。

音楽は、80年代の洋楽を聴くことが多いですね。
好きなアーティストは、TOTO,Journey,Foreigner,KANSAS,Eagles,
Styx,Earth,Wind&Fire,M.Jackson,Madonna,Starship,SADE,
Kool&The Gang,Lindsy Starling,Maroon5,...

邦楽では、小田和正、ドリカム、宇多田ヒカル、シングライクトーキング、
久保田利伸、Greeeen、米津玄師です。

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブロとも一覧【画像なし】

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム