FC2ブログ

サルナシの季節



9月23日、今年初めての天然のサルナシを食べた。

完熟していた。

しかし、目的はサルナシではなく、アケビ&ハシバミの採集。

サルナシはついでに食べた程度。

完熟には、まだ早いと思っていたが、中にはもう完熟しているものもあった。

そこで、今日はサルナシの記事といきましょう。











撮影 9月22日

上の3枚は、町内知人のサルナシ畑。
ここでは、天然ものの倍もある
極上のサルナシが実っている。

私は、所有者から
【自由採集許可証】をいただいている。

しかし、9月22日にチェックしたときには
既に9割が収穫済みだった。
ちょっと遅かったようだ。

ハシバミ採集に精を出していて
サルナシまで及ばなかったのである。

今年のメインは、【ハシバミ】なので
仕方ないと思っている。

今年のサルナシは、おまけ程度にか
ならないと覚悟を決めている。

知人からの大量のハシバミの
オファーに応えるために、
完全に【ハシバミモード】に入っている。

この知人のサルナシ畑のものは
まだ熟していなかった。

あと2週間ぐらいおいて、10月中旬に
残り物の福=完熟サルナシを
いただくことにしよう。

自然の恵みに感謝!!




スポンサーサイト



ガザニア


晴れの日曜日です。

晴れているだけで気分がいいですね。

8月~9月上旬まで、雨や台風の週末でしたからね。

今日は、朝6:30~9:00まで、ハシバミ採りをしてきました。

おそらく今年最後のハシバミ採りになると思います。

理由は、次の通りです。

①時間を取れない。
②ハシバミだけでなく、ツノハシバミも枝から落果してしまう。

本日の収穫は、全部ツノハシバミでした。
ハシバミは0個です。

まだ、計量していませんが、籠(つぼけ)いっぱいに2つとりましたから、総苞付で3kgはあると思います。

これは、自己ベストの収量です。
ツノハシバミは、ハシバミよりも総苞の量が多いので、乾燥させて堅果になるともっと軽くなり、3分の1ぐらいの重さになると思います。ひょっとすると、4分の1かもしれません。

自宅の計量器は1kgまでしか測れませんので、数回に分けて計測しなければなりません。

4kg~5kg用の秤を購入しなければならないかも知れません。 (笑)

採ったツノハシバミをまだ撮影も計量もしていません。

実は、5連休で撮影したデジカメの8GのSDカードが行方不明で、そのカードにあけびやハシバミの写真が入っているので、困ってしまっています。

早く見つからないかなあ~。



さて、そろそろ本題に移りましょう。

今年春に購入したガザニアの花がきれいだったので、またまた撮影してしまいました。もう4か月も咲き続けています。
ガザニアは、花期が長く、玄関先には持って来いの花です。

好きです!! ガザニア!!


ちょっと風が強かったようです。

あと1月ぐらい咲き続けてくれることでしょう。

桐の葉


大相撲秋場所、照ノ富士3連敗。

2敗で先頭に立った一人横綱鶴竜がこのまま優勝してしまうのか・・・。

軽量力士が体をかわすのは作戦としてはあり。しかし、それが横綱となると・・・。
そう言えば、休場中の日馬富士も軽量横綱。巨漢力士とまともにぶつかったのでは体力負けしてしまう。

鶴竜としても、横綱としてはふがいないと言われても、怪我をしないため、勝つためには止むを得ないところだろうか・・・。

ファンにとっては物足りなくても、軽量横綱が勝つための選択肢はそう多くはない。

明日は千秋楽。優勝力士が決まる!



桐の葉は大きい。

いつか記事にしてみようと以前から思っていた。


縦の長さは、約1m。




横の長さ約70cm。

葉の部分だけだと
約70cm四方ということになる。

国内の広葉樹で
これほど広い葉があるだろうか?

そんな大きな葉をたくさんつけている
桐の葉に敬意を表したい。


オオツノハシバミ


雨の土曜日です。

今週もハードな1週間でした。

今日は二戸市で会合があります。


大相撲秋場所は、全勝の大関「照ノ富士」が連敗し、足を痛めてしまったため、優勝の行方が分からなくなりました。

今日相撲を取ることができるのでしょうか?

横綱二人が休場した今場所、賜杯を抱くのは果たしてどの利力士になるのでしょうか?

私の予想では、一人横綱の鶴竜ですね。
注目です。



久々に、オオツノハシバミを撮影できましたので、紹介します。

ハシバミには、大きく分けて、ハシバミとツノハシバミがあります。

そのツノハシバミには、普通のツノハシバミとオオツノハシバミがあります。

名前の通り、オオツノハシバミは大きいのです。












撮影 9月22日


この日収穫したツノハシバミ。
サイズの大きいものがオオツノハシバミ。
小さいものがツノハシバミ。
サイズが明らかに違いますよね。 

自然は、このようにいろいろなハシバミを分け与えてくれます。

自然の恵みに感謝です。

この日は、わが「ハシバミ採集史上最高の収穫」となりました。

詳しいレポートはまた後日・・・。

計量が楽しみです!!

気になるニュース二題



本日の気になるニュースを2つ。

先程、「きになる」を変換したら、「樹に生る」と出て笑ってしまった。

いくら、アケビ採集やハシバミ採集が趣味の私だからと言って、「樹に生るニュース」じゃねぇ~。

ちょっと笑える「誤変換」の一つである。

スズメバチに刺され2人死亡 いずれもショック死か

 北海道士幌町士幌東9線で23日午後5時25分ごろ、音更町の酪農業の男性(37)がスズメバチに刺され、まもなく死亡した。帯広署によると、男性は家族らと農作業中に手を刺されたという。男性は過去にも刺されたことがあり、ショック死したとみられる。(朝日新聞デジタル)






ショック死か

急激なアレルギー症状のアナフィラキシーショックを起こしたものとみて調べています。NHK(2015年9月24日)

対処法は

健康チェックナビ
小野市消防本部



他人ごとではない。

私もスズメバチに刺されたことがある。
次に刺されると、私も死んでしまう可能性がある。
まだ、50代。スズメバチに刺されて死ぬわけにはいかない。しかし、そうなる可能性を持っていることは事実。
このニュースは、私にとっても【ギクリッ】とするニュースであった。

スズメバチ・・・。 
特に気を付けなくては・・・。



【動画あり、閲覧注意】アカマタの共食いの貴重映像

何蛇(なんじゃ)これ? アカマタ共食いの貴重映像撮影




アカマタ





 【国頭】沖縄県国頭村奥の路上でアカマタ2匹が絡み合ったまま動けなくなっている場面を、同村の嘉陽宗幸さん(62)が撮影した。「どっちがどっちか、意味が分からん」。写真展に出品し、「何蛇(なんじゃ)これ!?」とタイトルを付けた。(阿部岳)
 撮影したのは7月19日午前8時ごろ。嘉陽さんは日本ウミガメ協議会の会員として村内の浜を毎日調査していて、この日もその途中で路上に30センチほどの塊を見つけた。車を降りると、アカマタ2匹が互いに強く締め付け合って動けなくなっていた。
 膠着(こうちゃく)状態は30分ほど続き、嘉陽さんが棒でつつくとほどけて離れていった。2匹とも1メートル以上はあったという。嘉陽さんは「ヘビは本当は大嫌いだけど、あまりにも珍しく不思議で、見入ってしまった」と笑った。
 ヘビに詳しい県衛生環境研究所の寺田考紀主任研究員は動画を確認し、「共食いの貴重な映像だ。大きい方が小さい方を絞め殺して食べようと思ったのに死なず、戸惑っているように見える」と話した。
 写真は国頭村の環境省やんばる野生生物保護センターで開催中の「やんばる写真展2015」で、他の38点とともに10月4日まで展示される。



アカマタ関連のローカルニュースをもう1本。

2m25cm巨大ハブと思ったら…アカマタでした(2014年10月)

【おまけ】



アカマタは、本土の「ヤマカガシ」(毒蛇)と外観が似ているような気がする。

貴重な写真と映像を見ることができた。

共食いを図って、どちらも死んでしまうなんてね。アーメン。

そんなわけで、 ちょっと 「樹に生る」  ニュース2題でした。


産直「サラダボウル」にて



連日、秋の味覚の記事です。

岩手県北部、一戸町小鳥谷の産直「サラダボウル」で見つけたものです。



松茸1本2500円。
う~ん、ちょっと手が出ませんでした。







10個で120円。
これは安すぎです。
アケビハンターの私としては、適正価格は、250~300円と見ます。
この方は、120円のあけびを6パック並べていました。

立ち寄ったのは、午前10時半。
夕方立ち寄ったときには、全部売り切れていました。激安ですから、当然ですね。

自分だったら300円の根を付けますね。

私も産直で売れるほど毎年収穫するのだが、産直組合の会員でないため売れないのです。

アケビを愛する者として、産直でアケビの価格も気になるのです。また、アケビを店頭に並べる産直がいくつあるのかもチェックしています。

私のこれまでのリサーチでは、4か所でアケビを店頭販売していましたね。

私も、【トリトンあけび市場】でも個人でオープンさせてみようかしら・・・。

な~んてね。

根底にあるのは、一人でも多くの方にアケビの美味しさ、素晴らしさを知っていただきたいという思いなのです。

あけび、万歳!!

アケビ大好き!!

来年も100個目指して
採りまくりますよ~。








岩手の秋の自然の恵みが届きました

 
岩手の秋の自然の恵みが届きました


 岩手在住のブログトモ友❝トリトン(→http://blogs.yahoo.co.jp/nfpmp827/27474459.html)❞さんから、岩手の秋の自然の恵み~アケビ・ハシバミ・ツノハシバミ+サルナシジュースが届きました。
 アケビは四国に在住していた学生時代、チャリンコで四国一周しているとき、高知県の山の中で一度食べたきりでした。そのことをトリトンさんのブログにコメントしたことから、今回、親切に送っていただいたのです。
 ツノハシバミは北海道にもあるのですが、その果実は食べたことはありませんでした。ハシバミは自生していないので、これまた、初めて食しました。共に、日本製のナッツといったところです。
 トリトンさん、有難うございました。さっそく味見させていただきました。





届いた岩手の秋の自然の恵み


 左下:アケビ、中央上:サルナシジュース、右上:ツノハシバミ、右下:ハシバミ、




アケビ拡大




ハシバミ(左)とツノハシバミ


 

 


転載元: 「野草閑話」~孝遊子

2015 アケビの採集 ③



アケビの記事が続いています。

今年は、5回の採集全部をレポートしたいと思います。

今年の過去の記事は、こちら。



そして、これが3回目です。


ご覧の通り、籠いっぱいに採れました。



広げて、撮影してみました。
56個ありました。

この日、林の中で、熟し過ぎている4個を食べました。
したがって、これまで採集したアケビの合計は次の通り。

14 + 20 + 56 + 4= 94

目標の100個目前です。

採集したのは、9月21日(月)敬老の日です。

この日の首尾は・・・。

A地点・・・ 0個 昨年15個採れたのだ  
が今年は、刈り払いしてあってダメ。

B地点・・・ 15個 先に誰かに採られてしまったようだ。仕方あるまい。

C地点・・・ 51個。昨年よりも少なめ。これも誰かに先を越されたようだ。

D地点・・・ 未採集。時間がなくて行けなかった。もう行けないかもしれない。行けても野鳥の餌になっている可能性大。

まあ、こんなところでしょう。

この日の収穫したアケビの内、上物を選んで、北海道にお住いのブロ友「孝遊子さん」に、ハシバミと合わせてお送りした。

とても喜んでいただいた。 嬉しい!!

さらに、とても食べきれないので、近所や知人に分けた。これまた喜んでいただいた。 

また秋の自然の恵みを少し分けていただいた。有り難いことだ。

あけび大好き!!

秋の雑木林は自然の恵みの溢れている。

産直で見かけた茸



秋の味覚シリーズが続いています。

今回はこれで行ってみましょう。






ジャンボきのこです。
名前は分かりません。
値段は、なんと5000円でした。
きのこに詳しい方名前を教えてください。

採った方も、買われた方も、メモリアルなきのこだと思います。

秋の自然の恵みに感謝ですね。


2015 アケビの収穫 ②



楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。

5連休ももうあと1日となってしまいました。

この4日間、一つの記録が生まれました。
それは、【4日連続雑木林入り】という記録です。

19日(土)、雨の中アケビの収穫(今年2回目)。八戸の歯医者に向かう途中、傘をさして採りました。(これが本日の記事になります。)

理由は、歯医者さんにアケビをあげる約束をしていたからです。

普通なら、雨降りならアケビ採りはあまりしません。

20日(日)晴れ。⇒絶好の収穫日和。
アケビの収穫③ ⇒大量でした。明日の記事になります。

21日(月)晴れ。 母(83歳)の介護へ。
帰り道、ツノハシバミの収穫。(今年のハシバミ採集3回目。近日中に記事にします。)

22日(火)晴れ。朝第4回ハシバミ採集。
大量収穫です。1日の収穫量としてはこれまでで最高かも?
⇒近日中に記事にします。
午後は、八戸の温泉に出かけました。
い~気持ち!! ⇒ 疲れが取れました。



さて、本題に移りましょう。

20日(日)に収穫した今年2回目のアケビの収穫です。

美しい色をしています。
全部で20個ありました。
全部、八戸の歯医者さん(&将棋話仲間)にあげました。

実は、このアケビ、1回目の採集場所と同じ場所で収穫したのです。

前回14個、今回20個。採り残し3個(⇒未熟&小さい)。
ということは、1カ所で37個も生っていたということになります。
昨年は、12個しか採れませんでした。
今が伸び盛りのアケビの蔓なようです。
来年は50個採れるかもしれません。

さて、上の写真の20個のアケビを採るのにどれくらい時間がかかったと思いますか?

たったの2分です。

私は、【アケビハンター】ですので、アケビを採るのは造作ないことです。

2分で20個採っちゃいました!!

毎年、アケビの収穫は最低100個をノルマにしています。

14 + 20 = 34(個)

あと、66個でノルマ達成です。

これまた、造作ないことです。
この連休中の達成することができるでしょう。

アケビ大好き!!

今年も自然の恵みに感謝です!!


プロフィール

iqm90jqjpdmz

Author:iqm90jqjpdmz
将棋、自然、音楽、写真が好きです。

将棋は、羽生9段、藤井7段のファンです。

初夏にはサクランボ狩り、秋にはブドウ狩りに出かけています。

また、秋には、雑木林を散策してハシバミ、アケビ、サルナシなどの
天然の木の実を採集をしています。

音楽は、80年代の洋楽を聴くことが多いですね。
好きなアーティストは、TOTO,Journey,Foreigner,KANSAS,Eagles,
Styx,Earth,Wind&Fire,M.Jackson,Madonna,Starship,SADE,
Kool&The Gang,Lindsy Starling,Maroon5,...

邦楽では、小田和正、ドリカム、宇多田ヒカル、シングライクトーキング、
久保田利伸、Greeeen、米津玄師です。

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブロとも一覧【画像なし】

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム