FC2ブログ

スポーツTV観戦サンデー!!


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 
 
28日日曜日は、スポーツ盛りだくさんでしたね。
 
広州アジア大会閉会式、相撲九州場所の千秋楽、男子ゴルフのカシオオープン最終日・・・。
 
今日は、相撲と男子ゴルフの2つにふれたいと思います。
 
 
1 相撲の千秋楽   【お見事白鵬、天晴れ豊ノ島!!】
 
(28日、九州場所千秋楽優勝決定戦 ○白鵬 おくりなげ 豊ノ島●)
 
 
 
 
 

 
 
支持率は圧倒的だった。鉄パイプで組み上がった無機質な升席から、血潮の通った「豊ノ島」コールが鳴り響く。29場所ぶりの日本人力士の優勝を――。そんな館内の願いを、白鵬はいとも簡単に打ち砕いた。
 
「コール逆に気を引き締められました」。横綱のセリフがまた心憎い。
 本割をともに制して迎えた優勝決定戦。突いたり、いなしたりと両腕をしならせて、うるさい小兵が懐に潜り込んでくることを防いだ。そして、左腕をグーンと伸ばして、後ろまわしを取ると、得意の投げで背中を奪った。
 「責任は果たした。それだけ」。野球賭博などの不祥事で揺れた中、自身初の5連覇に、2年連続での年間最多記録となる86勝。これほどの偉業にも、心は満たされない。
 要因はただ一つ。双葉山の持つ連勝記録「69」に届かなかったことだ。2日目に不覚を取り、連勝は「63」で止まった。「帰ってきても、ずっとボーッとしていました。ショックで横になっても寝付けなかった」と妻の紗代子さん。一人横綱となり、真摯(しんし)に向き合ってきた朝げいこにもぱったり顔を出さなくなり、横綱相撲も乱れた。終盤には立て直したが、「心と体が一つになるのに何日間かかかりました」と苦心を明かした。
 「本人もこれからは(目標が)69連勝と分かっている」と名付け親の熊ケ谷親方(元幕内竹葉山)。白鵬は「翔の名前の通り、来年は羽ばたいていければいいね」。来年は26歳。敬服する双葉山が偉業を成し遂げた年齢である。 (以上朝日新聞より)
 


 
今年大いにぐらいついた大相撲の屋台骨をこのモンゴル出身の若い横綱が支えた。辛く険しい道だった。全勝優勝にも関わらず、賭博問題の不祥事で天皇賜杯が見送られた場所もあった。にも関わらず、年間最多勝タイ(自身の記録)の86勝をあげ、今年の場所を締めくくった。
 
見事である。大横綱の風格が漂っている。日本語もどんどん上達している。我々が同じような立場だったら、英語で白鵬のようにすらすらとインタビューに答えることができるだろうか? 
 
また、豊ノ島の健闘も光る。5年ぶりとなる日本人の優勝の可能性の夢を見せてくれた。169cmという幕内最小の身長でこの大活躍は、今年亡くなった大沢親分ではないが「天晴れ!!」である。日本人力士の意地を見せてくれた。賞賛に値する。
 
 
   

 
 
 
相撲が終わるとTVのスポーツコーナーがちと寂しいと思うのは私だけだろうか?
 
 


 
2 男子ゴルフ  ~ 賞金王は誰の手に? ~
 
男子ゴルフは、賞金王争いが熾烈になってきた。残るは最終戦を残すのみとなった。
 
 

優勝の松村選手
 
 
 
【賞金王、最終戦勝負へ 追う石川ら 優勝が絶対条件】
 
(28日、男子ゴルフ・カシオワールドオープン)
 
 賞金王を争う3人の競技終了後の表情は、三者三様だった。スコアを伸ばし誇らしげな石川とは対照的に、優勝を逃した池田はぐったり。2人に追われる金はスコアを三つ崩し、淡々と言葉をつむいだ。
 圧巻のゴルフを見せたのは、がけっぷちに立たされていた石川だった。「思い描くプレーができた」。上位にいる池田、金を見据えてのラウンドで、5バーディー。好調なショットがピンに絡み、復調気味のパットとしっかりかみあった。「勇気を持って、自分が打とうとしているラインに自信を持って打とうと。気持ちよくストロークできた」。得意のコースで金を順位で上回り、賞金額の差は約320万円、縮まった。
 一方、今季最終日最終組で4戦4勝と、得意の逃げ切りで5勝目を手にしたかった首位スタートの池田は5位。序盤の連続バーディーで抜け出したかに見えたが、以降はパットが入らず、リズムを崩した。
 最終戦。追う立場の2人が賞金王となるためには優勝が絶対条件となる。池田は「勝てばいいんだから、ものすごく単純」と言い、石川は「来週につながる明るい材料はたくさんある」と自信をのぞかせた。
 圧倒的なリードを守り、金が韓国人初の頂点に立つのか。それとも、奇跡の逆転優勝で日本勢が意地を見せるのか。勝負は残り72ホール。
  (朝日新聞) 
 


  
個人的には、日本人選手に賞金王を獲ってもらいたいものだ。
 
男女とも韓国勢が賞金王だと寂しいからね。
 
決着は、12月5日(日)の最終ラウンドで。 
 
因みに、私はTV観戦はしますがゴルフはやりません。 
 
 
スポンサーサイト



【将棋】 二人の天才 頂上決戦!!

 

  

終局直後(3) - 両対局者のコメント

http://kifulog.shogi.or.jp/ryuou/images/2010/11/26/photo_54.jpg <勝った羽生名人のコメント>
「ずっとあまり自信なくやっていました。終盤は勝ちと思ってはやっていなかったですね。▲6四金(121手目)あたりで上が厚くなって初めて良くなったと思いました。封じ手は▲4六同角じゃつまらなかったですね。もう一工夫必要だった気がします。また頑張ります」

 
 
 
http://kifulog.shogi.or.jp/ryuou/images/2010/11/26/photo_55.jpg<敗れた渡辺竜王のコメント>
「持ち駒が増えたので寄せにいっちゃいましたが、もう少し粘り強く指さないといけませんでした。序中盤は途中でこう指されていたら、というのがあったのでわかりません。2勝2敗ですが改めて頑張りたいと思います」
 
 
 
 
 
 
将棋の竜王戦第4局が終了した。結果は羽生名人(王座・棋聖)が勝ち、これで対戦成績が2-2となった。
 
 
 
私は羽生名人のファンなのだが、渡辺竜王も2番目に好きな棋士である。どちらも応援したいところだが、やはり羽生名人を応援するとしよう。
 
前回の対戦で羽生名人の3-0のスコアから、4連敗して3-4となり、神がかり的な防衛をした渡辺竜王の底力は侮れない。最終第7局までもつれ込みそうな気配だ。
 
願わくは、4-3で羽生名人の竜王位奪取&永世竜王獲得&7大タイトル総てで永世称号獲得・・・ といきたいものである。
 
昨夜NHKBS2で、午後6時からの放送を観た。解説が久保棋王(王将と合わせて2冠)という、7大タイトル中この3人で6つのタイトルを占めている。(残りの一つのタイトルは、広瀬王位。3局目の解説者)。これ以上ない豪華な顔ぶれ。嬉しくなっちゃいますね。
 
 
 
二冠(棋王・王将)
久保 利明
棋士番号207
 
 
とても難解な局面の連続で、どちらが勝つか最後まで分からない際どい勝負だった。 
 
羽生名人の終盤での「歩の使い方」が巧いと思ったね。 攻めが切れるんじゃないかとハラハラして観ていた。指している棋士本人は苦しいでしょうけど、観ているファンには堪らない中継なのだ。 
 
これで2-2の五分。今後の展開も目が離せない!!
 
将棋ファンとしては、第7局までの熱戦を期待している。
 
 
 
 
 
 
【竜王戦7番勝負】
 
11/25・26(木・金)に行われた第23期竜王戦七番勝負(渡辺明竜王-羽生善治名人)第4局は、羽生名人が勝って対戦成績を2勝2敗のタイに。第5局は12/1・2(水・木)に石川県加賀市で行われる。(七番勝負日程はこちら
竜王戦中継サイト(棋譜中継)
※前夜祭・現地解説会などのイベント情報
 
 
 
 
【棋界情報】
 
11/23(火)第31回JT将棋日本シリーズ決勝戦(羽生善治名人-山崎隆之七段)は、羽生名人が勝ち、4回目の優勝。
JT将棋日本シリーズ公式HP
 
 
 
 
竜王戦主催新聞である読売新聞の記事を紹介しよう。
 
 
将棋界の最高位を争う第23期竜王戦(読売新聞社主催)、渡辺明竜王(26)と挑戦者・羽生善治名人(40)の七番勝負第4局が25日から兵庫県加古川市の鶴林寺で行われていたが、26日午後7時11分、羽生が139手で勝ち、対戦成績を2勝2敗のタイにした。

 角換わり相腰掛け銀に進んだ本局。2日目は羽生の攻め、渡辺の受けという展開が続いた。

 終盤、羽生の攻めが細くなり、優位に立った渡辺が△6九銀から寄せに行ったのが疑問だった。羽生が▲4四角から巧みに反撃、際どく競り勝った。投了図から△6三玉と逃げても▲5三金で後手玉は詰む。

 第5局は12月1、2日に石川県加賀市の「あらや滔々庵(とうとうあん)」で行われる。

 羽生名人の話「ずっと自信がなかったが、最後に▲6四金と打って上部を厚くして勝ちを意識した」

 渡辺竜王の話「持ち駒が増えたので寄せに行ったが、もう少し粘り強く指すべきだった」
 
 
 
 
全国の将棋ファンのみなさん、今後の竜王戦の展開に注目です!!
 
 
 
 

面白いように作戦通りのアジア大会。

 
今に始まったことじゃないから、いまさら驚かないけど、、、
 
中国で国際的な大会をする時は、申し訳ないけど結果が分かってるからボイコットでもいいかな。笑
 
選手がそれだと可哀想かもしれませんが・・・ラケットで地面をぶん殴っちゃうくらいなら出ない方がいいかも。
 
 
逆に、中国人選手が国際大会に出ようとしたら、「あ、ごめんなさい、参加資格が有りません」って
 
いつか言われそう。
 
日本人はこんなクソ人種に対して気を遣う馬鹿やお人好しが多いからそんなことはないかもしれないが、
 
あからさまに不快感を示している国だったらありえなくもないわな。
 


転載元: 人を衝き動かすものは情熱

晩秋の尚仁沢

晩秋の尚仁沢へ撮影に出かけました。

尚仁沢源流へ向かう川沿いから。EOS 5D MarkⅡ/EF24-70mm F2.8LⅡ USM
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/2b/57/totihiro/folder/56583/img_56583_20375214_0?20101121224738

雨水の流れで土が流れ出し、根が剥き出しになった大木。
EOS 5D MarkⅡ/EF16-35mm F2.8LⅡ USM
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/2b/57/totihiro/folder/56583/img_56583_20375214_1?20101121224738

源流付近は岩場から水が噴き出しています。黄葉との組み合わせが見れました。
EOS 5D MarkⅡ/EF16-35mm F2.8LⅡ USM
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/2b/57/totihiro/folder/56583/img_56583_20375214_2?20101121224738


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
明日はバルーンフェスタが開催されます。朝早いので起きられるかどうか心配ですが、無事起きられれば写真を撮ってきます。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

満月の夜

昨夜は綺麗な満月でした。
北アルプスから月が あ”ぁ~・ ・ ・ ・
帰宅途中に慌てて撮影した一枚です(^_^;)
 

 昨日、皆さんの所で満月はみえましたか?
今日は朝から雨で寒い日でした(^_^;)
11/21 (日) PM4:30


転載元: リカちゃんのブログ

 ☆ お疲れ様です ☆

 
 
 
勤労感謝の日、いかがお過ごしですか?
 
私は庭のプランターやコスモスの片付けをしました。
 
今日の最高気温が8度までしか上がらなかったので、外での作業は寒かったですね。
 
10cmほどに伸びたニゲラの芽がありましたが、これらの芽が花をつけることはもうありません。なぜなら、まもなく雪が積もることになるからです。
 
虫たちもほとんど見かけなくなりました。虫たちも冬支度ですね。越冬できるのは、テントウムシやカメムシ、さなぎになった蝶や蛾の仲間でしょうね。
 
 


 
 
さて、毎日お仕事をがんばっていらっしゃる貴方のために、
 
癒しの音楽をお届けいたします。
 
曲は、私の大好きな Kenny G のloving you ’です。
 

 
 
我が家では、休日の朝には、
 
この Kenny G の‘loving you’か
 
ジョージ・ウィンストンの「あこがれ/愛」 (11月7日の動画記事参照)
 
が流れるんです。(と言っても流すのは私ですが・・・)
 
 
 
今朝は、この曲を聴きながら朝食を摂りました。
 
 
それでは、癒しのひとときの音楽をどうぞお聴きくださいな。
 
 
 
 
 
 
いかがでしたか。
 
ゆったりできましたでしょうか。
 
 
 

冷え込んだ朝に

 
冷え込んだ朝に


昨18日の北海道は、放射冷却現象で全道的に冷え込み、朝起きてみると、一面雪が降ったように真っ白に霜が降りていました


“けあらし”立ち上る霜の降りた草原


 「けあらし」とは北海道の方言で、冷え込みの厳しい日に海面に発生する湯気のようなものを言います。
 「けあらし」は、放射冷却により冷え込みが強まった日に、内陸や山地の空気が冷やされ、その冷やされた空気が暖かい海面や川面上に流れ込むと、水蒸気の急激な蒸発により霧が発生することで起こります。  
 このように発生した「けあらし」はその後の気温の上昇などの要因により消滅してしまいます。



枯れたユウゼンギクの果実殻に降りた霜










ユウゼンギクの花に降りた霜




枯れたエノコログサに降りた霜





 霜(シモ)とは、物体の表面が冷やされることで、空気中の水蒸気が昇華(固体化)し、氷の結晶として堆積したものである。

 空気と接触している物体の表面の温度が霜点(温度が0℃以下のときの露点のこと)よりも低くなると、空気中の水蒸気が昇華し、物体の表面から針状の氷の結晶として伸びる。この結晶のこと、あるいはこの現象自体を霜と言う。温度が上昇し融点よりも高くなると氷が融解して水滴となる。
 自然現象として霜が発生することを「霜が降りる」と言う。 地域的には、寒帯、冷帯のほか、温帯や乾燥帯で冬の寒さが厳しい地域でみられる。寒候期に、風も弱く穏やかに晴れて放射冷却が発生し、気温がおよそ5℃以下まで下がった朝、地面付近の温度は気温よりも数℃低い0℃以下となり、霜が降りることがある。気温がさらに低い場合は昼間でも発生し、一日中霜が融けないことがある。
 周囲より少し窪んだ地形の場所や、谷底などでは、冷気が溜まりやすいため霜も降りやすい。こういう地域は霜道や霜穴などと呼ばれている。
 霜は、植物の葉や茎、地面、建物や車の窓などに付着したものが良く目立つが、空気と接触しているあらゆる物体にできる。
 地中の水分が凍ってできる霜柱は、霜とは別の現象である。
 ガラスの表面では、雪の結晶と同じように、雪の結晶や樹枝状シダの葉状などさまざまな形状に氷の結晶が発達するのも見られる。                    [出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』]
[撮影:北海道岩内町島野原野 2010.11.18]

 


転載元: 「野草閑話」~孝遊子

紅葉、もみじ、モミジ・・・!!

 
 
盛岡の岩手公園(盛岡城址公園)の紅葉もすっかり葉が落ちたようです。
 
今日は、11月22日で「いい夫婦の日」ですね。みなさんのお宅では何か素敵なセレモニーみたいなこといたしましたか?
 
我が家は・・・秘密です! 夕食は恵比寿ビールで乾杯でした。
 
我が家では、記念日や祝い事のときは 恵比寿ビール なんです。
 
そして、明日は勤労感謝の日ですね。みなさん、日ごろのお仕事ご苦労様です。
 
 


 
 
それでは、せせらぎ散歩道の紅葉 第6弾 です。
 
「敷き紅葉」になると、いっそう素敵なことを実感いたしました。
 
どうぞご覧くださいな。
 
 
なお、1弾~5弾は以下の通りです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
UPしてから気づいたんですが、
 
縦にしたほうが画像が大きく表示されるんですね。
 
どうやら縦型の方が迫力があるようです。
 
ずっと何時間もここにいて眺めていたい気分になりました。
 
極楽浄土に行ったことがありませんが、もしあるとしたら
 
秋の景色はこんなところなのかもしれませんね。
 
時間と世俗を忘れてたたずんでいたい・・・
 
別世界に踏み込んだ不思議の国のアリスのような心境かな。
 
 
 
 

敷き紅葉と茶室!!

 
 
晴れの日曜日です。青空が広がっています。
明日の天気予報は全国的に雨なようです。
今日のいい天気を存分に味わいたいですね。
 
昨日の午後、二戸市の歯医者に行った帰りに、
K’s電気で二代目のコンデジを買ってきました。
初代のものは18日に落として壊してしまいました。
今回は、SONYのCybershot にしてみました。
今日は少し試し撮りをしてみたいと思っています。
 
 


 
 
最近似たような記事ばっかりですみません。
 
せせらぎ散歩道の紅葉 第5弾となります。
 
紅葉(もみじ)の落ち葉がせせらぎ散歩道全体に広がっていました。
 
鮮やかな赤一色で、まるで別世界の様相でした。
 
あの時間、あの場所にいられてとても Happy でした。
 
それでは、どうぞご覧くださいな。
 
 
なお、1弾~4弾は以下の通りです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
『渓流上流から茶室を臨む』
 
水面を紅葉の落ち葉が埋め尽くしていました。
 
 
 
 
 

 
1枚目のポイントから、さらに茶室に接近して撮影しました。
 
 
 
 
 

 
『茶室の縁台から渓流上流を臨む
 
1、2枚目とは反対側からのショットとなります。
 
 
紅葉(もみじ)の真っ赤な絨毯があまりにも美しくて
畏れ多くてその上を歩くことができませんでした。
極上の景色です。
踏まずに、遠慮してわきの方を通りました。
 
 
撮影秘話となりますが、実はこのときもう一人カメラマンがいらして、
撮影がぶつからないように、お互いに相手を見ながらの撮影となりました。
 
撮影しながら、他に2名のカメラマンに会いました。
写真ファンにとっては、絶好の撮影スポットなようです。
 
「いいなあ~。」とか「わあ~、きれい・・・。」「何、このきれいな景色!?」
といった感嘆のため息交じりの声を何度も耳にいたしました。
 
 
我、極上の紅葉を堪能せり!
 
  
 
 

プロフィール

iqm90jqjpdmz

Author:iqm90jqjpdmz
将棋、自然、音楽、写真が好きです。

将棋は、羽生9段、藤井7段のファンです。

初夏にはサクランボ狩り、秋にはブドウ狩りに出かけています。

また、秋には、雑木林を散策してハシバミ、アケビ、サルナシなどの
天然の木の実を採集をしています。

音楽は、80年代の洋楽を聴くことが多いですね。
好きなアーティストは、TOTO,Journey,Foreigner,KANSAS,Eagles,
Styx,Earth,Wind&Fire,M.Jackson,Madonna,Starship,SADE,
Kool&The Gang,Lindsy Starling,Maroon5,...

邦楽では、小田和正、ドリカム、宇多田ヒカル、シングライクトーキング、
久保田利伸、Greeeen、米津玄師です。

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブロとも一覧【画像なし】

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム