FC2ブログ

福島の旅 グルメ編

 
 
旅の楽しみと言えば、美しい景観、そして、買い物やお土産、食事(グルメ)ですよね。
 
それに、旅を共にした方とお知り合いになれる場合があります。一つの旅をきっかけにブログやメール、はがき等で交流が始まる場合もあります。
 
今回はバスに乗っている時間がとても長かったため、休憩ごとに、バスを降りて背伸びしたり、外の空気を吸ったり、SAのお土産を買ったり、眺めたりしました。
 
 
 
 

 
さくらソフトをいただきました。
写っているのはよその観光客です。
私は撮影者です。
 
 
 
 
 

 
お土産を買いに大勢の観光客が詰めかけていました。ここの「ゆべし」は美味しくて好きなんです。
でも、1週間前に食べたばかりでしたので、
今回は買いませんでした。
(共同購入でも手に入るんです。)
 
 
 
 
 

 
安達太良SAのパン屋さんの人気メニュー
人気NO.2 ≪りんごパン≫
こちらも美味しかった~。
りんごの果肉が入っています。
 
 
 
 
 

 
 
そして、一番人気がこの ≪ももパン≫
美味い!!!!!
どうですか、このはち切れんばかりの
ふっくらしたフォルム。
プルンプルンです!!
 
私が2個トレーに取って、レジに並んでいる間に
たちまち売り切れてしまって、
撮影することができませんでした。
 
ですから、撮影したのは帰宅してからです。
中に桃の果肉が入っていて、癖になる味です。
 
「ももパン2個」と「りんごパン1個」を買いました。
 
どうぞみなさん、「安達太良SA」に
立ち寄りの際にはぜひご賞味くださいな。
 
 
 
 
 

 
中はこんな感じになっています。
これで、1個160円です。
できることなら、3日に1回食べたいくらいです。
 
 
 
 
この美味しい≪ももパン≫を教えてくださったのは
バスガイドさんでした。
 
推薦通りの美味でした。
ありがとう、バスガイドさん。
 

 
明るく元気なバスガイドさん。
朽木琴美さん です。
撮影したのは、雪村桜の前です。
 
 
 
 
長い道中ありがとうございました。
おかげで楽しい旅となりました。
また、どこかのツアーでご一緒しましょうね。
 
 
 
これで福島桜銘木めぐりの旅シリーズを終わります。
 
 
ついでに、バックナンバーを載せておきましょう。
 
 
 
 
 
 
来年もまた福島に出かけるかもしれません。
 
「花見山」も行ってみたいですし、
「ももパン」も食べたいですしね。
 
ご覧いただきありがとうございました。
 
 
 
スポンサーサイト



2013 飛騨高山祭

 
 
【昭和の日】いかがお過ごしでしたか?
 
 
 
福島の桜銘木めぐりの記事が続いていました。
 
今回は、ちょっと桜を置いておきまして、紹介が遅くなりましたが、【飛騨高山祭2013】です。
 
ブログの友人、高山にお住いのリカちゃんの撮影されたショットを紹介いたします。
 
 
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

山車の龍の彫り物
 
 
 

山車の飾り 
何だかわかりますか?
 
そうです。【打出の小槌】です。
しかも ≪金色≫ です。
 
これならたくさんの福がありそうですね。
 
 
 
リカちゃん、高山祭①~④から、6枚紹介させていただきました。
 
オリジナルブログはこちら。(紙面の関係で④のみ)
 
 
どうぞ、みなさんチェックしてみてくださいな。
 
リカちゃん、ありがとうございました。
 
こちらはようやく桜が咲き始めました。
GW後半には満開になると思います。
すごく楽しみです。
 
みなさん、GW前半はいかがお過ごしでしたか?
 
私は、実家へ帰って来て、家の片付け、
本日は来客で、前半が終わってしまいました。
 
後半には花見ができるかなあと楽しみにしております。
 
今週もがんばってまいりましょう!
 

福島桜銘木めぐりの旅③ 雪村桜(郡山市西田町)

 
福島桜銘木めぐりの旅第3弾です。
 
今回は、あの滝桜のある三春町のお隣りの郡山市西田町にある【雪村桜】です。
 
 
 
 
雪村桜の画像(17,400件)-Yahoo!検索(画像)
 
 
 
 
 
こちらも樹齢400年の古木です。
 
齢を重ねて、風雪で痛んだ箇所がコンクリートで補修してありました。ギブスをした怪我人のようでもあり、痛々しくもありました。
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
1万人以上の観光客が行列をなして押し寄せる「滝桜」のあとで、この「雪村桜」を眺めた。
 
庵の背後は竹林。田舎にひっそりと佇む雪村庵。その庵の守り神のような「雪村桜」。
 
これはこれで風情がある。
 
この「雪村桜」でバスツアーの銘木めぐりは終わりとなった。たった20分間の観賞タイムだった。
 
たくさんの桜の銘木がある福島県。郡山市も三春町も桜が多い。
 
このあと、ひたすらに北を目指し、岩手への帰路についた。
 
870kmの日帰り強行軍だったが、憧れの桜の銘木たちに会えて良かった。
 
最終回は、グルメやバスガイドさんの登場となる。
 
続く・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 

福島桜銘木めぐりの旅② 『滝桜』

 
 
お待たせいたしました。
 
第2回の今回は、日本三大桜の福島県三春町の『滝桜』です。
 
日本三大桜をご存知ですか?
 
以下に、紹介いたしましょう。
 
 


 
【日本三大桜】

 
「日本五大桜」のうち、三春滝ザクラ(福島県)、根尾谷淡墨ザクラ(岐阜県)、山高神代ザクラ(山梨県)を特に、「日本三大桜」といいます。


日本三大桜
サクラの種類
桜の見ごろ
所在地
詳細
三春滝ザクラ枝垂桜(シダレザクラ)4月中旬
~4月下旬
福島県
田村郡
詳細
根尾谷淡墨ザクラ江戸彼岸(エドヒガン)4月上旬
~4月中旬
岐阜県
本巣市
詳細
山高神代ザクラ江戸彼岸(エドヒガン)4月上旬
~4月中旬
山梨県
北杜市
詳細



 
 
日本三大桜 (お奨め)
 
 
 
 


 
この内の一つ、福島県三春町の【滝桜】に会ってきたのです。感激でした・・・。
 
 
【滝桜】の樹齢は1000年を超えるという。
 
この1000年の間に、いったいどれほどの歴史をみてきたのだろうか。
 
桜って、1000年も生きる樹木なのだろうか。
 
ただただ、その威厳ある姿に圧倒された。
 
恋人のように、会いたくて会いたくて堪らない巨樹だった。
 
滝桜だけでも100枚以上撮影した。
 
その中から選んだ6枚を紹介するとしよう。
 
じっくりご覧いただきたい。
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
団体客が次々と記念撮影をしていた。
写真屋も嬉しい悲鳴だろう。
 
 
 
 
1000年も生きている桜の古木。
 
にもかかわらず、生命力に溢れていた。
 
滝桜を1時間以上観賞したが、観光客の列が途切れることはなかった。
 
私たちがゲートを出たとき、観光協会の方に聞いたら、「11000人を超えました。」と笑顔で応えてくれた。
 
夜のライトアップも始まっているので、夜間でも観賞が可能だ。
 
おそらく、20日(土)は入場者数が2万人に迫ったことだろう。
 
会えてよかった・・・、滝桜。
 
遠く福島まで来た甲斐があった。870kmの旅だもの。
 
 
 
これなら、観た人に元気を与えるというのが分かるような気がした。
 
「滝桜。これからも元気に力強く生き続けておくれ。」
 
続く・・・。 
 
 

福島桜銘木めぐりの旅① 紅枝垂地蔵桜(郡山市)

 
 
4月20日(土)、福島県三春町の滝桜を観てきました。
 
一生の間に一度は観ておきたい桜でした。
 
 
 
4時起床。5時20分のバスに乗りました。
 
福島県に出かけるのは初めてでした。新幹線で通過することはあっても、福島県の地を踏んだことはなかったのです。
 
家内と二人で「滝桜を観たいね~。」という思いは同じでした。
 
岩手県北部から、福島県まで往復870kmのバスツアーでした。参加者は岩手県から34名。私たち夫婦が一番遠くからの参加者でした。
 
今回から4回シリーズで、福島県の桜観賞バスツアーの様子を記事にします。
 
ツアー名は、 『日本三大桜 三春の滝桜と一本桜の銘木めぐり』 というものでした。
 
 
どうぞ、よろしくお付き合いください。
 
 
第1回目は、三春町のお隣の郡山市中田町の「紅枝垂地蔵桜」です。
 
 
到着したのは、12時20分ごろでした。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
滝桜の前に、この 「紅枝垂地蔵桜」を観ました。
 
樹齢400年、見事な紅枝垂桜でした。
ご覧のとおり多くの観光客で賑わっていました。
 
曇りだったことが残念でした。
晴れていれば、3枚目のような素敵な写真が撮れたと思います。
 
期待を膨らませて、いざ旅の一番の目的である『滝桜』へと向かいました。 続く・・・。
 
 

ザゼンソウの不思議

 
4月も20日になろうというのに、昨夜からの積雪。
 
まずいことに、もうすでにタイヤ交換は済ませている。
 
道路の雪は大部分は解けたが、シャーベット状になっている箇所もある。
 
先週の金曜日は花巻出張で、雨、みぞれ、吹雪の中の300kmドライブだった。
 
今日も、雨、みぞれ、吹雪。
 
2週連続、吹雪の金曜日となった。
 
どうなっているの?
 
しかも、12:06頃北海道を震源とする震度4の地震があった。岩手県北部は震度3だった。
 
このところ、全国各地で地震が起きている。
 
何だか、あの3.11の1週間~10日前の状況と似ているような気がする。
 
不気味だ・・・。
 
まだ、3.11クラスの巨大地震が起きなければよいのだが・・・。
 


 
ボストンマラソンのテロ被害で3名の命が失われ、多くの負傷者が出た。
 
その犯人と思われる2人組のうち、一人が銃で撃たれて亡くなったそうだ。もう一人は武器をもったまま逃走しているという。
 
マラソンでのテロということで、各国のマラソン大会主催者を悩ませている。
 
マラソン大会の運営に、「テロ防止」という重い十字架を背負わなければならなくなったからだ。
 
日本国内でも、今週末にマラソン大会を予定しているところもある。
 
治安は、アメリカとは違うとは思うが、今回のマラソン大会でのテロ行為は、安全確保・テロ防止という重い課題を突きつけることになった。
 
何とも迷惑な話である。
 
40km以上にも渡る長いコースすべての安全を確保することなど不可能である。仮にできたとしても、膨大な費用がかかってしまう。
 
もう一人の犯人の身柄を確保して、今回の事件の背景や動機を解明し、今度の対策に繋げることができればいいのだが・・・。
 
今回のマラソン大会でのテロは、全世界をまたテロの暗い闇で覆いかねない重大な事件だ。
 
一時でも早く犯人逮捕と事件の解明を望む。
 


 
さて、本題に移ろう。
 
ミズバショウは毎年見ているのだが、ザゼンソウとなると果たして見ているかどうか自信がない。
 
だぶん、見ていると思うのだが・・・。
 
 
今回はそんなザゼンソウの話題だ。
 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 

 
 
自らが発熱し、見事に周りの雪を溶かしているではないか。
 
何という植物なのだろうか。ザゼンソウの発熱のメカニズムについては、岩手大学の教授の研究室でも研究しているところだ。
 
おそらく、彼以外にも全国で多くの研究者が発熱のメカニズムについて研究していることだろう。
 
ザゼンソウは、達磨草とも呼ばれているが、何ともがんばっている植物ではないか。
 
今回は、そんなザゼンソウに拍手を送りつつ、記事にしてみた。
 
みなさん、ザゼンソウに関わる情報&感想等をお寄せくださいな。
 
 
 

【将棋】 コンピュータ VS プロ棋士

 
 
将棋の話題です。
 
①名人戦7番勝負第1局は、森内名人が先勝
 
4/9・10(火・水)に東京都文京区で行われた第71期名人戦七番勝負(森内俊之名人 対 羽生善治三冠)第1局は、森内名人が先勝。第2局は、4/23・24(火・水)に静岡県富士市で行われる。

名人戦棋譜速報(棋譜中継)

第71期名人戦イベント情報
1日目の対局開始~封じ手までニコニコ生放送にて田村康介七段と貞升南女流初段によるライブストリーミング解説!
2日目の対局再開~終局までニコニコ生放送にて高橋道雄九段と藤田綾女流初段によるライブストリーミング解説!
 
私は、羽生3冠のファン。第2局からの巻き返しに期待。
 
 
②渡辺竜王が棋王位を奪取し、自身初の3冠に。
 
3/24(日)に栃木県宇都宮市で行われた第38期棋王戦五番勝負(郷田真隆棋王 対 渡辺明竜王)第4局は渡辺竜王が勝ち、3勝1敗で棋王位を奪取。自身初の三冠に。

棋王戦中継サイト(棋譜中継)
 
 
③ コンピュータ VS プロ棋士
 
将棋第2回電王戦が盛り上がっている。
 
 

 
 
電王戦の記事は以前も書いた。
 
 
 
 
電王戦について少し解説しておこう。
 
≪将棋・電王戦とは?≫
 
5人の現役プロ棋士 VS 5つの最強コンピュータ将棋ソフトが闘う、将棋棋戦です。 第22回世界コンピュータ選手権で勝利した上位5チームの将棋ソフトと、それらソフトとの勝負に名乗りを上げた5人のプロ棋士との間で団体戦が行われます。
 
 
名称:第2回将棋電王戦
 
≪5番勝負≫
 
第1局 3月23日(土) 阿部光瑠 四段 VS 習甦
 
第2局 3月30日(土)  佐藤慎一 四段 VS ○Ponanza
 
第3局 4月  6日(土)   船江恒平 五段 VS ○ツツカナ
 
第4局 4月13日(土) △塚田泰明 九段 VS  △Puellaα
 
第5局 4月20日(土)  三浦弘行 八段 VS GPS将棋
 
 
 
第4局までを終了して、コンピュータ側の2勝1敗1引き分け。
 
苦しいことに、人間(プロ棋士)側には、勝ちはなくなった。第5局に勝ってもかろうじて引き分けなのだ。
 
厳しい・・・。
 
 
私は、上の記事で次のように述べている。
 
電王戦の行方はどうなるだろうか?
 
私は、本当はそうなってほしくないと願っているのだが、コンピュータ側が3勝2敗で勝利するのではないかと予想している。
 
プロ棋士側が勝ったのは、阿部光瑠4段が強かったのだ。他の4人のプロ棋士がコンピュータに勝てるという保障はない。
 
大将の三浦9段だって、危ないと思っている。
 
将棋コンピュータソフト、恐るべし!!
 
 
 
三浦8段には申し訳ないのだが、最終戦はGPS将棋が勝つのではないかと予想している。
 
 
 
 

 
向かって1番左 第5戦に登場する三浦8段。
左から2番目 第4戦に登場した塚田9段。
 
 
 
第4局を終了した時点でのネット上の記事を紹介してみよう。
 
 

人間対コンピュータの将棋戦「第2回 将棋電王戦」第4局は引き分け、人間の1勝2敗1分けで勝ちが消滅  japan.internet.com 4月15日(月)

ドワンゴおよびニワンゴは、4月13日に行われた将棋ソフトウェアとプロ棋士の団体戦「第2回 将棋電王戦」の「第4局」をライブ動画配信サービス「ニコニコ生放送」で生中継した。第4局は塚田泰明氏(九段)と「Puella α(アルファ)」が引き分け。これで対戦成績は人間の1勝2敗1分けとなり、団体戦としての勝ちが消滅してしまった。

【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】

第4局は9時間におよび、230手で引き分けとなった。対局のもようは、現在も Web サイトでプレミアム会員のみ「タイムシフト視聴」できる。
 
残る第5局は、三浦弘行氏(八段)と「GPS 将棋」が対戦する。ニコニコ生放送では、4月20日9時30分に生中継を始める。



 
よかったら、以下の3本の記事もお読みいただきたい。 とても興味深い。
 
コンピュータと人。頭脳の対決。名勝負が続く将棋・電王戦写真(平林 久和)14日(日)10時57分
 
 


 
2月に、NHKの「クローズアップ現代」でも、人間VSコンピュータの特集番組があった。
 
こちらの記事の紹介は、別な機会に行いたいと思っている。
 
人工知能の劇的な進化が加速している。
いずれは人間をも凌駕する時代がやってくるのだろうが、それがずっとずっと先のことであってほしいと願っている。
 
渡辺竜王や羽生3冠がコンピュータに敗れるシーンなど見たくもない。
 
しかし、そんなことが夢物語だと言っていられないほどコンピュータは劇的な進化の途上にある。
 
コンピュータ恐るべし!!
 
しかし、人間の能力や可能性というものも、同じ人間として信じ続けていたいものだ。
 
 
 

 
  

cute animals 5

 
 
新しい週がスタートした。
 
北朝鮮がミサイルを発射していなくてホッとしている。
 
NHKの「クローズアップ現代」によると、≪軍を掌握できずに難渋しているのではないか≫、≪過激な挑発を繰り返すのは政権基盤が不安定な証拠≫と専門化が分析していた。
 
このまま発射せずに終わればいいのだが・・・。
 
振り上げたコブシを下ろすタイミングを計っているのだろうか・・・。
 
いずれにせよ、物騒な挑発は仕舞いにしてほしいものだ。
 
 


 
 
 
cute animals の第5シーズン。 
 

ネコガエル
 
 

グラサンラビット
 
 

I’m so cute.
 
 
3枚目の写真が cute と呼べるかどうかは見方の問題・・・。
 
今週も健康で過ごしてくださいな。
 
ありがとうございました。
 
 

水墨画の世界

 
美しいと思った。
 
撮影したかったがハンドルを握っているためできなかった。
 
 
 
 

 
 
 
 
4月12日(金)の朝のことである。
 
花巻への出張のため、八戸自動車道から安代JCで東北自動車道に入り、岩手県内を南下していた。
 
昨夜の雨が夜の冷え込みで雪に変わり、一面の銀世界。
 
家を出たときは朝日が射していたのに、さすが国内屈指のスキー場、 「安比高原スキー場」のある八幡平市である。
 
雪の量は岩手県内でも多い方だ。
 
 
運転していては、撮りたい構図や場所で撮影することは叶わない。
 
途中の「畑PA」で車を止め、撮影を試みた。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
気の早い職場の同僚はもうタイヤ交換を済ませたが、私はまだ交換していない。いや、交換していなくて良かった。岩手県北部では、タイヤ交換は4月下旬の方が安全なのである。
 
5月のGWに雪が降った年もある。
 
冬用タイヤでなければ、とても怖くて走れない。
 
 
 
一層慎重な運転が求められる。
 
こんな岩手県だから、桜の便りが関東以西とは1ヶ月も違うことがお分かりいただけるだろう。
 
 
PAのベンチはご覧の通り。
 
 
 
 

 
 
 
 
撮影を済ませ、岩手山SAへと向かう。
 
そこで、少し休憩して、東北自動車道を南下し、目的地の花巻市へ。
 
この日の一日の走行距離が約300km。
 
ああ、わが岩手県はなんと広いことか・・・。
 
おまけに、途中から、雨や雪、吹雪に見舞われる。
 
「事故に遭わずに無事に家に帰ること」が最優先なのである。
 
会場であった沿岸の野田村からやって来た知り合いが、「片道3時間もかかったよ~。遠いし、怖かった~。」と言っていた。
 
岩手県中から、花巻市に集合したのだった。
 
長距離ドライブは得意じゃない。
 
運転疲れする方だからだ。
 
雨や雪じゃなければもっと良かったのだが・・・。
 
交通機関が発達している都会では考えられない岩手県の交通事情である。
 
参加者の9割以上が自家用車での参集だと思う。
 
「車がなければ移動ができない。暮らしていけない。」
 
 
これが岩手県の交通事情なのだ。
 
出張の朝、美しい水墨画の世界を運転しながら、スリルを味わい、出張でクタクタになって帰宅したのだった。
 
夕飯を食べ、毎日楽しみにしている録画してあるNHKの「あまちゃん」を観て、入浴してバタンキューの一日であった。
 
 
実感。岩手は広いなあ~。
 
 
300kmも走る出張は嬉しくないなあ~。
 
 
 

cute animals 4

 
 
最低気温はー1.4度でしたが朝から晴れています。
 
良かった~。 
 
今日は、花巻へ出張です。
 
往復約300kmのドライブとなります。
 
帰りは、クタクタになっていると思います。
 
無事に帰ってくることが大事です。
 
岩手県は、広いなあ~。
 
帰ってきたら、録画してあるNHKの「あまちゃん」を観るのが楽しみです。
 
それでは、安全運転で出かけて来ま~~~す。
 
 
 
トリトン親父さん、仙台の桜はどうですか?
 
リカちゃん、高山の雪は解けましたか?
 
中林さん、埼玉の花は何が見ごろですか?
 
としおもちさん、今日のお仕事がんばってください。
 
へいへいさん、ご無沙汰しております。週末にお邪魔いたします。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
ご訪問ありがとうございました。
 
 

プロフィール

iqm90jqjpdmz

Author:iqm90jqjpdmz
将棋、自然、音楽、写真が好きです。

将棋は、羽生9段、藤井7段のファンです。

初夏にはサクランボ狩り、秋にはブドウ狩りに出かけています。

また、秋には、雑木林を散策してハシバミ、アケビ、サルナシなどの
天然の木の実を採集をしています。

音楽は、80年代の洋楽を聴くことが多いですね。
好きなアーティストは、TOTO,Journey,Foreigner,KANSAS,Eagles,
Styx,Earth,Wind&Fire,M.Jackson,Madonna,Starship,SADE,
Kool&The Gang,Lindsy Starling,Maroon5,...

邦楽では、小田和正、ドリカム、宇多田ヒカル、シングライクトーキング、
久保田利伸、Greeeen、米津玄師です。

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブロとも一覧【画像なし】

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム