FC2ブログ
スポンサーサイト



【将棋】NHK杯 ベスト8出揃う!!

日曜日の楽しみは、「将棋フォーカス」とNHK杯TV将棋トーナメント。

NHKサイト(将棋と囲碁の番組紹介

明日、2月1日(日)の対局は、この2人。


準々決勝 第1局
2月1日(日)
行方尚史 八段 VS 佐々木勇気 五段

ベスト8ということは、準決勝ということだ。

ベスト8までの戦いの軌跡を
振り返ってみよう。


行方尚史八段
  佐々木勇気五段
森内俊之九段  菅井竜也五段
橋本崇載八段  金井恒太五段
深浦康市九段
  飯塚祐紀七段

この8名の中から今年の
NHK杯の優勝者が決まる!

果して、優勝は誰の手に・・・。

羽生、渡辺、森内、郷田らの有力棋士が姿を消し、誰が勝っても初優勝だ。

興味津々である。

【将棋】王将戦、第3局 郷田9段が勝って、1勝2敗!!

積雪30cmです。
昨日の朝は、0cmだったんですよ。
一晩で、30cm積もりました。
久々に、雪かきを2時間しました。
腰がつかれましたね~。
積雪のレポートは、次の記事に譲って
今回は、将棋の記事です。






渡辺王将 VS 郷田9段
奇しくも2人は、NHK杯の
62回(2012年度)と63回(2013年度)の優勝者

回 年度     優勝者       相 手

632013郷田真隆九段丸山忠久九段
622012渡辺 明竜王

羽生善治三冠

612011羽生善治二冠渡辺 明竜王

毎日新聞 1月30日(金)
 

 木県大田原市のホテル花月で29日から繰り広げられていた第64期王将戦七番勝負第3局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、大田原市、下野新聞社後援、囲碁・将棋チャンネル協賛)は30日午後6時54分、挑戦者の郷田真隆九段(43)が渡辺明王将(30)を146手で破り、対戦成績を1勝2敗とした。残り時間は渡辺6分、郷田5分。第4局は2月16、17日、さいたま市浦和区の浦和ロイヤルパインズホテルで指される。

         【写真特集】王将戦第3局2日目の様子

1日目は両者の主張が激しくぶつかり合う展開。渡辺は4五飛(55手目)から決戦を挑んだ。郷田の封じ手4六歩(56手目)で本格的な接近戦になるかと思われた。

しかし郷田の3三角(62手目)で一転局面は緩やかな流れに。郷田に苦心の着手が続き、当初は渡辺が指しやすい形勢ではないかと、控室の検討陣は判断していたように、渡辺は4六歩(77手目)など局面を落ち着かせる戦略を重視した。


これで、4-0は無くなりました。
郷田9段にがんばってもらって、タイトル奪取となれば面白いのですが・・・。
せめて、最終戦第7局まで、将棋ファンを楽しませてもらいたいものです。
私は、オッズは低いでしょうが、郷田9段を応援します。

がんばれ、郷田9段!!










下倉スキー場

≪2015 初滑り≫の続編です。

今回は、下倉スキー場特集となります。


プロフィール
http://img.travel.rakuten.co.jp/share/ski/img/spacer.gif
http://img.travel.rakuten.co.jp/share/ski/map/47_s.jpg
拡大写真+コース詳細
パウダースノーに熱くなれ!
八幡平と岩手山の間にあり、風の影響を受けにくいスキー場。標高1130m、最長滑走距離2700m。抜群の雪質と変化に富んだ斜面構成は、中・上級者や新雪を楽しみたい自然派の方におすすめ。ダイヤモンドコース上部にある 下倉の壁 は未圧雪バーンで最大斜度37度。昨年オープンしたロッヂ内 パウダーステーション では雪山機能が充実。サロモン・k2・フォルクルの最新オールマウンテン系レンタルもあり。バックカントリーツアーも開催。初心者は下倉バックカントリートレーニングから始めよう。バックカントリーは要予約。

















岩手山がこんなに近くに見えます。
パノラマスキー場よりも、ずっとよく見えます。
盛岡方面から見える岩手山の山容とは全然異なる姿です。
尖った岩?、山頂?(登山用語を知りません。ご存知の方は教えてください。)がかなり確認できます。



シルキーコースから臨む岩手山
シルキーコースは、2000mの
ロングコースを楽しみことができます。

この日滑って一番爽快だったコースです。



リフトから最大の難所ダイヤモンドコースの「下倉の壁」を臨む。

(註)ダイヤモンドコース
全長:1020m
最大斜度:37度
レベル:上級
特徴:岩手県内最大級37度の未圧雪
         バーンとパウダースノーが楽しめます。


YouTubeで「下倉の壁」を
スノボで滑る動画を見つけました。

女性の方でしょうか?

「下倉の壁」のコースの端を
必死に滑り降りているだけのようです。

しかし、滑り降りたこと&
撮影したことに拍手を送ります。

最大傾斜37度の雰囲気を
味わってみてください。

≪下倉の壁にて≫



下倉スキー場といえば、"下倉の壁"です。最高斜度37度という­ことで、東北でも有名な急斜面スロープです。とはいっても、、パウダースノーがたっぷ­りつもってて、雪面ふかふかになってれば、わりと容易に下ることができたりします。も­ちろん激烈楽しいです。浮遊感のここちよさはたとえようないです。画面がすこし暗めな­のは、天候が荒れていたからです。こういう吹雪いている日こそ狙い目です。

因みに、前のリフトに乗っているのは
町のスキー協会の指導員2名です。

午後は、この3人で滑りまくりました。

これが「下倉の壁」の最上部。
下を見下ろすと、こんな感じ。
途中が見えません。

因みに、人が立っている中段の部分は
春~秋は、「八幡平樹海ライン」の道路
「樹海ライン」も「下倉スキー場」も
十和田八幡平国立公園内を通っています。
37度では華麗に滑ることができません。
へっぴり腰になってしまいます。
転ばないで滑るので精いっぱいでした。

この「下倉の壁」を華麗に滑り降りる
ことができたら、最高でしょうね~。

滑り終わったら、腿が悲鳴を上げて
一気に体力を消耗してしまいました。

下倉スキー場、大好きです。
また、来年も滑りに来るぞ~~~!!


次回は、食事はセンターハウス内
の様子です。お楽しみに!!

続く・・・・・。

2015 初滑り!!

1月25日(日)、今年の初スキーに出かけて来ました。
場所は、岩手山の麓にある≪八幡平リゾートスキー場≫です。

以前こんな記事も書いています。 
 ≪八幡平リゾート 2つのスキー場!!≫  
2012/1/24(火) 午後 9:00  (クリック) 

≪下倉の壁 ≫ 
2013/1/27(日) 午後 11:58  (クリック)



青空の広がる好天に恵まれ、
絶好のスキー日和でした。

この日滑った2つの
スキー場を紹介します。







八幡平リゾートには、2つのスキー場があります。リフト券は共通で、どちらのスキー場も滑ることができます。
午前は、パノラマスキー場を、午後は下倉スキー場を滑りました。
私は、下倉スキー場が好きです!!











岩手山が悠然と聳えています。






キッズ教室は大賑わい!!



八幡平リゾートホテル
左のバスは、私たちが乗ってきたバス



岩手山の麓であることが
お分かりいただけますね。

K町スキー協会の指導員の方に
レッスンを受けながら、
午前中楽しく滑りました。

午後は、下倉スキー場に移動して、
下倉センターハウスで昼食を摂り、
下倉スキー場を滑りまくります。

画像の容量がいっぱいなようです。
続く・・・。



【将棋】 王将戦 渡辺2連勝!!

今年初めての将棋の記事です。
 
まずは、王将戦のニュースから・・・。
 
 
 

 
 
 
 
 
 
島根県安来市の「さぎの湯荘」で22日から繰り広げられた第64期王将戦七番勝負第2局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、囲碁・将棋チャンネル協賛、安来市、安来市王将戦開催実行委共催)は23日午後7時21分、156手で渡辺明王将(30)が挑戦者の郷田真隆九段(43)に勝ち、連勝した。残り時間は郷田1分、渡辺1分。第3局は29、30日、栃木県大田原市のホテル花月で指される。

【棋譜はこちらから】第64期王将戦 第2局

 第1局と立場を変えて角換わり相腰掛け銀となった第2局は、郷田が中盤以降あえて受けに回り、細かく攻めを刻んだ渡辺が終盤逆転した。

 1日目は千日手を巡る駆け引きが続き、郷田が打開して仕掛けた局面で封じ手となった。渡辺は直接応対せず、封じ手の8二飛(74手目)から陣形を整えた。2日目午後、局面が一気に動き出す。

 渡辺が攻勢に立ち、郷田玉へ迫るが、郷田は深い読みに裏付けられた受けを見せて、4五歩(105手目)と角を捕獲、駒得となった。しかし、王将は激しい追撃を見せ、形勢は次第に接近してゆく。時間に追われる挑戦者のミスを誘って、ギリギリの攻め合いを制して勝ち切った。

 郷田が受け切ったかに見えた中で勝利を収めた渡辺は3連覇を目指して第3局でさらに弾みをつけたいところだ。王将初挑戦の郷田は、第3局が巻き返しを図る大事な対局になる。

 ◇ずっと苦しかった

 渡辺王将の話 1日目は、似た将棋を指したことがあり、駒がぶつかってからどうなるかを考えていた。4七銀(83手目)からずっと苦しかった。角を取らせたのは仕方がなかったが、さすがに負けかと感じながら、6七金(144手目)でチャンスがあるかと思った。終盤はいろいろあった気がする。

 ◇残念な将棋でした

 郷田九段の話 4七銀(83手目)で指せるのではないかと感じていた。終盤は勝てると思ったが、はっきりした決め手を見つけられず、3八銀(153手目)と引いた時、4八銀と打たれるのをうっかり見落とした。当然4一角と勝負するところで、それなら分からなかった。残念な将棋でした。
【関連記事】
 


 
う~ん、こうなると、渡辺王将のタイトル防衛が濃厚となってしまった。
 
途中、郷田9段が優勢で勝ちになるかと思ったのだが、さすが渡辺王将。逆転勝ちとなった。
 
ファンとしては、1-1のタイスコアを期待していたのだが、こうなると、4-1か4-0でタイトル防衛となりそうだ。
 
がんばれ、郷田9段!!
 
 

おろし生しょうがで一工夫!!

 
土曜日、いかがお過ごしですか?
 
起きたときは、吹雪だったのですが、今は日が射しています。
 
今朝の最低気温は、-1.6度。日中の予想最高気温は、2度です。
 
寒中としては、穏やかな気温です。平年よりも、3~4度は高いんじゃないでしょうか?
 
例年なら、この時期は-10度を下回る日が続いても不思議じゃないころです。
 
また、50年以上生きていますが、今年はあまり記憶がないくらい雪が少ないんです。
 
ブロ友で、高山にお住い≪リカちゃん≫レポートによると、高山は積雪が70cmもあるそうです。
 
こちらは、道路の雪は消えています。
田畑の積雪は、5~7cmぐらいでしょうか?
 
こんなに少なくていいの? と思うくらいです。
 
ただ、北国の冬はそんなに甘いもんじゃありません。きっと、これから今までの小雪の元を取るくらい、ドバーッと大雪が降るに違いありません。
 
それこそ、一晩に50~70cmという大雪が2,3回降るんじゃないかと思います。
 
それがいつなのか・・・。
 
ある程度覚悟して待っています。
 
 
 
 
 
今日は、日常生活の平凡な一コマのショットです。
 
 
 
 

 
味噌汁にちょっぴり≪おろし生にんにく≫を入れるんです。
 
考案したのは、女房殿です。
 
初めてから1年になりますが、ほとんど風邪を引いていません。≪ニンニク効果≫なのでしょうか?
 
 
と、胸を張りたいところですが、昨年12月20日、体調を崩してしまいました。
のどの痛み、頭痛、鼻水、鼻づまり、微熱、悪寒、だるさ・・・。 風邪の症状と似ていました。
 
 
そして、1月15日には、今度は女房殿がインフルエンザにかかってしまいました。
 
 
「おろし生にんにく」もインフルエンザは防げなかったようです。
 
ひょっとすると、12月下旬の私の体調不良もインフルエンザだったかもしれません。
 
実は、2年前、インフルエンザのA型に感染していましたので、今年の型にある程度免疫ができていた可能性があります。
 
それで、軽度で済んだのではないか、という可能性があるのです。
 
事の真偽は分かりませんが、「おろし生しょうが」の効能はあると思っています。
 
 
体が温まるというのもあるかと思います。
 
いずれにせよ、今後も「おろし生にんにく」を愛用していくつもりです。
 
 
因みに、わが家で愛用しているのはこの商品です。
 
 
 

 
 
 
 
しょうがは、体が温まりますからね。
健康にいいことは実証済みですよね。
 
今日は、日常の小さな食習慣の紹介でした。
 
最後までご覧いただきありがとうございました。
 

 
【 兄弟ブログの紹介 】
 
 
(10年5か月、記事数約2080のブログ。
ヤフージオログからの引っ越しブログ。
その後、随時更新しています。)
 
(26年5月3日開設の自然の恵み専用ブログ)
 
 
どうぞ、よろしくお願いいたします。

君がとなりにいる幸せ

 
 
今回は、「我が家のニャンコ写真特集」でいってみたいと思います。
 
 
 
 

 
2階では・・・
 
 
 

1階階段入口付近
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
3階のコーナーでは、岩合氏のメッセージビデオが上映されていました。
 
そこに「OLYMPUS PEN で猫を撮る」と題した氏のパネルが
掲示されていました。
 
 
 
 
なかなかの「家ねこちゃん」のナイスショットのオンパレードでした。
 
どの写真からも、「ネコ愛」の気持ちが伝わってきました。
 
いかがでしたでしょうか?
 
あなたは、ここに紹介した写真では、どのショットに心惹かれますか?
 
ご意見をお寄せくださいませ。 
 

ねこのあしあとに誘われて・・・。

 
特別展 「ねこ 岩合光昭写真展」 の続編です。
 
 
 
 
昼食を済ませ、八戸市庁舎の近くの交差点の青森銀行の壁に何やら気になるものが貼ってありました。 ↓
 
 

気になります。
 
もう少し進むと、こうなりました。
 
 

ねこのあしあとの方向に歩いて行ってみました。
 
 
すると・・・・・、
 
 

写真展の看板、発見!!
 
これはもう入るしかないでしょう!!
 
 

壁に大型ポスターが・・・・・。
 
 

玄関も素敵に飾られています。
ワクワク・・・・・。
 
 

この写真、強烈ですよね。
好きだなあ~、こういう写真!
因みに、岩合さんの作品で、≪撮影可≫なのは、この写真のみです。
撮影OKマークがついていますよね。
私は、カメラを首にぶら下げての入館でしたので、係の方が「この写真は撮影してもいいですよ。」と説明してくれました。
畳よりも大きいサイズですからね。
圧倒されます。
 
 
解説によると、「この2匹(猫と犬)は、ご主人様同士が仲良し」なんだそうです。
巧いですね~。見事な作品です。
 
 

エントランス正面の作品をもう少しルーズで撮ってみました。
圧倒的な存在感です!!
 
さて、いよいよ、岩合ねこワールドの体験開始です。
 
 

階段入口には、こんなにも「我が家のねこちゃん」の写真が飾られていました。
 
自分が投稿した写真を観に来る方も多数いましたね~。
 
そして、写真すべてに、ねこちゃんの名前が表示されています。
 
(=^・^=)ファンには、嬉しい企画ですよね。
一体何枚の写真が貼られていることでしょう。
 
岩合さんのねこ写真の前に、一般市民のねこ写真がお出迎えをしてくれました。
 
次回は、「我が家のねこ写真」の中から個性的なニャンちゃんをピックアップして紹介いたします。
 
お楽しみに!
 
 

特別展 「ねこ 岩合光昭写真展」

 
特別展「ねこ 岩合光昭写真展」を見て来ました。
 
場所は、八戸市美術館です。
 
 
 
 
 特別展

                  特別展
        「ねこ 岩合光昭写真展」 new!
            

平成26年12月20日(土)~平成27年2月8日(日)

      「ネコが幸せになればヒトも幸せになり、地球も幸せになる!」と
   語る動物写真家の岩合光昭さん。ヒトとの結びつきがひときわ強い
   ネコたちを、街や取材先であたかも会話を交わしながら撮影したよう
   な作品には、表情豊かなネコたちが見事に写し出され、見るものに
   得もいわれぬ温かい気持ちを与えてくれます。
    本展は、岩合さんが40年以上に及ぶ写真家人生の中で、国内
   外を問わず撮り続けてきたネコたちを一堂に集めた展覧会です。愛く   るしくもたくましいネコたちのベストショットとともに、若き日の岩合さん   と一緒に暮らした「海ちゃん」ほか、各シリーズから厳選した写真約18   0点
で構成します。   
    
    

                   【入館料】


                  
一般  500(250)円
             高校・大
学生  300(150)円
                小・中生  100(50)円


           ※市内小・中学生は無料
           ※(  )内は20名以上の団体料金
           ※市内在住の65歳以上の方、
             障がい者手帳をお持ちの方は半額 

    休館日  1月13日(月)、19日(月)、26日(月)


 
NEWS


        特別展「ねこ 岩合光昭写真展」関連イベント
     わが家のアイドル

       
ねこちゃん写真大募集 new!

             募集期間 
    2014年10月1日(水)~2015年1月31(土)

    
  展覧会会期中にみなさんの撮影したねこちゃんの写真を美術館で展示
  します。ご提供いただいた方には、招待券(1枚)をプレゼントします。

  応募方法/募集期間中に写真を美術館1階受付に直接お持ちください。
  サ イ ズ/E判(約8×12㎝)~L判(約9×13㎝)に限ります。
  枚  数/お1人様1枚まで 

     ※写真のご返却はいたしませんのであらかじめご了承ください。
      ※被写体に人物が入る場合は必ずご本人の承諾を得てください。
      ※展示の際、撮影者のお名前などのご紹介はいたしません。                                        




     





 
盛況でした。
 
 
特に、
上の「わが家のねこちゃん写真」を
応募された方が、わんさかと
押し寄せていました。
 
 
駐車場が満車で、
係の方が悩んでいました。
 
 
私は、別な駐車場に止めて、
歩きでしたから大丈夫でした。
 
 
 
 

 
 
 
 


 
 
岩合光昭氏は、以前から好きな
動物写真家でした。
 
現在も、NHKのBSPで「世界ネコ歩き」なる番組を放送中だ。
 
 
 
 


 
 
楽しい写真展だった。
 
ネコの様々な表情が写し出されていて興味深かった。
 
 
 
今回は、写真展のCM的な内容です。
 
次回は、私なりの視点からの
レポートです。
 
お楽しみに!!

 

プロフィール

iqm90jqjpdmz

Author:iqm90jqjpdmz
将棋、自然、音楽、写真が好きです。

将棋は、羽生9段、藤井7段のファンです。

初夏にはサクランボ狩り、秋にはブドウ狩りに出かけています。

また、秋には、雑木林を散策してハシバミ、アケビ、サルナシなどの
天然の木の実を採集をしています。

音楽は、80年代の洋楽を聴くことが多いですね。
好きなアーティストは、TOTO,Journey,Foreigner,KANSAS,Eagles,
Styx,Earth,Wind&Fire,M.Jackson,Madonna,Starship,SADE,
Kool&The Gang,Lindsy Starling,Maroon5,...

邦楽では、小田和正、ドリカム、宇多田ヒカル、シングライクトーキング、
久保田利伸、Greeeen、米津玄師です。

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブロとも一覧【画像なし】

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム