FC2ブログ

田んぼの住人

 
 
冬の田んぼは寂しい。
 
秋には黄金の稲穂が垂れていたのに・・・。
 
今は、下のような「田んぼの住人」が風雪に耐え、ひたすら春を待っている。
 
 
 
 

 
 
 
 
 

撮影 25,2,9
 
 
 
撮ったのは、住宅の裏の田んぼである。
 
農家のKさんの家の田んぼだ。
 
この「とんがりコーンのような稲藁の束」が残っているのは、近所の田んぼではこの1枚の田んぼだけである。
 
本当は、取り入れる予定だったのだが、取り入れる前に雪が積もってできなくなってしまったのだ。
 
取り入れた稲藁は、葉たばこの温床(Kさんは葉タバコを栽培している)に使ったり、畜産農家に販売したりするのだそうだ。
 
もし雪が降るのがあと2日遅かったから、この撮影はできなかったことになる。
 
なぜなら、全て取り入れられていたからである。
 
こうなると、この稲藁たちは、切って田んぼの肥料にするか、焼くか、使い道が限られてしまう。
 
 
私には、稲藁たちが、集団で、冬の寒さにひっそりと立ち向かっている人間のように見えるのだ。どこか物悲しい表情で、懸命に生きているように・・・。
 
そして、風雪に耐えている姿が健気でつい話しかけたり、応援したくなってしまうのだ。
 
「寒かろうね。 春はもうすぐそこまで来ているよ。
 あと少しの辛抱だから、がんばれよ!」 と。
 
哀愁をたたえて、冬の田んぼに佇む稲藁たち・・・。
 
これも北国の冬の風物詩。
 
 
 

春を感じて・・・・・

 
 
今朝の気象ニュースで、「光の春」の話をしていた。
 
北日本では、日照時間よりも、光の熱量の増加が飛躍的に増えていくのだそうだ。
 
な~るほど、と思った。
 
今朝の最低気温もー11度だったのだが、光の量の増加を肌で感じる一日となった。
 
実は、今日も先日記事にした「へっちょこだんご」を3パック買って、実家の母と義母に届けてきた。
 
とても喜んでくれた。
 
偶然にも、母と義母はともに誕生日が7月31日なのである。不思議なものである。
 
冬のスポーツでは、女子スキージャンプの高梨選手が一日に2勝をあげて絶好調だった。天晴れ~!!
 

高梨「好きな蔵王」で修正完璧=1日2勝、総合Vへ前進-W杯女子ジャンプ

 


 
 
本題に移ろう。
 
春を感じるショットを3枚紹介しよう。
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

                 (C)ス​タ​シ​゙​オ​2​0​1​0​/​h​e​i​h​e​i​
 
 
 
 
撮影されたのは、ブログの友人で さいたま市にお住まいの ス​タ​シ​゙​オ​2​0​1​0​/​h​e​i​h​e​i​ へいへいさん。
 
 
連日精力的に記事を更新されておられる。
 
毎日200以上のアクセスがある人気ブログである。
 
埼玉県の魅力をこれでもか~、と発信し続けておられる。頭が下がる思いだ。
 
 
 
へいへいさん、記事を紹介させていただきました。
 
春を感じさせられるショット、ありがとうございます。
 
これらの花のショットのように、北国にも早く春がやって来ないかなあ、と首を長くして待ち望んでいます。
 
因みに、私が春を感じる花は、「福寿草」。
 
出会うのは、4月上旬だろうか?
 
早く来い来い、北国の春!!
 
 

☆二ゲラの種をさしあげます☆

 
 
「ニゲラ」をご存知ですか。
 
私は「ニゲラ」が大好きで、勝手に 『全国ニゲラ愛好会岩手県支部長』 をやっています。(笑)
 
ニゲラの花を全国に広げて、日本中をニゲラの花でいっぱいにしようという魂胆なんです。
 
ニゲラは、花が鮮やかで美しいだけでなく、≪開花から種ができるまでのダイナミックな変化≫が楽しいですね。
 
 
花言葉 夢路の愛情・深い愛・当惑・  不屈の精神・ひそかな喜び
 
 
 
「ニゲラ」については、下のどれでもお好きなものをチェックしてみてください。
 
(推奨するのは、上から3番目の「ニゲラ季節の花300」です。)
 
 
 
 
 


 
 
それでは、去年の我が家の庭のニゲラのショットを紹介します。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
このあと風船(バルーン)のように卵形に膨らみます。
 
 
 
 
 

 
この写真のニゲラは、すべて
≪1年前のこぼれ種≫から咲いたものです。
 
ニゲラは肥料も要りません。
荒地ややせた土地でもたくさんの花をつけます。
我が家の庭の砂利の上でもほらご覧の通りです。
 
 
 
 
 

 
 この中に名前の由来となった「黒い種」が
たくさん入っています。
 
 
 
 
これまでもブログの友人、数人に差し上げていますが、今回は出血大サービスです。
 
 
先着10名様まで無料でニゲラの種を差し上げます。
 
 
ブログの友人はもちろん、この記事を読んで関心のある方、幼稚園・保育園・小学校の方、花が好きな方、興味のある方、どなたでも結構です。
 
 
希望される方は、「ゲストブックの ≪内緒≫ の□にチェックを入れて、住所(郵便番号も忘れずに)、氏名、電話番号をお知らせください。 」
 
 
封筒に種を入れて、お送りいたします。
 
とりあえず、今回は10名とさせていただきます。
 
もし、希望者が、20名、30名と多かった場合は、そのときまた考えます。
 
中林さん、itiさん、トリトン親父さん、ゆみさん、akiさん、aki-105さん、ぶな太さん、としおもちさん、へいへいさん、多摩の四季さん、四季の風さん、京都感考さん、孝遊子さん、タンさん、一つ森さん、うさぎ庵さん・・・、「ニゲラの種」いかがですか~?
 
ご連絡をお待ちしておりま~~~~~す。 
 

へっちょこだんご

 
「へっちょこだんご」をご存知ですか?
 
食べたこと、聞いたことはありますか?
 
私は、「へっちょこだんご」が大好きです。
 
 
 
ちょっと検索して調べてみました。
≪一口メモ≫
 「へっちょこだんご」は、二戸地方に言い伝えられている由来のほかに、中央がくぼんでいることから「へそ」にちなんで名づけられたともいわれ、また、「うきうきだんご」は小豆汁の中でだんごが煮えると、次々と浮き上がってくることから名づけられたといわれています。
 たかきびは、もち性とうるち性がありますが、もち性は弾力のあるおいしいだんごが出来ます。うるち性の場合は、白玉粉か、もち米粉を2、3割加えると、弾力が増してきます。
 
 

うきうきだんご(へっちょこだんご)

 
 

■材料(4人分)

小豆…1カップ
水…4カップ
砂糖…100g
塩…小さじ1/2
たかきび粉…2カップ
熱湯…1カップ弱

■作り方

①小豆に水3カップを加えて強火にかけ、煮立ったら湯を捨てます。再び水4カップを加えて中火で煮ます。小豆が軟らかくなったら木杓子で半つぶしにし、減った分の水を足し、砂糖と塩を加えて小豆汁を作ります。
②たかきび粉に熱湯を加えてよく混ぜ、耳たぶ位の固さにこねます。
③②を直径2cm位の球状に丸め、真ん中を親指と人差し指で押してくぼみをつけ、煮立っている小豆汁の中に入れます。だんごが浮き上がったらできあがりです。

 

 
 
郷土料理なんです。私にとっては、お袋の味ですね。
 
岩手県や青森県にお住まいの方なら、食べたことがある方も結構折られるのではないかと思います。
 
 
仙台にお住まいの「トリトン親父さん」、食べたことありますか?
 
お袋の味なんですが、私の母はもう高齢のため作ることはできません。
 
となると、どなたかが作ったものでも食べたくなるんですよね。
 
私が最近チェックしているお店は、二戸市のおふくろ亭、ニコア(二戸市)、イコオ(一戸町)、オドデ館(九戸村 道の駅おりつめ)ですね。
 
噂によると、ニコアとイコオにへっちょこだんごを卸しているのは、上記の「おふくろ亭」だとか・・・。
 
 
「へっちょこだんご」を食べたくなると、上の4箇所の内のどこかをチェックして、入手するというわけです。
 
 
本当は、お椀でいただいた方が気分が出るのですが、仕方ありませんね。
 
今回のは、オドデ館で購入したものです。
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 懐かしい味でした。美味しかったですね~。
 
 
 
 
 

やはり、こんな器の方が美味しいですよね~。
 
 
 
 
今回は、岩手県二戸地方の郷土料理、「へっちょこだんご」の記事でした。
 
みなさん、情報やご感想をお寄せくださいな。
 
 
 

NHK杯将棋トーナメント ベスト8の激戦始まる!!

 
将棋の話題です。
 
NHK杯将棋トーナメントが佳境を迎えました。
 
ベスト8の激突です。
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
 
 
将棋界屈指の好カードは、羽生NHK杯選手権者が巧い指し回しで、森内名人を下し、準決勝に進出しました。
 
将棋は楽しいなあ~。
 
 

 
今朝の積雪は10cm。
 
先ほどまで、雪かきをしていました。
 
今日も安全運転で行って来ま~す。
 
 

Present

 
立春が過ぎ、暦の上では春となりました。
 
気象情報をみましたら、「また関東地方でも積雪となりそうです。」と報じていた。
 
10cmも積もったら、雪に慣れていない地域にお住いの方は大変ですね。
 
交通網も麻痺してしまうでしょう。
 
転倒防止、早めに家を出る、滑りにく履物・・・・・。
考えうるいろいろな対策を取られて、対処なさってください。
 
2月に入りましたから、デパートでは「バレンタインデー・フェアー」が花盛りですね。
 
一年間で一番チョコレートが売れる時期なそうですから・・・。
 
製菓会社の陰謀なのでしょうか?
 
当分は、バレンタイン狂想曲が日本列島中に大音量で流れそうですね。耳を塞いでいましょうかね~。
 
 


 
 
今朝も車に積もった雪を除けて出勤しました。
 
ガラスにへばりついた氷をそぎ落とすのには結構時間がかかります。
地球に優しくないので、基本的には暖気運転はしない主義です。
ですから、ガリガリとスノーブラシで氷を削る作業となるのです。
 
あと何回こんな朝を過ごせば、雪の心配のない春になるのでしょうか?
 

♪ 春よ、来い!♪
 
 


 
今回はこんな画像でお楽しみくださいな。
 
 

 
 

見事な連係プレー
 
 
♪ もういくつ寝ると、春になるの? ♪
 




































京都の春

 
今日は立春です。
 
暦の上では春になりました。
 
節分の昨日(3日)も真冬日でした。
 
北国の春は、3月下旬にならないと実感が湧きませんね。
 
花が咲き始めるのは4月中旬からです。
 
南の方では、雪が降らないところもありますからね。
 
ドラエもんの「どこでもドア」で、南国リゾート地にワープしたいなあ~、と思ったことは20回を超えていますね。
 
もうしばらく(あと1月半ぐらい)、北国の冬と付き合っていくとしますかね。
 
 
 
立春ということで、春を感じたくなりました。
 
 
 
 

寿扇  文字は≪富貴満「とみとおとくみつる」≫
 
 
 

巳年おめでたつくし干菓子 と 巳年の杯
 
 
 

薄茶の お干菓子
 
 
 

(C)京都感考
 
 
 
大好きな古都・京都。 
 
今回は京都の春の雰囲気をお届けいたします。
 
ブログの友人で、京都にお住まいの≪京都感考はん≫のショットを紹介いたします。
 
雅ですな~。
 
私は、お干菓子を食べたくなってしまいました。
 
京都感考はん、おおきにぃ~。
 
紹介させていただきました。
 
オリジナル記事はこちら。
 
 
 
 
日照時間も毎日少しずつ長くなり、ゆっくりですが着実に季節は春に向かっていることになります。
 
厳しい冬を乗り切らなければならない北国の住人は、本当の暖かい春の訪れを一日千秋の思いで待ち焦がれています。
 
 
 
 

菜魚湖(ななこ)のワカサギ釣り!!

 
ワカサギ釣りの経験はありますか?
 
私はありません。
 
ぜひ一度やってみたいなあ~、と思っています。
 
岩手県北部のカシオペア連邦(※注)にも、ワカサギ釣りができる湖があるんです。
 
   カシオペア連邦 二戸市観光協会
 
それは、岩手県北部の一戸町にある大志田ダム湖 (菜魚湖:ななこ)です。
 
ブログの友人、タンさんご夫妻は毎年こちらで大量にワカサギを釣られています。(平均年1000匹)
 
それでは、タンさんのブログの写真と記事を紹介いたします。
 
 

 岩手日報に載った記事
 
 
 
 

                         (C)タン
 
この日のタンさんのご主人の収穫。300匹なそうです。
 
 
 
オリジナル記事はこちら。
 
菜魚湖の氷上ワカサギ釣り・・・ (2013.2.2)
 
タンさんの以前の記事はこちら。
 
 
みなさんも ワカサギ釣りをしてみたく
なったんじゃありませんか?
 
 
タンさん、昨夜の地震、ドキリッとしましたね。
被害はありませんでしたか?
 
またまた写真と記事を紹介させていただきました。
ありがとうございました。
 

みずき団子

 
 
今日から、2月です。
 
今年も早1ヶ月が過ぎてしまいました。
 
時が経つのは早いものですね~。
 
先ほどまで、1時間かけて書いていた記事 をUP寸前で、消してしまいました。(おそらくキーボードの押し間違いです。)とほほほほ・・・。
 
もう一度書き直す時間と気力がなくなりましたので、五分の一のショートバージョンで再入力いたします。
 
 


 
 
先日、ブログの友人から「みずき団子ってどんなものですか?見たことがありません。」というコメントをいただきました。
 
(それなら、紹介しなくっちゃね)と思いつつ、2月になってしまいました。
 
あいにく、手持ちの画像で紹介できそうなものがありませんでしたので、尊敬する≪盛岡らくださん≫のショットをお借りして記事にしたいと思います。
 
 
 
 

(C)盛岡らくだ
 
 
 
オリジナル記事はこちら。
 
みずきだんご (2009年1月20日)
 
青空に映える「みずき団子」・・・。 綺麗ですね~。
さすが、らくださんのショットです。
 
らくださん、紹介させていただきました。
ありがとうございました。
 
みずき団子とは・・・
ミズキの枝に食紅で色づけされた色とりどりの団子を飾り、五穀豊穣を祈る小正月の行事です。
 
それでは、続いて関連記事を紹介いたしましょう。
 

小正月恒例「みずきだんご飾り - 久慈広域観光協議会

 
みずき団子のこと、お分かりいただけましたでしょうか。
 
ご覧になったことがある方、作って飾られた経験がある方、また、この記事をお読みいただいた感想などをお寄せくださいな。
 
 
 

プロフィール

iqm90jqjpdmz

Author:iqm90jqjpdmz
将棋、自然、音楽、写真が好きです。

将棋は、羽生9段、藤井7段のファンです。

初夏にはサクランボ狩り、秋にはブドウ狩りに出かけています。

また、秋には、雑木林を散策してハシバミ、アケビ、サルナシなどの
天然の木の実を採集をしています。

音楽は、80年代の洋楽を聴くことが多いですね。
好きなアーティストは、TOTO,Journey,Foreigner,KANSAS,Eagles,
Styx,Earth,Wind&Fire,M.Jackson,Madonna,Starship,SADE,
Kool&The Gang,Lindsy Starling,Maroon5,...

邦楽では、小田和正、ドリカム、宇多田ヒカル、シングライクトーキング、
久保田利伸、Greeeen、米津玄師です。

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブロとも一覧【画像なし】

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム