県勢初3季連続甲子園出場の盛岡大付(岩手)が夏連覇を狙う作新学院(栃木)を4-1で下し、2回戦に進出した。1-1の5回1死一、三塁から相手投手の暴投で勝ち越し、その後は主将の4番比嘉賢伸内野手(3年)のフェンス直撃中越え二塁打で2点を加えた。9回は平松竜也投手(3年)が3四死球で満塁のピンチを招き、起伏の激しい「盛付(もりふ)劇場」は健在だったが、押し切った。