FC2ブログ

1年間ありがとうございました!! 




早いものです。

今日は大晦日です。

大掃除に、買い出し、部屋の片付け、玄関や車への縁起物の飾りつけ・・・・・。

今、娘と家内は重箱におせち料理を詰めています。

1年間の古いものを片付けて、新しい気持ちで新年を迎えたいという気持ちからなのですね。

日中買い物にも出かけたのですが、どこもたくさんの人出でにぎわっていました。

知人に出会ったら、豪華なお刺身のセットを2つ買って帰るところでした。
あの大きさなら、1つ1万円はしそうです。それが2個・・・・・。
家族が多いところは大晦日の夕飯だけでも大変なことですね。

我が家は、29日に娘が帰省し、29日はキムチ鍋、30日は手巻き寿司でしたので、今日はあっさりと年越しそばです。胃腸も労わらなくてはなりません。
そして、ドリンクは、お神酒と恵比寿ビールとにごり酒です。
この分じゃ、紅白を観ていられるかどうか心配です。

年をとってから、やはり紅白だなあ~と思うようになりました。
何でも、SMAPがマイケル・ジャクソンの踊りにチャレンジするそうです。
小林幸子はこれまでで一番豪華だといううわさです。
果たして、どんな紅白になるのでしょうか?
一時期に比べて視聴率の低下を指摘されていますが、『年に1度の大晦日の歌のお祭り』だと思えば、
大晦日の紅白歌合戦の存在意義も十分あると私は思います。

みなさん、それぞれいろいろな思いで大晦日の夜をお迎えのことと思います。

7月に開設いたしました稚拙なブログでしたが、1年間みなさんに支えられてなんとかここまでやってこられました。ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

来年がみなさんにとってすばらしい一年でありますことをお祈りいたします。

   

     ☆  ご家族で素敵な新年をお迎えください  ☆

スポンサーサイト



それぞれ輝いて!!



全国の真央ちゃんファンが応援していたことだろう。

【真央、初五輪だ!笑顔満開決めたV舞】

≫「フィギュアスケート全日本選手権・最終日」(27日、大阪なみはやドーム)

 代表の残り2枠を争う女子はショートプログラム(SP)首位の浅田真央(19)=中京大=がフリーでもトップの得点を出し、合計204・62点で4連覇を達成、悲願の五輪代表を手にした。SP4位の鈴木明子(24)=邦和スポーツランド=が逆転で2位に入り、初の五輪代表に決まった。SP2位の中野友加里(24)=プリンスホテル=は3位に終わり、代表を逃した。すでに五輪代表を決めている安藤美姫(22)=トヨタ自動車=は4位。男子の五輪代表も発表され、高橋大輔(23)=関大大学院、織田信成(22)=関大、小塚崇彦(20)=トヨタ自動車=の布陣となった。

  ◇  ◇

 達成感に満ちあふれていた。天を仰ぐポーズでフリー曲「鐘」を演じ切った浅田は大きく息をついた。軽く笑みを浮かべたその瞳は涙で潤んだ。納得の演技で今季自己ベストのフリー135・50点、合計得点は大台突破の204・62点。追随を許さない圧勝だった。

 「優勝したら決まりなんですか?ひと安心です」。優勝者は五輪内定-という規定さえ、本人は知らなかった。自分の演技追求が、悲願の五輪切符につながった。

 武器であり課題でもあるトリプルアクセル。今季9回挑んで成功1回だった難題をクリアして、波に乗った。「最初のアクセルで落ち着けた。持っている力をすべて出すことができた」-。

 “天才少女”と呼ばれた。小学生時代から難易度の高いジャンプを次々と決めた。15歳だった4年前、GPファイナルを圧勝し、世界一の実力を証明した。それでも、わずか87日という年齢制限の壁が、トリノ五輪の舞台から遠ざけた。

 それから4年。かつての天才少女は試練の道にはまりこんだ。10月のフランス杯で2位、ロシア杯で5位と惨敗。「アクセルだけでなく、すべてのジャンプが、自分のジャンプじゃなかった」。自分を見失っていた。

 初めての挫折。2カ月間、自分自身と向き合った。すべての技を見直し、改良を重ねたプログラムで滑り込んだ。大会前、練習に付き添えないタラソワコーチから手紙を受け取った。「頑張って。信じてる」。その言葉を胸に刻んだ。自身を信じて氷上に立った。

 五輪では女王、キム・ヨナ(韓国)との対戦が待っている。「楽しみもあるし、いい刺激になる。一緒に頑張れるようにしたい」。最高の演技をぶつけ合って勝負を挑む思いだ。

 表彰台の頂点。今季初めて“定位置”に立った。金色に輝く全日本優勝のメダルを胸に「金メダルは本当にうれしい。(五輪でも)やっぱり金メダルがいいと思います」と笑う。バンクーバーで同じ笑顔が弾けるはずだ。

   ============================================

どうなったのかと心配していました。

やりましたね、真央ちゃん。オリンピック初出場おめでとう!!

本来の力を出し切って、ライバル・女王、キム・ヨナ(韓国)との対決に存分に挑んでくださいな。

応援しています。




一方、ベテラン勢もがんばっています。


【スピードスケート 岡崎、女子最多5度目の五輪】

スピードスケート女子のベテラン、岡崎朋美(38)=富士急=が28日、冬季五輪の日本女子では史上最多となる5度目の代表入りを決めた。長野市のエムウエーブでのバンクーバー五輪代表選考会の500メートルで2位に入り、日本スケート連盟の選考基準を満たした。

 岡崎は1998年長野五輪500メートルの銅メダリスト。2002年ソルトレークシティー五輪6位、前回トリノ五輪は4位といずれも日本の女子で最高の成績を残した。07年11月に結婚、バンクーバーで初めてミセスとして五輪に臨む。(産経新聞)

    =======================================

5回目のオリンピックなんてすごい!! 

しかも、今度はミセス。 がんばれ、朋美さん!! 


 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


一方で、こんな寂しい記事も・・・

【清水、引退へ 惨敗7位「これが結果」…Sスケート】(スポーツ報知)

≫ ◆スピードスケート バンクーバー冬季五輪代表選考会第1日(28日、長野市・エムウエーブ) 残り2枠を争った男女500メートルでベテランが明暗を分けた。女子は38歳の岡崎朋美(富士急)が2位に入り、冬季五輪の日本女子で最年長、最多の5大会連続出場を確実にした。男子は98年長野五輪金メダルの清水宏保(35)=コジマ=が7位に終わり、今季限りでの引退が濃厚となった。男子は2位の太田明生(25)=JR北海道=が内定し、4位の及川佑(28)=びっくりドンキー=、女子で4位の新谷志保美(30)=竹村製作所=が五輪切符をほぼ手中にした。

 清水が燃え尽きた。5度目の五輪切符に届かなかった。「これが結果。これが勝負の世界」。7位の現実を直視し、完敗を認めた。

 最初の100メートルは今季の不振を振り払う速さを見せたが、後半で伸びなかった。1本目は代表内定の加藤条治(24)=日本電産サンキョー=と同タイムの9秒62で100メートルを通過したが、置き去りにされた。2本目で35秒39の今季自己最高を出したものの「タイムは悪くなかった。レベルが高く層が厚かった」と声を絞り出した。

 98年長野で日本スケート史上初の金、02年ソルトレークシティーでは銀メダルを獲得。ロケットスタートを武器にした最強スケーターは、最近はけがと年齢を相手に闘ってきた。腰痛手術を乗り越え07年6月にカムバックしたが、世代交代の波には逆らえなかった。「記録という優劣をつける競技が好きでやってきた」と振り返った。

 来春にも結婚する人気モデルの高垣麗子(30)が、清水の家族と応援に駆けつけたが、婚約者の祈りは届かなかった。五輪を逃し、今季限りの引退が濃厚。「今後(の進退)については改めてコメントしたい」と明言を避けたが、すでに関係者には「スケートから離れようと思っている」とも口にしている。29日の1000メートルには出場するが、今季は500メートル一本に絞ってきただけに、これが現役最後のレースになりそうだ。

 ◆清水 宏保(しみず・ひろやす)1974年2月27日、北海道帯広市生まれ。35歳。スピードスケート短距離で94年リレハンメルから五輪4大会連続出場。98年長野は500メートルで金、1000メートルで銅メダル、2002年ソルトレークシティーでは500メートルで銀獲得。W杯通算優勝回数は34回。コジマ所属。今月2日に自身のブログで人気モデルの高垣麗子(30)との交際を発表。162センチ、70キロ。

   ======================================

お疲れ様、清水選手!!  あなたは私たちに多くの勇気を与えてくれました。

ゆっくり休んでください。


バンクーバーオリンピックを目指すアスリートたちにとっては、年の瀬もコンディション作りに余念がないことでしょう。


すごい方々ですね。

   ☆   一国民として、活躍を応援しています。   ☆

届いたらうれしいだろうね!


どんなクリスマスを過ごされましたか?


実は、娘の誕生日が12月24日なんです。
今は、仙台で大学生活を送っています。
帰省は29日の予定です。

ですから、クリスマスの時期は、バースデーとクリスマスの両方のプレゼントを用意した時期もありました。

今となっては、懐かしいですね。


このクリスマスシーズン、それぞれの方や家庭で、それぞれのドラマがあったことでしょうね。



 ===========================================



今、ラジオから「いきものががり」の「エール」が流れている。
今年の合唱コンクール、中学生の部の課題曲となった曲だ。
いい曲だと思う。
歌詞も伸びやかなボーカルもいい。
彼ら自身にも、メモリアルな曲になると思う。
多くの方が共感されたのではないだろうか。


 ============================================


年の瀬が押し迫ってきました。

ヤフー写真ニュースでこんな記事を見つけました。


【<掘り出しニュース>本物の「雪ダルマ」はいかが? 北海道の郵便局で発送ピーク】

≫【北海道】本物の雪ダルマを郵便で届ける「はやきた雪ダルマ」の発送が胆振管内安平町の早来雪だるま郵便局でピークを迎えている。23日はクリスマスプレゼント用の大小2種類(郵送料込み4000円と5000円)の雪ダルマが沖縄や神戸、埼玉県など全国へ航空便で飛び立った。

発泡スチロールのケースに入った雪ダルマを扱っているのは、町おこしグループ「ハヤキタユキダルマカイ」(真保生紀代表、20人)。今冬の雪ダルマ作りは17日からスタートしたが、積雪が少なく夕張市まで出かけて雪を集めた。26日までの注文で元旦に届くという。問い合わせは同会(0145・22・4428)。 12月24日 毎日新聞


  ==========================================


 このほかにも、雪だるまの話題があります。

  http://www.hokkaido-nl.jp/detail.cgi?id=2750

  http://news.livedoor.com/article/detail/4521330/


  ==========================================


雪だるまを送るビジネスもあるんですね。

1個5000円の雪だるまですか。 なるほどね~。

送られてきたらうれしいでしょうね。



北国育ちの私たちにとって、≪雪だるま≫は珍しいものではありませんが、≪雪だるま≫が珍しい人たちだっているわけですからね。

年の瀬を感じるとともに、微笑ましくなりました。

そう言えば、お歳暮が届くと、「ああ、いつのもあの方からだ。ありがとうございます。」という気持ちになりますよね。


道路の雪はほとんど融けてしまいました。

スキー場の雪はまだ不足しているそうです。

年の瀬の土曜日、雪だるまの写真におもわず顔がゆるんでしまいました。

高校駅伝!!



天皇誕生日前の日曜日の愉しみは、高校駅伝だ。

全国47都道府県代表のランナーが健脚を競う。

自分の限界に挑むひたむきな走り・・・。

一本の襷を命がけでリレーする・・・。

そんな若者の姿を観ていると元気をもらえるような気がする。

だから、大好きだ!!

毎年、TV観戦するのを楽しみにしている。

午前の女子の部では、愛知の豊川高校が連覇を達成した。

しかし、毎年外国人留学生の活躍というのはどうなのだろう、

といつも引っかかる思いはあるのだが・・・。



【全国高校駅伝 都大路、女子は豊川が連覇】(毎日新聞)

  ≪1位でゴールする豊川のムルギ選手≫

全国高校駅伝競走の女子第21回大会(毎日新聞社、日本陸上競技連盟、全国高校体育連盟、京都府、京都市、両教委主催、学生情報センター特別協賛)は20日、京都・西京極陸上競技場を発着点とする5区間21.0975キロのコースで、都道府県代表47校が参加して行われ、豊川(愛知)が1時間8分27秒で2年連続2回目の優勝を果たした。2位は須磨学園(兵庫)、3位は興譲館(岡山)。

 第60回の記念大会を迎えた男子は午後0時半にスタートする。都道府県代表47校、地区代表11校を合わせた58校が同競技場を発着点とする42.195キロのコースで競う。


この高校駅伝を経て、日本陸上会、マラソンなどに羽ばたく選手が数多くいる。そんな未来の日本代表選手の卵達の活躍にはワクワクするものがある。

午後は、男子の部だ。

期末の仕事のBGMにしながら、ナナメ観戦するとしようかのう。(「NARUTO」の自来也風の口調で)


*********************************************


 ≪午後 修正分≫


【全国高校駅伝 男子は世羅3年ぶりV 女子は豊川が連覇】(毎日新聞)

≫男子第60回、女子第21回の全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸上競技連盟、全国高校体育連盟、京都府、京都市、両教委主催、学生情報センター特別協賛)は20日、京都・西京極陸上競技場を発着点とする男子42.195キロ、女子21.0975キロのコースで行われた。都道府県代表47校と地区代表11校が参加した男子は、世羅(広島)が2時間4分9秒で3年ぶり6回目の優勝を果たした。2位は西脇工(近畿・兵庫)、3位は青森山田(青森)。

都道府県代表47校で競った女子は豊川(愛知)が1時間8分27秒で2年連続2回目の優勝を果たした。2位は須磨学園(兵庫)。3位は興譲館(岡山)。


世羅高校は、外国人留学生のビタン・カロキ(3年)が3区で8人抜きを見せてトップに浮上すると、4区以降も他を寄せ付けない圧倒的な走りを見せた。


  -------------------------------------


やはり、カロキ選手の存在が大きかった。あのワンジル選手の区間記録にあと8秒とせまる快走であった。日本人選手がついていけるスピードではなかった。外国人留学生の起用は、「反則」のような気がしないでもないのだが、大会規定でOKになっているので、如何ともしがたいことだ。このカロキ選手も北京オリンピックで優勝したワンジル選手のように、日本で力をつけて世界に羽ばたくのだろうか?
とにかく、ケニアやエチオピアなどのアフリカには若くて強い選手がわんさかいるのだろう。知名度を上げたい私立高校が有力な外国人留学生を自校の陸上部に入れて活躍させる構図は何年前から確立されてきたのだろう。素直に喜べない気持ちになるのは、私だけだろうか?

みなさんは、どう思われるだろうか?

森の恵み ハシバミ!!






この季節になんで? と思われるかもしれない。

大した理由はない。

記事にする時期を逸しただけなのである。


今回は、山の幸の珍味、「ハシバミ」の紹介である。

「ハシバミ? 何それ?」と思われる方がほとんではないだろうか?

だからこそ、私のようなものが記事にしてみる価値があるのかもしれない。



 ハシバミ(はしばみ) 【榛】 ≪ヤフー百科事典より≫

カバノキ科の落葉性低木。日本全土に産す。葉は短い葉柄をもち、互生し、三角状広倒卵形、長さ、幅ともに8センチメートル前後、重複鋸歯(きょし)がある。雌雄同株。雄花は花被(かひ)を欠き、鱗片(りんぺん)状となり、垂れ下がる花軸につき、尾状花序をつくる。各鱗片には4~8本の雄しべがある。雌花は2花ずつ集まって小包葉に包まれ、それらが小形の包鱗に覆われて、頭状にみえる花序をつくる。各花の花被は短く、全裂した2本の雌しべがあり、子房は2室、各室に1~2個の胚珠(はいしゅ)がある。果実はやや大形の堅果で、大形の総包に包まれている。種子は堅い種皮の内部に主として肉質の子葉からなる白色の仁(じん)をもち、ナッツとしてよく利用される。中国では6000年前から利用され、3000年の栽培史をもつ。日本では古くから野生の利用が多い。本種にきわめて近い類似種にオオハシバミC. heterophylla Fisch.があり、本州および朝鮮半島、中国東北区に分布する。ほかにツノハシバミC. sieboldiana Bl.、オオツノハシバミC. mandshurica Maxim et Rupr.などが、分布し利用される。欧米のものはセイヨウハシバミとよばれ、ヨーロッパではC. avellana L.とC. maxima Mill.が多く、アメリカではC. americana Marsh.やM. cornuta Marsh.などが多い。これらもナッツとしてよく利用され、フィルバートfilbertとよばれる。また、ときにより、地方により、ヘイゼルナッツhazel nut、コブナッツcobnut、ランバートナッツlambert nut、スパニッシュナッツSpanish nutなどともよばれる。世界の類縁種は約20余種、北半球に分布し、利用される。フィルバートの主産国はアメリカ、トルコ、イタリア、スペインなどである。

ナッツ100グラム中には622キロカロリー、タンパク質12.7グラム、脂質58.8グラム、炭水化物21.1グラム、灰分2.7グラムを含み、カルシウム、リン、カリウムなどの無機質も多く、ビタミンB1、B2、ナイアシンなどもあり、食品としての価値は高い。生食のほか、仁からとれる油は約30%で、香りがよく食用油とする。生果実のまま、あるいは粉状として糖果の原料とする。樹皮には10%内外のタンニンを含み、皮革のなめしに用いる。樹木は緻密(ちみつ)で加工材とする。



【写真1】 ハシバミ  ⇒ 採りやすい。歯で割ってすぐ食べられる。

【写真2】 ツノハシバミ  ⇒ イガイガがあるので、収穫の際には注意が必要。

【写真3】 ハシバミの花  ※ (写真1~3は、ヤフー百科事典より)

【写真4】 セイヨウハシバミ(ヘイゼルナッツ)

【写真5】 ツノハシバミの堅果。大きさはこれくらい。


     
     *     *     *     *     *



食べたことがある方は少ないだろう。

私が散歩コースで秋に収穫できるのは、【写真1】のタイプのハシバミだ。

子どもの頃から見慣れているので、葉っぱでハシバミの木が分かるのである。

上品なピーナツのような味だ。ピーナツよりも白っぽくてやわらかい。

アーモンドのように大きくはないし、カシューナッツのように曲がってもいない。

シンプルな形。カシューナッツよりも私は上品な味だと思っている。

おつまみなどには最適なのではないだろうか。

今年は収穫しなかったが、昨年のものがある。殻を割って食べてみた。食べられた。1年前の実でも食べられることが分かった。1年も経つと、やはり【写真5】のように乾燥してしまっている。

【さるなし】といい、【ハシバミ】といい、知っている方は少ないと思う。

だからこそ、私のように田舎に住んでいて、雑木林にぶらっと入り込むのが好きな輩が記事にすべきだと考えている。


    お付き合いくださり、ありがとうございます。

素敵なひょうたんたち!!






 
≪おれたち、ひょうたん族!!≫

とでも言えばいいのだろうか?


11月の文化祭で見かけたひょうたんたちである。

あまりに可愛らしいので撮影しておいたものである。

こうしてみると、ひょうたんも立派な芸術作品である。



【1枚目】 ひょうたんとは思えない高級感があるね~。 祝いの酒でも入れたらいいかも・・・。

      祝いの席でも役立ちそう。

【2枚目】 孔雀の姿が引き立ちます。

【3枚目】 美しい女性です。

【4枚目】 さんさ踊りにミッキーマウスとはね~。

【5枚目】 こんな可愛らしいひょうたんなら、家に飾りたいものだ。




ひょうたんに新たな命が吹き込まれ、別の生命体、いや、置物や飾りに変身した姿と言えるのではないだろうか。

みなさんは、どのひょうたんがお気に入りだろうか?

好きな写真たち 4  北海道編










今日は。 日曜日の午後です。 いかがお過ごしですか?


さて、今日は、「ケベデ」という選手の名前を記憶いたしました。 

福岡国際マラソンで、驚異的な速さで連覇の偉業達成です!

エチオピアの22歳、157cm、49kgの選手。どこにそんなパワーを備えているのでしょうか?


 【 ケベデ、2時間5分台で連覇=日本国内最速タイム-福岡国際マラソン 】

≫第63回福岡国際マラソンは6日、福岡市の平和台陸上競技場を発着点とする42.195キロで行われ、北京五輪銅メダリストのツェガエ・ケベデ(エチオピア)が日本国内最速タイムの2時間5分18秒(速報タイム)で優勝し、連覇を果たした。 (12月6日 時事通信)


     *     *     *     *     *


今日は、ブログの友人で、札幌にお住まいの≪春さん≫の写真を紹介いたします。

春さんは、旭川生まれ、札幌に在住。
趣味は写真、俳句、歴史・・
将棋はアマ三段。
旅の好きなロマンティストです。

EOS40Dをもってあちこち歩いています。
最近はe-620のフリーアングルが気に入っているそうです。

ブログ 【屯田物語】と 俳句&短歌のブログ 【幼馴染】を運営されています。

  屯田物語  ⇒  http://blog.goo.ne.jp/harukit

北海道は好きですので、札幌や北海道の情報をいろいろと教えていただいております。以前紹介いたしました、≪じいちゃん先生≫のご友人でもあられます。

それでは、春さんの撮影された写真たちをご覧くださいな。

奇跡の雲 モーニング・グローリー!!


「モーニング・グローリー」をご存知だろうか?

最近のTV番組の視聴から、知った方も少なくないのではないだろうか?

それもそのはず。先週の土曜日11月28日、NHKとTBSの2つの放送局で同じ題材を取り上げたのだから・・・。

 
① NHK 「WONDER X WONDER」 巨大回転雲 天空のサーフィン
 
  総合テレビ 2009年11月28日 土曜日 午後8時~8時44分


② TBS 「世界ふしぎ発見」

  第1124回 雲に乗りたい! 地球の奇跡 モーニング・グローリー 2009/11/28(土)21:00~


午後8時台の放送と午後9時台の放送、しかも、同じネタ!

どちらも視聴したのだが、なんと取材した店のオーナーやモーニング・グローリーの雲の上をグライダーでサーフィンすること十数年というベテランパイロットの登場が全く同じだった。

こんなのあり? と思った。

番組内容は興味深く、好奇心を刺激してくれるものだったが、乱暴に言えば、「パクリ」と思われても仕方がないものだった。映像や科学的分析なら資金力に勝るNHKの方が優れている。(私は大のNHKファンでもある)しかし、同じような番組の放送をを同じ日の1時間違いでぶつける必要はないだろう!?と思った。

私のように両方をはしごして視られた方は少ないと思うが、登場人物があまりにも似通っていて興ざめの部分が正直あった。一方が一方を訴えたりしないのだろうか? 放送の遅れをとった方が視聴率が下がるのは必然だが、何も同じ日にぶつけなくたって・・・。

疑問はさておき、内容自体はどちらも興味深いものであった。
以下に、簡単に紹介してみよう。

  ≪NHK 「WONDER X WONDER」 巨大回転雲 天空のサーフィン≫

   ⇒ http://www.nhk.or.jp/wonder/program/22/index.html

   YouTube動画(お薦め)  ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=f_5oiEIbfe0

WONDER1 ≪雨を呼ぶ神秘の雲≫
オーストラリア北部。地平線のかなたから夜明けとともに迫り来る巨大な雲、その名は「モーニング・グローリー」。長さ1000キロ、東京から福岡の距離に匹敵する筋状の雲が、転がるように回転しながら、時速60kmもの速さで荒野を突き進んでいきます。毎年9月~10月、突如現れるこの雲は、先住民アボリジニの間で「雨を呼ぶ雲」とあがめられてきました。季節の変わり目の一大イベント。町の人々と固唾を飲んで、モーニング・グローリーが現れるのを待ちます。
WONDER2 ≪誕生の秘密≫
モーニング・グローリー誕生の秘密を解き明かそうとしている気象学者がいます。その名は、ヨルグ・ハッカー博士。彼はその発生地点と思われるヨーク岬半島で、様々な観測や先住民への聞き取りを元に調査を続けています。そして、モーニング・グローリー誕生の謎を解き明かす、特別な条件を見つけ出しました。その条件とは? また、この巨大な雲は移動を続けた後、最終的にどうなるのでしょうか? カメラは決定的瞬間をとらえました!
WONDER3 ≪天空のサーフィンに挑む≫
近年、この雲を求めて世界中からグライダー乗りたちが集まってくるようになりました。この雲が作り出す特殊な上昇気流に乗ると、まるでビッグウェーブに乗るサーフィンのような、特別な体験が味わえるからです。毎朝夜明け前から飛行場で待ち、モーニング・グローリーが現れると一斉に飛び立っていきます。グライダーからとらえた神々しいほど壮大で美しい雲の姿をとくとご堪能ください。

※ 「WONDER X WONDER」は個人的には大好きな番組だ。これまで何度も「こんな光景観たことない!」という映像を提供してくれた。新しい発見というか、未知の世界へ誘ってくれる魅力溢れる番組だ。


  ≪TBS 「世界ふしぎ発見」 雲に乗りたい! 地球の奇跡 モーニング・グローリー≫

  ⇒ http://www.tbs.co.jp/f-hakken/mystery1124_2.html

オーストラリア北部の大都市ケアンズから、道なき道を西へ1000km!今回のミステリーハンター・宮地眞理子さんが目指したのは、ラストフロンティアと呼ばれる荒野の町バークタウンです。その目的はなんと雲に乗ること!?凄まじい風を起こしながら、まるで台風の様にやってくるという雲、モーニング・グローリーをレポートします!
一直線に伸びたパイプ状の雲が、長さ1000km、時速60kmで迫ってくるというモーニング・グローリー。宮地さんは、この雲に乗ろうとバークタウンに集まってくるグライダー乗りと合流。究極の雲乗り体験&レポートに挑戦します!一体どんな取材になったのか、早速お話を聞いてみましょう。(中略)

そしてついにモーニング・グローリーが?

グライダーからその光景を見たらもう感動で、胸が詰まってしまって…。朝日がわーっと広がる中に、真っ白でモクモクした巨大な雲があるんです!その美しさと大きさに感動しながら、圧倒されてました。後から自分の乗ったグライダーの映像を見ると、巨大な雲に乗るグライダーがまるで蚊の様に小さくて、またあらためてビックリでした!

― グライダーで雲に乗った感想は? ―

飛行機に乗っていて、下に雲の広がる様子が見えることってありますよね。その時は自分が目的地へ進んでいる感覚があると思うんです。でも今回、グライダーに乗って体験したモーニング・グローリーの感覚は、やっぱり特別でした。磁石のN極とN極というか…、一定の距離を保ちながらフワーン、フワーンと反発し合っている感じ。本当に不思議な感覚なんです。また雲の質感も初めて目にするもので、生クリームの様にホワン!としながら、すごく密に詰まっている感じ。ポンっと下りたらそのまま雲に乗れそうでした!


     *     *     *     *     *


番組視聴して、モーニング・グローリーは「奇跡の雲」であることが分かった。

時には、1000kmにも渡ってつながっていることもあるそうだ。どちらも番組も、同じ日の撮影だったのか、これまた「奇跡の7列同時発生モーニング・グローリー」であった。


TBSの番組のミステリーハンターが感激のあまり涙したシーンが印象的だった。グライダーでモーニング・グローリーの雲の上を滑空したら、人生観が変わってしまうほどの感動&衝撃なのだと思う。

できることなら、放送の感覚を1月以上空けて、さらに、取材のポイントを変えて、放送してほしかったと思う。

NHKの方は、≪総合テレビ 2009年12月10日 木曜日 午前1時10分~1時54分(水曜日深夜)≫で再放送があるので、見逃した方は録画して、視聴してみてほしい。

   ≪必見の極上映像が視られます!!≫

興味ある方は、私にだまされたと思って、視聴してみてほしい。

そして、感想を寄せていただければ大変ありがたい。





≪参考≫ モーニング・グローリー (気象現象) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)より

モーニング・グローリー(Morning Glory Cloud)とは朝方を中心に現れる、巨大なロール状の雲の帯のことである。

オーストラリア北部のカーペンタリア湾付近で最もよく観測され、他にはアメリカ中部、イギリス海峡、ドイツのベルリン周辺、ロシア東部、オーストラリアの海岸部などで観測される。またメキシコのコルテス海、大西洋のセーブル島、キンバリー地方(西オーストラリア州の北東内陸部)、アラビア海などでも類似の現象が稀に観測される。

最もよく観測される場所はクイーンズランド州のバークタウン(Burketown)とされる。この雲を発生させる気流に乗ることができるため、グライダー乗りにとっては人気スポットとなっている。

このあたりのモーニング・グローリーの雲は高度1~2kmにでき長さは最大1,000kmに達し、最大で60km/hに達する速いスピードで移動する。スコールと呼ばれる強い風が吹き低い高度に激しいウインドシアができるため、この雲の通過時には地上でも短時間で大きく気圧が変動する。雲の帯の進行方向前面では強い上昇気流、後面では下降気流があって鉛直方向に激しく回転している。この気流を波と考えると、山が1つしかない孤立波と言える。


  





  

プロフィール

iqm90jqjpdmz

Author:iqm90jqjpdmz
将棋、自然、音楽、写真が好きです。

将棋は、羽生9段、藤井7段のファンです。

初夏にはサクランボ狩り、秋にはブドウ狩りに出かけています。

また、秋には、雑木林を散策してハシバミ、アケビ、サルナシなどの
天然の木の実を採集をしています。

音楽は、80年代の洋楽を聴くことが多いですね。
好きなアーティストは、TOTO,Journey,Foreigner,KANSAS,Eagles,
Styx,Earth,Wind&Fire,M.Jackson,Madonna,Starship,SADE,
Kool&The Gang,Lindsy Starling,Maroon5,...

邦楽では、小田和正、ドリカム、宇多田ヒカル、シングライクトーキング、
久保田利伸、Greeeen、米津玄師です。

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブロとも一覧【画像なし】

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム