FC2ブログ

末恐ろしい天才囲碁少女!!




みなさんも驚きだったことと思います。


史上最年少の囲碁プロ棋士誕生へ
小学4年生 仲邑さん
2019年1月5日 19時15分 (NHK News Web)







≫大阪市に住む小学4年生の仲邑菫(すみれ)さんが、ことし4月に史上最年少の10歳で囲碁のプロ棋士になることが決まりました。

日本棋院によりますと、大阪市に住む小学4年生の仲邑菫さん(9)は、5日に東京で開かれた理事会で「英才特別採用推薦棋士」に選ばれ、ことし4月1日からプロ棋士になることが正式に決まりました。

英才特別採用推薦棋士は、強豪国の中国や韓国勢に対抗できるトップ棋士を育成するため、日本棋院が新たに設けたもので、原則、小学生が対象で、選ばれるとプロ棋士になることができます。

仲邑さんは、これまでのアマチュア大会の成績などから推薦を受け、先月、井山裕太五冠や張栩名人ら6人のプロ棋士の審査を受けました。その結果、全員の賛成を得て、初の推薦棋士に選ばれました。

仲邑さんは、4月のプロ入りの時点では10歳0か月で、藤沢里菜女流三冠の11歳6か月を9年ぶりに更新し、史上最年少の囲碁のプロ棋士となります。

仲邑さんは3歳で囲碁を始め、7歳からは強豪国の韓国にもたびたび訪れ、囲碁を学んできました。

仲邑さんは「プロ棋士になれてうれしいです。世界で活躍できるようなプロになりたいです」と話しています。


父もプロ棋士の仲邑さん

仲邑菫さんは、大阪市に住む小学4年生です。仲邑さんは、父親がプロ棋士の仲邑信也九段で、3歳から囲碁を始め、アマチュアの大会で優勝するなど実績を積み重ねてきました。

さらに、7歳からは、強豪国の韓国にもたびたび訪れ、去年は韓国のプロ棋士からも指導を受けました。

仲邑さんが選ばれた「英才特別採用推薦棋士」は、強豪国の中国勢や韓国勢と対抗できるトップ棋士を育成するため、日本棋院が新たに設けたもので、原則として小学生を対象にしています。

仲邑さんは6日、東大阪市で井山裕太五冠と対局する予定です。



“最年少囲碁プロ棋士” 小4仲邑さん
井山五冠と対局
2019年1月6日 18時15分 (NHK News Web)













≫囲碁のプロ棋士に史上最年少の10歳でなることが決まった大阪市の小学4年生、仲邑菫さんと、去年、国民栄誉賞を受賞した井山裕太五冠の公開対局が6日に行われ、井山五冠は「自分の同じころとは比べ物にならないくらい強いと思います」と仲邑さんの実力を高く評価しました。
続きを読む
大阪市の小学4年生、仲邑菫さん(9)は5日、日本棋院が開いた理事会で、トップ棋士を育成するために新たに設けられた「英才特別採用推薦棋士」に選ばれ、ことし4月1日に史上最年少の10歳0か月で囲碁のプロ棋士になることが決まりました。

6日、仲邑さんは大阪・東大阪市で開かれた囲碁の大会に参加し、去年の小学生の部の優勝者として、地元出身で去年、国民栄誉賞を受賞した井山裕太五冠と公開対局しました。

対局は、井山五冠が目標だという仲邑さんが序盤から積極的な攻め手を見せ、途中までは互角の展開となりましたが、170手まで打ったところで大会の終了時間になり、勝負は引き分けとなりました。

仲邑さんは「井山さんと対局できてうれしかったです」と話していました。

井山五冠は「終盤は優勢になったが、途中までは明らかに押されていて、非常に苦しい対局でした。9歳でこれだけ実力があるのはすごいことで、自分の同じころとは比べ物にならないくらい強いと思います。今後が楽しみです」と話していました。




凄い少女が現れたものだ。

仲邑菫(すみれ)さん、9歳。

こんな可愛らしいあどけない少女が出現するなんて・・・。

井山5冠が語るように、将棋の里見さんが目指したように、「女流棋士」ではなく、男性の棋士と同じ土俵で争う棋士になれるかもしれない・・・。

4月以降の活躍に注目しよう。

小学校の勉強との両立は大変だと思いますが、応援せずにはいられません。

がんばれ、仲邑菫さん!!


スポンサーサイト



祝 井山裕太さん7冠達成!!


囲碁ファンの方は、歓喜されたことでしょう。

囲碁をあまりご存知ない方でも、とてつもない偉業であるということはお分かりのことだと思います。

そうなんです。
囲碁界の歴史的な出来事なんです。

井山6段が、7つ目のタイトル「十段位」を獲得し、前人未到の「7冠」を達成しました。




井山裕太、囲碁界初の七冠達成!!【森ビル杯第54期十段戦挑戦手合五番勝負第4局】


伊田篤史十段井山裕太棋聖が挑戦する森ビル杯第54期十段戦挑戦手合五番勝負(主催:産経新聞社)の第4局が4月20日(水)、東京都千代田区の日本棋院本院で行われた。
結果は井山が163手まで黒番中押し勝ちをおさめた。シリーズ成績3-1で十段を奪取し、囲碁界史上初である七大タイトル独占を達成した。終局時刻は17時21分、持時間3時間のうち残り時間は黒2分、白1分だった。



【週刊碁号外】井山七冠達成 




プロフィール:井山裕太棋聖


すごいことです。

将棋の羽生さんの7冠達成から20年。

今度は、囲碁界で26歳の若き天才棋士が偉業を達成した。

日本棋院のHPに動画や特集ページがありますので、どうぞそちらをご覧ください。


おめでとう、
井山裕太7冠!!

井山6冠、7冠目前!!


「熊本地震」⇒「九州地震」。

九州地方が大変なことになっています。
度重なる強震が続いていて、被害も甚大です。
これまでにないような地震のタイプなそうです。


阿蘇、大分も震源域に 九州横断の「溝」にずれ [熊本県]




≫14日の熊本地震を上回るマグニチュード(M)7・3を観測した16日未明の地震は、強い揺れを引き起こし、九州に甚大な被害をもたらした。熊本地震について政府は15日、日奈久(ひなぐ)断層帯(約81キロ)の北端付近が引き起こしたと判断。ところが16日の地震は、熊本県の阿蘇外輪山から宇土半島付近に延びる布田川(ふたがわ)断層帯(約64キロ)のずれだと専門家はみている。その後、震源域は北東側に大きく移動してきており、地震が次の地震を呼ぶ連鎖が懸念されている。
 気象庁は、マグニチュードが大きい16日午前1時25分の地震を「本震」と位置づけ、熊本地震をその「前震」に格下げした。
 本震をもたらした今回の震源は、日奈久断層帯北端の北側、布田川断層帯に乗っている。東京大地震研究所の古村孝志教授(地震学)は「16日の地震は、熊本地震をきっかけに布田川断層帯が約30キロにわたってずれたことによる地震だ」と指摘する。
 震源の深さは約12キロと浅い。マグニチュードも「九州の内陸部地震では、この100年で最大だった」(福岡管区気象台)ことが、各地の被害を大きくした。
 さらに、その後の地震が特徴的な動きを見せている。14日までは熊本地震で震度7を記録した熊本県益城町が余震の主な震源域だったが、16日未明の地震以降、北東の同県阿蘇地方、大分県方面に移動し始めている。
 もともと、大分県の別府湾から阿蘇山などを経て長崎県の雲仙に至る区間は、地盤間の溝(別府-島原地溝帯)が走っているとされる。溝を境に南北方向に引っ張る力が岩板(プレート)にかかり、この地域にある活断層が「横ずれ」と呼ばれる動きを見せるのはこのためだ=イラスト参照。
 古村教授は「地溝近辺ではこれまで、大きな揺れがなくエネルギーがたまっているエリアが多い。地震が次の地震のきっかけになる連鎖が起きる可能性は否定できない」と注意を促す。
 「本震の後に余震が続き、やがて収束していく『本震余震型』の地震のパターンだけではない」と指摘するのは、鹿児島大の井村隆介准教授(地質学)。2日前から前震が確認されていた東日本大震災(2011年)がまさに「前震本震型」だったという。
 井村准教授は「今回の地震が本震なのかどうか、まだ分からない。これ以上の本震が今後あるかもしれず、余震が数カ月続くことも考えられる」という。(西日本新聞 4月16日夕刊より)



たくさんの家屋が倒壊し、マンションやビル、アパートも潰れている階がありました。山崩れもたくさん発生しています。多くのみなさんが避難生活を余儀なくされています。

早く、地震が止んで、本格的な救出作業、復旧作業が進んでほしいものです。

亡くなった方々のご冥福を心よりお祈りいたします。

被災された皆さん、衷心よりお見舞い申し上げます。

私も岩手に住んで、東日本大震災を経験しています。
幸い、地震の被害にはありましたが、海に面していませんので、津波の被害はありませんでした。

3日間の停電ですみました。
幸い、ガスや水道を使えましたので、食事の用意はできました。ファンヒーターは使えないので、反射式の石油スト―ブを使った暖を取りました。
不自由でしたが、何とか乗り越えました。

ガソリンを変えなくて、ガソリンスタンドを何軒も回ったことを覚えています。売ってくれないGSもありました。

熊本城にも、阿蘇にも、別府温泉、湯布院にも行ったことがあります。ショックですね。

被災されたみなさん、救助はかならず到着しますので、気持ちを強くもって救助を待ってください。

避難生活をされるみなさん、当面は避難生活となりますが、家族のみなさん、避難されたみなさんと助け合って、何とか乗り切ってください。



本題に移ります。

今回は、囲碁の話題です。
忙しくて、かなり遅くなってしまいました。


囲碁・井山棋聖の七冠達成ならず…次局以降に


伊田十段に敗れ、七冠が持ち越しとなった井山棋聖



囲碁の第54期十段戦五番勝負(産経新聞社主催)第3局が14日、長野県大町市で行われ、伊田篤史十段(22)が井山裕太棋聖(26)に269手までで先番中押し勝ちした。
 井山棋聖は名人、本因坊、王座、天元、碁聖を合わせて六冠を保持し、今シリーズも2連勝と、囲碁界初の7大タイトル独占まであと1勝に迫っていたが、伊田十段が一矢を報いた。井山棋聖のタイトル戦の連勝は18でストップした。
 この日の対局では、伊田十段が粘り強く打ち進め、寄せ勝負を制した。伊田十段は「きょうは運良く勝つことができた。まだカド番であることは変わりないので、次も全力を尽くすだけ」と話し、井山棋聖は「自分としては精いっぱいやったが、力が及ばなかった。(タイトル戦の)連勝は自分としては上出来。いつかは止まると思っていた」と淡々と語った。
 第4局は20日、東京都千代田区の日本棋院で行われる。(読売新聞)




今回は、囲碁の7冠制覇がいかに、偉業なのかを特集します。









井山6冠の驚異的な27年度の成績。



羽生さんをして、上のようにコメントしている。


だけども、次の第4局で前人未到の7冠制覇を達成してくれると信じています。

がんばれ、井山6冠!!

【囲碁】井山名人、6冠に復帰!!


28日土曜日、世界に衝撃が走った。

フィギュアスケートの羽生結弦選手が、322.40という驚異的な世界最高得点で、史上初の300点越えの快挙を達成した。






圧倒的な強さ&美しさ・・・。

氷上には、陰陽師になり切った羽生結弦がいた。

【絶対王者】にならんと、血の滲むような練習を重ねてきた結果だった。

見事だった!!

何という男なのだろうか・・・・・。

正に、世界がひれ伏す【絶対王者】の強さ&貫録だった。

今後この記録を破るのは、彼自身なのだろう・・・。

恐れ入った。 天晴れ、羽生結弦!!

おめでとう、羽生結弦!!

グランプリファイナル、史上初の3連覇も期待している。

世界中の羽生結弦ファンが歓喜した、GPシリーズのNHK杯だった。



以前約束していまたように、井山名人が6冠に復帰しましたので、特集に記事を書きます。



井山裕太6冠





<囲碁>井山本因坊夢の7冠制覇へ…「神がかり的強さだ (毎日新聞11月25日)

≫囲碁の第41期天元戦五番勝負(新聞三社連合主催)第3局が25日、福岡県宗像市で打たれ、井山裕太本因坊(26)が高尾紳路(しんじ)天元(39)に147手で黒番中押し勝ち、3連勝で天元に返り咲いた。井山は約1年ぶりに6冠(本因坊、棋聖、名人、王座、天元、碁聖)へ復帰した。

          ◇

 天元の奪還で夢の7冠制覇に大きく前進した井山裕太本因坊。連勝記録も24に伸ばし、強さが際立つ。関西棋士の井山をよく知る地元棋士は「神がかり的強さだ」と舌を巻く。

 井山が昨年末に4冠に後退した際、「過密日程で疲れているようだ」との声が周囲から聞かれた。しかし、失った王座と天元をリターンマッチで奪還。後藤俊午九段は「24連勝の中には王座戦第1局や天元戦第2局など必敗の碁もあった。あんな碁を物にするのは神がかり的だ」と驚く。後藤九段は井山が小学3年で日本棋院関西総本部の院生になったときの院生師範。「普通なら現状(の成績)に満足するところだが、(井山は)あすの自分は今日の自分より進化させたいと、碁のスタイルをどんどん新しくしている。一気に7冠を取ってほしい」と期待する。

 一方、関西棋院の坂井秀至八段は「最近の井山さんは着手に迷いがなく、のびのび打っている。勝負師として好循環にある」と充実ぶりを指摘。井山の活躍に、「対局はもちろん、井山さんを中心に囲碁界が動いており、刺激になる。また井山さんと大きな舞台で対戦したい」と話した。





http://s.eximg.jp/exnews/feed/Mainichi/Mainichi_20151126k0000m040070000c_1.jpg
囲碁の第41期天元戦五番勝負(新聞三社連合主催)第3局が25日、福岡県宗像市で打たれ、井山裕太本因坊(26)が高尾紳路(しんじ)天元(39)…

井山、6冠に返り咲き=来春にも前人未到の7冠視野―囲碁 (2015年11月25日 18時49分)
囲碁の第41期天元戦5番勝負第3局が25日、福岡県宗像市内で打たれ、挑戦者の井山裕太5冠(26)=棋聖、名人、本因坊、王座、碁聖=が高尾紳路…

囲碁、井山が天元奪還し6冠復帰 初の全七冠に前進  (2015年11月25日 16時42分)
http://s.eximg.jp/exnews/feed/Kyodo/PN2015112501001344.-.-.CI0002.jpg



予想通りとはいえ、やってくれました。

こうなると、ファンは7冠制覇を期待してしまいます。

夢の7冠制覇に向かって突き進め!!

若き天才棋士、井山裕太6冠!!

【囲碁】 井山名人、再び5冠に復帰!!


昨日、八戸ポータルミュージアム【はっち】の「はっち市」を取材してきました。
レポートは、今日(追記:ご免なさい。26日ごろになりそうです。)から開始します。

お楽しみに!!



今日は、久々に【囲碁】の話題です。
私は、将棋ファンですが囲碁も打ちます。
【へぼ碁】の世界ですけどね。

大人相手の平手の将棋をここ2、3年指していません。(小学生相手の2枚落ちの将棋が多いですね。)ですから、もっぱらタイトル戦の棋譜のチェック、NHK杯の観戦、ネットでの将棋ニュースのチェックやブロ友の「銀桂さん」のブログでの情報収集、週刊将棋を買って読む、などが日頃の将棋との関わりですかね。

2,3日前、【囲碁】で嬉しいニュースを知ったので、取り上げてみることにしました。

≪囲碁の井山名人、再び五冠に 王座を奪還!!≫


≫囲碁の第63期王座戦五番勝負(日本経済新聞社主催)の第3局は19日、神戸市で打たれ、前王座の挑戦者・井山裕太名人(26)=棋聖、本因坊、碁聖をあわせ四冠=が村川大介王座(24)に135手までで黒番中押し勝ちし、3連勝でタイトルを奪還した。井山は11カ月ぶりに四冠から五冠へ復帰した。村川の王座初防衛はならなかった。
 井山は苦戦の続いた第1局をものにして勢いに乗り、村川から王座を奪い返した。王座獲得は2期ぶり3回目となる。もっか絶好調で、今年7月下旬から負け知らず。この勝利で公式戦の連勝を23にのばした。
 昨年秋まで史上最多の六冠を保持していた井山は同年12月、王座と天元を立て続けに失い、四冠に後退していた。高尾紳路天元(39)への雪辱戦となる天元戦五番勝負も進行中で、現在井山の2勝0敗。25日に第3局がある。
 七大タイトル戦史上、六冠達成は井山ただ一人。五冠になったのも井山と張栩九段(35)しかいない。 (朝日デジタルより)




将棋は、羽生さんのファン、そして、囲碁では井山さんのファンなんです。

将棋の羽生さんは、プロ棋士になったときからずっと応援しています。前人未到の≪7冠達成≫のときには、羽生さんフィーバーでしたね。

井山さんは、彼が小学生のころから注目していました。上の記事から分かるように、2度目の6冠達成が濃厚ですよね。
そうなると、次にファンが期待するのは、羽生さんと同じ【7冠制覇】です。

ひょっとすると、来年井山さんの夢の7冠達成が実現するかもしれないのです。

6冠に復帰したときに、また書いてみたいと思います。

それでは、井山さん情報を少しご紹介いたしましょう。






前回6冠達成時の写真



井山少年






奥様は、将棋の室田伊緒女流棋士






⇒もうすぐ「10冠対談」が実現しそうですね。



極論かもしれませんが、将棋と言えば羽生さん、囲碁と言えば井山さんですね。

(将棋ファン、囲碁ファンのみなさん、すみません。<(_ _)>


将棋の竜王戦では、渡辺棋王が3勝目を上げ、3勝1敗と奪取に王手をかけています。(銀桂さん、どうやら渡辺棋王の竜王位奪取が濃厚ですよ。)

私の予想では、4-2で奪取でしたが、このままだと、4-1での奪取となるかもしれません。3勝目が完勝でしたからね。
糸谷竜王、意地を見せられるでしょうか?
次の第5局に注目ですね。

将棋のニュースとともに、囲碁のニュースにも注目いたしましょう。

近いうちに、【井山名人6冠に復帰!!】という見出しが躍ることでしょう。

がんばれ、井山名人&5冠!!

プロフィール

iqm90jqjpdmz

Author:iqm90jqjpdmz
将棋、自然、音楽、写真が好きです。

将棋は、羽生9段、藤井7段のファンです。

初夏にはサクランボ狩り、秋にはブドウ狩りに出かけています。

また、秋には、雑木林を散策してハシバミ、アケビ、サルナシなどの
天然の木の実を採集をしています。

音楽は、80年代の洋楽を聴くことが多いですね。
好きなアーティストは、TOTO,Journey,Foreigner,KANSAS,Eagles,
Styx,Earth,Wind&Fire,M.Jackson,Madonna,Starship,SADE,
Kool&The Gang,Lindsy Starling,Maroon5,...

邦楽では、小田和正、ドリカム、宇多田ヒカル、シングライクトーキング、
久保田利伸、Greeeen、米津玄師です。

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブロとも一覧【画像なし】

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム