FC2ブログ

ツノハシバミ2種




8月は、ハシバミの生育状況をチェックする月だ。

曇りの肌寒い「山の日」、チェックしてみた。


町内某所、新しい場所(ポイント)を開拓できた。




オツノハシバミ













通常のハシバミ


上が普通のハシバミ
下がオオツノハシバミ

総苞から堅果を取り出してみると・・・

4個の実の配置は、上の写真の通り。

何と、オオツノハシバミの実の方が小さかった。
意外・・・。 知らなかったなあ~。

4個の内、1個の実を割って食べてみた。
生で食べられる。
まだ、熟していないので、胚乳の部分は小さかった。
これが、成熟すると殻にぴったりはりつくくらい
胚乳の部分も大きくなるのだ。

9月下旬が楽しみだ。


ツノハシバミ



今朝の最低気温は、6.5度。
この秋で一番寒かった。

そして、最高気温は、17.5度。
20度に届かないのだから、秋本番です。
これからは、稲刈りがピークになっていくころです。

今日は、この秋に撮影したツノハシバミを紹介します。


















これらを撮影したポイントは、二戸市某所。

撮影はしたのですが、収穫に向かったとき(9月22日)には、もう他の人に採られたあとでした。 残念・・・。

こちらは、土日、祝日しか採集に向かえませんからね。
地元の方が平日に足を運べば勝負になりません。

かと言って、あまり早くに、未熟な実を採りたくはありません。

仕方ありませんね。

私ではなくても、誰かが山の幸を手にすることができたのですから、ツノハシバミの樹にとっては役目を果たすことができたことになります。

来年は、ここのポイントをもう1週間早くチェックしてみることにいたしましょう。

現在、ハシバミの実は全部落ちて、ツノハシバミの実が少し残っている程度です。

今年は、ツノハシバミは不作でした。
花の時期に、遅霜に当たってしまったようです。
来年の収穫に期待することにいたしましょう。

ハシバミ・・・。  天然の美味しいナッツ。

世界3大ナッツの一つなんですよ。
(註:世界3大ナッツとは、アーモンド、カシューナッツ、ヘーゼルナッツ)

ハシバミは、ヘーゼルナッツの仲間になります。
(厳密に言うと、ツノハシバミとハシバミ〔アジアン・ヘーゼル〕とは、違う種類なのですが、ハシバミというくくりだと同じ種類になります。)

いつか、ハシバミの栄誉についての特集記事を書きたいと思っています。

不作ながら、昨年の1/3程度の収穫はできました。

使い道は、①軽井沢の友人へ送る ②ハシバミのPR活動に役立てる ③自分で食べる の3つです。

パーセンテージとしては ①70% ②20% ③10% でしょうか?

有効に活用したいと思います。

只今、発送に向けて少し乾燥中です。

今年も高級ナッツのハシバミを少し分けていただきました。雑木林の恵みに感謝です。

冬になったら、コタツに当たりながら、ハシバミをつまみにお酒をいただきたいと思っています。

退職したら、【ハシバミ伝道師】として、全国を駆け回りたいなあ~、などと夢想しています。

ありがとうございました。




2016 ハシバミ①




ついに、シーズン突入です。

そうです。ハシバミの季節です。

9月の本格収穫に向けて、春先の雄花序のあった樹を中心に、実の生り具合をチェックしています。



ここで、少し脱線して、イチロー選手のある記録についての記事を見つけましたので、紹介します。

【記録ラッシュな1年の締めくくりへ…イチローに残された大記録】


イチローにかかる記録がまだあった
 安打数の世界最多記録や、メジャー通算3000本安打、さらにはメジャー通算500盗塁と、次々に偉業を成し遂げてきた今シーズンのイチロー。

 まさに生けるレジェンドとして球界に君臨しているが、そんな男には今季中の達成に期待がかかる記録がまだまだ存在しているのをご存知だろうか。

ちょっと意外な本塁打の記録
 日本で9年間プレーし、メジャーで16年目を迎えたイチロー。1991年のドラフト4位でオリックスに入団してから今年で25年目ということになるが、そのうち本塁打を打てなかったのはルーキーイヤーの1992年だけ。1993年から昨季まで23年連続で本塁打を放ってきたのだ。

 まず20年プレーする選手が限られる中、毎年健康にしっかりと結果を残せる選手となると本当にごくわずかだ。日米通算も含めた、日本人選手による「連続本塁打トップ10」は以下の通り。

【連続本塁打記録・トップ10】
1位 26年 谷繁元信(横浜大洋・横浜~中日) ☆通算229本塁打  
2位 25年 野村克也(南海~ロッテ~西武) ☆通算657本塁打  
3位 23年 張本 勲(東映・日拓・日本ハム~巨人~ロッテ) ☆通算504本塁打  
3位 23年 門田博光(ダイエー) ☆通算567本塁打
3位 23年 イチロー(オリックス~マリナーズ~ヤンキース~マーリンズ) ☆日米通算231本
6位 22年 王 貞治(巨人) ☆通算868本塁打
6位 22年 大島康徳(中日~日本ハム) ☆通算382本塁打  
6位 22年 立浪和義(中日) ☆通算171本塁打
6位 22年 山崎武司(中日~オリックス~楽天~中日) ☆通算403本塁打
10位 21年 高木守道(中日) ☆通算236本塁打
10位 21年 清原和博(西武~巨人~オリックス) ☆通算525本塁打
10位 21年 衣笠祥雄(広島) ☆通算503本塁打


 ご覧のような、ものすごい顔ぶれ。通算500本塁打以上のレジェンド選手も多い中、トップは26年連続の谷繁となっている。

 そのほかにも立浪や高木など、長距離砲タイプではない選手もランクイン。長く第一線でプレーできる選手には、このような隠れた大記録もついてくるというわけだ。
一発は出るか...
 ちなみに、トップ10の中で“日米通算”なのはイチローただ一人。日米でイチローに続くのは、日本で10年・メジャーで10年の合計20年連続本塁打を記録した松井秀喜だ。

 イチローは今季いまだ本塁打0...。出ればその瞬間、日米通算24年連続の本塁打となり、張本&門田を抜いて連続本塁打の歴代単独3位に浮上する。

 今思うと、ちょうどメジャー通算3000本目の安打となった三塁打が最も惜しかった。行ったかと思われた打球は、わずか届かずフェンスの上部に直撃。連続本塁打の更新とはならなかった。残り1カ月とちょっとのシーズンとなるが、なんとか1本打って欲しい。


あと1本で、24年連続本塁打。あの口うるさい張本氏を黙らすためにも、ぜひ打ってほしいものだ。

がんばれ、イチロー選手!!


 
それでは本題に戻ってハシバミの記事といきましょう!
ハシバミについて詳しくは、下のサイトも
チェックしてみてください。



ハシバミの実は、高級チョコレートの原料にもなります。


イタリアの高級チョコレートフェレロ・ロシェ 

魅惑の美味しい木の実=ハシバミ

今年も虜になりそうだ・・・。


目に飛び込んでくる!!



それは、運転中にも目に飛び込んでくる。

まるで、「ここにいるよ!」と私に教えてくれているようだ。

2日(土)午前は、休日勤務。

勤務終了後、ドライブをしてみた。

このところ、ある物体が目に飛び込んでくる。

それは、『ハシバミの樹』だ。

特技と言っていいかどうかは分からないが、長年の経験から、時速60kmで走っている車からも『ハシバミの樹』を特定できる。

この時期は、ハシバミの樹の雄花が特徴的な形状になっていてとても分かりやすいのだ。

詳しくは、下のサイトをチェックしてみてほしい。


かなり詳しくハシバミの事が書かれてある。

もちろん、当ブログの「はしばみ」の書庫もチェックしてみてほしい。


これが「雄花序」。



3月&4月には、雄花序を目標に、容易くハシバミの樹を発見できるのだ。







林の中でこんな樹を見かけたことがありませんか?
それが ≪ハシバミの樹≫ なんです。



はしばみの優良木
この樹1本から200個以上のハシバミの実が採れる。
ありがたいことだ。

【註】ハシバミの優良木50個以上実をつける樹
   (トリトンのオリジナル定義)

100個以上実をつける優良木を10本知っていれば、採集は効率的に行うことができる。

この日、新たにハシバミの樹を15本以上見つけた。
その内4,5本は優良木だと推定される。

ハシバミハンターの私に言わせれば、ハシバミはどこの雑木林にも自生しているはず・・・。

おそらく、京都の「大文字山」にも・・・。
(ねっ。京都にお住いの安田陽介さん。)

時間があれば、全国各地に出かけて、秋に実を収穫できるハシバミの樹を見つけて教えてあげたいくらいだ。

岩手県内&青森県南部(三八地方)なら、交通費を出していただければ、出かけてハシバミの樹を教えてあげることも可能である。

2日(土)に15本以上。
3日(日)は、5本発見した。

先日、K町~盛岡間をドライブした際には、車中から20本以上発見した。

盛岡から単身赴任している職場の同僚に何カ所か教えてあげようと思っている。

ハシバミの実は、高級チョコレートの原料にもなる。



イタリアの高級チョコレートフェレロ・ロシェ 

中央の大きな実と粒々の部分がハシバミの実
(こちらの実はヘーゼルナッツ〔西洋ハシバミ〕を使用)

秋の収穫に向けて3月、4月から準備するのが
ハシバミハンターの心得である。

昨年は、4kg以上収穫した。

今年も、2kgは収穫したいものだ。

秋が待ち遠しい・・・。


ハシバミを発送しました!!


何だか、SMAPの解散騒ぎが持ち上がっているようだが、たいして興味ないのでそんなことはどうでもいい。

勝手に解散してもらって結構だ。



今日は寒かった。
東京でも初氷だったという。

岩手県北部のわが町の13日の最低気温は、-7.8度。結構冷え込んだ。

北海道では、-23.4度の地点もあったそうだ。なにせ、寒中です。1年間で一番寒くなる時期です。



寒中お見舞い申し上げます。

みなさん、ご自愛くださいませ。



さて、本題です。

秋に、雑木林に分け入って、自然の恵み=アケビ、ハシバミ、サルナシなどを収穫するのを趣味にしています。

ご縁があって、軽井沢在住のある女流作家さんから、大量の「ハシバミの注文」が入って、一肌脱ぐことになりました。

昨年末に、収穫したハシバミの8割を送付しました。

今年収穫したハシバミをご覧ください。


ハシバミの球果



乾燥させたツノハシバミ



ハシバミ  500g × 2



ツノハシバミの球果


全部で3kg近く送りました。

残りの2割は、自分で食べたり、
今後のハシバミ普及活動の
PRに使います。



これが9月21日に収穫した全ハシバミ



オオツノハシバミ


それでは、少し【ハシバミ講座】です。



写真で説明してみましょう。
下の写真をご覧ください。


左のドングリのように
実が顔を出しているのがハシバミ。

他方、右と上の実全体が
「とんがりコーン」のような総苞で
包まれているのがツノハシバミ。

ツノハシバミの総苞には、
ガラス質の小さな棘が密集しているので、刺さないようにゴム手袋をはめて
収穫する必要があります。


今年も、ハシバミの収穫に精を出したいと思います。前述の軽井沢の友人も、「今年は天然ハシバミの収穫に岩手まで来たい。」と言っています。楽しみです。

ハシバミのことなら、ブログの書庫にかなり詳しく記事を書いていますので、時間があるときにチェックしてみてください。

以上、ハシバミ送付の記事でした。


ありがとうございました。

プロフィール

iqm90jqjpdmz

Author:iqm90jqjpdmz
将棋、自然、音楽、写真が好きです。

将棋は、羽生9段、藤井7段のファンです。

初夏にはサクランボ狩り、秋にはブドウ狩りに出かけています。

また、秋には、雑木林を散策してハシバミ、アケビ、サルナシなどの
天然の木の実を採集をしています。

音楽は、80年代の洋楽を聴くことが多いですね。
好きなアーティストは、TOTO,Journey,Foreigner,KANSAS,Eagles,
Styx,Earth,Wind&Fire,M.Jackson,Madonna,Starship,SADE,
Kool&The Gang,Lindsy Starling,Maroon5,...

邦楽では、小田和正、ドリカム、宇多田ヒカル、シングライクトーキング、
久保田利伸、Greeeen、米津玄師です。

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブロとも一覧【画像なし】

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム