FC2ブログ

羽生2冠の底力!!

 
 
「名人の底力!!」というタイトルを当初考えた。
 
 
そして、「ああっ。羽生さんは今は名人ではなくなってしまっていたのだった。」と気づいた。
 
今年、森内名人に最終第7局で敗れ、3-4で名人位を失っている。
 
勝負の行方がどちらに転ぶかどうか分からない難解な最終戦だった。
 
『時の運』 だったかもしれない。
 
 
そして、あれこれ考えた挙句、上のようなタイトルになった。
 
『羽生の頭脳』という全10巻の名著があるが、彼が将棋界に与えた衝撃は大きい。
 
前人未到のタイトル7冠独占を成し遂げたのが、25歳。あれから15年。青年は将棋界を支える巨人に成長し、今なお最先端を走り続けている。
 
私はデビュー当時(中学生プロ棋士)からの彼のファンである。
 
 
名人失冠の傷も癒えない中、王位戦の挑戦者となり、2-3土俵際に追い詰められながらも、第6局を勝ちきり、3-3のタイに持ち込んだ。
 
これを『底力』と言わずして、何と言おう。
 
彼は、王位を12期獲得している名棋士であり、永世王位の称号も手にしている。
 
 
 


 
 
過去10年間の王位戦の軌跡を振り返ってみよう。
 
 
期  年   優勝者   成績   相手

51 2010 広瀬章人 4-2 深浦康市

50 2009 深浦康市 4-3 木村一基

49 2008 深浦康市 4-3 羽生善治

48 2007 深浦康市 4-3 羽生善治

47 2006 羽生善治 4-2 佐藤康光

46 2005 羽生善治 4-3 佐藤康光

45 2004 羽生善治 4-1 谷川浩司

44 2003 谷川浩司 4-1 羽生善治

43 2002 谷川浩司 4-1 羽生善治

42 2001 羽生善治 4-0 屋敷伸之

 


 
ここで、改めて両雄のプロフィールを紹介しよう。
 

広瀬章人王位

 羽生王座・棋聖は名人戦では敗れましたが、将棋の内容、調子はすごくいい。これが本来の姿なのだと思います。居飛車、振り飛車といろいろな戦法を指しますが、最近は主導権を握ることのできる戦型を選んでいるように見えます。自分の調子は、対局が少なく分かりかねますが、7番勝負が始まっても上向きにもっていければいいですね。すっかり振り飛車穴熊のイメージが私に付きましたが、穴熊にとらわれず自分らしい将棋を、終盤までどちらが勝つのかわからないような将棋を指したいと思います。
 
 
ひろせ・あきひと 1987年、東京都江東区生まれ。勝浦修九段門下。2005年四段、10年七段。09年度、第40期新人王戦で棋戦初優勝。10年度、第36期棋王戦で挑戦者決定戦に進出、第69期順位戦でB級2組へ昇級。11年度は第24期竜王戦で3組昇級を決めた。王位戦では前期、深浦康市王位(当時)を4勝2敗で破り、初タイトルを獲得した。タイトル獲得は1期。得意戦法は振り飛車穴熊だが、ゴキゲン中飛車や居飛車も器用に指しこなす。

羽生善治二冠

 挑戦者決定リーグは村山慈明五段が全勝で走り、少し大変かと感じていました。最終戦の直接対決も、終盤ではっきり負けていたので、展開に恵まれたのかなと思います。広瀬王位はシャープな将棋で、受けも独特な手を指すイメージ。穴熊の指し回しを見ていると、手慣れているなと感じます。でも、対戦があまりないのでわからない部分もあります。自分の調子は、まずまずでしょうか。タイトル戦では初めての顔合わせでもあるので、今までにないような展開の将棋、面白い将棋が指せたらと思います。
 
 
はぶ・よしはる 1970年、埼玉県所沢市生まれ。二上達也九段門下。85年四段、94年九段。89年度、第2期竜王戦で初タイトル獲得。95年度、第45期王将戦を制し、史上初の七冠全制覇を達成した。2008年度、第66期名人戦を制し、通算5期獲得で19世名人の資格を得た。王位戦は第34期から9連覇、第45期から3連覇の通算12期獲得しており、永世王位の称号を持つ。タイトル獲得数は79期。各戦法に精通するオールラウンドプレーヤーである。
 


 

羽生が勝ち最終局へ=将棋王位戦

将棋の広瀬章人王位に羽生善治二冠(王座、棋聖)が挑戦する第52期王位戦7番勝負の第6局が、29日から神奈川県秦野市の陣屋で行われ、30日午後7時11分、122手で後手の羽生が勝ち、3勝3敗とした。持ち時間各8時間のうち、残りは広瀬1分、羽生6分。最終局は9月12、13日に、再び同所で行われる。   《 時事通信 8月30日(火) 》
 
 


 
 
 

 
終局の様子
 
 
 
 

 
感想戦での羽生2冠
 
 
 
 

 
感想戦での両対局者
 
 
 

後手羽生2冠の勝ち
 
 
 
広瀬王位の初防衛なるか、
 
それとも、羽生2冠王位奪取で3冠に復帰なるか。
 
注目の最終局は、9月12、13日に
 
再び第6局と同じく神奈川県秦野市の陣屋で行われる。
 
 
 
注目しよう!!
 
 
スポンサーサイト



王位戦、第6局の行方!!

 
 
広瀬王位の初防衛なるか?
 
第6局は8月29、30日に神奈川県・秦野市で対局
 
 
 
 
王位戦7番勝負は、現在3勝2敗で広瀬王位がリードしている。
 
 
私は羽生2冠のファンである。 ぜひ羽生さんにタイトルを奪取してほしいと願っている。
 
ところが、相手は24歳の若きタイトルホルダー、『穴熊王子』の異名を持つ広瀬王位である。
 
あの前深浦王位から4-2でタイトルを奪取した穴熊のエキスパートである。
 
その広瀬王位に3-2とリードされているのだから、この第6局が山なのだ。
 
 

 
  第6局。駒を並べる両雄。
 
 
 


 
 
 
ここで、王位戦について少しふれてみよう。
 
 

王位戦について

 全棋士と女流棋士2名で行います。予選をトーナメントで行い、その勝ち上がり者とシード棋士4人により紅白2ブロックに分けてリーグ戦を行います。同率首位の棋士が複数でた場合はプレーオフを行います。紅白の優勝者で挑戦者決定戦を行います。
 王位とその挑戦者決定戦の勝者が、例年7月から9月にかけて七番勝負を行います。

持ち時間

タイトル戦:8時間
本戦リーグ・予選:4時間
 
 


 
 
広瀬章人王位(24)に羽生善治王座・棋聖(40)が挑む第52期王位戦7番勝負(北海道新聞社主催)の第5局は8月23-24日、徳島市の「渭水苑」で行われ、広瀬王位が勝ち、タイトル初防衛に王手をかけた。第6局は8月29-30日、神奈川県秦野市の「陣屋」で行われている。
 
続いて、両対局者のプロフィールを紹介しよう。
 
http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/52oui/image/hirose.jpg
広瀬 章人(ひろせ・あきひと)王位
 
 1987年、東京都江東区生まれ。札幌・澄川小で3~6年の4年間を過ごし、6年の時に勝浦修九段に入門。2005年四段、10年七段。09年度の第40期新人王戦で棋戦初優勝。10年度、第36期棋王戦で挑戦者決定戦に進出、第69期順位戦でB級2組へ昇級。11年度は第24期竜王戦で3組昇級を決めた。王位戦では前期、深浦康市王位(当時)を4勝2敗で破り、初タイトルを獲得した。タイトル獲得は1期。得意戦法は振り飛車穴熊だが、ゴキゲン中飛車や居飛車も器用に指しこなす。
 
羽生 善治(はぶ・よしはる)王座・棋聖
 
 1970年、埼玉県所沢市生まれ。二上達也九段門下。85年四段、94年九段。89年度の第2期竜王戦で初タイトルを獲得。95年度の第45期王将戦を制し、史上初の7冠全制覇を達成した。2008年度の第66期名人戦を制し、通算5期獲得で19世名人の資格を得た。王位戦は第34期から9連覇、第45期から3連覇の通算12期獲得で、永世王位の称号を持つ。タイトル獲得数は79期で、故・大山康晴15世名人が持つ史上1位の80期にあと1。各戦法に精通するオールラウンドプレーヤーである。
 
 


 
 
第6局の主催社特集サイト(北海道新聞)では、対局模様を動画や写真で公開中。
 
ぜひ、チェックしてみてください。
 
 
 

1日目の封じ手の局面。羽生2冠が30手目を封じる。
 
自然なのは、7五同歩。
ここまでの消費時間は、先手広瀬王位 2時間52分。
後手羽生2冠 4時間50分 と約2時間の差がある。
この2時間の消費時間の差が今後の展開にどう影響していくか。
因みに、本7番勝負では、封じ手をした側が総て敗れている。
今回封じ手をしたのは羽生2冠。
ということは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
 
さて、王位戦第6局の行方は如何に!!
注意深く見守っている。
 
 
がんばれ、羽生2冠!
 
 
 

昭和記念公園 サギソウ祭り


 
昨日の続きです
 
サギソウをはじめて見た衝撃は忘れられません
 
次の年、サギソウを一鉢購入して写真をとったものの
 
結局枯らせてしまい、かわいそうなことをしてしまいました
 
それ以来サギソウは昭和記念公園のサギソウ祭りで撮ろうと決めました
 
 

 
毎年撮っているのに満足したものはほとんどなく手こずっています
問題はピント位置かな
 
 

 
バックは池
今年はこれが変化をつけてくれました
 

 
この花も傷んでくるとかわいそうになります
ことしはこの一日だけの出会いでおしまいにします
 
また来年、もっといい写真をめざしてみます


転載元: 多摩の四季

サギソウ咲く

 
 
金曜日の午後から久々に太陽の光を拝み、改めて太陽の有難さを実感しました。
 
昨日7日土曜日は、晴天で最高気温は27度、程よい残暑というところでしょうか?
 
晴れているだけで、気持ちが晴れ晴れしますね。
 
今日も朝から抜けるような青空です。
 
みなさんのところはいかがでしょうか?
 
素敵な日曜日をお過ごしください。
 
 


 
 
さて、我が家のサギソウが咲きました。
 
毎年、多摩の四季さんの美しいサギソウの写真を拝見して、その美しさに圧倒され、魅せられてしまいました。
 
8月にいつも立ち寄る産直で偶然見つけ、買ってきました。
 
そう、念願のサギソウを手に入れたのです。
 
全部蕾のものを買いました。開花のときの感動を多く味わいたかったためです。
 
そして、玄関に置いて開花するのを楽しみに観察していました。
 
1つ目が咲いたとき、初めて生のサギソウの花を見たとき、とても感動してしまいました。
 
「何という可憐さ、清楚さ、美しさ・・・。」
 
その後、毎日のように花の数が増えていきました。
 
 
 
 
多摩の四季さんの写真 ( [転載]サギソウの夏がきた~~ 8月18日) をご覧いただいたあとでは、お恥ずかしいのですが、生まれて初めて撮影したサギソウの写真です。
 
白い花の色が引き立つように背景の色を黒にしたかったのですが、黒いものが近くになかったのでこんな感じになりました。
 
「焦点をどこに合わせたらいいいのか難しい・・・」
 
多摩の四季さんの仰られていることの意味が分かりました。
 
確かに難しいですね。
 
撮影の時点では、花は7輪咲いていましたが、その後9輪全部咲きそろったこともお伝えしておりきます。
 
それでは、初めて撮影したサギソウをどうぞご覧ください。
 
 
 
 
 

 
 玄関の壁をバックに (撮影8月23日)
 
 
 
 
 

 
 背景を青にしてみると・・・
 
 
 
 
 

 
 別のアングルから・・・
 
 
 
 
 

 
 こんな感じの方が落ち着きますね。
 
やはり、黒系統の色の方が映えるようです。
 
 
 
 
 
来年以降の撮影もまた楽しみになってきました。
 
撮影にお詳しい方、アドバイスなどもいただけましたら幸いです。
  
 
 

タブノキ(さいたま市・緑区)

未知との遭遇
クマさん出現


タブノキからクマが産まれようとしています。





を、を覚えていますか?

このご神木はさいたま市にあります。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/38/7d/heihei_2010/folder/1497970/img_1497970_52496363_0?20110827105055
緑区の神社にあります。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/38/7d/heihei_2010/folder/1497970/img_1497970_52496363_1?20110827105055
大きなタブノキです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/38/7d/heihei_2010/folder/1497970/img_1497970_52496363_2?20110827105055
氷川女体神社にあります。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/38/7d/heihei_2010/folder/1497970/img_1497970_52496363_3?20110827105055

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/38/7d/heihei_2010/folder/1497970/img_1497970_52496363_4?20110827105055


かわいいクマさん、
それは、氷川女体神社のタブノキのコブです。


植物・花写真◆←クリックしていだだけると、嬉しいです。

撮影:2011年8月9日-埼玉県 さいたま市 緑区 宮本2-17-1 /氷川女體神社(ひかわにょたいじんじゃ)
カメラ:ニコン-Nikon D80  (C)heihei's studio 2010


転載元: へいへいのスタジオ2010

絶好調  少女時代!!

 
 
「少女時代」の勢いが止まらない。
 
アジアだけでなく、アメリカ進出、そして今年日本でのドームツアーで14万人を動員したほか、先日パリ公演も大成功を収めたようだ。
 
韓国芸能プロダクション「SMエンタ」の世界戦略が奏功しているということだろう。
 
日本での音楽番組にも度々出演し、ファン層を拡大している。
 
 
 
 
 
韓国芸能ニュース 「WOW! KOREA」 の記事を紹介してみよう。
 
 
 


 
 
 
 

 
 
 
 
韓国ガールズグループ「少女時代」が来る10~11日、フランス・パリで行われる「SM TOWN LIVE TOUR」に出演するために7日午前パリへ出国した。所属事務所であるSMエンタテインメント(以下、SMエンタ)を通じて、「ヨーロッパに韓流の力を見せてくる」と意気込みを語った。

 「少女時代」は、「ヨーロッパファンと会うことができ、嬉しくてわくわくする」と述べ、「ルーブル博物館前の追加公演デモのニュースを見たが、歌とダンスを完璧に知っていて驚いた。いっしょに楽しめる公演になりそうだ。先輩後輩歌手とともに、韓国の素敵な音楽とパフォーマンスをヨーロッパで発表し、帰ってくる」と誓った。

 「少女時代」をはじめ、人気グループ「東方神起」や「SUPER JUNIOR」、「SHINee」、「f(x)」などが参加する今回の公演は当初、1回のみ行われる予定だったが、前売り開始15分で完売。フランスファン300人あまりがパリ・ルーブル博物館前で追加公演を要求するデモを行うなど、反応が良かったため2回に追加した。この過程で、You TubeやFacebook、ツイッター(Twitter)などを通じて、ヨーロッパ内のK-POPブームが巻き起こっていた。

 フランスのファンを中心に結成された韓流のサイトである「Korean Connection」の会員たちが開設したFacebookではダフ屋が広まり、1回の追加を要求する署名運動が起こった。現地のチケット前売りサイトであるライブネーションとFnacなどには接続者が殺到し、サイトが一時ダウンする騒動も生じた。

 また、SMエンタ所属歌手らのパリ公演が迫り、現地の音楽関係者らの関心も高まっており、11日午後1時(現地時間)パリ・Marriott Rive Gauche Hotelで「2011 SM TOWN in Paris Writers & Publishers Conference」が開催される。

 イ・スマンプロデューサーとSMエンタ所属歌手2人、約70人のヨーロッパ作曲家、ヨーロッパのパブリッシング会社関係者たちが参加するこのイベントでは、SMエンタの音楽制作, 作曲家たちの目で見たK-POPに対する見解、アジアポップアーティストが感じる世界の変化などをテーマに話す。

 SMエンタ関係者は「この席にはBoA、『SUPER JUNIOR』、『少女時代』などの曲を伝えたパブリッシング関係者とBoAの『Hurricane Venus』と『少女時代』の日本デビュー曲である『GENIE』を制作したヨーロッパ作曲チーム、アメリカ有名プロデューサー、テデー・ライリーなどが参加する」と語った。

 韓国の韓流専門家らは「SM TOWN LIVE WORLD TOUR」をきっかけにヨーロッパ内でのK-POPの入り口が開いただけであり、今回の公演を単発性のイベントで終わってはいけない、と強調した。

 韓国文化産業交流財団のイ・サンユン課長は「インターネットを通じて供給された韓流の流れを越え、文化産業の波につながるためには、今回の公演が一度きりで終わってはいけない」とし、「韓国文化の売り口を開拓しようとすれば、大衆音楽関係者たちの役目だけに期待するのではなく、政府の支援も必要だ」と指摘した。
 
 
 


 
 
 
 

 
 
 
 


 


 
 
それでは、動画を4本ご覧あれ。
 
 
HD SNSD - The Great Escape , Jun25.2011
 
私はこの曲がお気に入りです。
 
 
 
HD SNSD - Mr. Taxi , Jun25.2011
 
 
 
少女時代 / MR.TAXI (DANCE VER.)
 
因みに、この3本目の「Mr.TAXI」の動画は、8月26日現在、再生回数が2220万回を突破している。
 
一番最初にチェックしたときは、200万回だったから世界中で毎日ものすごい勢いで視聴されているということになる。
 
 
 
少女時代 SNSD 「MR.TAXI」韓国語バージョン
 
韓国語バージョンを聴いてみると、日本語であんなにうまく歌っていることがすごいということが分かる。これも頑張り娘たちの努力の結晶と言えるだろう。
 
我々が、英語や韓国語でこんなにうまく歌えるか?と自問自答してみれば・・・・・。
 
いったいどれほど練習したのだろう。彼女たちの並々ならぬ努力のあとが伺える。
 
才能+努力+プロモーション戦略が今の彼女たちを作り上げたということだろう。
 
 

 
 
「SMエンタ」は、You-Tubeも宣伝媒体として有効活用するという戦略を展開している。
 
韓国語ばかりでなく、英語、日本語、アジア各国のことばも勉強してどんどん話せるようになってきている少女時代。まだ、発展途上にある彼女たち。
 
少女時代旋風は、まだ当分(ここ2~3年は)続くことだろう。 
 

京都も 色々あってぇ !!

京都も 色々あってぇ  一部の心無い 人達の声に・・・・
.                                                         m(_ _;)m




京の七夕 堀川
6日~15日まで



天の川



友禅 流し風う
















仙台からおくって頂いた様やしぃ



























鴨川会場 四条大橋からですぅ















鴨川 床




















丸籠






五条坂 陶器市


















清水寺 千日詣で
お寺では 震災の当日から
今もずっと 被災された方々に
観音様に僧侶が お経をあげた はりますぅ


//////////////////////////////


私は今一段落 
まだまだ忙しいの続くけど UPしましたぁ

京都人が聞いても嫌な
ニュース報道が有って
色んな意味で愕然としましたぁ
上辺だけの報道

送り火 当事者の口に言えない
悔しさに 同情もしますが

一番に被災された方々の地に駆けつけ
命をかけ 救助活動をした 
関西と京都の方々の顔に
泥を塗った気がしてぇ

とても 悲しいです・・・




.










転載元: 京都 感考 Sense_of_Kyoto

イーハトーヴ探訪② 新渡戸稲造記念館

 
 
イーハトーヴ探訪続編。
 
萬鉄五郎記念館を後にして、新渡戸稲造記念館に向かった。
 
今回は、今まで見ていない新花巻市探訪を目指している。
 
したがって、これまで行ったことがあるスポットは除外してある。
 
あるいは、「家内にとって初めての場所」という意味合いもある。
 
 
 
 
 

 
館内の撮影は禁止なので、記念館の概観をどうぞ。
 
 
 
 
 

 
芝生や池で囲まれた素敵な一帯であった。
 
ザリガニ君と出会ったのは、本館となりの長方形の「月○の池」
 
 
 
 
 

 
特別に許可をもらって撮影させていただいた。
決して隠し撮りしたものではない。
 
基本的に博物館・美術館・記念館等は『撮影禁止』が常である。
 
最近の花巻まつりの歴史が展示されてあった。
 
神輿の数が日本一との声もある。
 
花巻まつりを観に来たくなった。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
記念館受付に展示してある5000円紙幣。
 
懐かしいですね~。
 
大変お世話になりました。
 
なんと紙幣の通し番号が 1番 なんですよ。
 
 
 
 
 
 

 
私に会うために出てきたようなザリガニ君。
 
撮影2分後には、池の水の中に消えて行った。
 
34度の暑い中、記念館とともに忘れられない出会いとなった。
 
 
 
 

 
 
 
岩手に関係する偉人であるのにあまりよく知らなかった新渡戸稲造。
 
今回の旅は、彼の業績、生き様を再認識する旅ともなった。
 
国際連盟の事務次長という大役をこなした新渡戸。
 
国内屈指の国際人であったということだ。
 
 
今回の旅は、銀婚式記念というだけでなく、
 
岩手&日本の歴史と文学に触れる旅ともなった。
 
ここでも本を購入したのだが、その辺のことについては
 
この旅のレポートの最終回に譲ることにしよう。
 
 
続く・・・・・。
 
 
 

イーハトヴ探訪 花巻市東和編

 
 
銀婚式の記念に夫婦で旅行に出かけた。
 
目的地は花巻市。4年ぶりである。.
 
愛車のVOXYでは久々の遠出である。
 
今回は、ちょっと奮発してTVの温泉番組に出てくるような落ち着いた感じの温泉を選んだ。
 
数回に渡ってのレポートとなると思う。
 
よろしければお付き合い願いたい。
 
 


 
 
八戸自動車道から、東北自動車道を通り、岩手山SAで休憩を取った。
 
花巻から、釜石自動車道に入った。初めてのルートである。
 
目指すは、道の駅東和と萬鉄五郎記念館。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 
 道の駅とうわの概観。
 
 
 
 
 

 
 中のお土産店でこんなものが・・・。かわいい。
 
 
 
 
 
 

 
 この日はとても暑かった。34度。たまらない!!
 
  
 
 
 
 

 
 伝話の家。ネーミングに座布団3枚。
 
このあと、隣にある「味処 とうわ」で昼食。 美味かった! 
 
 
 
 
 

 
 萬鉄五郎記念館の目的はこれ!!
「ぐりとぐら」の原画、そして、大好きな林明子さんの原画(注:左下)
 
 
 
 
 

 
 到着。中は当然撮影禁止。本を3冊も買ってしまった。
 
 
 
 
 
前々から、来たいと思っていた「萬鉄五郎記念館」にやっと来ることができた。かつては、東和町と呼ばれていたが、平成の大合併で花巻市となった。東和の里を訪れたのは今回が初めて。
 
旅の初日は、まずまずのスタートであった。 
 
続く・・・。
 
 

プロフィール

iqm90jqjpdmz

Author:iqm90jqjpdmz
将棋、自然、音楽、写真が好きです。

将棋は、羽生9段、藤井7段のファンです。

初夏にはサクランボ狩り、秋にはブドウ狩りに出かけています。

また、秋には、雑木林を散策してハシバミ、アケビ、サルナシなどの
天然の木の実を採集をしています。

音楽は、80年代の洋楽を聴くことが多いですね。
好きなアーティストは、TOTO,Journey,Foreigner,KANSAS,Eagles,
Styx,Earth,Wind&Fire,M.Jackson,Madonna,Starship,SADE,
Kool&The Gang,Lindsy Starling,Maroon5,...

邦楽では、小田和正、ドリカム、宇多田ヒカル、シングライクトーキング、
久保田利伸、Greeeen、米津玄師です。

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブロとも一覧【画像なし】

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム