FC2ブログ

日本一寒い土地!!

 
朝TVを点けて驚いた。
 
最低気温がこの冬一番の-16.8度。
ヒェ~~~!! とんでもな~~~~~い!!
 
ところが、NHKの6:30のTOP ニュースを観て、さらに驚いた。
 
岩手県盛岡市玉山区藪川の最低気温が  -25.8度。
 
1月30日(月)、日本一寒い気温だったのだ。
 
北海道を押さえて、本州の岩手県藪川が堂々の一位なのだ。
 
NHKの番組で「地球一番」とかいうのがあるが、さながらこの日、玉山区藪川は 【日本一寒い土地】 であった。
 
しかし、よく考えてみればそんなに不思議なことではないかも知れない。
というのも、藪川は元々本州で一番寒い土地と言われていたからだ。
気圧配置によっては、北海道よりも冷え込む可能性は十分あり得るからだ。
 
【NHKニュースより】
 
≫寒気の影響で30日朝は厳しい冷え込みとなり、日本海側などでは雪が降っています。31日以降、さらに強い寒気が南下するため、今週は厳しい寒さが続き、日本海側を中心に大雪になるおそれがあります。
気象庁によりますと、日本付近は冬型の気圧配置が続き、強い寒気に覆われているため、30日朝は各地で厳しい冷え込みとなりました。
 
▽盛岡市の玉山藪川では午前3時すぎに氷点下25度8分まで気温が下がったほか、各地の最低気温は▽北海道旭川市で氷点下15度1分、▽宮城県石巻市で氷点下8度3分、▽名古屋市で氷点下1度7分、▽東京の都心で1度2分などとなりました。また、日本海側などでは断続的に雪が降り、長野県北部の信濃町では30日朝早くに積雪が1メートル64センチに達して、気象庁が統計を取り始めてから最も多くなったほか、北海道から山陰にかけての各地で積雪が平年の2倍から3倍となっています。31日からさらに強い寒気が南下するため今週は厳しい寒さが続き、木曜日の来月2日にかけて北日本から西日本の広い範囲で雪が降る見込みで、日本海側を中心に大雪になるおそれがあります。東海や西日本の太平洋側でも、ところによって雪が降る見込みです。気象庁は、雪崩や除雪作業中の事故などに十分注意し、雪や凍結による交通への影響にも注意するよう呼びかけています。
 
 
以下に、今日の【岩手日報】の記事を紹介しよう。
 
≫30日朝の県内は、薮川で氷点下25・8度(平年比11・1度低)となったほか、紫波で観測史上最低となる同16・4度(同10・0度)を記録するなど、内陸部を中心に厳しい冷え込みとなった。盛岡は同12・2度(同6・0度)だった。
 
 

 
 
いかがだろうか?
とんでもない寒さだったことがお分かりいただけけたと思う。
 
 
 
とんでもない寒さに因んで、こんなショットを紹介するといたましょう。
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

                              
                              (C)孝遊子
 
 
いかがでしたか?
 
この寒き折、身も心もキリリッと引き締まる見事な氷瀑だ。
 
ブログの友人、北海道にお住まいの「孝遊子さん」が撮られたナイスショットだ。
 
オリジナル記事はこちら。 ↓
 
氷瀑「鳴神滝(ナルガミノタキ)」     1月30日(月)
 
どうぞ、クリックしてじっくりご覧くださいな。
 
 
 孝遊子さん、いつもいつも感謝です。
 
 
スポンサーサイト



クラシックカーの魅力!!

 
寒の最中、こんなショットはいかがでしょうか?
 
 
 
 

 
  
 
 
 吉田茂元首相の愛車

 
 
 
 
 森繁久彌の愛車

 
 
 
 
 
持ち主が分かると、「あの人にこんな趣味があったんだ~」とか、「こんな車に乗っていたんだな~」と驚きと発見がありますね。
 

「ワク井ミュージアム 」 に行ってみたくなりますね。

 
ブログの友人、さいたま市にお住まいのへいへいさんの記事を紹介させていただきました。
 
みなさんもクラシックカーの世界を覗いてみてください。
 
 
 
オリジナル記事はこちら。 ↓
 
 
 
へいへいさん、素敵な記事を紹介させていただきありがとうございました。
 
 

ありがとう、5000コメント!!

 
寒い日が続いています。
 
毎日の最低気温が-10度以下です。
 
昨日28日(土)のわが町の 最高気温が-5度 でした。
因みに、最低気温は-11度でした。
 
最低気温ではありません。最高気温ですよ。
連日、 「冷凍庫生活」 を余儀なくされています。
 
「寒い」という言葉を言い飽きた気持ちです。
 
 
今日29日の最低気温が-10.8度。予想最高気温が-3度です。
 
真冬日生活継続中です。
 
 
また、昨日の度重なる地震、特に山梨県を震源とする震度5弱の地震は気象庁の発表だと「富士山噴火や東海南海沖地震につながるものではない」そうです。
 
ホッとはしますが、こうも地震が続くと不安になってしまいます。
 
自然災害の不安のない生活をおくれるのはいつの日でしょうか?
 
 


 
 
さて、話を本題に移しましょう。
 
昨日28日、当ブログへのコメント数が ≪5000≫ となりました。
 
いただいたコメントには、必ずお返事をするようにしておりますので、半分の延べ2500名の方がコメントをくださったことになります。
 
たいへんありがとうございました。
 
こちらのセカンドブログを開設したのが、2009年7月29日。 
 
ですから足掛け2年半になるでしょうか。
 
 
みなさんの一つ一つのコメントに深く感謝いたしております。
 
 
 
5000コメント到達!!
 
ありがとうございました。
 
 
これもこれまでのみなさんの
温かいご訪問&コメントのおかげです。
 
 
今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 

湧水を味わう!!

 
本当に連日寒い日が続いています。
 
今朝の最低気温も-13度。もう連日-10度以下なので、-10度に驚かなくなってしまいました。
 
外に出ると、肌がビリビリ痛いくらいの寒さです。
 
26日(木)の朝の通勤ドライブは、外気温が-11度でした。
運転する服装も、スキーができるくらいの厚着をしています。
 
暖気運転を10分したところで、そんなに暖まりませんし、エコではありません。「地球のために車の暖気運転はしない主義」です。
 
ですから、寒さ対策の完全装備をして車に乗り込むわけです。
外気温が-11度ですから車の中の温度も-11度だったわけです。
そんな寒さの中、軽装だったらいっぺんで体調を崩してしまいます。
 
このように北国では、毎日寒さと格闘しながら、通勤しているわけです。
 
ブログ仲間ですと、高山にお住まいのリカちゃんや北海道にお住まいの孝遊子さん・aki-105さん・じいちゃん先生ならお分かりですね。
 
何とか、無事に春までこの冬の寒さを耐え抜きましょう!
 
 
ところが、寒さだけではありません。 豪雪も大変なことになっています。
NHKのニュースで見たのですが、積雪が250cmの世界。
雪かきするにももう限界です。長野県の高齢者だけの寒村からのレポートは豪雪地帯の厳しさを生々しく伝えていました。
 
そして、女性気象予報士が、あっさりと、「今後24時間に予想される降雪量は多いところで、60~80cmぐらいでしょう。」と伝えます。
 
簡単に60cmと言うけれど、大変な量です。
昨年大晦日から元日にかけて、60cmぐらいの豪雪に見舞われ、倒木、停電と生活が麻痺した記憶が新しい・・・。
 
そんな豪雪が、何度も繰り返されるのだから、その大変さが分かります。
 
今冬の雪に関連する死者(雪によるスリップ事故も含めて)が42名(1月26日時点)なそうだ。その中には、雪下ろし中の死亡事故もあります。
 
屋根の上に、1mもの雪が積もっているのを放っておいたら、家がつぶれてしまいます。若者がいなければ、老体に鞭打って雪下ろしをしなければならなくなります。
 
≪雪との闘い≫   正に、そんな生活になります。
 
 
日本海側、北海道のみなさん、雪かき、雪下ろしの際はご注意なさってくださいね。
 
豪雪お見舞い申し上げます。
 
 
 
わが町の今日28日午前10時現在の積雪は、 2cmだけ です。
 
去年に比べれば少ない1月の積雪です。
 
その一方で、日本海側では記録的な大雪です。
 
雪が多い地方のみなさん、お気をつけてお暮らしください。
 
 


 
 
前置きだけで、1本の記事にできるくらい長く書いてしまいました。
 
今朝、午前7:43山梨県で震度5弱の地震、そして、ついさっき午前9:22八戸市で震度4の地震・・・。八戸市に隣接するわが町の震度は3でした。
 
地震が続いています。山梨県が震源の地震、日本の休火山の親分=霊峰富士山が活動期に入らなければいいなあと願います。
もし、富士山が活動期になると、日本中の火山(活火山&休火山)が一斉に活動を始めるきっかけとなり、これまた未曾有の自然災害に発展してしまう可能性が高いからです。
 
今朝のたけ続けに起きた2つの地震から、そんな不安を覚えました。
 
 


 
 
本題に移りましょう。
 
 
先日のスキーの続編です。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
おっと、まもなく10時。 出かける時刻となりました。
 
写真の説明は、帰宅後にすることにいたしましょう。
 
次回のスキーが楽しみです。(おそらく安比高原スキー場かな?)
 
 
 
 
 
午後10時に出発して、二戸市で用事を済ませて、午後2時過ぎに帰ってきました。
 
昼のNHKニュースによると、積雪が3mを超えたそうです。雪かきボランティアの方が一人暮らしのご老人の家の雪かきをしていました。
 
「雪かきができないので、本当に助かります。」と老婆が語っていました。
きっと、ご老人には雪かきバスターの方が 『正義のヒーロー』 に見えたことでしょうね。
 
日本もまだまだ捨てたものではないのだ!!
 
しかし、雪かきが必要な家が何万世帯あるのでしょうか?
いい加減、降り止んでほしいのですが、まだ雪の降りやすい気圧配置はつづくそうです。
 
朝、積雪2cmだったわが町も、今は10cmになっています。今も雪が降る続いています。明日の朝はもっと積もっているかも・・・。
 
3mの地方のみなさんには申し訳ないほどの少なさです。
いつもの年よりも雪が少なめです。
日本海側にどっさり降って、太平洋側は乾燥しているのでしょう。
それにしても、今年は降雪と乾燥が極端なような気がします。
 
とにかく、日本海側、北国の方、そして、今回は関東地方のみなさんも雪には注意してください。
 
そうそう、九州の方から、「こっちも降って大変でしたよ~。」とコメントが入りそうな感じです。九州のみなさん、そちらの情報もお知らせくださいな。
 
 

 
 
写真の説明を追加するとしましょう。
 
≪1枚目 下倉湧水≫
前回(数年前)滑ったときは、この湧水を飲むことはできなかったように思います。何年か前から可能になったのでしょう。
天然のミネラルウォーターです。
 
蛇口が2箇所あるので、お昼には列ができて、どんどんスキーヤー&ボーダーの喉を潤していました。
 
≪2枚目 拡大版≫
拡大してみました。外国人にも分かるように英語の表記もあります。おいしいので、私はこの日お昼に2杯、滑り終わってから2杯、計4杯もいただきました。 美味しい!! 
 
 ウ~ン。 GOOD TASTE!
 
こんなに美味い天然水を無料で飲めるなんて・・・。
 
下倉スキー場の下倉・センターロッジに感謝です。
 
≪3枚目 キリン君≫
滑り終わってから、センターロッジ1階で、お土産を物色中に見つけたもの。背丈は2mぐらい。大きなぬいぐるみ。大きいだけなら写真は撮らなかったが、この帽子とゴーグル姿が気に入って撮ることにしました。
 
≪4枚目 キリン君UP。 なかなかCute!≫
どうしてスキー場でキリンなのかは分からない。
しかし、「八幡平リゾート」の帽子を被り、ゴーグルを付けているのだから、スキーヤーとボーダーを応援していること変わりはない。
うれしいじゃないか、その心意気。下倉スキー場のマスコットなのだろうか?
誰かを隣に立たせて撮影したかったところだが、生憎そのとき周りに知り合いが居合わせなかったので、キリン君単独の撮影となった。
 
野外での撮影がことごとく失敗しているこの日は、室内で撮影するくらいしかなったのである。
 
また、「下倉の壁」を滑りに、「下倉湧水」を飲みに、キリン君に会いに、下倉スキー場にまた来年くることにしよう。
 
 
文体が 「敬体」 → 「常体」 に変わってしまったが勘弁してほしい。
 
これで、帰宅後の4枚の写真の補足説明といたします。
 
 

八幡平リゾート 2つのスキー場!!

 
 
行ってきました、スキー場!!
 
今シーズンの初滑りは、「八幡平リゾート」にある2つのスキー場。
 

八幡平リゾート パノラマスキー場&下倉スキー場 - スキー王国いわて ...

ここでは、短い距離の間に2つのスキー場(まるで兄弟関係)があり、共通券で両方のスキー場を滑れるというメリットがあるんです。
 
パノラマスキー場は、ファミリー向き。下倉スキー場は中・上級者向きの本格派のゲレンデ。もちろん、私は下倉スキー場のファン。
 
下倉スキー場は、八幡平国立公園の「樹海ライン」の道路を垂直に十字架のように通るダイナミックなコースもあるんです。
 
「八幡平樹海ライン」については、以下の情報や記事、動画をチェックしてみてください。
 
 
 

2011GW_雪壁の八幡平樹海ライン(その3) - YouTube

 
【おまけ 絶景のドライブコース ~ 八幡平アスピーテライン】
 
 
 

 
 
それでは、スキー場のゲレンデについて少し画像で紹介いたしましょう。
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
最大斜度37度の「ダイヤモンドコース」も滑ってきました。
 
37度だと、もう下の方が見えません。感覚的には、垂直に感じます。
転倒すれば、下方に転げ落ちてしまいます。
 
 
 
 

                     
                   これがダイヤモンドコースの上部。
             最大斜度37度。平均斜度22度。
通称 「下倉の壁」 
 
 
 
シーズン初滑りでしたので、午前中はパノラマスキー場。
足慣らしには丁度いい感じでした。
 
午後は、本格的な下倉スキー場。昼食を摂った後、いろいろなコースにチャレンジしました。
 
晴れていれば、雄大な岩手山が間近に見えた(下の4枚目の写真参照)のですが、生憎の曇り空、おまけに中腹ではガスがかかっていました。
 
コンデジで撮影はしてみたのですが、雲がかかっていてあまり遠くの山々が見えません。帰宅してから見てみたのですが、とてもUPできるような写真ではありませんでした。
 
今度は晴れた日に行きたいなあ~。でも、週末が晴れるとは限らないですからね~。晴れるかどうかは運しだいですね。
 
 
晴れていれば、下の写真のように雪を戴いた岩手山が間近に見えるのですが・・・。
 
 
 
 

 
すぐ後方は岩手山。
晴れていれば、滑りながらこんな景色が見られます。
 
 
 
 
午後に3本も滑ると、もう腿が筋肉痛で悲鳴を上げました。
 
これ以上滑ると危険だと感じましたので、ダイヤモンドコースを
滑った後はあと1本滑って今回は終いにしました。
 
 
腿を筆頭に、全身筋肉痛。
しかし、それが結構心地いい。
これがスキーの醍醐味なんだなあ~。
 
私は、スキー派なので、ボードはやろうとは思わない。
一生スキーでいいと思っている。
 
さあ、これで足慣らしは済んだ。
次は、どこのスキー場に行こうかなあ~。
 
2月には、安比高原スキー場に行こうと思っています。
これもまた楽しみだ。
 
ほかに、奥中山高原スキー場、九戸スキー場にも行くつもりだ。
 
雪国岩手には、たくさんのスキー場がある。
中でも、安比高原スキー場は国内屈指のスキー場だ。
「全国中学生スキー選手権大会」(23~24日)が行われたばかりだ。
 
雪かきはしんどいけど、スキーは大好き!!
 
 
早くも次のスキーを楽しみに日々を過ごしている雪国の住人なのだ。
 
 
みなさんは、スキーはなさいますか?
 
情報をおよせくださいな。

続 森の学習館!!

 
 
なんと21日朝の最低気温は-2.6度。
信じられない暖かさ。今日は≪大寒≫だというのに・・・。
でも、週間天気予報を眺めると、25日から-10度が3日連続で続いている。
「梅雨の合間」というが、「寒の一休み」ということだろう。
こんな気分転換ができる「安全地帯(ホッとできる時間)」がないとやっていられない。
 
そんなわけで、ありがたい-2.6度の土曜日の朝。
 
明日は、今シーズン初のスキーに出かける予定だ。
というのも、大晦日に腰を痛め、ずっと≪リハビリ生活≫を余儀なくされていたからだ。
 
昨日、20日の万歩計の数字は、18000歩を突破した。やったね。
歩きに歩いた一日だった。寒い中、職場の建物の中をズンズン歩いた。
その結果が 18000歩 だ。
 
≪歩くことが健康の第一歩≫ と感じているこのごろだ。
 
腰も治ったことだし、ちょっと寒いけど、歩くど~~~~~!!
 
 


 
 
去年、12月末に、第1弾を書いてから、延び延びとなっていた記事の続編である。
 
 
 
 

 
入り口にあるチェーンソーアートの彫刻たち。木の温もりたっぷり。
 
 
 
 
 

 
市民の森不習岳学習館の外観。思わず中に入りたくなる。
 
 
 
 
 

 
中で説明されたけど、名前を忘れてしまった木の実。
雑木林人を自負しているこの私が知らないとは・・・。
今年は、この木の実を収集したいと思う。
樹の名前をご存知の方、教えてほしい。
北海道の孝遊子さん、SOSなのだ~。
 
 
 
 
 

                             
        森の中の物で作った置物。可愛らしいなあ~。
今年は私も挑戦しようかなあ~。
 
                           (撮影 2011.11.23)
 
 
 
 
 
実は、画像以外の文章は、21日(土)の午前に書き終えていた。
4枚の画像を載せたのが22日(日)の午前6時台・・・。
温泉に出かけて、帰宅後バタンキューとなってしまったのだ。
そんなわけで2日がかりの記事となってしまった。
時間の表現があちこち間違っているかもしれない。
そのときは勘弁してほしい。
 
 
どなたか3枚目の実の樹の名前をご存知の方はご教示願いたい。
 
尚、第3弾には「幻の某植物」が登場する。 乞うご期待!!
 
 
 
今日は、これから「八幡平リゾートスキー場」と「下倉スキー場」
 
出かけてくる予定だ。帰りはまたまたバタンキューであろう。
 
 
どちら様も素敵な日曜日をお過ごしいただきたい。
 
 
では、ちょいとスキーに出かけてくるとしよう。
 
それでは、また・・・。
 
 
 
 

吾妻山公園の菜の花

 
最低気温は、連日-10度前後ですが、18日、19日は、真冬日ではありませんでした。
 
「真冬日でない」ことは、北国の住人にとってとてもありがたいことです。
 
 
①道路の雪が溶ける。
 
②太陽の陽射しが注ぐ。光を浴びることができる。
 
③短い時間でも、寒さを忘れられる。
 
④何よりも、太陽の柔らかい陽射しがありがたい。うれしい!!
 
 
寒中でもありながらも、とてもゆっくりですが、確実に季節が春に向かっていることを実感できます。
 
あ~、太陽の光、ありがたや~、ありがたや~!!
 
 

 
そんなわけで、今日は心があったかくなるショットを紹介いたしましょう!
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
                           (C) 多摩の四季
 
 
 
 
撮影場所は、神奈川県二宮駅の近くの吾妻山公園なそうです。
 
ナイスショットですね~。
 
毎日冷凍庫生活でブルブル震えている私にとって、なんとも暖かな春の風景です。心も体も温まる心地です。
 
「寒中」だからこそ、いっそう暖かなものを求めたくなります。
 
ましてや、大好きな「霊峰富士山」です。 しかも、 「晴天」 。そして、鮮やかな「菜の花の黄色」。文句なしです
 
 
ブログの友人、「多摩の四季さん」が撮影されたものです。
 
見事ですね~。 さすが多摩の四季さんです。
 
 
オリジナル記事はこちら。 ↓
 
 
多摩の四季 - Yahoo!ブログ      2012年1月14日の記事です。
 
ぜひご覧ください。
 
 
多摩の四季さん、紹介させていただきありがとうございました。
 
 
 

かわいらしい眠り

 
窓の外では雪が舞っています。
 
ドリカムの冬の曲、「Snow dance」をイメージしてしまいます。
 
確かに一粒一粒(こう呼んでいいのかな?)の雪ん子が踊っているようにも見えます。
 
風が弱い方が踊り方が個性的です。
 
強風だとただ一方向に流れるだけですからね。
 
この雪は、北海道にも、東北にも、日本海側にも、津波に襲われた被災地にも、放射性物質が拡散した地域にも降るんですね。
 
この白い雪が、忌まわしい放射性物質も荒廃した土地も何もかも包み込んで、雪が解けた春には事故の前の穏やかな日本の国土に戻してくれたらいいのですが・・・。
 
 
 
今日は阪神淡路大震災から17年となります。
 
1・17と3・11。 2つの大震災。 失われた多くの命・・・。
 
               祈りの日・・・。 合掌。
 
 


 
 
気分を変えてこんな写真をご覧ください。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
キュートでかわいらしい動物たちです。

青の世界!!

 
寒い日が続いています。
お変わりありませんか?
 
こちらは12日朝の最低気温が-15.9度。
 
ここ数日間、真冬日の「冷凍庫生活」継続中です。
 
最高気温が、-3~-5度なんですから寒くて堪りません。
身体が冷え切ってしまいます。
それでも、出かけて、仕事をしたり、生活をしていかなければなりません。
 
北国生活で一番辛いのは、【除雪】でしょうかね。
【除雪】 がなければ、かなり快適な生活を送れるのですが・・・。
 
まあ、それでも生まれ育った故郷ですから、雪 & 寒さと 共生していこう と思います。
 
寒が明ける2月の【立春】が待ち遠しいですね。
 
こう寒くてはまだスキーに出かけようという気分になりません。
年をとったんですかね~。
若い頃なら、張り切ってスキー場に行っていたのですが・・・。
 
それに、今シーズンは、去年の大晦日に【ぎっくり腰】をやってしまいましたので、今なおリハビリ途上です。ですから、スキーに行けなかったのには大義名分がありますね。(無理やりこじつけています・・・)
 
この厳しい寒さは、中年おじさんの外出を億劫にしてしまいます。
 
でも、そろそろスキーに行かなくちゃね~。
 
スキーは冬の生涯スポーツですからね。
パウダースノ-に描くシュプールの爽快感、堪りません!!
 
腰が治ったら、そのうち出かけたいと思います。
 
 


 
 
本題に移りましょう。
 
寒中にさらに寒くなるショットですが、美しい神秘の世界 をご覧ください。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 
                                (C)多摩の四季
 
 
 
 
いかがでしたか?
 
美しい神秘の青の世界です。
 
撮影者は、ブログの友人「多摩の四季さん」です。
 
場所は、「奥多摩 払沢の滝 」です。多摩の四季さんお気に入りの撮影スポットです。行ってみたいものですね~。
 
オリジナル記事はこちら。   ↓
 
 
 
奥多摩 払沢の滝その②      (24年1月9日)
 
ぜひ、上の記事もチェックしてみてください。
 
 
多摩の四季さん、紹介させていただきありがとうございました。
 
 
 

龍の樹!!

 
辰年にピッタリのショットをご紹介いたしましょう。
 
自然の造形美とは摩訶不思議なものです。
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

                          (c)ス タ シ ゙ オ 2 0 1 0 / へいへい
 
 
 
 
いかがでしたか?
本当に龍の形そっくりですよね。
この龍の樹の正体は、街路樹の「ユリノキ」です。
剪定の仕方によっては、こんな「龍の形」になるんですね。
 
庭木に「ユリノキ」がある方は挑戦してみる価値があるかもしれませんよ。
 
 
さて、こんな素敵な写真を撮られたのは、ブログの友人でさいたま市にお住まいの「へいへいさん」です。
 
へいへいさんのブログは、毎日アクセス数が200超の人気ブログです。
一度訪問されるとあなたも虜になってしまいますよ。(まるで『少女時代』の歌詞のようですね。)
 
 
オリジナル記事はこちら。 ↓
 
 
竜の成る木          (24年1月9日)
 
ぜひ、チェックしてみてください。
 
へいへいさん、紹介させていただきありがとうございました。
 
今年もよろしくお願いいたします。
 
 
 
 

プロフィール

iqm90jqjpdmz

Author:iqm90jqjpdmz
将棋、自然、音楽、写真が好きです。

将棋は、羽生9段、藤井7段のファンです。

初夏にはサクランボ狩り、秋にはブドウ狩りに出かけています。

また、秋には、雑木林を散策してハシバミ、アケビ、サルナシなどの
天然の木の実を採集をしています。

音楽は、80年代の洋楽を聴くことが多いですね。
好きなアーティストは、TOTO,Journey,Foreigner,KANSAS,Eagles,
Styx,Earth,Wind&Fire,M.Jackson,Madonna,Starship,SADE,
Kool&The Gang,Lindsy Starling,Maroon5,...

邦楽では、小田和正、ドリカム、宇多田ヒカル、シングライクトーキング、
久保田利伸、Greeeen、米津玄師です。

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブロとも一覧【画像なし】

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム