FC2ブログ

ある忘年会での料理!!










このブログは、セカンドブログです。

初代のブログは、≪☆ 自然と将棋と手塚治虫とアンジェラ・アキが大好きなトリトンのジオログ ☆ ≫と言います。

当ブログとリンクしています。

そちらのブログを3年半やっていましたので、こちらのブログはまだスタートしたばかりで3ヵ月。10分の1にも至りません。

こちらのブログを立ち上げた理由は、画像表示ができなくなったためです。

≪百聞は一見に如かず≫ なわけですので、写真を掲載できないというのは致命傷に当たります。

できれば、ご訪問のみなさんに以前のブログの記事と写真をご紹介したいわけですが、とうてい紹介しきれる量ではありません。

そこで、今回は、2007年12月8日(土)青森県三沢市で行われた某忘年会の料理の写真を紹介いたしましょう!




 【マグロの兜焼き】です。 食べたのは生まれて初めてでした。 迫力に圧倒されてしまいました。


  記事 ⇒ http://geocities.yahoo.co.jp/gl/nfpmp827/view/20071209


次の写真は、【たらのきくの酢の物】です。八戸市のブログの友人、なかちっぱさんの撮影された1枚です。

とても美味しかったですよ。 絶品でした。  写真からも、美味しさが漂ってきませんか?


  記事 ⇒ http://geocities.yahoo.co.jp/gl/nfpmp827/view/20071210

      ※ この日は記事を5本書いていますのでそのうちの1つです。
        
          スクロールしてさがしてくださいな。


いろんなお酒、銘酒が10数本集まりました。味見するのも大変でした。

因みに、私はビールでは、「恵比寿ビール」と「銀河高原ビール」が好きなんです。





青森&岩手県北部のブロガーが8人集合した、画期的な忘年会&オフ会でした。

美味しい料理、旨いお酒、素敵な仲間たち・・・。

ものすごく楽しかったことを覚えています。

あの日は三沢市に宿泊しました。

ブログ仲間の尊敬を集める≪JAZZさん≫は、青森県での出向を終え、今は実家のある茨城県の方でご活躍中です。

  JAZZさんのブログ ⇒ 「JAZZの普段着写真館」 http://jazzday.exblog.jp/

               ( すばらしい写真の数々をご堪能くださいな。 )


何だか懐かしいみなさんに会いたくなってきました。


     ☆ 人恋しくなる神無月の深夜です ☆

スポンサーサイト



ピンクのリボンのお嬢さん!!







二戸市に出かける用事があった。

冬タイヤの購入のためである。

9月下旬に夏タイヤの購入、そして、今日冬タイヤの購入。

痛い出費である。しかし、タイヤの磨耗がもはや限界に来ていたので仕方がない。

それこそ、事故でも起こしたらとんでもないことになるのだから・・・。



電気店でWindows7搭載のPCの機種をチェックする。

新機種搭載新モデルが並べてあり、その一方でVistaの旧モデルからアップグレードする手がある。

私はXPユーザーなので、Vistaは苦手である。

カタログを集めて、健闘することとする。


     ※     ※     ※     ※     ※     ※


もう一つ楽しみがことがあった。

それは、二戸市金田一で「ほにお」発見情報を入手していたのである。

絶好の撮影の機会である。

向かってみた。

場所は、岩手県北部、青森県と隣接するカシオペア連邦内の一つ、二戸市。

先日、火事が全国放送されたあの「座敷童子」で有名ない温泉宿「緑風荘」がある金田一温泉の近く。

「座敷童子」の出没すると言われる温泉の消失は大変ショックだった。

何でも2年先まで予約が埋まっていたと言う話だ。大変残念なことだ。



目印は、温泉入り口の ≪カシオペア連邦の黄色い「W」のマーク≫。

辺りを見回してみる。 

あった~!!  発見、発見!!

近づいてみる。かなりの数が一箇所にまとめてある。

しかも、おしゃれにも頭の部分にピンクの袋が掛けてある。雨よけのためだ。

数えてみた。19基もあった。

八戸までいかなくても、地元のカシオペア連邦内でもまだ「ほにお」を作っている農家があったのだ。

うれしい!!  感激!!  思わず拍手を送りたくなった。



気づいたことは、19基あるのだが、一つ一つ表情が違うのだ。

同じものは一つもない。大きさや稲束の量、角度や向きなどが微妙に異なっているのだ。

木の杭を打ち込んだ人は同じであろうが、それでも一基一基異なっている。

ある種の感動を覚えた。

おそらく、この「ほにお」を作られた方は、60歳を過ぎた(あるいは70歳以上の)かなりの高齢のかたではないだろうかと予想される。

「ほにお」を作る(組む)のと、「はせがけ」を作るのとでは、労力が違う。

「ほにお」を組む方が大変なのだ。高い技術が必要なのだ。

脈々と受け継がれてきた先祖代々から伝わる「ほにおを組む技術」・・・

これは、れっきとした「素晴らしい稲作文化」である。

「ほにお」を見ていると、≪凛とした美しさ≫を感じる。

製作者のぬくもりを感じる。これは、「はせがけ」では感じられないものだ。

あと何年この二戸市金田一地区で「ほにお」を見ることができるのだろうか。

せめて、毎年足を運び、その年の「可愛らしいほにおちゃん」に会いに来たいものだ。

頭にピンクの袋を被った姿は、さながら ≪ピンクのリボンのお嬢さん≫ だ。



二戸市金田一地区の19基の「ほにおのお嬢さんたち」に会えただけで、とても温かい気持ちになった。

日本の里山の農文化、ここに健在!!

産直(もぎたて市:二戸市金田一)で仕入れた美味しいリンゴをほおばり、金田一をあとにした。

(来年も観に来るぞ!!)と車のハンドル握りながら、決意を新たにしていた。




以前書いた【関連記事】もご覧ください。


   「ほにお」 ~ 稲の自然乾燥法の一つ   (2009年9月23日)


     ⇒ http://blogs.yahoo.co.jp/nfpmp827/MYBLOG/yblog.html?m=lc&p=3


   

98690歩!!


万歩計をお持ちだろうか?

私は、今3個持っている。

ところが、今年、すでに3個壊しているのだ。(シルバー、黒、緑)

故障の原因は、主に落下。

≪お気に入り≫のシルバーのものも、床に落としてしまったら、歩数のカウンターが動かなくなってしまった。ショック!!

仕方なく、別なもの(黒)を購入した。

しかし、それも落としたらこれまたカウンターが動かなくなった。悔しいので分解して、調整を試みたのだが、やはりだめだった。

あ~あ。

そして、この写真の万歩計も現在、故障している。

落下のとき、電池カバーがはずれ、電池も落ちてしまってそれっきりである。


だから、この写真は、この万歩計にとって ≪形見≫ みたいなものである。

万歩計を付けている効用は結構あると思う。

カウントが増えるのが楽しみなのである。

外出しても、エレベーターよりも、階段を使おうという気にさせてくれるのである。


この緑の万歩計なのだが、写真をよく見てほしい。

黒いボタンが上の方にあるではないか。

そうなのだ。逆立ちしているのである。

正しい歩数は、逆立ちをさせてみれば分かる。


     ※     ※     ※

万歩計を付けたときは、10000歩を目指して歩くようにしている。

しかし、10000歩歩くのは容易ではない。

健康増進のため、歩くことの大切さは重々承知している。

せめて、睡眠不足や体調不良のとき以外は、10000歩を目指して歩こうと思っている。

みなさんは、万歩計、利用しておられるだろうか?

ツマグロヒョウモン ?





初めて通った山道で出遭ったチョウです。

陽射しを受けて、花の蜜を夢中で吸っていました。数匹が乱舞していました。

近寄っても、あまり逃げませんでした。

逃げても、また、蜜を吸いに戻ってきました。


図鑑で調べてみたら、「ツマグロヒョウモン」のオスのようでした。

チョウの写真の掲載は初めてです。


「天然さるなし探し」の山道で遭遇した素敵な瞬間でした。
思わず、パチリッ!

「天然さるなし探し」からの思わぬ副産物ということになりました。

この日、20匹以上のツマグロヒョウモンに出遭ったことになります。


【ツマグロヒョウモン】(褄黒豹紋蝶)

  ⇒ http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/youtyuu/HTMLs/tumagurohyoumonn.html

  ⇒ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%9E%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%92%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%A2%E3%83%B3

  ⇒ http://www.insects.jp/kon-tyotumaguro.htm


チョウを眺めて、≪ただ生きることに一生懸命な姿≫にしばし心を奪われた。

寒い北国岩手では、冬を越すことはできない。

限られた生をひたすら全うしている彼らであった。


≪修正≫

図鑑をよく見て、≪ツマグロヒョウモン≫であるかどうか、自信がなくなったきた。

1枚目の写真を見て、羽の淵の部分がそんなに黒くないのである。


【タテハチョウの仲間】 ⇒ http://www.saturn.dti.ne.jp/~dinsects/Choh-tateha.htm

【虫の写真図鑑 Cyber昆虫図鑑 タテハチョウ(ヒョウモンチョウ他)の仲間】

   ⇒ http://www.insects.jp/konbunrinhyomon.htm


≪ヒョウモンチョウ≫の仲間であることは間違いないのであるが、ツマグロヒョウモンとは言い切れないと思った。≪ミドリヒョウモン≫という可能性もある。そうなると、オスばかりではなく、メスも一緒にいたことになる。オスだけがいるなんて考えにくい。写真と撮りたいという思いだけで撮影したので、種類や性別はどうでも良かったのである。記事にする段になって、名前や性別が気になったのである。

そこで、タイトルに ≪?≫ を追加した。

どなたか、教えてくださいな。

井山・史上最年少名人誕生!!




初めての囲碁の記事となります。

囲碁をご存じない方、すみません。

私は将棋も指しますが、囲碁も打ちます。(囲碁の方はかなりのへぼ碁ですが・・・)


それでは、今回は、囲碁の解説から入りましょう。



【囲碁】

囲碁(いご)とは、2人で行うボードゲームの一種。交互に盤上に石を置いていき、自分の石で囲んだ領域の広さを争う。単に碁(ご)とも呼ばれる。

日本での愛好者は350万人。棋聖、名人などが7大タイトルと呼ばれている。



【囲碁名人戦、20歳の井山八段が名人位獲得 史上最年少】(アサヒコム)

  ⇒ http://www.asahi.com/igo/meijin/TKY200910150327.html

≫ 第34期囲碁名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)の第5局は15日、静岡県熱海市のあたみ石亭で2日目が打ち継がれ、午後4時48分、挑戦者の井山裕太八段(20)が張栩(ちょう・う)名人(29)に176手までで白番中押し勝ちし、通算4勝1敗として名人位を奪取した。20歳での名人位獲得は、65年の第4期旧名人戦(読売新聞社主催)で林海峰(りん・かいほう)八段(現名誉天元)が記録した23歳を、44年ぶりに更新する史上最年少記録。囲碁界の七大タイトルの中でも最年少獲得記録となる。井山八段は同時に九段昇段も決めた。これも03年の張本因坊(当時)の23歳を抜き、最年少記録となった。

 就位式は12月11日、東京都千代田区の東京会館で。

 第一人者と次代を担うエースの2年連続の七番勝負。昨年、3勝4敗でタイトルにあと一歩届かなかった井山八段は、今期の挑戦者決定リーグ戦で8戦全勝を飾り、再び挑戦者に。迎え撃つ張名人は、この1年間にタイトルを三つ増やし、七大タイトル戦史上初の五冠王になっていた。

 勢いを増した両雄の対決は、第1局で張名人がきわどく半目勝ちを収めたが、第2局からは井山八段が4連勝。勝った4局は、中盤までに優位に立つ好内容だった。

 井山新名人は大阪府東大阪市出身で石井邦生九段門下。12歳で日本棋院関西総本部所属のプロとなった。16歳だった05年、阿含・桐山杯全日本早碁オープン戦で優勝し、公式戦での最年少優勝記録を樹立した。これまでに、07年新人王戦、09年竜星戦を含め三つの公式戦に優勝している。七大タイトル戦では今回が初の栄冠となった。

     ◇

 井山新名人の 苦しい碁が多かったが、粘り強く打てたのがよかった。昨年負けた悔しさを1年間持って戦ってきたので、うれしい。

 張名人の話 完敗だった。井山さんと打っていて、なるほどと思う手や予想を上回る手が多かった。自分は実力も体力も足りなかった。



    【井山裕太八段のプロフィール】

平成元年5月24日生 大阪府出身
石井邦生九段門下
平成14年入段、同年二段、15年三段、
17年四段、同年七段、20年八段、21年九段
日本棋院関西総本部所属

平成9年 :全国少年少女囲碁大会優勝
(小学2年生・山下敬吾と並び年少学年記録)
平成10年:全国少年少女囲碁大会優勝(小学3年生)

  ⇒ http://www.nihonkiin.or.jp/player/htm/ki000385.htm




【平成生まれの名人誕生!井山が張を下す/囲碁】(サンケイスポーツ)

   ⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091015-00000521-sanspo-ent

≫ 囲碁の張栩名人(29)=十段、王座、天元、碁聖=に井山裕太八段(20)が挑戦している第34期名人戦第5局は14日から静岡県熱海市の「あたみ石亭」で打たれ、15日夕、井山八段が中押し勝ちし、通算成績を4勝1敗とし名人位を奪取した。

 井山名人は初の七大タイトル獲得となった。20歳4ヶ月での七大タイトル獲得は史上最年少。従来の最年少名人(旧名人戦を含む)は林海峰八段=当時、現名誉天元=の23歳4ヶ月。最年少七大タイトル獲得は王座戦における趙治勲七段=当時、現二十五世本因坊=の20歳5ヶ月。また、井山は今回の名人位獲得により九段に昇段しこちらも史上最年少。さらに平成生まれの棋士として初めて七大タイトルを獲得、日本棋院関西総本部所属の棋士として初めての名人位奪取となった。

 張の名人位3連覇はならず、四冠となった。張がタイトル戦で敗れたのは平成18年の王座戦以来。

 井山名人は平成元年5月24日生まれ。平成9、10年の全国少年少女囲碁大会で優勝し、平成14年に入段。平成17年の阿含・桐山杯で優勝し七段に昇段。平成19年に初の名人リーグ入り、平成20年には名人戦の挑戦者となり八段に昇段した(挑戦手合は3勝4敗で敗退)。現在までのタイトル数は4。



○ 名人 (囲碁) - フレッシュアイペディア

  ⇒ http://wkp.fresheye.com/wikipedia/%e5%90%8d%e4%ba%ba_%28%e5%9b%b2%e7%a2%81%29


井山8段には、プロ入りの頃から注目していたが、こうまで早く名人まで登り詰めるとは・・・
恐れ入ったものだ。

名人位獲得おめでとう!!

囲碁界の新しい風ですね。

現在囲碁界の第一人者の張栩名人(29)=十段、王座、天元、碁聖5冠からの名人位奪取である。
なんという価値のあるタイトル奪取なのか・・・。

いずれ、囲碁界の頂点に立つべき英才である。彼の今後の活躍にも注目していきたい。

青葉湖の噴水!!




10日のK町の最低気温は3度。岩手山初冠雪。

12日の盛岡の最低気温も3度。

いよいよ、秋が深まってきました。

この冷え込みで、紅葉が一層進み、県内各地見ごろを迎えていることでしょう。


     ※     ※     ※

写真は、昨年の10月に撮影したものです。

世増(よまさり)ダムによってできた湖(青葉湖)の噴水です。

車で25分ぐらいの距離なんですが、なかなか紅葉の時期はきれいです。

  昨年の記事はこちら ⇒ http://geocities.yahoo.co.jp/gl/nfpmp827/view/20081027




十和田湖や奥入瀬渓流、八幡平に行けないときは、ここに行きます。

久慈渓流や平庭高原という手もあるでしょうか。

今年も今の状況だと、十和田湖や八幡平は断念しなければならないようです。




カシオペアの友人のタンさん ≪ライフワーク≫ が昨年かかれた記事も紹介いたします。

   ⇒  http://fujita655.exblog.jp/7624760/

 (2枚目、3枚目の写真もタンさんが撮影されたものです。)



みなさんお気に入りの紅葉スポットはどちらですか?

アサガオの塔!!



台風が過ぎ去りました。

みなさんのところでは、被害はありませんでしたか?


TVや新聞によりますと、大きな被害が出ているようです。

長野県のリンゴの落下もひどかったようです。

コンテナがおはじきのように移動している映像には驚きました。

被災されたみなさんに心よりお見舞い申し上げます。


     ※     ※     ※

季節はずれですが、今回はこんなものをUPしてみました。

ウォーキングの際に、近所のTさんのお庭で拝見した≪アサガオの塔≫です。

いろいろなものに絡まるのですが、棒状になるとこうなるんだなあ、と新発見でした。

≪2枚目≫は、これまたウォーキングコースのOさんのお庭で拝見したアサガオです。
青に白の縞模様が入っていました。アサガオについては全然しりませんので、珍しいもののかなあ~と思い撮影させていただきました。


台風が去って、美しい花に目をやりたい気分です。




2階の書斎から、見えるKさんの田んぼの稲は台風のため、一部倒れていますが、何とか無事なようです。
(よかった~。)

住宅の南隣のYさんの蕎麦畑には、稲束を干した≪はせがけ≫が出現しています。

今朝の岩手県K町の最低気温は3度と、この秋一番の寒さでした。

これから一気に稲刈りが進むことなります。しかし、台風の雨でぬかるんだ田んぼの土が乾いてから、ということになるでしょう。

以前なら、今日10月10日が≪体育の日≫でした。 
晴れの特異日なんですよね。

台風一過、寒いのですが穏やかな休日の午前10時です。

みなさん、素敵な週末をお過ごしくださいな。

台風18号に警戒を!!




台風18号が接近している。

過去10年間で最大級の勢力なそうだ。


【<台風18号>最近10年で最大級 西日本で厳戒態勢】(毎日新聞)

≫非常に強い台風18号の列島縦断に備え、7日、西日本を中心に厳戒態勢が取られた。最近10年で上陸した台風では最大級の勢力とされ、進路にあたる地域では、住民の不安が高まる。学校の休校や航空機の欠航決定も相次いだ。

 台風18号の影響で、九州でも鹿児島県奄美地方や宮崎県南部などが7日夕方までに風速25メートル以上の暴風域に入り、奄美地方を中心に鹿児島県内で最大約1万戸が停電するなどの被害を受けた。気象庁によると、鹿児島県喜界町で午前8時26分に最大瞬間風速40.1メートル、奄美市では同7時11分に同36.5メートルを観測。九州電力によると、奄美大島や徳之島などで同日正午段階で約1万戸の停電が発生し、宮崎県日南市でも午後2時段階で200戸が停電した。

 鹿児島県喜界町では住宅1棟の屋根が飛ばされ、暴風域に入った大隅地方でも志布志湾などに大波が押し寄せた。奄美や種子島、屋久島を中心に公立学校121校が休校した。

 宮崎県内では、北部山間地域を中心に国・県道など計13路線が通行止めに。日南市や宮崎市など13市町村で61世帯98人(午後7時現在)が自主避難したほか、小中学校5校が臨時休校し、ほとんどの学校は午前中で授業を打ち切った。熊本県内でも休校や授業の打ち切りがあった。

 ◇空の便欠航相次ぐ

 台風18号の影響で、航空各社の旅客便の運航が大きく乱れた。7日午後7時半現在、欠航は▽全日空69便▽日本航空63便▽日本エアコミューター83便など。全日空では約8100人、日本航空では約5000人の乗客に影響が出た。8日も全日空164便、日本航空47便の欠航が既に決まっている。

     ※     ※     ※     ※     ※     ※


【台風の大きさと強さ】について (気象庁}

   ⇒ http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/typhoon/1-3.html

台風の大きさと強さ
 気象庁は台風のおおよその勢力を示す目安として,下表のように風速(10分間平均)をもとに台風の「大きさ」と「強さ」 を表現します。 「大きさ」は「強風域(風速15m/s以上の強い風が吹いているか,地形の影響などがない場合に吹く可能性のある範囲)」の半径で,「強さ」は「最大風速」で区分しています。

 さらに,強風域の内側で風速25m/s以上の風が吹いているか,地形の影響などがない場合に吹く可能性のある範囲を暴風域と呼びます。


強さの階級分け 階級 最大風速
強い 33m/s(64ノット)以上~44m/s(85ノット)未満
非常に強い 44m/s(85ノット)以上~54m/s(105ノット)未満
猛烈な 54m/s(105ノット)以上


大きさの階級分け 階級 風速15m/s以上の半径
大型(大きい) 500km以上~800km未満
超大型(非常に大きい) 800km以上


 大型、超大型の台風それぞれの大きさは,日本列島の大きさと比較すると以下のようになります。

  ( ※ 図の表示については上記アドレスをクリックしてください。 )

 台風に関する情報の中では台風の大きさと強さを組み合わせて,「大型で強い台風」のように呼びます。ただし,強風域の半径が500km未満の場合には大きさを表現せず,最大風速が33m/s未満の場合には強さを表現しません。例えば「強い台風」と発表している場合,その台風は,強風域の半径が500km未満で,中心付近の最大風速は33~43m/sあって暴風域を伴っていることを表します。
 なお,天気図上では,暴風域を円形で示します。この円内は暴風がいつ吹いてもおかしくない範囲です。


    【台風の話】  ⇒  http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/typhoon/index.html


◇日本縦断の恐れ
・ 台風18号は「列島縦断の危険なコース」 気象庁が警戒呼びかけ - 産経新聞(10月7日)

  ⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091007-00000594-san-soci

≫ 非常に強い台風18号は7日午後6時、高知県の足摺岬の南約210キロを北北東に進んでおり、四国の一部が風速25メートル以上の暴風域に入った。気象庁は暴風や高波に厳重な警戒を呼びかけている。

  ■フォト「台風18号」 四国の一部が暴風域に

 台風は、強い勢力を維持したまま、8日午前3時ごろ、紀伊半島付近に上陸するとみられる。近畿、東海、北陸を縦断し、同日午後3時ごろにはいったん日本海沿いに出ると、今度は東北を縦断して、太平洋に抜ける恐れがある。上陸時に予想される中心の気圧は950ヘクトパスカルで中心付近の最大風速は40メートル。

 関東周辺は朝の通勤時間帯に雨風がピークになり、交通の混乱が予想される。また、台風の接近と満潮が重なる近畿、東海では高潮の危険がある。8日午前8時ごろに台風が接近するとみられる名古屋港では、昭和34年の伊勢湾台風で記録した3・89メートルに匹敵する3・5メートルの高潮となる見込み。

 気象庁予報課の村中明主任予報官は「日本列島を縦断する非常に危険なコースを進む。全国的に雨風や高波、高潮に警戒が必要だ」と話している。

 気象庁によると、台風は午後6時現在、高知県の足摺岬の南約210キロを時速40キロで北北東に進んでいる。中心の気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は60メートル。中心から半径220キロ以内では風速25メートル以上の暴風域となっている。

 8日午前6時には津市付近を中心とする半径90キロの円内に達する見込み。中心の気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルが予想される。

 また、午後6時には山形県酒田市付近を中心とする半径160キロの円内に達する見込み。中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルと予想される。

 7日夜には、中国地方や近畿地方の一部が暴風域に入る見込みで、8日は台風の進路にあたる東日本や東北地方も暴風域に入る恐れがある。

 九州の周辺海域や四国地方の太平洋側では、波の高さが6メートルを超える大しけとなっている。7日夜には近畿地方や東海地方でも大しけとなり、8日にかけて西日本、東日本の太平洋側で波の高さが9メートルを超える猛烈なしけ、西日本、東日本の日本海側や北日本でも6メートルを超える大しけとなる見込み。

 台風の北上に伴い、本州南岸に停滞する秋雨前線の活動も活発になるため、西日本や東日本では8日にかけ、北日本では8~9日にかけ、1時間に、1時間に50~70ミリ、局地的には80ミリを超える雨が降るとみられる。

 8日午後6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで、東海が500ミリ、近畿南部が450ミリ、四国太平洋側が400ミリ、四国瀬戸内海側、東北地方が300ミリ、中国、近畿北中部、関東甲信が250ミリ、北陸が200ミリの見込み。

 北日本では8日午後6時以降も雨が続き、9日午後6時までの24時間に、多いところで150~200粍の大雨となる恐れがあり、気象庁は土砂災害や河川の増水、氾濫(はんらん)、低地の浸水などに厳重に警戒するよう呼びかけている。



     ※     ※     ※     ※     ※     ※


勢力が最大級で、予想進路が列島縦断の最悪のコース。

反れてほしいのですが・・・・・

どちら様も台風18号に対して十分警戒なさってください。

好きな写真達 3





岩手が好きです。

学生時代の4年間は盛岡で過ごしました。



今回は、ブログの友人、盛岡にお住まいの≪盛岡ラクダさん≫が撮影された写真を紹介いたします。


【1枚目 盛岡市内・旧石井県令私邸】 赤い屋根、蔦の葉の緑、藤の紫のコントラストが何とも言えませんね。

【2枚目 水田と岩手山 】

【3枚目  同 上   】

【4枚目 秋田新幹線と岩手山】


盛岡ラクダさんのブログ ≪ 盛岡心情3 ≫

  ⇒ http://shinjyo3.exblog.jp/

ぜひ、ご覧になってくださいな。

はさがけ 【どど~んと中国編】





久々の更新です。

今回は、日本を離れて、4000年の歴史と言われるお隣中国での「はさがけ」の写真です。



中国の貴州省黔東南州従江県の多くの村では、刈り取った稲を天日干しにする伝統的な方法が今でも受け継がれている。稲穂は数百本を一束に縛り、木で組んだ棚に掛けて1カ月干し、その後まとめて貯蔵庫にしまう。村いっぱいに干された稲穂は、この季節の風物詩となっている。

 写真:棚に干された稲穂=貴州省黔東南州従江県 【写真1~3】


何段でしょうか?

さすが、本家の中国。段数も半端じゃありませんね。



【写真4】は、山形県の ≪棒がけ≫ の風景です。

棒がけの中には、らせん状になっているものもあるそうです。

10月1日の朝の最低気温は、4.3度でした。この気温では稲の登熟は終了ですね。となると、稲刈りのゴーサインになりそうです。(もうしばらく様子を見てみよう。)と考えていた農家の方々が稲刈りに踏み切るのではないかと予想されます。

先日、農家の方(70歳前後)に尋ねたのですが、昔は≪はせ≫を10段以上に組んだこともあったそうです。でも、あまり高く組みすぎると、台風が来たとき、はせごと倒れてしまうのだそうです。高ければいいというわけでもないそうです。
「はせがけ作業の楽じゃないけど、美味しい米を食べたいから頑張っている」とのことでした。また、はせに組む木(柱)の寿命をたずねたところ、「栗の木なら大事に使えば50年もつ。」と聞いてビックリしました。50年といったら、農家の方のほぼ実働年数じゃありませんか?

稲の天日干しの ≪はせ≫ 一つにもそんなロマンと歴史があるのですね。

農業の文化は奥深いものです。美味しいお米を作る≪はせがけ文化≫がずっと続いてもらいたいものです。

プロフィール

iqm90jqjpdmz

Author:iqm90jqjpdmz
将棋、自然、音楽、写真が好きです。

将棋は、羽生9段、藤井7段のファンです。

初夏にはサクランボ狩り、秋にはブドウ狩りに出かけています。

また、秋には、雑木林を散策してハシバミ、アケビ、サルナシなどの
天然の木の実を採集をしています。

音楽は、80年代の洋楽を聴くことが多いですね。
好きなアーティストは、TOTO,Journey,Foreigner,KANSAS,Eagles,
Styx,Earth,Wind&Fire,M.Jackson,Madonna,Starship,SADE,
Kool&The Gang,Lindsy Starling,Maroon5,...

邦楽では、小田和正、ドリカム、宇多田ヒカル、シングライクトーキング、
久保田利伸、Greeeen、米津玄師です。

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブロとも一覧【画像なし】

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム