FC2ブログ

怖いことです!!


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 
 
タイの洪水で、ワニが逃げ出して捕獲中という恐ろしいニュースがあったが、こちらの記事もかなり恐ろしいことです。
 
映画の話ではなく、本当の話です。
 

 
 
所有者も遺体で発見されている。
 
猛獣を飼うのはどうなのでしょう?
 
動物園並みの設備がないとやっていけないでしょうね。
 
餌代も馬鹿にならないでしょうし・・・。
 
物好きが高じても、命を失わないようにすることや他人に迷惑をかけないことが大切です。
 
25頭射殺されたそうですが、あと31頭います。
 
殺された猛獣たちも災難です。
 
新たな被害者が出なければいいのですが・・・。
 
続報も気になるところです。
 
 

秋の飛騨高山祭

今年はお祭りと休日が重なり大勢の観光客が訪れました!
天候もバッチリで申し分のない2日間となるでしょう。
私は10日に急な用事が入りお祭りを見に行けません
9日のお祭りだけご覧ください。
 
 
 

神社への宮前橋 大きな鳥居です
 
 
 

こちらも神社への道で毎年お店が並ぶ道です
すし詰め状態ですね(^_^;)
 
 
 

カラクリまでの休憩時間です
 
 
 

ここは参道に並ぶ山車
 
 
 

人が多すぎて全部撮影せずに帰ってきました(^_^;)
 
 
 

右も左も人人
宵祭りは行くことができませんでしたが大変だったでしょう
 
 
 

犬づれの人も多かったですね・・・小さい柴犬です (^_^)  つづく・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


転載元: リカちゃんのブログ

内村選手、輝く!!

 
 
土曜日、日曜日に体操の世界選手権をご覧になった方が多かったのではないだろうか。
 
ゴルフの日本選手権も悪くないが、体操の方がずっと面白かった。
(あいにく私はゴルフを嗜まない)
 
一際輝いたのが、内村航平選手だ。
 
何という美しさ、何という強さ・・・。
 
 
 
 
体操日本の屋台骨を背負う日本体操界のエースだ。
富田選手の引退の後、後継者は大丈夫だろうかと心配していたが、こんなにも素晴らしい後継者が育っていた。
 
記事を紹介してみよう。
 
 


 

着地、最後までぶれず=内村、また一つ強く-世界体操

 
 

 
 
 

 
 

 
 
予選から手放し技の難度を上げて臨んだ鉄棒の決勝。それでも、内村の着地はぶれなかった。この種目のスペシャリストが火花を散らす中、ゆかの金メダルに続く銅メダル。不世出のオールラウンダーは、「みんなDスコア(演技価値点)が高くて場違いかなと思ったけど、(メダルを)取れてうれしい」と、素直に喜んだ。
 8日間で合計23もの種目を消化した今大会で、新たな感覚を手にした。両足ふくらはぎの状態が悪く、予選のゆかは「本当に棄権しようかと思った」と明かす。それでも、「1割くらいの力」(内村)で演技をまとめ、「新しい境地に踏み込んだというか、こんなに楽にできるんだという感じだった」。力を抜いてもやれるという自信。また一つ、王者は強くなった。
 圧倒的な力で個人総合3連覇を果たしたが、満足感はない。「(来年のロンドン)五輪はチーム一丸で、安定した演技をしないと」。今回できなかった団体金メダル獲得に、思いをはせた。
 
 


 
 


 

世界体操:男子 鉄棒で内村、跳馬で沖口が「銅」獲得

 
 体操の世界選手権は最終日の16日、東京体育館で男子3種目、女子2種目の種目別決勝を行い、男子鉄棒で内村航平(コナミ)が16.333点、男子跳馬で沖口誠(コナミ)が16.291点で、それぞれ銅メダルを獲得した。内村は今大会、団体総合を含めて4個目のメダル。男子跳馬でのメダル獲得は91年大会の相原豊以来20年ぶり。今大会の日本のメダルは7個となり、昨年の4個を上回った。
 男子平行棒では内村が4位、田中和仁(徳洲会)は8位。男子鉄棒の田中佑典(順大)は6位だった。
 来年は五輪開催年のため大会がなく、次回大会は13年にベルギーのアントワープで行われる。

 ◇内村、照れ笑いの銅

 種目別鉄棒決勝。得点が表示されると、内村は遠慮がちに首を横に振った。「正直、取れると思っていなかった」。自身今大会4個目のメダルは、照れ笑いの銅だった。
 演技前、練習場で周囲の選手に演技価値点(Dスコア)を尋ねると、「信じられない点数を言われて、自分は場違いだと思った」と内村。それでも、最高G難度の手放し技「カッシーナ」を華麗に決めるなど、通常より難度を上げた構成を最後まで通して表彰台へ。「(個人総合優勝後に表彰された)エレガンス賞受賞者の美しさを評価してもらえた」とおどけてみせた。
 今大会は団体総合、個人総合、種目別5種目とフル回転。疲労はとうに限界を超えている。だが、両ふくらはぎに不安を抱えて臨んだ団体総合予選の床運動では、「(力を入れずに)1割ぐらいの力で演技できた。こんなに楽にできるのかと思った」と内村。さらなる進化へのヒントも得た大会だった。
 ただ、自身の落下もあり、33年ぶりの団体総合優勝を逃したことが、今でも悔しくてたまらない。「団体は課題。練習から誰も失敗しない演技をしていかないといけない」と内村。日本のエースは早くも、ロンドンでの悲願達成に向けた一歩を踏み出そうとしている
 
 


 
 
私は、床に続いて鉄棒でも金メダルだと思った。中国選手よりも難易度が高く、高速で完璧な演技に見えた。
 
鳥肌が立つくらいのゾクゾクする素晴らしい演技だった。感動した。
 
とても輝いて、頼もしく見えた。
 
世界を相手に通用する美しさ&強さ。
 
素晴らしい演技を見せてくれてありがとう。この裏には血のにじむような努力があるのだろうね。
 
 
がんばれ、内村航平選手、体操ニッポン!!
 
 

アケビファッションショー

 
 
アケビにもいろいろな個性があります。
 
大袈裟に言えば、一個一個表情が違います。
200個以上収穫しましたが、どれも同じものはありません。
 
今回は今年出会った個性的なアケビ君(さん?)たちのファッションショーをしてみたいと思います。
 
 
 
 

 
今年最大のもの。13.5cm。145g。
 
これより大きなものがありましたが、
 
はるか頭上にあり、眺めることしかできませんでした。
 
 
 
 
 

 
最重量の1個。200g。ずっしり重い。
 
これほどの大物は滅多に採れません。
 
 
 
 
 

 
アケビ三兄弟
 
 
 
 
 

 
四兄弟
 
 
 
 
 

 
なかなか採れない珍しい五兄弟
 
 
 
 
 

 
今年の二横綱。
 
左が最重量200g、右が最長13.5cm。
 
どちらも最高の味でした。
 
 
 
 

 
 
いかがでしたか?
 
 
この他にも、小さくて可愛らしいものとか
 
傷のないお嬢様のように美しいもの
 
見事な双子ちゃん
 
とても大きかったのに野鳥のパーティの後・・・
 
撮影する前にあげちゃったもの・・・
 
 
200個の中のほんの一部ですが
 
今年の収穫したものの中から個性的なものをチョイスして
 
紹介してみました。
 
特大の2個は、感謝の気持ちを込めて
 
拝んだ後に食べさせていただきました。
 
続きは、一年後となります。
 
 
 
収穫数  200個以上
 
賞味数   50個以上
 
進呈数  130個以上
 
 
 
 
ありがとう、アケビ君!!
 
 
来年また会おうね!!
 
 

ユリカモメの飛翔!!

 
 
動物写真の撮影って難しいですよね。
 
私の場合、いつも失敗ばかりです。
 
今回は、そんな動物写真、特に鳥類の撮影の達人をご紹介いたしましょう。
 
ブログの友人、神奈川県にお住まいのOSADAさんです。
 
カワセミ写真がメインなのですが、ときどきカワセミ以外の写真も撮られています。
 
今回は、「ユリカモメ」の登場です。
 
どうぞ、ご覧ください。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
OSADAさんのブログはこちら  ⇒  カワセミ日記
 
 
プロ級のショットが満載です。
 
どうぞ、ご訪問なさってみてくださいな。
 
 
OSADAさん、紹介させていただきありがとうございました。
 
 
 

今年も大漁でした!!

 
 
10月8日~10日の3連休は、3日間とも雑木林に入りました。
 
今年もあけびが大量に採れました。
また、新たな「あけびポイント」=「あけび山」も発見しました。ラッキー!!
 
まだ、「あけびポイント」のチェックを2箇所残しているのですが、それでもすでに200個を超えてしまったようです。
 
でも、次の週末にはきっと野鳥たちの食料になっていることでしょう。
おそらく、見つけても4個中3個は食べられた後ということになるでしょう。
ということは、今年のあけび採りシーズン終了、ということかな?
 
それでは、今年の収穫の一部を紹介いたしましょう。
 
 
 
 
 

 
8日(土)朝の収穫。60個以上はあるでしょう。
朝食前でしたので、文字通り  『朝飯前』  の収穫でした。
宅帰途中で、知り合い3軒に30個ぐらいあげたので、
この日の収穫は90個ぐらいということになります。
あけびが重くて、かご(つぼけ)のベルトが切れてしまいました。
 
 
 
 
 

 
完熟で口が開いていて美味しそうです。
よくぞ、野鳥に食べられずに無事で生っていたものです。
私に会うのを待っていてくれたのでしょうか?
 
 
 
 
 

 
こちらは7日に採ったもの。色が違うでしょう。20個近くあります。
 
 
 
9日に30個、10日にも40個ぐらい収穫しました。
 
とても食べきれる量じゃありませんので、親戚に宅配便を出したり、知人、近所の方におすそ分けをしました。
 
去年は通っている歯医者さんにもあげましたが、今年は行く予定がないのでパスかな?
 
 
「まあ~。珍しいものをありがとうございます。」
「こんなにいいんですか?」
「あけび食べるの、何年ぶりだろう。」
「ありがとうございます。私、大好きなの!」
 
ニコニコした笑顔が返ってくる。
 
 
120個ぐらいは、おすそ分けしたことになるかな。
 
あけびを通して、 『笑顔届け隊』 の隊員というところでしょうか。
 
あけびを採ることが楽しいし、食べることが楽しいし、差し上げた方の笑顔が嬉しいし、至福の3日間でしたね。
 
 
私がどれだけ食べたと思いますか?
 
そうですね~。
 
みなさん、驚かれるかもしれませんが、8日から今日までの間に50個以上食べました。
 
これって、かなり贅沢なことなのかもしれませんね。
 
種をたくさん吹き散らかしましたので、数年後にはあけび畑?
 
 
あけび大好き。自然の恵み。
 
来年も雑木林に入るのが楽しみです。
 
 
 

ダイヤモンド富士 その後

 
ダイヤモンド富士 その後


感動的なダイヤモンド富士(羊蹄山=蝦夷富士)を撮った後、場所を標高300m程の高台に移動してダイヤモンド富士のその後の様子を撮りました。






















 中央の山が羊蹄山(蝦夷富士)、左手にニセコアンヌプリ、イワオヌプリ、ニトヌプリ等が連なり、右手の羊蹄山に似た山は尻別岳、中央部を流れる川は尻別川。

〔撮影:北海道寿都町磯谷牧場 2011.9.23〕

 


転載元: 「野草閑話」~孝遊子

め~けっ!!

 
 
見つけました、八戸で。
 
隠れ家のようにひっそりと・・・。
 
なんか、今年ヒットした映画のタイトルのような・・・。
 
 
 
 
 
 

 
八戸にお住まいの方ならご存知でしょう。
 
 
 
 
 

 
       外観を撮り忘れました。次回、またレポートします。
自慢の印度カリーをチェックしてみなくては・・・。
 
 
 
 
 

 
私のお気に入り。「二代目 左ェ門」でお昼。
三種ミニ丼定食。このあと茶碗蒸しが届きました。
 
ご飯のお代わり自由。ドリンク6種飲み放題。
これで料金は880円。とてもリーズナブルです。 
特に、ランチの「花御膳」&「雅御膳」は大好評。
すぐに完売(15食限定なのです)となります。
週替りメニューなので毎週来ても飽きません。
 
 
 
8日はお昼と買い物に八戸へ。
 
いろんなものを見つけました。
 
ほんの一部を紹介いたしました。
 
 
 

撮ったど~! ダイヤモンド富士(羊蹄山)

 
撮ったど~! ダイヤモンド富士(羊蹄山)


秋分の日と春分の日の前後一週間と言う期間限定で見られるダイヤモンド富士(蝦夷富士=羊蹄山)を撮ってきました。


AM5:17







AM5:39





AM5:45









AM5:46





AM5:47


〔撮影:北海道蘭越町字御成 2011.9.23〕

 


転載元: 「野草閑話」~孝遊子

ミニとうもろこし

   
  
 スーパーの じげもんコーナー(地元で採れた野菜を売っているコーナー)で
                素敵なものを見つけました 
 
イメージ 1
 
ミニとうもろこしです。
 
イメージ 2
 
トウモロコシのひげは便秘に良いということでしたので、
乾燥してお茶にします。
( 出来上がったら、記事にします 
 )
 
イメージ 3
 
里芋の親芋があったので、
今日は シチュウ にしてみようと思います 
 
イメージ 4
 
できあがりました 
 
里芋が少し黒くなってしまいました・・
 
でも、お鍋はからっぽ、完食でーす 
 
 
 


転載元: tomoのブログ

プロフィール

iqm90jqjpdmz

Author:iqm90jqjpdmz
将棋、自然、音楽、写真が好きです。

将棋は、羽生9段、藤井7段のファンです。

初夏にはサクランボ狩り、秋にはブドウ狩りに出かけています。

また、秋には、雑木林を散策してハシバミ、アケビ、サルナシなどの
天然の木の実を採集をしています。

音楽は、80年代の洋楽を聴くことが多いですね。
好きなアーティストは、TOTO,Journey,Foreigner,KANSAS,Eagles,
Styx,Earth,Wind&Fire,M.Jackson,Madonna,Starship,SADE,
Kool&The Gang,Lindsy Starling,Maroon5,...

邦楽では、小田和正、ドリカム、宇多田ヒカル、シングライクトーキング、
久保田利伸、Greeeen、米津玄師です。

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブロとも一覧【画像なし】

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム