FC2ブログ

週刊将棋最終号!!


ついに、この日がやってきました。

将棋ファンから愛されていた「週刊将棋」が3月30日号をもって32年間の幕を閉じました。

寂しいですね~。

多くの将棋ファンが同様の思いではないでしょうか?

そこで、今回は、最終号の特集です。




最終号は、表紙がいつもよりカラフルになっています。

内容は、以下の通りです。

 【 週刊将棋ネット新聞 3月30日号 】

≫郷田王将初防衛/渡辺棋王4連覇

【第65期王将戦】七番勝負第6局 郷田vs羽生
郷田快勝! 悲願のタイトル初防衛果たす

【第41期棋王戦】五番勝負第4局 渡辺明vs佐藤天
渡辺が終盤の接戦制し4連覇! アマヒコ初タイトルならず

【第65回NHK杯将棋トーナメント】決勝戦 村山vs千田
村山が全棋士参加棋戦初優勝!

【第29期竜王戦】ランキング戦1組
羽生が決勝トーナメント進出に望みつなぐ/久保が本戦一番乗り

【第24期倉敷藤花戦】トーナメント1回戦
里見咲がデビュー戦で室田に敗れる

【リポート】女流棋士との親睦将棋会
華やかに盛大に 池上本門寺に300人

【ファイナル企画】羽生善治ラストインタビュー・後編
王者が若き日を語る 「真の価値は50年後に」

【ファイナル企画】鈴木宏彦が見た本紙と棋界の30年
週刊将棋の思い出 そして将棋界の話題?

【ファイナル企画】棋士のラストメッセージ
将棋連盟会長、永世資格者、歴代女王からの言葉




12月30号(合併号)は二戸駅で購入し、今年の1月~3月の3か月間は、感謝の意を込めて、新聞店に頼んで定期購読にしました。

12月30日合併号はこちら。



年末年始の合併号は、内容が多くて特に楽しめるのです。

私にとって、「週刊将棋」は趣味の将棋の情報を知るだけでなく、『出張や旅行の友』でもありました。

棋戦情報や連載コラム、詰将棋など5時間以上は楽しめます。タイトル戦の詳細な記事や解説は特に面白かったですね。

休刊とともに、電子版のHPもなくなるのでしょうか?

週刊が無理なら、月刊、季刊などで存続する道はないのでしょうか?

電子版だけでも継続してもらえないのでしょうか・・・。

まあ、ファンの都合のいい願いかもしれませんけどね。

2015年度の総括の特集記事がないままに、休刊となってしまいました。これまた残念なことです。

「将棋世界」を毎月購読する時間と気力はありませんので、当面はネット上で将棋関連情報をチェックすることになりそうです。「囲碁将棋チャンネル」に加入するつもりもありませんしね。

「寂しい」ということばを何回使ったことでしょうか?

喪失感がありますね。

気を取り直して、名人戦7番勝負の行方に注目いたしましょう。

スポンサーサイト



いただきました!!



大相撲春場所は、白鵬の36回目の優勝。
あの決まり手はないよなあ~。
横綱らしからぬ勝ち方で、相撲ファンはがっかり・・・。
勝てばいいというわけではない。
やはり、らしくないとね~。
私は不満たらたらでした・・・。

選抜は、ベスト8の激突。
今日は面白かったらしい。
忙しくて、結果もろくに知らない。
明日は休養日で、明後日が準決勝。
決勝は、「龍谷大平安VS秀岳館」ではないかと予想する。



今回は、これでいきます。

先日、福島の親戚からいただいたものです。


















「大七 皆伝」 美味かったですね~。

今朝のNHKニュースで、こちらの酒蔵が放送されていました。

タイムリーでしたね~。

いろいろな土地の地酒を味わいたいものです。

地ビールも好きですがね~。
日本酒もいいですな~。

名残雪



大相撲はいつの間にか白鵬が単独トップに立っていた。

稀勢の里がやってくれるか、と期待したのだがいつもの終盤での崩れだ。

琴奨菊は、先場所のようなすきの無さは影を潜め、土俵に転がる大関らしくない負け方を何回かしている。
一場所限りの夢だったのだろうか・・・。
今場所は、期待を裏切った形だ。
残念・・・。

どうやら今場所も白鵬が優勝しそうな勢いだが、稀勢の里と豪栄道に大関の意地を見せてほしいものだ。



今朝起きてみたら、雪が降っていた。

これで、23日、24日、25日に引き続き、4日連続の雪降りだ。

もうじき咲きそうなクロッカスの蕾も寒そうにしている。

時期的には、「名残雪」だ。

イルカの名曲「なごり雪」のメロディが浮かんで来る。

♪ 汽車を待つ君の横で僕は
     時計を気にしてる~  
     季節外れの雪が降ってる~ ♪

去りゆく人との別れ、それが送別会。

今週は、3度の送別会があった。

24日も25日も連日送別会。

雪も別れを惜しんでいる。

連日の送別会でアルコールが入り、毎晩バタンキューである。

プロ野球が昨日開幕したようだが、不祥事続きで、ますます興味が薄れている。

特に、巨人が大嫌いだ。体質や経営者が嫌いだ。原監督も好きでなかった。

「どうでもいい。」と言ったら、ファンの方に叱られそうだが、それほどプロ野球に対して自分の中では関心が低くなっている。

強いてあげれば、チームは楽天、選手では、日本ハムの大谷選手、西武の菊池投手を応援している。

今朝のニュースで、本日「北海道新幹線が開業」なのだそうだ。

忙しくて、そのニュースがあることもろくに覚えていないほど、連日走り回っていた。

≪ 祝 
 北海道新幹線開業!! 
 ≫







































記事を書いているうちに、雪が小降りになってきました。

気象情報をチェックしたら、午前中は晴れになっていた。

たった今、陽射しがが射し込んできた。

はやり、「名残雪」だったね~。

今日のショットは、これにします。


コブシの樹の着雪



落葉松の着雪



紫陽花



撮影 3月23日 朝

こちら側からは雪がほとんど見えません。

風向きによって着雪の面が変わります。

季節は少しずつ春へ・・・。

今日は体を休めたいです。

素敵な週末をお過ごしください。

雪の朝、修了式!!



昨夜も送別会、今夜も送別会です。

今週は、送別会が3度あります。

去年は送られる側、今年は新しい職場での送る側です。

体調管理も大変です。

年度末の事務も山積です。

やるしかないなあ~。



本題です。



3月12日はこんな感じ。

ところが・・・。

3月23日朝に撮影したものです。


福寿草もこのとおり。



クロッカスも・・・。



ソーラーライトも・・・。


積雪4cmの朝でした。

一日中雪の舞う寒い日でした。

平成28年3月23日(水)

この日息子は、大学院を修了しました。

4月からは、社会人となります。

週刊将棋、ラスト前号!!



雪の朝でした。
もう雪は積もらないと思っていましたが、積雪4cmでした。

今日はこれから盛岡に出かけて来ます。



1月から3か月週刊将棋を定期購読しています。

3月23日号が最終刊の一つ前です。

次号3月30日号が最終号となります。

表紙をご紹介します。






【第65期王将戦】七番勝負第5局 
郷田vs羽生

郷田が相穴熊で羽生の四間飛車を粉砕! 初防衛まであと1

【第27期女流王位戦】挑戦者決定戦 清水vs岩根
岩根がきわどい終盤制す! 5年半ぶりのタイトル戦へ

【第29期竜王戦】ランキング戦1組2回戦
屋敷と丸山がベスト4進出! 決勝トーナメントまであと1

【第87期棋聖戦】決勝トーナメント1回戦
三浦が渡辺明破り2回戦へ! 糸谷豪腕流で入玉森下捕獲

【リポート】第39回朝日アマチュア将棋名人戦全国大会
中川慧梧さんが初優勝! 稲葉聡名人と三番勝負へ

【ファイナル企画】羽生善治ラストインタビュー・前編
自身と棋界と週刊将棋の30年を語る!

【ファイナル企画】バトルロイヤル風間の書き下ろし
「オレたち将棋ん顔 32ねん」

【特集】第9期マイナビ女子オープン五番勝負展望
加藤女王と室谷挑戦者が意気込みを語る

【新刊予告】伊藤果詰将棋作品集「果たし状」
50年の集大成をこの1冊に! 4月下旬発売、先行予約受付中

【クローズアップ】永瀬拓矢六段
待ちに待った昇級「同世代との対戦が楽しみ」




「ファイナル企画」が目立ちます。

味わいながら読みたいと思います。

【将棋】明日は、NHK杯将棋トーナメント決勝戦!!



久々に将棋の話題です。

最近のタイトル戦の結果

◆「王将戦第5局」 郷田王将の勝ち

郷田王将 3-2 羽生4冠

◆棋王戦第3局 渡辺棋王の勝ち

渡辺棋王 2-1 佐藤天彦8段

いずれもタイトルホルダーが勝ちました。
私は、羽生4冠、佐藤8段を応援していましたので、残念な結果でした。

というのも、羽生名人(5冠)VS佐藤天彦棋王という豪華な名人戦7番勝負を観たいからです。


羽生善治4冠



佐藤天彦8段

どちらにも、タイトルを奪取してもらって
名人戦7番勝負に華を添えてほしい
ものです。

がんばれ、羽生4冠&天彦8段!!



さて、本題です。

いよいよ
明日はNHK杯将棋トーナメント
の決勝戦です。

対戦者は、以下の2人です。




村山慈明 七段 VS 千田翔太 五段

どちらが勝っても初優勝です。

個人的には、千田翔太 五段に
勝ってもらいたいですね。

久々の5段優勝になりますからね。

そうそう、話は変わりますが、
週刊将棋が3月をもって休刊になります。
実質の廃刊です。

そこで1~3月分を定期購読しています。
これまでの感謝の気持ちを込めて・・・。




3月2日号


3月9日号


3月16日号


こちらもあと2号でおしまい
ということになります。

寂しいです・・・。

銀桂さん、棋楽さん、ふゆかさん、
ぶな太さん、そのうちゆっくりと
「週刊将棋談義」をいたしましょうね。

BB8


3連休初日です。 

みなさん、いかがお過ごしですか?

雨&曇りの土曜日です。

今週がハード過ぎたので、昨晩も
バタンキューでした。

晴れたら気持ち良かったのでしょうが
そんな贅沢を言っていられません。

今年の3月下旬は、例年になく多忙になります。

例年の送別会の嵐はもちろんのこと、
加えて、息子の卒業&就職、女房殿の転勤があります。

更に、親戚のご不幸事があったり、母の介護があったりもします。

公私ともに、戦争状態に突入しています。

そんなわけで、囲碁や将棋の話題も書けずにいました。


Have a break. ということで
こんな記事はいかがでしょう。






スターウォーズ「フォースの覚醒」に出てきた≪BB8≫です。

映画は、1月に観て来ました。
面白かったですね~。

なんでわが家にあるかというと、
バレンタインデーのプレゼントなんです。
中には、チョコレートが入っています。
3分の1ぐらい食べましたが、まだ残っています。

私は、お返しに、フェレロ・ロシェ  のチョコレートとマドレーヌをあげました。

今、MISIAの「忘れない日々」を聴きながら、この記事を書いています。

今日は、ボロ雑巾のように疲れ切った体を休めて、息子の帰省を待っています。

引っ越しの荷物の第2弾を運んでくるようです。

春は、別れと新生活に向けての旅立ち
の準備の季節でもあります。

何かと気忙しい春です。
ご自愛くださいませ。

素敵な週末をお過ごしくださいな。


あ~れぇ~!!



残 念!!

将棋王将戦第5局、羽生さんが敗れた。

<王将戦>郷田、初防衛へあと1勝…第5局 (毎日新聞)

≫兵庫県尼崎市の「都ホテルニューアルカイック」で13日から繰り広げられていた第65期王将戦七番勝負第5局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、尼崎市市制100周年記念王将戦実行委員会ほか共催、囲碁将棋チャンネル協賛)は14日午後5時35分、105手で郷田真隆王将(44)が挑戦者の羽生善治名人(45)に勝ち、3勝2敗として初防衛へあと1勝に迫った。残り時間は郷田16分、羽生48分。第6局は18、19日、神奈川県箱根町のホテル花月園で指される。

 羽生が珍しく振り飛車を採用したが、郷田が次第に優位を拡大して快勝した。

 羽生の四間飛車から相穴熊の進行になった第5局。封じ手の4五歩(44手目)から2日目の午前中は羽生が先攻する姿勢を見せ、7六歩(54手目)と角頭に歩を打った局面で昼食休憩となった。

 郷田は休憩をはさむ1時間25分の長考で同金と応じ、2筋から即反撃。角交換から4四角(71手目)が攻防に働く急所の一手になり、玉頭の厚みもあって優勢が明確になった。

 名人も粘ろうとするが、王将は正確な攻めで隙(すき)を見せず、最後は名人を「投了」に追い込んだ。

 どちらが先に七番勝負の勝利へ近づくかの大一番だったが、郷田の落ち着いた指し回しが光った。カド番に追い込まれた羽生は第6局で巻き返しを図る。

 ◇8七香でよくなる…郷田王将の話

 自信を持てずに仕方がないかと思って指していたが、2日目の午後になって手が続く将棋になり、8七香(87手目)と打つことができてよくなった。最後は攻め合い勝ちが見えた。

 ◇カウンター厳しく…羽生名人の話

 振り飛車は予定の作戦だったが、1日目の封じ手近くでどう指していいか分からなくなった。2日目は攻めないとジリ貧になると思い攻めたが、カウンターが厳しかった。ずっといいところがなかった。



終わってしまったことは仕方ありません。

切り替えて、次です!!

第6局に期待いたしましょう!!



それでは、本題です。



撮影 2月13日
はっち「まちぐみ展」より

面白い展示でしょう!?
 

※ まちぐみ展 1年半の活動記録展示

≫ 2016年2月8日(月)~2月21日(日) はっち シアター1
 「やってみたい!」をカタチにしながらまちぐるみで青森県八戸市の中心街=まちを元気にしていく「まちぐみ」。現在10代から70代まで200名を越えるメンバーが在籍。お互いの得意技を活かしあいながら、アーティスト山本耕一郎(まちぐみ組長)と一緒に活性化に取組んでいます。
そんなまちぐみの、1年半の活動の記録展示。


八戸の「まちぐみ」。

何だか、楽しいことい~っぱい
やってるみたいだぞう~。






何でも、「まちぐみ」のメンバーは
どんどん増えて、現在270名
ぐらいだとか・・・・・。

八戸が好きな方、
「まちぐみ」への加入はいかがですか?

「まちぐみ」については
以下をチェックしてみてください。









「まちぐみ」は、確かに
八戸を面白くしているようです!!

天晴れ!! 卓球男女とも銀メダル!!



少し前のニュースです。


男女ともに銀メダル 卓球日本代表が帰国
3月7日 19時48分

http://www3r.nhk.or.jp/news/r/html/20160307/K10010434651_1603071954_1603072000_01_03.jpg

 団体戦で争われた卓球の世界選手権で男女ともに銀メダルを獲得した日本代表の選手が、マレーシアから帰国しました。
半年を切ったリオデジャネイロオリンピックの前哨戦と位置づけられた今回の世界選手権で、日本は、男女とも決勝で中国の厚い壁に跳ね返されたものの、女子が2大会連続の銀メダル、男子は39年ぶりの銀メダルに輝き、大舞台で実力を発揮しました。
 選手は7日午後、大会の行われていたマレーシアから帰国し、代表の選手10人と監督が記者会見を行いました。
この中で、女子の最年長でキャプテンを務めた福原愛選手は「初めてキャプテンを務めて、みんなに支えられました。個人的には、試合の中で何球かいいボールがあったので、それを磨いて積み重ねることができれば、いいプレーができると思う」と話し、出場を確実にしているリオデジャネイロオリンピックに向けて手応えをつかんだ様子でした。
 石川佳純選手は「今回は予選リーグから厳しい組み合わせで、毎試合厳しい試合が続いたが、みんなで力を合わせて銀メダルを取れてうれしい。決勝では中国に負けたが、今回は自分のいいプレーも出て通用する部分もあったので、いいところを伸ばしてここ一番で勝ちきる強さを身につけたい」と話し、また半年を切ったオリンピックに向けては「リオデジャネイロオリンピックでは金メダルを持って帰れるように頑張りたい」と笑顔で話していました。
 15歳の伊藤美誠選手は、初出場となった団体戦の世界選手権を振り返って、「うれしかったり苦しかったりたくさんのことを経験でき、次につながる大会だった。大会を終えて精神面で本当に強くなったと自分でも思う。自分の中ではいい課題を持って帰ってきたので練習してオリンピックに向けて克服したい」と話していました。
また、男子の水谷隼選手は「これまで4大会連続の銅メダルで今回は銀メダルが取れた。日本のレベルが上がっていると思うのでうれしい。リオデジャネイロオリンピックでは金メダルを取れるように頑張りたい。もっともっとチームを引っ張っていけるエースになりたい」と話していました。



私は、中学校、高校と卓球をやっていました。ですから、卓球の試合がTV放送されるときは、できるだけ観るようにしています。

野球賭博に揺れているプロ野球は、益々関心が薄れています。

巨人が大嫌いです。
原監督も嫌いでした。

強いて応援するとすれば、東北楽天イーグルスですかね。安楽投手やオコエ選手の活躍が楽しみですね。

個人的には、岩手出身の日本ハム大谷選手、西武菊池投手の活躍に注目しています。

これで、ますます我が家ではプロ野球中継を観なくなることでしょう。

話を卓球の話題に移します。




 



≫【クアラルンプール=山口大介】卓球の世界選手権団体戦最終日は6日、女子決勝を行い、前回銀メダルの日本は中国に0―3で敗れ、1971年名古屋大会以来の世界一はならなかった。中国は3連覇を果たした。
 日本は第1試合で福原愛(ANA)が世界ランク1位の劉詩●(あめかんむりに文)に0―3で完敗。続く石川佳純(全農)はロンドン五輪シングルス覇者の李暁霞に健闘したが、2―3で逆転負けした。3人目の伊藤美誠(スターツ)も昨年世界選手権シングルス優勝の丁寧に1―3で敗れた。



特に男子は39年ぶりの銀メダル獲得だ。

天晴れ~!!

 男子決勝は水谷隼(ビーコン・ラボ)、吉村真晴(愛知工大)、大島祐哉(早大)で臨んだ日本(世界ランク3位)が中国(同1位)に0―3で敗れたが、日本は1977年バーミンガム大会以来、39年ぶりの銀メダルを手にした。









男子のエース、水谷隼選手

オリンピックイヤーの今年、
いい結果を残して本番に臨めそうです。

がんばれ、卓球日本!!

「消雪記念日」



晴れの土曜日、青空が輝いています。

最低気温は、-7.5度。 
かなり冷え込みました。

今週、自宅の周りの雪が消えました。
隣のYさんの畑の雪も消えました。

それでは、ストラックアウトの的を使って
住宅環境を少しご説明いたしましょう。




1:たばこ畑  2:たばこ畑 3:田んぼ












 道路 











4:貸住宅   5:わが家  6:畑
















 用水路 












7:池、畑    8:田んぼ  9:田んぼ

先ほどぐるりと散歩をしてきたのですが、
上の図の 6地点 を除いて、他は総てで雪が消えていました。



ちょうど、住宅と塀によって、二重に
日陰になっているんですね。


こんな感じです。 (6地点)



長さ2mぐらいの最後の残雪。
(住宅の隣のYさんの畑内にて)

撮影 3月12日11:10


1~9エリア総てでの「消雪記念日」は、近日中ということになりますね。

「消雪記念日」 
というタイトルで、記事を書こうと思っていましたが、5の住宅の敷地内でのその日が特定できません。

おそらく、4日か5日辺りだと思います。

そこで、勝手に、3月5日(土)ということにしておきましょう。


そんなわけで、
今年の「消雪記念日」は、3月5日 
です。

プロフィール

iqm90jqjpdmz

Author:iqm90jqjpdmz
将棋、自然、音楽、写真が好きです。

将棋は、羽生9段、藤井7段のファンです。

初夏にはサクランボ狩り、秋にはブドウ狩りに出かけています。

また、秋には、雑木林を散策してハシバミ、アケビ、サルナシなどの
天然の木の実を採集をしています。

音楽は、80年代の洋楽を聴くことが多いですね。
好きなアーティストは、TOTO,Journey,Foreigner,KANSAS,Eagles,
Styx,Earth,Wind&Fire,M.Jackson,Madonna,Starship,SADE,
Kool&The Gang,Lindsy Starling,Maroon5,...

邦楽では、小田和正、ドリカム、宇多田ヒカル、シングライクトーキング、
久保田利伸、Greeeen、米津玄師です。

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブロとも一覧【画像なし】

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム