FC2ブログ

はっち市2016 ⑥ さゆら


久々の更新です。

昨日17日(土)も八戸の整形外科医院に行って、MRI検査をしてきました。

治療費  5,180円
薬  代  8,780円
計         13,960円 

1回の通院で、約14,000円。
かなりの高額である。

今回、年末年始を挟み、薬が3週間分ということもあるが、痛み止めの薬(リリカやトラムセット)が高額という側面もある。

頸部脊柱管狭窄症の治療のため、必要不可欠な出費だ。

MRIや神経根ブロック注射を受ければ、3割負担の私の場合、5,000円を突破する。

止むを得ない負担だ。

しかし、【神経根ブロック注射】を受けてから、幾分痛みが軽減されたように思う。

20日に2回目の【神経根ブロック注射】の予定だ。

MRI検査の結果、「手術の必要はない」との診断であった。安堵するが、現在の治療を続けていくことになる。

痛み止めが無ければ、生活や仕事に支障が出る状態だ。対処療法であるが、それを続けるしかないのだ。

「手術は避けたい」と思っていたので、 想定内の治療範囲である。

一刻も早く痛みが無くなることを切に願っている。 

願わくは、「年内に痛みが消えて、新年からスッキリ無痛で生活&仕事ができる」というのが理想だが、そうはいくまい。

2回目の【神経根ブロック注射】の効果に期待するとしよう。



11月22日に取材した記事だが、2016はっち市第6弾となる。


今回は、「さゆらさん」です。 
2丁目ということで、はっちの2階に突入いたしました。

例のごとく、はっち市2016のオフィシャルサイトより。

≪2丁目11番地 さゆら≫

うにランタン、うにオーナメント

青森県八戸市より2回目の参加です。

「ウニの殻を使った作品の製作をしています。トゲを取り除くと現れる美しい幾何学模様… ウニのもつ自然の造形美をお届けします。 生まれ育った八戸の豊かな自然の恵みに感謝をし、八戸で育まれたウニをはじめとしたさまざまな素材の魅力をたくさんの人にお伝え出来たらと考えています。 作品を通し人との出会いが会話を生み、新しい世界・楽しい空間へとつながり、更には賑わいにつながって欲しいと思います。」









続いて、私の撮ったショットです。






















ウニの持つ自然の造形美が「ウニランタン」として、新たな命を吹き込まれ素敵な作品に生まれ変わりました。

実は、わが家にも「さゆらさん」のウニランタンがあるんです。家内が、転勤祝いに友人からいただいていたのです。

手作りのほんわかとした温か味があります。

さゆらさんの記事は、去年も書いています。


よろしければ、ご覧ください。


はっち市の愉しみに、作家さんとの会話(やり取り)があります。今年もたくさんの作家さんと会話しました。

「去年の場所の方が良かったわ。この場所だと、お客さんがあまり気づかないようです。」と後藤奈穂子(さゆらさん)は話していました。

また、来年もお会いできるかもしれません。

また、八戸市内のショップで、彼女の作品を友人に贈るために購入する機会があるかもしれません。

今回は、「さゆらさん」の特集でした。

ありがとうございました。

続く・・・。

はっち市2016 ⑤ りんごちゃん


本日、積雪5cm。 【初雪かき】をしました。
盛岡では、7cmの積雪だったそうです。

そう言えば、昨日7日は二十四節季の「大雪」でしたね。
積雪になっても不思議ではありません。

そんな積雪の中、八戸の整形外科に行って、【神経根ブロック注射】&静脈注射を受けてきました。

そうなんです。頸部の病気、【頸部脊柱管狭窄症】の治療のため八戸の病院に通院しているんです。

24時間痛くて眠れず、何もする気になりませんでした。
指・腕の痺れ、腕、肩、背中の痛み・・・。
七転八倒の疼痛、疝痛でした。
ベッドでどんな姿勢をとっても痛みから逃れることはできませんでした。顔は青くなり、冷や汗が流れました。

【尿管結石】を患ったことがありますが、あれに匹敵するほどの痛みです。

左肩を布団につけられないので、仰向けに眠ることができず、右肩を下にして眠ることしかできないのですが、それが15分も続かないのです。何度も寝返りを打ち、痛さで眠れない夜をいくつか数えました。

薬が増量されてからは、いくぶん眠れるようになりました。あの状態が5日続いたら、入院⇒手術になっていたかもしれません。

薬を飲んでも、痛みは消えることがありませんでした。
腕を切り落としたいほどの痛みでした。
例えるなら、腕に刃物を刺したような痛みです。

薬が1日2回⇒1日4回に増えて少し痛みが緩和されました。それでも常時10段階で1~2の痛みはあります。

そのため本日の【神経根ブロック注射】となったのです。



神経根ブロック注射とは?

≫神経根とは脊髄神経の根元の部分で、そこに局所麻酔薬を注射することによって痛みの感覚を脳に伝達する神経の動きを遮断します。
レントゲンの透視下で体の内部を透かしながら行うことで、正確に痛みの原因の場所に注射をすることが可能です。また痛みの元になっている神経に直接注射をするためブロック注射治療の中で最も効果が期待できます。治療には保険が適用されます。

効果が期待できる症状








痛みは少し和らいだような気がします。
経過を見守りたいと思います。

師走を何とか乗り切らなくっちゃね。

午後から、出勤しました。



ここで、ちょっと嬉しいニュースを・・・。

≪2016世界ジュニア選手権大会速報≫

●男子団体
優勝:日本
準優勝:韓国
3位:中国、チャイニーズタイペイ

●女子団体
優勝:日本
準優勝:中国
3位:香港、韓国

●男子シングルス

優勝:張本智和(日本)
準優勝:趙勝敏(韓国)
3位:楊碩(中国)、呉柏男(香港)

●女子シングルス

優勝:石洵瑶(中国)
準優勝:麥子詠(香港)
3位:加藤美優(日本)、ディアコヌ(ルーマニア)

●男子ダブルス
優勝:安宰賢/趙勝敏(韓国)
準優勝:張本智和/龍崎東寅(日本)
3位:カサン/セイフリード(フランス)、黄建都/林儒(チャイニーズタイペイ)

●女子ダブルス
優勝:ディアコヌ/ドラゴマン(ルーマニア)
準優勝:早田ひな/加藤美優(日本)
3位:劉麒/黄芊柔(香港)、麥子詠/蘇慧音(香港)

●混合ダブルス
優勝:趙勝敏/金智(韓国)
準優勝:松山祐季/早田ひな(日本)
3位:徐海東/袁媛(中国)、ヨルジッチ/ルプレスク(スロベニア/セルビア)



なんと、日本ジュニアチームは、全種目で優勝、または準優勝という快挙を達成したのである。

団体は、男女アベック優勝!!

特に、男子の張本選手は、凄い!!!!!

団体も個人も優勝!!

世界ジュニアランキングも1位!!

日本のジュニアの卓球選手は層が厚い!!
世界ランキングも上位が多い。

これは、4年後の東京オリンピックがとても楽しみだ!



卓球 世界ジュニア選手権 張本が最年少優勝!!
(NHKニュース)

≫18歳以下で争う卓球の世界ジュニア選手権は7日、南アフリカのケープタウンで男子シングルスの決勝が行われ、13歳の張本智和選手が韓国の選手に勝って、この種目、大会最年少で優勝を果たしました。
続きを読む
中学1年生で13歳の張本選手は、卓球の18歳以下の世界ランキング1位で、7日に行われた男子シングルス決勝で韓国のチョ・スンミン選手と対戦しました。

張本選手は、はじめの2ゲームを続けて奪われましたが、その後巻き返し、3ゲーム連続でとって勝ち越しました。第6ゲームを奪われてゲームカウント3対3の同点となりましたが、最終の第7ゲームを取ってゲームカウント4対3で競り勝ち、優勝を果たしました。

張本選手の優勝は、この種目で2006年の大会を制した当時15歳の松平健太選手を抜いて大会最年少となりました。

男子ダブルスの決勝は、張本選手と龍崎東寅選手のペアが韓国のペアにゲームカウント1対4で敗れ、優勝はなりませんでした。

また、女子ダブルスの加藤美優選手と早田ひな選手のペア、混合の松山祐季選手と早田選手のペアも決勝で敗れてともに準優勝でした。






スポーツ面では、こんなニュースもあったようです。

なでしこが静学に屈辱12失点、高倉監督目潤ませ…

≫なでしこジャパンが男子高校生にひねられた。日本代表合宿3日目の7日、静岡市内で行った静岡学園との練習試合に0-12。代表チームの広報担当者も「ここ数年では見たことがないですね」と驚く、2桁失点での完敗。「あまりにも、でしたね」。高倉監督の目が少し潤んでいた。

【表】なでしこ静岡合宿メンバー


男子と女子では、これくらい違うのでしょうか?
静岡学園がどれくらいの高校なのか分かりませんが・・・。



さて、本題です。

「はっち市2016」の第5弾です。

今回特集するのは、この方々です。


まずは、恒例のオフィシャルサイトからの紹介文。


出展作品:絵入りりんご、ポストカード、ポチ袋、絵画、他

青森県八戸市より初参加です。

「八戸市のお隣、フルーツ王国南部町。その片隅にある小さな果樹園「にしづか農園」と、八戸市の美術作家坂本英子がコラボレーションします。太陽の光をいっぱいに浴びて育った絵入りりんご「りんごちゃん」。たくさんのりんごちゃんの中に、きっとあなたのお気に入りが見つかるはず♪また、ポストカードやキャンバス絵など、ここでしか手に入らないりんごちゃんモチーフのグッズもご用意しています。レッツエンジョイりんごちゃん!」



 







続いて、私の撮ったショットです。


は~い。可愛らしい「りんごちゃん」です。



袋から出すとこの通り。

1個1個表情が違うんですよね。


















りんごちゃんの絵を描いたのは
イラスト作家の 坂本英子さん です。
とっても可愛らしいイラストですね~。

にしづか農園さんと
イラスト作家の坂本英子さんとの
コラボが

にしづか農園deラパンアジル

というわけです。

最後に、私が購入した「紅玉のりんごちゃん」は
女房殿が美味しいアップルパイにしてくれました。

いかがでしたか?

師走に入りましたが、11月下旬のはっち市2016の
記事がもう少し続きそうです。

よろしくおつき合いください。

続く・・・・・。




はっち市2016 ④ 逃猫社



久々の更新です。

ずっとダウンしていました。
【頸部脊柱管狭窄症】の痛みと闘っている毎日です。
かなり痛いです。
週1回の八戸の整形外科への通院(注射、リハビリ)と痛み止めの薬を飲みながら、生活をしています。

すでに、仕事にも生活にも影響が出ています。
重いものは持てません。
痛みが強いので、ブログは休止していました。

もう、次の段階=神経ブロック注射や手術を考えなければならないかもしれません。

手術は、ちょっと怖いなあ、と思います。
知り合いの中にも、腰痛や頸椎の手術をしたけれど、痛みが取れなかったという方もいらっしゃいます。また、手術が失敗すれば、植物人間になってしまう可能性だってあります。そう考えると、怖いですね。

でも、手術が最後の手段となった場合には、考えなければなりませんね。

今週、ブロック注射を受ける予定です。
もちろん、仕事を休まなければなりません。
師走だというのに、困った事態です。



はっち市2016の第4弾です。

今回は、「逃猫社」さんです。

まずは、オフィシャルサイトからの紹介。


出品作品 : 置時計、マグカップ、絵皿、ぐい呑み、箸置き、オブジェ、  アクセサリーなど
埼玉県鴻巣市より初参加です。

「逃猫舎(ニゲネコシャ)と読みます。
「猫、逃げちゃうんだ~」 といわれたりしています。
そうですよ、猫は逃げ足がとても速いし、心地よい場所を探す名人ですね。
〝逃げ猫″は作者、なのかもしれません。
シニカルでユーモラス。作者が日常生活の中で垣間見た、人間以外のイキモノ達を陶磁器で表現してみました。
また、生活を愉快に彩る器類も、多数出品いたします。
ワークショップでは、そんな器を手づくりしていただけるように、小さなお皿の絵付けの体験を用意しています。
オリジナルの一枚を造ってみませんか?!」










続いて、撮影したショットです。





















側面にも猫の絵が描かれています。





まるで、猫の世界に紛れ込んだようでした。
素敵な作品ばかりでした。

 「逃猫社」さんでは、ワークショップも開催していました。

今回初参加ということでしたから、また来年お目にかかることができるかもしれません。

続く・・・。

プロフィール

iqm90jqjpdmz

Author:iqm90jqjpdmz
将棋、自然、音楽、写真が好きです。

将棋は、羽生9段、藤井7段のファンです。

初夏にはサクランボ狩り、秋にはブドウ狩りに出かけています。

また、秋には、雑木林を散策してハシバミ、アケビ、サルナシなどの
天然の木の実を採集をしています。

音楽は、80年代の洋楽を聴くことが多いですね。
好きなアーティストは、TOTO,Journey,Foreigner,KANSAS,Eagles,
Styx,Earth,Wind&Fire,M.Jackson,Madonna,Starship,SADE,
Kool&The Gang,Lindsy Starling,Maroon5,...

邦楽では、小田和正、ドリカム、宇多田ヒカル、シングライクトーキング、
久保田利伸、Greeeen、米津玄師です。

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブロとも一覧【画像なし】

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム